ベタインの化粧品成分としての効果や安全性を理解しよう!

ベタイン

ベタインは、植物や海産物などに含まれているアミノ酸誘導体です。

トリメチルグリシンとも呼ばれ、化粧品には保湿成分として配合されます。

ベタインは、非常に低刺激な保湿成分で、テクスチャーはさらっとしています。

そのため、化粧水や保湿クリームのテクスチャーを向上させるためによく使われます。

この記事では、ベタイン(トリメチルグリシン)の化粧品成分としての効果や安全性をご紹介します。

ベタインの化粧品成分としての効果や安全性を理解しよう!の目次

1.ベタインがどんな成分か気になるあなたへ

ベタインがどんな成分か気になる女性

ベタインとは、ホウレン草やキノコなどの植物、またタコやエビなどの魚介類に含まれる天然の成分で、脂質異常症や肝機能の改善に効果があります。

ベタインは、食品としては甘味や旨味を出す調味料として利用されます。

また、化粧品成分としてのベタインは、化粧水美容液などのさまざまなスキンケアアイテムに使われる刺激性の少ないアミノ酸誘導体です。

皮膚への浸透性も高く保湿力もあることから、エイジングケア化粧品にも使われます。

しかし、意外にその効果や安全性などが知られていない化粧品成分です。

「ベタインってどんな化粧品成分?」

「ベタインの効果は?」

「ベタインの保湿力は?」

「ベタインの安全性や刺激性は?」

「ベタイン配合のオススメの化粧品は?」

などが気になる方は、ぜひ、続きをチェックしてくださいね。

<オススメのベタイン配合エイジングケア化粧水なら>

ベタイン&ナールスゲン配合エイジングケア化粧水「ナールスピュア」

<オススメのベタイン配合エイジングケア保湿クリームなら>

ベタイン&ナールスゲン配合エイジングケア保湿クリーム「ナールス ユニバ」

<この記事の大切なポイント>
  • ベタインとは、ホウレン草などの植物やタコなどの魚介類に含まれる天然のアミノ酸誘導体であり、両性界面活性剤です。
  • ベタインは、健康や美容への効果から化粧品、食品添加物、医薬品として活用されています。
  • 化粧品成分としてのベタインは、浸透性の高い保湿成分で化粧水や美容液から頭皮ケアアイテムまでさまざまなスキンケアアイテム、エイジングケア化粧品に配合されます。
  • ベタインは、刺激性や毒性、アレルギーがほとんどない安全性の高い成分なので、肌質を選ばず使用できます。
  • ベタイン配合の化粧品で、乾燥肌の予防や改善、乾燥肌が原因の肌悩みのケアが可能です。

2.ベタインとそのはたらき

ベタインについて考える女性

1)ベタインとは?

