ペンチレングリコール(1,2-ペンタンジオール)とはどんな化粧品成分?

ペンチレングリコール(1,2-ペンタンジオール)の配合製品でエイジングケアをする女性

ペンチレングリコール(1,2-ペンタンジオール)という化粧品成分をご存知でしょうか?

あまり有名ではありませんが、知っておきたい成分です。

ペンチレングリコール(1,2-ペンタンジオール)は、保湿効果と防腐効果を持つ化粧品成分です。

そのため保湿剤だけでなく、抗菌補助剤としても使われます。

この記事では、ペンチレングリコール(1,2-ペンタンジオール)の特性について詳しくご紹介します。

ペンチレングリコール(1,2-ペンタンジオール)の効果と安全性の目次

1.ペンチレングリコール(1,2-ペンタンジオール)に興味があるあなたへ

ペンチレングリコール(1,2-ペンタンジオール)の説明をする女性

あなたは、ペンチレングリコールという化粧品成分をご存知でしょうか?

ペンチレングリコールは、1,2-ペンタンジオールとも呼ばれます。

グリセリンと似た保湿成分で、化粧水美容液など、さまざまな化粧品の基本成分として使われます。

もちろん、エイジングケア化粧品にも配合されます。

それは、ペンチレングリコール(1,2-ペンタンジオール)は、保湿効果に加えて抗菌効果もあるからです。

特にパラベンフェノキシエタノールなどの防腐剤の配合濃度を減らしたいときに使われます。

エイジングケアのためには、こうした成分について理解することも大切です。

この記事では、ペンチレングリコール(1,2-ペンタンジオール)の特性や効果、安全性について詳しくご紹介します。

また、オススメのエイジングケア美容液クレンジングジェルをご紹介します。

「ペンチレングリコールってどんな化粧品成分?」

「どんな効果があるの?」

「ペンチレングリコールの保湿力は高いの?」

「安全性や刺激性はどうなの?」

「ペンチレングリコール配合のオススメの化粧品は?」

などが気になる方は、ぜひ、続きをチェックしてくださいね。

<オススメのペンチレングリコール(1,2-ペンタンジオール)配合美容液なら>

ペンチレングリコール&ナールスゲン配合エイジングケア美容液「ナールス ネオ」

ペンチレングリコール配合エイジングケア美容液ナールスネオ

<オススメのペンチレングリコール(1,2-ペンタンジオール)配合クレンジングなら>

アミノ酸系洗浄成分配合クレンジングジェル「ナールス エークレンズ」

ペンチレングリコール配合クレンジング「ナールスエークレンズ」

<今だけ!無料サンプルプレゼント!!>

【皮膚科医監修】大人の女性にオススメのクレンジング!ぜひお試しください☆

ナールスエークレンズ無料サンプル申し込み

<この記事の大切なポイント>
  • ペンチレングリコールは、無色透明の多価アルコールです。グリセリンと性質が似ています。
  • ペンチレングリコールは、保湿力に加えて抗菌性を持つ成分です。そのため、防腐剤の配合量を減らすために使われます。
  • 化粧品成分としてはペンチレングリコールと表記されます。一方、医薬部外品に配合される場合は、1,2-ペンタンジオールと表記されます。
  • ペンチレングリコールは、基本的には安全性の高い成分です。だから、基本的にはどんな肌質でも使えます。ただし、まれにアレルギーが起こる場合があります。
  • ペンチレングリコールは、基礎化粧品だけでなく、メイク用品などさまざまなスキンケアアイテムに用いられます。

2.ペンチレングリコール(1,2-ペンタンジオール)とは?

ペンチレングリコール(1,2-ペンタンジオール)について考える女性

1)ペンチレングリコールの特性とは?

ペンチレングリコールは、グリセリンとよく似た無色透明の多価アルコールです。

さっぱりしたテクスチャーの水溶性の保湿成分として、さまざまな化粧品に配合されます。

また、ペンチレングリコールは、抗菌性があるので防腐効果を発揮します。

化粧品成分としての全成分表示では、ペンチレングリコールです。

医薬部外品に配合される場合は、「1,2-ペンタンジオール」と表記されます。

2)ペンチレングリコールの安全性は?

