50代のエイジングケアと化粧品の選び方と大切な7つの真実!

50代のあなたは、エイジングケアを意識したことがあるでしょうか?!
それともこれからエイジングケアをお考えですか?

この記事は、50代でエイジングケアを実践されている方、あるいははじめてエイジングケアを考える方のために、50代から60代以降に向けて、エイジングケア化粧品の選び方や使い方をはじめ、エイジングケアを幅広く考え美肌をキープしていくために役立てていただくための記事です。

そのため、長くなってしまいましたが、各章ごとに、テーマ別のエイジングケアのポイントをまとめていますので、それだけを読んでいただいても結構です。

1.年齢とともに変化するお肌が気になるあなたへ

 

 

50代の女性

 

 

50代と言っても、今ではまだまだ若い世代。

しかし、30代から40代と本気でエイジングケアを行ってきた方も、そうでない方も、50代になると、美肌のために考えるべきエイジングケアのポイントが増えてきます。

 

1つは、誰もが避けて通れない更年期を迎え、閉経を迎える年代であるということ、さらには美肌に必要なお肌の要素が、40代の時よりも減ってしまうことです。

 

この記事では、そんな50代のエイジングケアのポイントとエイジングケア化粧品の選び方や使い方についてご紹介します。

単にスキンケアだけの話よりも、幅広く50代のからだの変化も交えながら、美肌をキープするためのエイジングケアについて考えたいと思います。

 

また、50代のお肌の老化を示す指標も併せてご紹介します。

他のメディアではこうした視点でのアプローチは無いので、きっとお役に立てると思います。

 

「50代の私のお肌の状態って、どうなっているの?」

「50代半ばまでは更年期だけど、お肌にはどんなことに気をつければ良いの?」

「50代の自分のお肌に合ったエイジングケアを実践したい!」

「最近、エイジングケア化粧品が合わなくなったけどなぜ?」

「50代以降も美肌をキープしたい!」

 

と、お考えの方は、ぜひ、続きをお読みくださいね。

 

<この記事でお伝えしたい大切なこと>
  • 50代ではほとんどの方が閉経を迎え更年期を迎えます。その点を意識した健康とエイジングケアを考えることが大切です。
  • 50代のエイジングケアは食べ物で女性ホルモン様物質を摂ることが大切です。
  • 50代を通して、お肌の老化の指標である「エイジングインデックス」は低下します。ただし、急激な低下ではないので、閉経によるホルモンの影響ほど大きなものではありません。
  • 50代では、40代で使っていたエイジングケア化粧品がお肌に合わなくなることもあります。その場合は、より刺激の少ない成分のものに切り替えましょう。
  • 50代のエイジングケア化粧品は、抗酸化やコラーゲン、エラスチンをサポートする成分が配合されたものを選びましょう。
  • 笑顔やリラックスするなどメンタルの健康も、50代のエイジングケアでは大切です。
  • 50歳のエイジングケアは、肌悩みの大きな改善を目指す場合は、美容医療が必要な場合が増えてきます。

2.50代のエイジングケアを考える前に

更年期にさしかかっている女性

 

1)50代は更年期、からだとお肌の変化は?

 

50代は、ちょうど更年期まっただ中。

お肌の老化の原因にはさまざまありますが、特に50代では更年期を意識したからだのケアやエイジングケアが大切です。

更年期になると、卵巣機能が衰えが増し、女性ホルモンのエストロゲンの分泌が減少して、からだや心理面でさまざまな変化が起こります。

 

日本産婦人科学会では、更年期とは「閉経を迎える前後の5年間」と定義しています。

時期としては、大体40代後半から50代前半あたりと考えられていますが、実際には個人差が大きいです。

日本人の平均閉経年齢は約50歳と言われており、一般的には12カ月以上月経が来ないと「閉経」とされています。

 

実際、「更年期かしら?」と思える一つのサインとしては、月経の乱れがあります。

 

ご存じのとおり、月経は卵胞の成熟過程でエストロゲン(女性ホルモン)が分泌されて子宮に作用して、排卵が起こりますが、卵巣機能が衰え始めてエストロゲンの分泌が減少すると、月経周期や日数が乱れたり、月経の量にも変化がみられます。

 

こういった変化がみられたら、「閉経が近づいてきた」と思ってください。

 

50代では、女性ホルモンが激減するので、からだのあちらこちらに不調が出てきます。

その現れ方は個人差が大きくて、軽い症状の人もいれば、日常生活に支障をきたすほど強い症状に悩まされる人もいます。

 

更年期の症状として見られるものは、大きく分けて4つあります。

 

①自律神経失調症の症状

のぼせ、多汗、寒気、冷え症、動悸、胸痛、息苦しさ、疲れやすい、頭痛、肩こり、めまい

 

②精神神経系の症状

頭痛、めまい、耳鳴り、物忘れ、憂鬱、判断力・集中力の低下、不眠、不安感

 