ベタインとは、アミノ酸の中のアミノ基に3つのメチル基が付いた化合物の総称です。

ベタインには、カルニチン、トリメチルグリシン、プロリンベタインなどがあります。

その構造から、ベタインはトリメチルグリシンやベタイングリシンとも呼ばれます。

また、ベタインは、陽イオンと陰イオンの両方を持っている天然の両性界面活性剤です。

「界面活性剤」といえばと、肌に悪いものと思ってしまう方がいるかもしれませんが、ベタインには、刺激性がありません。

ベタインは、アルカリ性の中では陰イオン性、酸性であれば陽イオン性になる性質を持つ両性界面活性剤のため、帯電しにくいこともメリットです。

ベタインの働きを説明する女性

2)ベタインのはたらき

ベタインには、大きく次の4つのはたらきがあります。

①肝機能を高める効果

ベタインは、肝臓へ脂肪が沈着するのを防ぐとともに、脂肪の排出を促進します。

また、酸化物質であるグルタチオンの産生を維持し、肝臓の酸化を抑えます。

そのため、肝機能を高め肝硬変などの肝臓の病気の予防や改善に役立ちます。

②動脈硬化を抑える効果

ベタインには、動脈硬化の原因のひとつとしてホモシステインの濃度を下げるはたらきがあります。そのため、動脈硬化を抑えるはたらきが期待できます。

③高血糖を抑えるはたらき

ベタインは、糖が小腸から吸収されるのを防ぎます。そのため、血糖値の急激な上昇を抑えるはたらきによって高血糖を抑えます。

④胃の健康を保つ

ベタインが塩酸と結合した塩酸ベタインは、胃酸を調整することで胃の健康を保ちます。

⑤保湿成分としてのベタイン

ベタインは、保湿性と吸水性があること、浸透性が高く刺激性も低いことから、化粧品の保湿成分として使われます。

3)ベタインを含む食べ物

ベタインは海産物では、タコ、イカなどの頭足類、エビ、カニなどの甲殻類、貝類に豊富に含まれます。

植物では、ほうれん草や甜菜、麦類、キノコなどに豊富です。


3.化粧品成分としてのベタインの特性とは?

1)化粧品成分としてのベタイン

ベタインは、1866年に甜菜(てんさい=ビート)から分離されて発見された植物性天然アミノ酸系保湿剤です。

ベタインは、無色無臭で皮膚への浸透性に優れた柔軟性と弾力性が高い保湿成分です。

化粧品に配合されているベタインは、甜菜などの植物由来のものが使用されています。

化粧品へのベタインの配合濃度は1%~10%程度です。

ベタインの化粧品成分としての全成分表示は、「ベタイン」です。一方、医薬部外品に配合される場合は、「トリメチルグリシン」と表記されます。

2)ベタインの安全性は?

ベタインの安全性の居目地

ベタインは、刺激性や毒性、アレルギーがほとんどない安全性の高い成分です。

だから、普通肌脂性肌はもちろん、混合肌インナードライ肌敏感肌など、どんな肌質でも使える成分です。

そのため、敏感肌化粧水をはじめ敏感肌化粧品にも配合されます。

しかし、誰にでも全く安全とは言えません。

人によっては、赤みがでたり肌荒れなどが起こる可能性も100%否定できません。

アトピー性皮膚炎がある方やお肌が弱い方は、パッチテストをすることをおすすめします。

3)ベタインはどんな化粧品に配合されるの?

ベタイン配合化粧品のイメージ

ベタインは、しっとり感を向上させたり、皮膚をなめらかにしたり、べたつきを抑える目的で保湿効果の高い化粧水や乳液、クリームに多く配合されています。

また、安全性が高いことから、ベビーケアからエイジングケアまで幅広く使えます。

具体的には、洗顔フォームなどの洗顔料クレングジェルなどのクレンジング料、ミスト化粧水や保湿化粧水保湿美容液乳液保湿クリームフェイスマスクオールインワンジェルハンドクリームリップ(唇)ケア用品、ボディケア製品など、さまざまな化粧品に配合されています。

また、ベタインには髪にハリツヤを与える効果もあり、洗浄効果もマイルドで、静電気の帯電を防止する効果があることから、頭皮ケアやヘアケア製品に配合される場合も多くあります。

具体的には、シャンプー、コンディショナー、ヘアスプレーなどに活用されています。


4.ベタインでケアできる肌悩みは?