ペンチレングリコールは、皮膚への刺激性や毒性はほとんどなく、アレルギーの報告もほとんどありません。

したがって、基本的には安全性の高い成分です。

だから、普通肌脂性肌乾燥肌インナードライ肌混合肌敏感肌のどの肌質にも使える成分です。

しかし、誰にでも全く安全とは言えません。

ごくまれに接触性皮膚炎が起こったり、かゆみや赤みがでたり肌荒れなどが起こる可能性も100%否定できません。

アトピー性皮膚炎がある方敏感肌の方、お肌が弱い方は、パッチテストをすることをおすすめします。

安全性のイメージ

3)ペンチレングリコールはどんな化粧品に配合されるの?

ペンチレングリコールはさまざまな化粧品に配合されます。

最近では、クレンジングジェルなどのクレンジング料洗顔料保湿化粧水乳液保湿美容液保湿クリームフェイスマスクハンドクリーム、日焼け止め、ファンデーションやパウダーといったメイクのアイテムなどに使われます。

また、エイジングケア化粧水エイジングケア美容液などにも配合されるようになっています。

4)1,2-ペンタンジオールとしては、どんな医薬部外品に配合されるの?

医薬部外品では、1,2-ペンタンジオールとして、美白化粧水や美白美容液などの美白ケア用品、薬用の頭皮ケア用品、BBクリーム、フェイスパックなどに配合されます。


3.ペンチレングリコール(1,2-ペンタンジオール)の効果や役割は?

ペンチレングリコール(1,2-ペンタンジオール)の保湿効果を感じる女性

1)乾燥肌の予防や改善

ペンチレングリコールは、保湿によって乾燥肌の予防や改善に効果を発揮する化粧品の基本成分の1つです。

乾燥肌対策によって、ターンオーバーバリア機能を正常化し、肌のキメを整えます。

そして、肌の乾燥で目立つほうれい線小じわくすみ毛穴の黒ずみなどを予防します。

その保湿効果はグリセリンと同じくらいです。

だから、ペンチレングリコールは、セラミドプロテオグリカンヒアルロン酸などに匹敵するほど高保湿な成分ではありません。

2)防腐剤の量を少なくする

ペンチレングリコールは、BG(ブチレングリコール)よりはるかに低い濃度で抗菌性を発揮するため、パラベンフリーフェノキシエタノールフリーの化粧品などによく配合されます。

つまり、ペンチレングリコールは、配合する防腐剤の量を少なくするために使われるのです。

また、他の成分を溶かす溶剤として使われることもあります。


4.オススメのペンチレングリコール(1,2-ペンタンジオール)配合美容液は?

エイジングケア美容液ナールスネオ

オススメのエイジングケア美容液ナールス ネオです。

美女が選ぶベスト美容液などでも高い評価を得ている目元・口元専用美容液です。

私たちの美容液ランキング第1位です。

1)ナールス ネオの開発コンセプト

目元のハリや口元のハリツヤをキープすることで、「目元・口元のエイジングサインへのファイナルアンサー」を目指して開発しました。

2)ナールス ネオの配合成分のポイント

ナールス ネオは、ペンチレングリコールを配合することで防腐剤の濃度を極力下げることを目指しました。

ペンチレングリコール配合以外では、次のような特徴があります。

①ナールスゲンを推奨濃度で配合

ナールスゲンは、コラーゲンエラスチンヒートショックプロテイン(HSP)47を増やします。また、体や肌の酸化を防ぐ成分であるグルタチオンを増やします。

②ネオダーミルを推奨最高濃度で配合

ネオダーミルは、バイオテクノロジーによって生まれた細胞のエネルギー源で、Ⅰ型コラーゲン、Ⅲ型コラーゲン、エラスチンを強力にサポート。2週間でシワの体積を13%減少、シワの深さを15%減少させる臨床データを有する成分です。