③皮膚・分泌系の症状

皮膚や粘膜の乾燥、湿疹、発汗、ドライマウス(唾液分泌異常)、ドライアイ

 

④その他の症状

腰痛、関節痛、嘔気、食欲不振、尿が近く外陰部の不快感

 

50代以降の人生を輝かすために、大なり小なりこうした症状と折り合いを付けながら、エイジングケアを実践していき、美しくありつづけていくということは難しくないのではないでしょうか。

 

◆女性ホルモンの変化

女性ホルモンの変化の図

(日本産婦人科学会HPより)

 

さて、こうした症状の原因となる女性ホルモンのエストロゲンは、30歳の頃から減少していきますが、過度に減らないよう、皮膚で増やしてコントロールしているのではないかとする研究報告があります。

 

エストロゲンは、コラーゲンやヒアルロン酸といった美肌に必要な成分の生成に重要な役割を果たしていますよね。

 

月経前後で、お肌の調子が違うと感じたことはないですか?

月経直後だとお肌の状態が月経前よりも良くなりますよね。

これは、エストロゲンの分泌が増えたおかげです。

 

つまり、エストロゲンの分泌量が激減する50代は、当然、お肌のケアも、よりエイジングケアを意識してする必要があるんです。

 

2)お肌の老化状態を「指標化」するエイジングインデックスとは?

 

加齢による女性の肌の変化のイメージ図

 

50代になると、40代に比べてますます、

 

 

といったお肌の衰えや悩みを実感する人が多くなってきていることと思います。

特に40代でエイジングによる変化を感じていたのに、お肌やからだの内面に対してあまりエイジングケアをしてきていなかった場合、その積み重ねによって、目尻や目の下、ほうれい線などのしわが深く刻まれたり、顔のたるみ、くすみのせいで、「全体的な印象がひどく老け込んでしまった」「人相が変わってしまった」といったことを招くこともあります。

 

そこで、50代のエイジングケアを考える上で、お肌が健康で、そしてみずみずしくあるために必要な8つの要素の関係を整理してみます。

 

8つの要素とは以下の通りで、

 

 

これらのバランスによって、お肌の状態が左右されます。

そのため、この8つの要素を考慮したエイジングケアは、複合的に考える必要があります。

 

そこで、私たちは、この8つの要素を5歳刻みで指標化し、「エイジングケアインデックス」と名付けたレーダーチャートを作成しました。

このレーダーチャートでは、各項目の指標として以下を用いました。

  • お肌全体のエイジングの指標は、「ターンオーバー」「エストロゲン量」
  • 表皮のエイジングの指標は、「お肌の水分量」「皮脂分泌量」「セラミド量」
  • 真皮のエイジングの指標は「コラーゲン量」「エラスチン量」「ヒアルロン酸量」

 

これらを用いて、それぞれのピークを100として、年代ごとに相対的に表しています。

お肌のエイジングインデックス

 

 

3)50代のエイジングインデックス

 

50代はホルモンバランスが崩れてくる年代なので、おそらく、一番お肌がマイナス方向に変化する年代であるとも言えます。

そんな時だからこそ、60代、70代、80代と今後の数十年を見据えたエイジングケアが必要となります。

 

そこで、45歳から50歳、そして50歳台~60歳台のエイジングインデックスを確認しながら、50代のエイジングケアの在り方を考えてみましょう。

 

<45歳のエイジングインデックス>

45歳のエイジングインデックス

 

<50歳のエイジングインデックス>

50歳のエイジングインデックス

 

<55歳のエイジングインデックス>

55歳のエイジングインデックス

 

<60歳のエイジングインデックス>

60歳のエイジングインデックス

 

<65歳のエイジングインデックス>

65歳のエイジングインデックス

 

 

①お肌全体のエイジングから50代のお肌を考える

お肌全体のエイジングを見る「ターンオーバー」と「エストロゲン量」の指標から考えてみます。

 

■ターンオーバー

ターンオーバーは、そのスピードを「20歳時を100」として相対的に表していますが、50歳では、20歳の時の半分に、スピードが遅くなっていると推定されます。

その後、年齢とともにどんどん遅くなっています。

 

ターンオーバーの期間の目安は、

 

45歳:45日~68日

50歳:50日~75日

55歳:55日~83日

60歳:60日~90日

65歳:65日~98日

 

となります。

 

20代が28日周期と言われており、35歳以降は年齢×1~1.5倍程度でだいたい計算が出来ます

 

ターンオーバーが遅くなる=表皮の新陳代謝が低下することになります。そうなると、お肌のバリア機能も低下するので、古い角質が残りやすくなって角質層は厚くなりますが、それより深い表皮真皮は薄くなって、皮膚自体は薄くなっています。

つまり、40代の時以上に、お肌が乾燥しやすくなっており、敏感肌も招きやすい状態になっていると言えます。

 

