ノイバラ果実エキスの化粧品成分としての効果と安全性は?

ノイバラ果実エキスの花

ノイバラは、バラの一種でノバラとも呼ばれます。

その果実エキスはどんな化粧品成分なのでしょうか?

また、特徴や効果は?

この記事では、化粧品成分としてのノイバラ果実エキスの特徴をはじめ、効果や安全性をご紹介します。

また、ノイバラ果実エキスを配合したオススメのハンドクリームを合わせてご紹介します。

ノイバラ果実エキスの化粧品成分としての効果と安全性は?の目次

1.ノイバラ果実エキスに興味があるあなたへ

ノイバラ果実エキスに興味がある女性

植物エキスの1つであるノイバラ果実エキスってご存知ですか?

ノイバラ果実エキスとは、その名のとおりバラの一種であるノイバラの果実から抽出したエキスです。

ノイバラは、ノバラとも呼ばれる日本の代表的なバラの1つです。

そんなバラの化粧品成分であるノイバラ果実エキスには、美肌のためのさまざまなよい効果があります。

そのため、化粧水美容液をはじめ、エイジングケア化粧品にも配合されます。

アンチエイジングやエイジングケアを正しく行うためには、ノイバラ果実エキスをはじめ、さまざまな化粧品成分について理解することが大切です。

この記事では、ノイバラ果実エキスの特徴や効果、安全性についてご紹介します。

また、ノイバラ果実エキス配合のオススメのハンドクリームをご紹介します。

「ノイバラ果実エキスってどんな化粧品成分なの?特徴は?」

「ノイバラ果実エキスの効果は?また、安全性について知りたい!」

「ノイバラ果実エキス配合のオススメのエイジングケアハンドクリームは?」

などが気になる方は、ぜひ、続きをチェックしてくださいね。

<ノイバラ果実エキス配合のハンドクリーム>

ノイバラ果実エキス&ナールスゲン配合ハンド美容ジェル「ナールス ロゼ」

ノイバラ果実エキス&ナールスゲン配合ハンド美容ジェル「ナールス ロゼ」

<この記事の大切なポイント>
  • ノイバラ果実エキスは、ノイバラから抽出された植物エキスの1種です。
  • 化粧品成分としてのノイバラ果実エキスには、美白や抗酸化、収れんなどの作用があります。そのため、肌老化予防に役立ちます。
  • また、ノイバラ果実エキスは安全性に問題がないので、肌質を選ばず使うことができる成分です。
  • 最近の研究では、ノイバラ果実エキスにたるみを予防できる可能性があることがわかってきました。
  • ノイバラ果実エキスは、化粧水、美容液、クレンジング料、洗顔料など、さまざまなスキンケア化粧品に配合されています。

2.ノイバラとは?

ノイバラを調べる女性

ノイバラは、ノバラ(野薔薇)とも呼ばれる日本のノバラの代表的なバラです。

高さ2m程度の落葉性のつる性低木で、沖縄以外の日本各地の山野に自生しています。

ノイバラは、バラの中でも生命力が強く丈夫な種類です。

そのため、品種改良や貴重なバラの品種を増やすための台木として使われます。

花期は5~6月で、白く丸い花びらが5弁あります。

また、ノイバラの果実は、秋に出来て赤く熟します。果実は営実(エイジツ)と呼ばれます。

ノイバラの果実のエキスは、化粧品成分以外でも日本薬局方の医薬品として瀉下薬や利尿薬としても処方されます。

また、おでき、にきび、腫れ物に効果があると言われています。


3.ノイバラ果実エキスの化粧品成分としての特徴

ノイバラ果実エキスの特徴を説明する女性

1)ノイバラ果実エキスの効果は?

ノイバラ果実エキスは、ノイバラの実、つまりローズヒップから抽出された植物エキスです。

化粧品の全成分表示でも「ノイバラ果実エキス」と表記されます。

多くの場合、ノイバラ果実エキスはBGに溶かした状態の製品として化粧品原料メーカーから供給されます。

ノイバラ果実エキスは、フラボノイドを含むことから、酸化の防止効果が期待できます。

他にも、美白効果、収れん効果、抗アレルギー効果が期待できます。

また、紫外線ダメージによる炎症抑制作用もあります。

そのため、肌のハリツヤをキープして、肌老化を予防することが期待できるのです。

さらに、ノイバラ果実エキスの効果は、頭皮のケアでも発揮されます。

頭皮を健やかに保つことで、女性の薄毛の予防が期待できます。

2)ノイバラ果実エキスの安全性は?

ノイバラ果実エキスの安全性のイメージ

バラをはじめ植物エキスには、本来的にアレルギーのリスクがあります。

しかし、ノイバラ果実エキスにはアレルギーの報告や刺激性の報告はありません。

また、化粧品での配合濃度は低いため、安全性に対して不安は少ない成分だと考えられます。

したがって、ノイバラ果実エキスは、肌質を選ばずに使うことが可能です

普通肌脂性肌乾燥肌インナードライ肌の4つの基本肌タイプに加え、混合肌敏感肌でも問題なく使用できる成分です。

そのため、敏感肌化粧水など敏感肌化粧品にも配合されることがあります。

しかし、ノイバラ花エキスが誰にでも全く安全とは言えません。

バラにアレルギーがある方は控えた方がよいでしょう。

また、人によっては、赤みがでたり肌荒れかゆみなどが起こる可能性も100%否定できません。

アトピー性皮膚炎がある方やお肌が弱い方は、パッチテストをすることをおすすめします。


4.ノイバラ果実エキスはどんな化粧品に配合されるの?