ベタインで改善できる肌悩みを説明する女性

1)乾燥肌

乾燥肌の予防や改善には、お肌の潤いが必要です。

しかし、ただ水分を与えただけではすぐに蒸発してしまいます。

お肌にはもともと水分を保つはたらきがありますが、何らかの原因によってお肌の水分保持力が低下し、角質層の水分が20%を下回ってしまうと乾燥肌になるのです。

ベタインは吸湿性と保湿性に優れており、お肌に潤いを与えてくれます。

そのため、乾燥肌対策にピッタリの成分なのです。

また、お肌に優しい成分であることから、バリア機能が低下して刺激に弱くなっている敏感肌にも安心して使うことができます。

2)乾燥肌が原因となる肌悩み

ベタイン配合化粧品で肌悩みのケアをする女性

乾燥肌はさまざまな肌悩み肌老化を引き起こします。

ベタインで乾燥肌を改善することでそれらのケアが可能です。

①シミやくすみ

シミの原因であるメラニンは、ターンオーバーによって体外に排出されます。

しかし、お肌が乾燥すると、肌のターンオーバーが乱れてシミやくすみが生じやすくなります。

乾燥肌が原因でお肌のバリア機能が低下し、メラノサイトを刺激することもシミを目立たせます。

ベタイン配合の化粧品で、乾燥肌の予防や改善をすることによって、シミやくすみのケアが期待できます。

②乾燥によるシワ

乾燥肌になるとお肌のハリを失うため、小じわを引き起こしがちです。

シワには「小じわ」、「真皮じわ」、「表情じわ」の3種類がありますが、中でも小じわは乾燥肌が直接的な原因にあたります。

小じわは、目元のしわ口元のしわとして目立ちやすいのが特徴です。

これらは、乾燥肌の改善で目立たなくなります。

一方、ベタイン配合化粧品でも、真皮じわや表情じわなどの深いしわを消すことはできません。

③乾燥によるほうれい線

お肌のハリがなくなると、乾燥によるほうれい線が目立ちます。

深いほうれい線につながることもあり、実年齢よりも老けて見えてしまうエイジングサインです。

ベタイン配合化粧品による乾燥肌のケアで、ほうれい線を予防するためのエイジングケアを行いましょう。

しかし、ベタイン配合化粧品で顔のたるみが原因の深いほうれい線を消すことはできません。

④目立つ毛穴ケア

乾燥によって毛穴が目立ちやすくなることもあります。

毛穴の悩みとしては、詰まり毛穴、開き毛穴、黒ずみ毛穴やいちご鼻たるみ毛穴、メラニン毛穴など、たくさんの種類がありますが、いずれも乾燥肌が原因の1つとなっている可能性が高いのです。

ベタイン配合化粧品で毛穴ケアを行うことによって、毛穴の目立ちが小さくなります。

⑤にきび

意外かも知れませんが、乾燥肌はにきびの原因の1つです。

乾燥肌になると、お肌を守ろうとして皮脂が過剰に分泌されます。

その結果、表皮常在菌のバランスが崩れ、ニキビの原因菌であるアクネ菌の繁殖を促進してしまうことがあるのです。

また、大人ニキビの原因が乾燥肌である場合も少なくありません。

⑥その他の肌トラブル

乾燥肌が悪化すると、敏感肌やインナードライ肌となったり、乾燥によるかゆみや蕁麻疹、発赤が生じることもあります。

ベタイン配合化粧品でこれらの肌トラブルの予防が期待できます。

しかし、肌状態が酷いようなら、早めに皮膚科医など専門家に相談することをおすすめします。


5.オススメのベタイン配合化粧水は?

ベタイン配合エイジングケア化粧水ナールスピュア

ベタイン配合のオススメのエイジングケア化粧水は、「ナールスピュア」

私たちの化粧水ランキングでは、第1位です。

1)ナールスピュアの開発コンセプト

ナールスピュアは、30代ではじめてエイジングケアを考える方に使っていただきたいエイジングケア化粧水です。

もちろん、40代以上でもどなたでも使えるエイジングケア化粧品です。

乾燥肌対策だけではなく、しわやほうれい線、たるみ毛穴などのエイジングサインの予防対策にピッタリなエイジングケアローションです。

2)ナールスピュアの配合成分のポイント

ナールスピュアは、ベタインを配合することで、保湿力の強化とテクスチャーの良さを目的としました。

ベタイン配合以外には、次のような特徴があります。

①ナールスゲンを推奨濃度で配合

ナールスゲンを推奨濃度で配合しています。

ナールスゲンは、コラーゲンエラスチンヒートショックプロテイン(HSP)47など真皮のたんぱく質や、お肌の酸化を防ぐグルタチオンを増やします。

②ビタミンC誘導体配合

水溶性ビタミンC誘導体アスコルビルリン酸Naと両親媒性ビタミンC誘導体APPS(アプレシエ)を配合し、抗酸化作用とともにナールスゲンとの相乗効果を存分に発揮。

③プロテオグリカン配合

ヒアルロン酸に匹敵する高い保湿力のある水溶性プロテオグリカンを配合。

④両親媒性ビタミンE誘導体配合

肌荒れや肌の酸化を防ぐ両親媒性ビタミンE誘導体トコフェリルリン酸Naを配合。

また、アルコールフリー化粧水であり、香料・着色料・鉱物油、界面活性剤などが無添加の化粧水です。


6.オススメのベタイン配合保湿クリームは?