■エストロゲン量

エストロゲンは「美肌ホルモン」と呼ばれることがあり、お肌のうるおいやハリ・弾力を左右します。その理由は、コラーゲンを増やす働きがエストロゲンにあるからです。

 

しかし、閉経を迎える年代の50代では、このエストロゲンの分泌量が激減します。お肌からハリや弾力、うるおいが奪われていくと、シワやほうれい線、顔全体がたるむなど、一気に老けた印象を与えることになります。

だからといって、エストロゲン自体を、エイジングケア化粧品で増やすことはできません。

 

お肌全体のエイジングケアを考える上で、「お肌が乾燥・敏感状態になる」こと、また「ハリ・弾力、うるおいも急激に低下する」ことを念頭に、対策を立てることが大切になります。

 

お肌の状態に悩む50代女性

 

②表皮のエイジングから50代のお肌を考える

表皮のエイジングを見る「お肌の水分量」、「皮脂分泌量」、「セラミド量」の指標から考えてみます。

 

■お肌の水分量

お肌の保湿状態を示す水分量は、45歳と比べて50歳以降でそれほど変化がありません。

お肌の水分量は、エイジングケアを意識しだす35歳から減少して、40代からも少しずつ減っていく傾向にあります。

だから、30代のエイジングケア40代のエイジングケア保湿が大切なのです。

 

十分に保湿されたお肌というのは、大体20~30%の水分量がお肌にある状態です。

40歳代と保水量が大きく変わらないということは、50歳からのエイジングケアでもこの状態をキープできるようなケアを継続していけばよいということですね。

 

■皮脂分泌量

皮脂の分泌量は45歳と比べて、50歳以降はぐんぐんと減少していきます。

当然、皮脂によりつくられる皮脂膜も減るため、お肌表面から水分が蒸散しやすくなり、お肌はより乾燥肌に、そしてうるおいが減るためにお肌のキメも粗くなります。

そうなってしまうと、毛穴のたるみや開きが目立つようになります。

 

「いやいや、私は、変わらずお肌の表面も油分があるし潤っていると思うけど」と、いう方が中にはいるかもしれません。

ですが、気をつけていただきたいのは、お肌が「潤っている」とは違う可能性があることです。

もし、お肌の表面がオイリーでも、お肌内部では乾燥が進んでいる、いわゆるインナードライ肌になっている場合もあるということです。

 

  • お肌が乾燥している気がするのにニキビができる
  • 皮脂が多いのに、お肌にツッパリを感じる

 

などの場合は、その可能性があります。

 

インナードライ肌は、乾燥でお肌の水分量が過度に少なくなっているので、これ以上の水分蒸散を押えようと、お肌が必死になって皮脂を分泌している状態なのです。

この場合は皮脂を抑えるのではなく、保湿を重点としたエイジングケアが必須です。

 

■セラミド量

50歳でのセラミドの量は、20歳をピーク(100)とした場合、その半分となっています。

お肌の保湿の3大要素は、「皮脂膜」「NMF(天然保湿因子)」「角質細胞間脂質」ですが、セラミドは、この角質細胞間脂質を構成する成分の1つで、角質層のバリア機能を支えています。

表皮のエイジングケアを考える上で、「お肌の内外の乾燥対策」と「セラミドの存在」が、とても大切となります。

 

③真皮のエイジングから50代のお肌を考える

真皮のエイジングを見る「コラーゲン量」、「エラスチン量」、「ヒアルロン酸量」の指標から考えてみます。

 

■コラーゲン量

コラーゲンは真皮の70%を占めている成分で、お肌のハリ・弾力に欠かせないことはご存じと思います。50歳になるとこの量が20%にまで著しく減少しています。

 

■エラスチン量

エラスチンが真皮にある割合は2~3%程度です。エラスチンの量は、50歳になるとピーク時の10%以下となります。

 

■ヒアルロン酸量

ヒアルロン酸は45歳頃から少しずつ減少していきますが、50歳でもピーク時に対して80%強程度あります。

 

真皮の線維芽細胞で、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸は産生されます。そして、コラーゲンは真皮内で網目状の構造を作っていて、その間にヒアルロン酸やエラスチンが存在しています。コラーゲンはエラスチンのサポートを受けながら、お肌の弾力を与える役目を担っており、ヒアルロン酸はお肌の潤いを保つ役割をしています。

 

しかし、50歳を過ぎると、コラーゲンとエラスチンの量が著しく減少するので、お肌にハリ・弾力がなくなり、しわやたるみへとつながるのです。

エイジングケアでは、この3つの要素をいかに増やすかが、最も重要な課題と言えます。

 


 

<第1章のまとめ>

50歳になると、女性ホルモンの分泌の減少で、お肌を取り巻く環境も著しく変化します。それぞれの成分や要素でどういった変化が起こるかを、お肌の老化の指標である「エイジングインデックス」をご覧いただき、50代のお肌の状態を理解しましょう。