ノイバラ果実エキスは、美白やニキビケア、毛穴ケアなどの化粧品、日焼け止めといったUV製品にも活用されています。

さらに、顔から手肌デコルテやボディなど、さまざまなパーツのスキンケアアイテムに使われています。

洗顔パウダーや洗顔フォームなどの洗顔料クレンジングジェルなどのクレンジング料保湿化粧水収れん化粧水美白化粧水保湿美容液乳液保湿クリームフェイスマスクオールインワンゲルハンドクリーム、口紅やリップグロスなどの唇のケア用品、マスカラなどのアイメイク用品、ボディケア用品、シャンプーやヘアムースなど頭皮ケア用品などに使われます。

さらに、ファンデーションや化粧下地などのメイクのアイテムにも使われます。

最近では、エイジングケア化粧水エイジングケア美容液などにも配合されるようになっています。


5.オススメのノイバラ果実エキス配合のハンドクリーム

ノイバラ果実エキス&ナールスゲン配合ハンド美容ジェル「ナールス ロゼ」

オススメのノイバラ果実エキス配合のハンドクリームは、ナールス ロゼです。

ナールスロゼは、豊潤な香りのブルガリア産ダマスクローズを50%という高濃度で配合。

ナールス ロゼは「ハンドクリーム」とは呼ばず「ハンド美容ジェル」と呼んでいます。

私たちのハンドクリームランキングの第1位です。

それは、一般のハンドクリームと比較して、

  • 美容液に配合するのと同じレベルで、エイジングケア化粧品成分や保湿成分を配合していること
  • 油溶性成分が少なく、テクスチャーがジェル状であること

が理由です。

春や夏でも使えるハンド美容ジェルで、しっかりと手肌の乾燥を防ぎます。

油分の多いハンドクリームにはない、水分の保持力に優れたエイジングケアハンドクリームです。

ナールス ロゼの特徴をまとめると、ノイバラ果実エキス配合以外では、次のポイントがあります。

ノイバラ果実エキスとダマスクローズを高濃度で配合したハンドクリーム「ナールス ロゼ」の詳しい情報は、こちら。

ナールス ロゼは、ホンモノのダマスクローズのハンドジェル


6.ノイバラ果実エキスの新たな研究

ノイバラ果実エキスの新たな研究のイメージ

1)ノイバラ果実エキスがたるみの原因にアプローチ

2017年になって、ノイバラ果実エキスがエイジングによる頬やフェイスラインのたるみの予防や改善が期待できるという研究成果が発表されました。

皮膚は「表皮」「真皮」「皮下組織」の3 層に分かれています。

最も奥の皮下組織には、RC(retinacula cutis) と呼ばれる線維構造が存在します。

RCには、皮下組織を柱のように支えることで肌の形態をキープする重要な役割があります。ポーラ化成工業では、RCが減ることが、たるみの原因であることを解明していました。

2017年同社は、RC が減少する原因を詳しく調べました。

その結果、は次の通りでした。

  • RCを構成する主成分の「Ⅰ型コラーゲン」と糖たんぱく質の一種である「ミメカン」が加齢によって著しく減少している。
  • RCには「腱細胞」が存在し、これらの RC 構成成分は加齢によって産生量が顕著に減少する。

こうした研究を受けて、同社はRCの主成分であるⅠ型コラーゲンとミメカンの産生を促進する成分を探索したところ、ノイバラ果実エキスにそのはたらきがあることを突き止めました。

詳しくは、次の記事をご覧ください。

美容業界新聞「ポーラ化成、シワ・たるみの改善、肌荒れの原因等解明②」

2)ノイバラ果実エキスが、CEをサポート

ノイバラ果実エキスの効果で潤う女性

他のエイジングケアによい効果としては、ノイバラ果実エキスには最近注目を浴びているCEの成熟を助ける効果があります。

CEとは、角質細胞の外を覆う膜で「Cornified Envelope=コーニファイドエンベロープ」の略号です。

CEは、お肌のバリア機能を健やかに維持する上で重要であることがわかってきました。

つまり、CEがしっかりはたらかないとバリア機能が低下し、乾燥肌の原因になったり、敏感肌になるリスクがあるのです。

だから、CEの成熟はとてもお肌に大切なことですし、エイジングケアにも大切です。

このCEの元となるのが「インボルクリン」というたんぱく質です。

ノイバラ果実エキスは、「インボルクリン」を増やすことにより、正常な角質層の形成、バリア機能を高める効果が期待できます。

CEについては、「CE(コーニファイドエンベロープ)とは?敏感肌なら大切!」をご覧ください。


7.まとめ

ノイバラ果実エキスの化粧品成分としての効果と安全性は?のまとめ

ノイバラは、日本の代表的なノバラ。そんなノイバラのエキスであるノイバラ果実エキスの化粧品成分としての特徴や効果、安全性についてご紹介しました。

ご理解いただけましたか?

また、ノイバラ果実エキス配合のエイジングケアのためのハンドクリームについてもご紹介しました。

最近では、ノイバラ果実エキスはたるみの原因にアプローチできるなどの研究も行われています。

また、他にもさまざまな効果があり安全性も高いことから、エイジングケアに活かせる化粧品成分です。

ぜひ、ノイバラ果実エキスをしっかり理解してエイジングケアに役立ててくださいね。

関連記事

ペンチレングリコール(1,2-ペンタンジオール)とはどんな化粧品成分?

続きを読む

グリチルリチン酸2K(ジカリウム)化粧品の効果と安全性は?

続きを読む

カルボマーは高分子ポリマー。実は安全?危険?その真実!

続きを読む

ヒューメクタントとは?スキンケアや保湿での役割

続きを読む

エモリエントとは?保湿やエイジングケアとの関係

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」