ベタイン配合お勧めの保湿クリーム「ナールスユニバ」

ベタイン配合のオススメのエイジングケア保湿クリームは、「ナールス ユニバ」です。

私たちの保湿クリームランキングでは、第1位です。

1)ナールス ユニバの開発コンセプト

ナールス ユニバとは、QOS(Quality Of Skin=お肌の質)の向上、つまり、「細かく整ったキメ」、 「お肌の内側からのハリと弾力」 、「健やかな肌の透明感」 、「表皮のバリア機能」、 「十分な潤い」 などを実現すべく、攻めと守りのエイジングケアをサポートする成分を、バランスよく配合した高機能な保湿クリームです。成分は濃厚、でも使い心地は軽く、すごく伸びがよいクリームです。

2)ナールス ユニバの配合成分のポイント

ナールス ユニバは、ベタインを配合することで、保湿力の強化を目指しました。

ベタイン配合以外には、次のような特徴があります。

①ナールスゲンを推奨濃度で配合

ナールスピュアと同じくナールスゲンを推奨濃度で配合しています。

②3種のヒト型セラミド配合

セラミドの中でも浸透性に優れた3種のヒト型セラミド(2、AP、NP)で、お肌のバリア機能と高い保湿をサポートします。

③持続型ビタミンC誘導体配合

持続型ビタミンC誘導体VC-IPが、抗酸化作用とともに、ナールスゲンとの相乗効果を存分に発揮。

④シアバター配合

シアバターの保湿力に加え、お肌へのなじみのよさとなめらかな質感を実現。

⑤安全性の高いビタミンA誘導体配合

レチノールを改良したレチノイン酸トコフェリルで、お肌のハリ・ツヤをサポート。

しわの改善をサポートします。

⑥お肌に不要な成分は無添加

パラベンフリーフェノキシエタノールフリーほか、アルコール性防腐剤の無添加化粧品です。

また、アルコールを配合しないノンアルコール化粧品です。

40代のエイジングケア50代のエイジングケアにもピッタリです。


7.食品添加物や医薬品としてのベタイン

食品に配合されるベタイン

1)食品添加物としてのベタイン

甜菜(てんさい)糖蜜由来のベタインは、食品添加物としては「調味料」に分類されます。食品添加物としてのベタインは、甘味と旨味に関わる成分です。

塩味や酸味の強い食品の味をまろやかにするはたらきがあるため、カニ風味かまぼこ、イカ塩辛などの食品に添加されています。

2)医薬品としてのベタイン

ベタインは、2014年にホモシスチン尿症治療薬ベタイン(商品名「サイスタダン原末」)として、製造販売が承認されました。

ホモシスチン尿症とは、先天的な酵素欠損または代謝異常のためにメチオニンの代謝産物であるホモシステイン及びホモシスチンが血中に蓄積しまう先天性アミノ酸代謝異常の希少疾患です。

尿中へ大量のホモシスチンが排泄されることで、知能障害、骨格筋異常、眼の異常などの症状を伴います。

ホモシスチンのコントロールが不良な場合には、血栓症や塞栓症を起こしてしまい、致死的な状態に陥ることもあります。

従来は、ホモスシチン尿症患者は食事療法しか選択肢がありませんでしたが、ベタインが医薬品として使えるようになったことで、治療の選択肢が広がったのです。


8.まとめ

ベタインの化粧品成分としての効果や安全性を理解しよう!のまとめ

ベタインの特性、効果や安全性について詳しくご紹介しました。

ベタインは、化粧品成分としてだけでなく、食品添加物や医薬品としても活用される成分です。

化粧品成分のベタインは、浸透性と保湿力の高い成分です。また、安全性の高い化粧品成分であることから、多くの化粧品に配合されています。

また、オススメのベタイン配合エイジングケア化粧水やエイジングケア保湿クリームについてもご紹介しました。

ぜひ、ベタイン配合の化粧品を上手にエイジングケアに活かしてくださいね。

関連記事

(ジメチコン/メチコン)コポリマーとはどんな化粧品成分?

続きを読む

尿素のメリットとデメリットは?エイジングケアの視点から

続きを読む

キュアパッションはパッションフルーツのエイジングケア成分

続きを読む

シアノコバラミン(VB12)は赤いエイジングケア化粧品

続きを読む

ジメチコンが危険って本当?その効果と安全性!

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」