その上で、50代から60代、そして老年期へと向かうエイジングケアにお役立てください。

 

 


3.50代のエイジングケアで考えたい7つの真実

 

 

 

50代の女性

 

 

ここまで、50代のお肌の状態がどういったものかをご紹介してきました。

それでは、50代以降も、年齢に合った健康で美しいお肌を維持していくためには、どのようなエイジングケアを実践していけばよいでしょうか。

 

年月を経て程よく味わいが出たものを「ビンテージ」と呼びますが、車や楽器など丁寧に扱われてきたものはカッコいいですよね。

人間も一緒かなと感じています。

定期的に丁寧なお手入れをして磨くことで、いつまでも輝きを保てます。

 

そのために、お肌に良くないこと、あるいは良いことをするエイジングケアについて考えてみたいと思います。

 

肌トラブルを招かないように気を付けている50代女性

 

1)お肌に良くないことを止めるエイジングケア

①過度なメイクアップはNG

くすみやシミ、クマを隠すために、ついついファンデーションを厚塗りしたりしていませんか?

それだとかえって、顔浮きがして不自然な印象を与えたり、老けた印象を与えるメイクになってしまいます。

年齢を重ねてくると皮膚が薄くなりますし、ハリや弾力もなくなってくるので、50代のメイクは、ファンデーションの量を減らして、パール系の下地やコンシーラーを上手く使いこなして、自然なツヤを活かすようにしましょう。

また、メイクの量が多ければ、ダブル洗顔が必要だったり、界面活性剤の入ったクレンジング剤でないとメイクがよく落ちないことがあります。そうなると、エイジングケアにとってNGといえる「お肌への負担」が大きくかかってしまいます。

 

②刺激の強い洗顔はエイジングサインが出ているお肌の大敵

エイジングケアアカデミー内で、繰り返しお伝えしていますが、「顔を強くこする」「2分以上の長い洗顔」はよろしくありません。

その理由は、お肌にとって必要なセラミドや皮脂まで洗い流すリスクがあるからです。

ただでさえ、50代ではその量が低下しているセラミドと皮脂。やり過ぎの洗顔で落とさないようにしましょう。

 

洗顔に関しては、この記事で詳しく解説しています。

「洗顔の正しい知識でランキング不要のオススメの洗顔料の選び方」

 

③バランスの良くない生活習慣

内容のよくない食生活、喫煙、アルコールの飲み過ぎ、睡眠不足、運動不足、ストレス過多など、50代はまだまだ忙しくて、つい、こういった生活が続きがちかもしれません。

40代まではそれでも何とかなったかもしれませんが、50代は老年期を見据えて、こういった生活を少しずつ、できることから改善するようにしていきましょう。

 

お肌のエイジングケアのためだけではありません。生活習慣病などの病気予防も含めた、本当の意味での「エイジングケア」のために必要なことなんです。

 

2)積極的に実践したいエイジングケア

①からだの内側からのエイジングケア

酸化や抗酸化といった、いわゆる「からだの錆び」への対処は、エイジングケアにとって重要です。これらは食べ物でも、対応できますので、詳しいことはそれぞれの記事をお読みください。

「酸化はお肌の大敵!エイジングケアの視点から」

「エイジングケアの味方!話題のスーパーフードとは?」

 

50代のエイジングケアで最も重要なのは、何といっても、分泌が無くなる女性ホルモン=エストロゲンを、どのように補うか!という点です。

 

簡単に出来る方法があります。

 

それは、毎日の食事に、納豆や豆腐などの「大豆製品」を取り入れることです。

 

大豆に含まれるイソフラボンは、エストロゲンと化学構造が似ており、エストロゲンと同じような働きをすることが分かっています。

納豆でしたら1日1パック、豆腐でしたら200mLで、毎日の必要なイソフラボンが摂取できます。

 

イソフラボンが、お肌の弾力やシワの改善にも一役買っているというデータもありますので、是非、「食べるエイジングケア」として、取り入れてみて下さい。

 

大豆イソフラボンを摂取した際の肌弾力改善としわ面積減少の図

30代~40代後半の健康女性26名を対象に、大豆イソフラボンアグリコンを1日40mg、3カ月間摂取してもらった結果。

 

 

②保湿

「保湿」はエイジングケアの基本です。保湿に必要なコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸、セラミドといった成分が減少する50代のお肌は、保湿力を高めるための生活とエイジングケア化粧品を使いましょう。

 

生活面では、セラミド量を維持する食生活を取り入れてみて下さい。

 

また、ヒートショックプロテイン(HSP)を増やす入浴も、エイジングケアの一環としてオススメです。HSPの1つであるHSP47は、コラーゲンが正しく機能するのを助けます。

その他にも、入浴で汗をかくことで老廃物を排出し、お肌のハリ・ツヤが回復したり、疲れにくくなったりします。さらに、血流が良くなるので、肩こりやむくみなども改善できます。

 