③2種のビタミンC誘導体配合

ビタミンCのイメージ

ナールスネオは、ビタミンC美容液です。

水溶性ビタミンC誘導体の中でも効果が高く刺激が少ないVCエチル(エチルアスコルビン酸)と、浸透性の高い両親媒性ビタミンC誘導体APPS(アプレシエ)を配合。

コラーゲン産生をサポートします。

また、皮脂ケア毛穴ケアに高い効果が期待できます。

④プロテオグリカン配合

ナールスネオは、プロテオグリカン美容液です。

プロテオグリカンは、糖とタンパクが複合した「糖たんぱく質」で、お肌の細胞の増殖や、ヒアルロン酸、コラーゲンの産生をサポート。

また、ヒアルロン酸に匹敵する高い保湿力を持った成分です。

潤いのあるふっくらしたお肌をキープする「守るエイジングケア」と「攻めるエイジングケア」をサポートします。

⑤ビタミンA誘導体配合

レチノールを改良したビタミンA誘導体レチノイン酸トコフェリル配合。

ターンオーバーを促進して、お肌のハリを取り戻します。

⑥6種のセラミド配合

セラミドのイメージ

保湿力の高いヒト型セラミドを6種配合(NG、NP、NS、EOS、EOP、AP)したセラミド美容液です。

お肌のバリア機能を守ります。

⑦金コロイド配合

半永久的に抗酸化作用を発揮する金コロイド配合。

エルゴチオネインとともにお肌の酸化を防ぎます。

⑧お肌に不要な成分は無添加

無香料・無着色、旧指定成分は配合していません。

パラベンフェノキシエタノールほかアルコール性防腐剤の無添加化粧品で、アルコールフリーです。

防腐剤フリーは、ペンチレングリコールが一役買っているのです。

*フェノキシエタノール、パラベンが、キャリーオーバーとして微量含まれます。


5.ペンチレングリコール配合のオススメのクレンジングジェル

アミノ酸系界面活性剤配合クレンジングジェル「ナールス エークレンズ」

オススメのアミノ酸系界面活性剤配合クレンジングジェル「ナールス エークレンズ」をご紹介します。

水性のオイルフリーのクレンジングジェルで、アミノ酸系界面活性剤であるラウロイルグルタミン酸Naが主な洗浄成分のお肌に負担の少ない優しいクレンジング料です。

エイジングケアにもオススメです。

ナールス エークレンズは、皮膚科医監修で、防腐剤フリーのためにペンチレングリコールを配合しました。

特徴は、次の通りです。


6.まとめ

ペンチレングリコール(1,2-ペンタンジオール)の効果と安全性のまとめ

ペンチレングリコール(1,2-ペンタンジオール)の効果や安全性について詳しくご紹介しました。

ペンチレングリコールは、保湿力と抗菌力があることから、パラベンやフェノキシエタノールなど防腐剤の配合量を減らす役割としても使われます。

とても使い勝手の良い化粧品成分の1つです。

また、オススメのペンチレングリコール(1,2-ペンタンジオール)配合美容液「ナールス ネオ」についてもご紹介しました。

さらに、オススメのペンチレングリコール(1,2-ペンタンジオール)配合クレンジングジェル「ナールス エークレンズ」についてもご紹介しました。

この2つは、エイジングケア世代の女性に使っていただきたいアイテムです。

ぜひ、ペンチレングリコール(1,2-ペンタンジオール)配合の化粧品を上手にエイジングケアに活かしてくださいね。

<今だけ!無料サンプルプレゼント!!>

ナールスエークレンズ無料サンプル申し込み

関連記事

ジメチコンが危険って本当?その効果と安全性!

続きを読む

シクロペンタシロキサンとはどんな化粧品成分?効果と安全性

続きを読む

シアバターの保湿効果と上手な使い方の秘訣!

続きを読む

酸化チタンは紫外線散乱剤の代表!役割と安全性は?

続きを読む

マイカの化粧品成分としての役割は?

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」