エイジングケア化粧品成分については、後述しますが、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸、セラミドのなかで、唯一、お肌の成分と近い働きをする化粧品成分は「セラミド」です。セラミドの入ったエイジングケア化粧品を使うのもオススメです。

 

紫外線対策の1つとして日傘をさす

 

 

③紫外線対策

これは年齢に関係なく、紫外線対策はエイジングケアにとって、とても大切なことです。

紫外線にさらされると光老化というシミ、しわ、たるみといったお肌の老化を引き起こします。

 

外出時には、日傘や帽子、日焼け止めは必須です。また、実は目からの紫外線吸収もバカにできません。目から浴びた紫外線によってお肌は日焼けするんです。ですから、外出時は色が薄くてUV効果のあるサングラスをかけるようにしましょう。

また、その他に、洋服やその色などでファッションでも紫外線対策はできます。

もし紫外線を浴びたなら、アフターケアも必ずしましょう。

 

④エイジングケアを休む日

50代のシミ、くすみ、しわなどを引き起こす乾燥や敏感な肌といった肌トラブルを抱えがちです。そんな場合、週末などにエイジングケアをお休みする日を取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

巷で言われる「肌断食」というほどのものではなく、「化粧品を使うエイジングケアの一休み」と言った感じで、少しお休みするのです。

 

ただでさえ、お肌に良い美容成分を含む化粧品とはいえ、防腐剤などの本来不要な成分の入った化粧品の長期の使用は、お肌に負担を与えてしまうこともあります。

美肌であるためには、素肌自体が健康な状態であることが必須です。お肌トラブルを抱えている人も、抱えていない人も、休みの日はぬるま湯だけの洗顔で、その時のお肌の状態を観察してみてはいかがでしょう。

 

何も塗らない状態でしばらく放置していて、お肌がつっぱってくれば乾燥しているわけですから、保湿剤を塗れば良いですし、お肌が自然にしっとりしてくれば、ご自身のお肌の保湿力が生きているということになります。

 

お肌の手入れを休む日をつくることで、必要なエイジングケアやメイクが見極められることでしょう。

 


 

<第2章のまとめ>

50代のエイジングケアでは、まず取り入れたいのが食べ物による対策。エストロゲンの分泌が無くなってきますので、代替するイソフラボンなどの成分をからだの内側から補い、内側からお肌のハリ・弾力の保持を目指しましょう。

 

その他には、エイジングケアでやめるべきこと、積極的に取り入れることの実践です。やめるべきことは、「化粧の過度な厚塗り」「刺激の強い洗顔」「睡眠不足や喫煙などのよくない生活習慣」です。

 

積極的に取り入れたいエイジングケアは「紫外線対策」「保湿力を高めるエイジングケア」です。また、エイジングケア化粧品をお休みする日も作ってみましょう。

 

 


4.50代のエイジングケア化粧品の選び方

 

 

エイジングケア化粧品を上手に使うイメージ

 

 

上記でお示しした、50代のエイジングインデックスでお分かりの通り、50代では40代に比べて、すべて低下しています。

エイジングケアは、基本的には40代で行うエイジングケアと同じで、自分のお肌に足りない成分や抗酸化作用のある成分を配合したエイジングケア化粧品を選択するのが大切です。

 

ただ、40代と違うのは、バリア機能の低下で、皮膚全体が薄くなっていることを心に留めておいてください。「50代だから、もっと手入れしなくては!」と化粧品を使い過ぎるのは、かえってマイナスになります。

 

とにかく、50代のエイジングケアの基本は、「保湿」です。

 

これは、どの年代でも第一に挙げられるほどに大切なスキンケアの基本ですが、50代は女性ホルモンが激減するため、これまで以上に乾燥が目立つお肌になり、シミ、シワ、たるみなどが目立つようになります。

 

だからこそ、10年後、20年後のお肌を考え、いまのお肌の状態をなるべく維持できるようなエイジングケアを実践することがポイントです。

 

ここでは、50代のエイジングケアで選びたい化粧品成分と、肌悩みから考えるエイジングケア化粧品の選び方のポイントをご紹介します。

 

50代のお肌は刺激の強い化粧品は避けたいというイメージ

 

1)刺激の強い成分を避ける

50代からのエイジングケアにとって、気を付けたいのは、刺激の強い成分が入っている化粧品を使うことです。

せっかく、さまざまなエイジングケアを実践していても、乾燥している肌や敏感な肌は、刺激の強い成分によって、さらに悪化してしまうことになります。

 

PG(プロピレングリコール)やDPG(ジプロピレングリコール)は、保湿性成分として使用されるアルコール系成分です。特にPGは刺激性が強いため、アレルルギー反応を起こす可能性もあります。

 

また、アルコール(エタノール)は、揮発性があるためお肌の乾燥を進行させるリスクもあるので、50代からはノンアルコール化粧品を使うエイジングケアをオススメします。

その他に、合成香料、合成着色料や、高濃度に配合された精油も50代のエイジングケアには避けたい成分です。

 

2)エイジングケアインデックスから必要な成分を補う

50代のエイジングケで使いたい保湿成分としては、以下が挙げられます。

 

①水溶性のエイジングケア化粧品成分
プロテオグリカン、ヒアルロン酸、コラーゲン、アミノ酸などが、水溶性のエイジングケア成分としてオススです。

なかでも、プロテオグリカンはヒアルロン酸を増やしたり、コラーゲンを増やす作用なども実験で認められています。

プロテオグリカンは高価なエイジングケア化粧品成分なので、それが配合されたエイジングケア化粧品は価格が高い傾向にありますが、40代のエイジングケアには試してみたい成分の1つです。

 

②油溶性のエイジングケア化粧品成分

セラミド、スクワラン、シアバターなどがオススメの油溶性のエイジングケア成分です。

なかでも、セラミドは油だけではなく水にもなじむ親水基ももっているので、化粧水や美容液でも使われ、お肌のバリア機能の維持のための保湿成分です。

 

先ほどもお話したとおり、エイジングケア化粧品成分としてのセラミドはお肌が元から持つ成分と近いはたらきをしてくれるので、40代のエイジングケアには特に使いたい油溶性の保湿成分です。

なかでも、ヒト型セラミドは、人のセラミドとほぼ同じ構造なので特にオススメです。

スクワランやシアバターは、皮脂膜に似たはたらきで水分の蒸発を防ぐことで保湿作用を発揮するエイジングケア成分です。

これらもエイジングケア保湿クリームなどで補うことも40代のエイジングケアに有効です。

 

また、50代のエイジングケで使いたいエイジングケア化粧品成分としては、40代と同じく、保湿作用以外の機能性の高いナールスゲン、ネオダーミル、ビタミンC誘導体、ビタミンA誘導体などが挙げられます。

 

ナールスゲンは、コラーゲン、エラスチンに加え、コラーゲンを美しい構造に導くたんぱく質であるHSP47(ヒートショックプロテイン47)も増やす実験データを持つエイジングケア化粧品成分です。

 

刺激が少ない、とても小さくお肌に浸透しやすい、保湿作用、光老化の軽減作用、グルタチオンを増やすなど様々な特徴もあり、40代のエイジングケアにオススメです。

他の成分もコラーゲンにはたらきかけるので、40代のエイジングケアにオススメです。

 

その他にもプラセンタ、ビタミンE誘導体、フラーレンやアスタキサンチンなどの抗酸化作用のある成分もエイジングケアにオススメです。

これらのエイジングケア化粧品成分の詳しい情報は、下記をご覧ください。

 

①ナールスゲン

ナールスゲン 京都大学発エイジングケア化粧品成分の10の秘密

 

②ネオダーミル

ネオダーミルは、いま注目の新エイジングケア化粧品成分!

 

③ビタミンC誘導体

水溶性ビタミンC誘導体の種類・特徴と効果的な使い方は?

テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VCIP)は、油溶性ビタミンC

 

④ビタミンA誘導体

レチノイン酸トコフェリルで、ハリ・ツヤが増すエイジングケア

レチノールの効果と副作用を知って、正しいエイジングケア!

 

 

3)肌悩みから考えるエイジングケア化粧品の選び方

 エイジングケア化粧品を選ぶ基本は、肌悩みを基にして選ぶことです。でも、難しいことはありません。

エイジングケアの基本中の基本である「保湿」することが、エイジングケア化粧品の働きです。50代にとって最大の悩みとなる「乾燥」を対策するためのエイジングケアには、保湿力が高いエイジングケア成分が配合されていて、刺激のある成分が少ないものを選ぶと良いでしょう。

 

50代の肌悩みから考えるエイジングケア化粧品選びは、40代のエイジング化粧品選びと同じです。

 

「保湿力を高めるには、どんなエイジングケア化粧品成分を選べば良いのか?」

 

が最初の問いかけなのです。

 

だから、まず大切なことは保湿力の高いエイジングケア化粧品成分が十分に配合されていて、刺激のある成分が少ないことです。

 

バリア機能の正常化をサポートするセラミド、なかでもヒトのセラミドと構造がほとんど同じであるヒト型セラミドを配合しているエイジングケア化粧品を選びましょう。

それ以外では、セラミドとは違う作用で保水する成分を組み合わせましょう。

 

それに加えて、先ほど説明したエイジングケア化粧品成分や抗酸化作用を持つ成分の配合されたエイジングケア化粧品を選びましょう。

 

なお、肌悩みはエイジングケア化粧品だけでは改善しない場合もたくさんあります。

 

エイジングケアアカデミーでは、様々な肌悩みの対策を紹介していますので、ぜひ、そちらも参考にしてくださいね。

 

また、40代、50代以降の肌悩みやお肌の状態を考慮して開発したのが、ナールスブランドのエイジングケア化粧品です。

 

ナールス商品

 

 

主力成分は、先ほどご紹介したナールスゲンですが、製品ごとにその目的に合わせてネオダーミル、セラミド、ビタミンC誘導体、ビタミンA誘導体、ビタミンE誘導体、プロテオグリカン、プラセンタ、ヒアルロン酸、コラーゲン、アミノ酸など保湿とエイジングケアを考えた配合に工夫を凝らしました。

 

また、ナールスブランドのエイジングケア化粧品は、40代以降のエイジングケアで刺激となる成分を可能な限り配合していません。

具体的には、アルコール、着色料、香料はいずれの製品にも配合せず、敏感肌の方でも使えるように考えました。

 

また、防腐剤、界面活性剤などは品質上、最低限の配合は行いながらも、製品ごとに異なる防腐剤を使うことで、いずれかの製品を使える工夫を凝らしました。

 

例えば、エイジングケアローション「ナールスピュア」には、パラベンは使わずフェノキシエタノールを使っています。

 

一方、エイジングケア保湿「ナールス ユニバ」には、パラベンもフェノキシエタノールも使っていません。

 

エイジングケア美容液「ナールス ネオ」は、直接的にはパラベンもフェノキシエタノールも使いません。キャリーオーバー成分として、微量のパラベンとフェノキシエタノールがもとの原料に含まれています。

 

このようにナールスブランドは、40代以降のエイジングケアのために期待できる実感と刺激の少なさを強く意識して開発したエイジングケア化粧品です。

 

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら、「ナールスコム」

 


 

<第3章のまとめ>

50代のエイジングケア化粧品の選び方で大切なことは、40代のエイジングケア化粧品の選択と同様に、まず保湿力の高い成分が適度な濃度で配合されたものを選ぶことです。保湿成分としてオススメするのは、バリア機能を保持するはたらきのあるセラミドです。


その他には、ナールスゲンなどのエイジングケア化粧品成分が配合されたものもオススメしたいエイジングケア化粧品です。

 

また、シワやたるみ、くすみなどの50代の肌悩みは、お肌の乾燥が原因です。肌悩み別でエイジングケア化粧品を選ぶ場合でも、保湿力の高いエイジングケア化粧品成分が配合されているものを選ぶようにしましょう。

 

 


5.50代からの老化とエイジングケア

1)何歳からでもできるエイジングケア

 

何歳からエイジングケアを始めても大丈夫なことをイメージさせる図

 

50代までエイジングケアを行ってこなかった方は、「今さら、エイジングケアを始めても手遅れでは?」と不安もあるのではないでしょうか?

 

しかし、大丈夫!

「エイジングケアを始めよう!」と思ったその日から、エイジングケアを実践しても遅いことはありません。

 

エイジングケアをいつから始めるか、という問いに正解はないからです。エイジングケアを始めようと思った日が、あなたにとっての正解なんです。

 

なぜかというと、「明日よりも1日早くエイジングケアを始められたから」です。

また、50代でも60代でもエイジングケアを行えば、ちゃんと成果がでるのです。

 

もちろん、若い時からエイジングケアを考えたお手入れをしていれば、それだけ、シミやシワ、たるみといった変化の現れも遅くなるかもしれません。

 

でも、朝起きた時や、電車の窓に映る顔を見た時など、自分の顔が老けたと感じた時点で始めることが出来れば、若い時のように早くにエイジングケアの効果は見て取れないかもしれませんが、着実にエイジングケアによる効果は積み重ねていくことができます。

 

ただし、シワやたるみなどを気にするあまり、エイジングケアに必死になって、それに囚われてしまうと、かえってストレスが増すことになってしまいます。

ストレスがかかると、顔の表情も険しくなりますし、もちろんお肌にとっても良い影響は何一つありません。

 

50代から初めてエイジングケアを開始する方は、1年後、2年後に振り返ってみて、気づいた時のお肌とあまり違いがなければいい、というくらいに気楽にとらえて、エイジングケアを実践してみてはいかがでしょうか。

 

 

2)50代以降のお肌のエイジングケアに一役買うのは「腸」の状態

 

腸内環境もエイジングケアには重要

 

50代以降のお肌は、日々、エイジングケアを行っていても、ちょっとしたきっかけで調子が悪くなってしまうリスクがあります。

 

最初に述べましたが、卵巣はエストロゲンの生成だけでなく、排卵後に分泌されるプロゲステロン(黄体ホルモン)の生成力も低下し、閉経とともに両ホルモンの放出は止まります。

このプロゲステロンは、腸管からの水分吸収を促進するため、腸の内容物(便)を硬くしてしまいますし、腸管平滑筋の運動性も低下させます。

 

つまり、便秘になりやすい状態となります。

 

また、ホルモンの減少に伴い自律神経や精神面のバランスがうまく保てなくなって、便秘につながるということもあります。

 

腸内には、「善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7」の割合で腸内細菌がいますが、便秘が続いていて、腸内の環境が乱れてくると、日和見菌が悪玉菌に加勢して、一気に腸内環境が悪化します。

さらに便が体内に滞っていると、大腸内の悪玉菌が有害物質を作り、それが腸管から吸収されて全身の血中に巡り、大腸内にガスが溜まってできた有害物質によって、さらに便秘がひどくなってしまいます。

 

こうした有害物質によって、「肌荒れ」が引き起こされます。

 

肌悩みのある女性

 

外側からお肌のエイジングケアを行うと同時に、腸内の環境も整えるために軽い運動や食事内容を見直すなど、からだの内側からもエイジングケアを実践して、肌荒れを起こさないようにしたいですね。

 

また、その他にも、腸内の環境を整えると良いことがあります。

実は、「人間の幸福感」ともつながっているんです。

 

というのも、腸と脳はつながっており、腸の状態が悪ければ、脳にその情報が伝わり、脳で不安感が増して、脳内からの「セロトニン」の分泌の低下を招きます。

 

ご存じの方も多いと思いますが、このセロトニンは別名「幸せホルモン」と呼ばれていて、このセロトニンがしっかりと分泌されていると、人は幸せを感じるんです。

 

50代を迎えて、からだの衰えを感じることも多く、エイジングケアに気を配りながら日々を送ることにストレスを感じてしまうこともあるかもしれません。

 

でも、幸せを感じると、日常生活もイキイキとしますし、表情も明るくなりますよね。

結果、自然と若々しい印象を与えることにもつながります。

 

ですから、便秘がちな人は、「便秘からくる肌荒れ 解消には食事の見直しから」「便秘と美肌の気になる関係」を参考にエイジングケアの一つとして便秘対策をしてみましょう。

 

3)アンチエイジングとして美容医療も選択肢の1つ

 

美容医療をイメージさせる写真

 

そうはいっても、やっぱり、老いを感じるお肌を今すぐ何とかしたい!と50代の方もいらっしゃると思います。また、エイジングケア化粧品を使ったり、からだの内側からのエイジングケアではどうしようもないエイジングサインもあると思います。

 

そういう時は、美容医療の力を借りてはどうでしょう。美容医療は、エイジングケアというよりアンチエイジングですね。

 

例えば、シワやほうれい線。

乾燥による浅いシワや口もとの小じわが原因のほうれい線ならば、エイジングケア化粧品でもサポートはできますが、深く刻まれたシワやほうれい線を消すのは、エイジングケア化粧品では期待できません。

深いシワやほうれい線の改善や解消には、レチノイン酸といった外用の医薬品による治療や、ケミカルピーリング、ヒアルロン酸注入、レーザー治療などがあります。

 

また、紫外線や美白専用のエイジング化粧品によりシミ対策を行っても、限界があるときもあります。そういった場合もフォトフェイシャルやQスイッチレーザーによる治療などを検討してはどうでしょうか。

 

ただし、美容医療を受ける際は、信頼できる専門医としっかり相談の上、ご自身が納得された上で行うことが大切です。

 


 

<第4章のまとめ>

50代までエイジングケア行ってこなかった方でも、今からエイジングケアを始めれば効果が期待できます。劇的な改善は見込めませんが、1年、2年かけてあせらず、じっくり楽しみながらエイジングケアに取り組みましょう。

 

また、50代のエイジングケアは、肌荒れの原因である便秘にも注意が必要。便秘気味の方は食べ物の見直しなどでしっかり便秘対策を行いましょう。

 

50代で肌悩みの大きな改善を望むなら、美容医療も選択肢の1つです。検討する場合は、信頼できる専門医としっかり相談しましょう。

 

 


6.まとめ

 

 

年齢にあわせての化粧品選びのまとめ

 

 

50代のエイジングケアやエイジングケア化粧品について幅広く取り上げました。50代と言えばかつては人生の終盤でしたが、いまやまだまだ健康で美肌でいれる時代。実際、女優さんや芸能人でなくても若々しくご活躍の方も多い現代。

 

そんな50代を過ごすためは、やはりエイジングケアに関する幅広い知識と実践が大切です。この記事では、そんな50代の女性のために、スキンケアにとどまらず幅広くエイジングケアについて取り上げてきました。

 

50代、そしてそれ以降の女性の健やかな素肌と健康のために、ここで紹介したエイジングケアの方法がお役に立てれば幸いです。

 

 

 

関連記事

60代・70代でも大切!エイジングケア化粧品の選び方と使い方

続きを読む

エイジングケア化粧品の効果とその選び方は、7ステップで!

続きを読む

40代だからこそ考えたいエイジングケアと化粧品の選び方!

続きを読む

30代、初めてのエイジングケア化粧品。知らないと損する真実!

続きを読む

敏感肌化粧品の選び方は、ランキングやイメージでは危ない!

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」