1,2-ヘキサンジオールってどんな化粧品成分?その効果と安全性

1,2-ヘキサンジオールのイメージ

1,2-ヘキサンジオールという化粧品成分の名前を聞いたことがあるでしょうか?

1,2-ヘキサンジオールは、水やアルコールによく溶ける無色透明の化粧品成分です。

保湿効果とともに抗菌効果があることから、保湿剤だけでなく抗菌補助剤としても使われます。

この記事では、1,2-ヘキサンジオールの特性について詳しくご紹介します。

また、1,2-ヘキサンジオール配合のオススメのエイジングケア化粧水をご紹介します。

1,2-ヘキサンジオールってどんな化粧品成分?その効果と安全性の目次

1.1,2-ヘキサンジオールに興味があるあなたへ

ヘキサンジオールに興味がある女性

1,2-ヘキサンジオールという化粧品成分をご存知でしょうか?

1,2-ヘキサンジオールは化粧水美容液ほか、さまざまな化粧品の基本成分として使われる成分です。

もちろん、エイジングケア化粧品にも配合されます。

それは、1,2-ヘキサンジオールには、保湿効果に加えて抗菌効果もあるからです。

また、安全性が高いことから、敏感肌化粧水などの敏感肌化粧品にも配合されることがあります。

正しいエイジングケアのためには、1,2-ヘキサンジオールをはじめ、さまざまな化粧品成分を理解することが大切です。

この記事では、1,2-ヘキサンジオールの特性について詳しくご紹介します。

また、1,2-ヘキサンジオール配合のオススメのエイジングケア化粧水をご紹介します。

「1,2-ヘキサンジオールってどんな化粧品成分?」

「1,2-ヘキサンジオールの効果は?」

「1,2-ヘキサンジオールの安全性や刺激性は?」

などが気になる方は、ぜひ、続きをチェックしてくださいね。

<オススメの1,2-ヘキサンジオール配合化粧水なら>

1,2-ヘキサンジオール&ナールスゲン配合エイジングケア化粧水「ナールスピュア」

<この記事の大切なポイント>
  • 1,2-ヘキサンジオールは、無色透明の多価アルコールで、保湿剤また抗菌補助剤としても使われています。
  • 1,2-ヘキサンジオールは、低濃度でも比較的高い抗菌力を発揮するので、パラベンやフェノキシエタノールなど防腐剤の配合濃度を低くする目的で使われます。
  • 1,2-ヘキサンジオールは、刺激性や毒性、アレルギーの問題のない安全性の高い成分です。
  • そのため、化粧水や美容液をはじめ、エイジングケア化粧品やヘアケア商品などのさまざまな化粧品に配合されます。
  • しかし、眼刺激性のリスクがあるので、目元に使う場合は注意する必要があります。

2.1,2-ヘキサンジオールとは?

ヘキサンジオールに興味を持つ女性

1)1,2-ヘキサンジオールの基本性とは?

1,2-ヘキサンジオールは、無色透明の多価アルコールです。

保湿剤として、また抗菌補助剤としても使われています。

やアルコール(エタノール)によく溶けるだけでなく、保湿効果と抗菌力があることから、化粧品の基本成分として頻繁に使用されているものです。

1,2-ヘキサンジオールは、ヘキシレングリコールとも呼ばれています。

1,2-ヘキサンジオールは、グリセリンBG(ブチレングリコール)DPG(ジプロピレングリコール)と性質が同じで同じくらいの保湿力があります。

これらは、すべてある程度の抗菌性がありますが、1,2-ヘキサンジオールが最も抗菌力が高いのです。

だから、抗菌力を求める場合、1,2-ヘキサンジオールならブチレングリコールよりも低濃度の2%以下の配合で十分なのです。

その性質を活かして、パラベンフェノキシエタノールなど防腐剤の配合濃度を低くするために化粧品に配合されます。

2)1,2-ヘキサンジオールの安全性は?

ヘキサンジオールの安全性を考える女性

1,2-ヘキサンジオールは、現時点でわかっている研究データからは、刺激性や毒性はほとんどありません。

また、アレルギーの問題についても報告がありません。

さらに多くの化粧品に配合されている中でも、大きな問題の報告がないことから、基本的には安全性の高い成分であると言えます。

だから、普通肌脂性肌はもちろん、乾燥肌混合肌インナードライ肌敏感肌など、どんな肌質でも安心して使える成分です。

しかし、誰にでも100%安全とは言えません。

人によっては、赤みがでたり肌荒れかゆみなどが起こる可能性も否定できません。

アトピー性皮膚炎がある方やお肌が弱い方は、パッチテストをすることをおすすめします。

1,2-ヘキサンジオールでもう1つ気をつけたいのは、眼刺激のリスクです。

1,2-ヘキサンジオールは、1つの試験で眼刺激を起こす可能性が示唆されています。

そのため、化粧品を目元に使う場合には、目に入らないように注意しましょう。

3)1,2-ヘキサンジオールはどんな化粧品に配合されるの?

ヘキサンジオール配合の化粧品イメージ

1,2-ヘキサンジオールはたくさんの化粧品に配合されています。

化粧水や美容液をはじめ、ボディークリームやボディローションなど幅広く使われています。

1,2-ヘキサンジオールには、感触がグリセリンと似ているという特徴もあります。

そのため、さっぱりとした感触を求める際の感触剤として使用されることもあるのです。

また、ニキビケア化粧品にも使用されています。

1,2-ヘキサンジオールが配合された化粧品はたくさんありますので、自分に合ったものを選んで取り入れることがおすすめです。

具体的には、洗顔フォームなどの洗顔料クレンジングジェルなどのクレンジング料保湿化粧水保湿美容液乳液保湿クリームフェイスマスクオールインワンゲルハンドクリーム、口紅やリップグロスなど唇ケア用品、ファンデーションなどメイクのアイテム、シャンプーやヘアコンディショナーなど頭皮ケア用品などに使われます。

また、エイジングケア化粧水エイジングケア美容液エイジングケア保湿クリームなどにも配合されるようになっています。


3.1,2-ヘキサンジオールの役割は?

ヘキサンジオールを表すイメージ

1)乾燥肌の予防や改善

エイジングとともに、「皮脂膜」、「NMF(天然保湿因子)」、「角質細胞間脂質セラミドなどの脂質)」が減っていきます。

その結果、自分自身の肌を保湿する力が弱まりお肌の水分量が減ります。

皮膚角質層にある水分が20%を下回った状態が乾燥肌です。

そのため、エイジングを重ねれば重ねるほど、乾燥肌対策をしっかり行うことが大切です。

そんな乾燥肌対策の成分が、保湿成分です。

1,2-ヘキサンジオールは保湿成分の1つで、水分を吸着してお肌を保湿します。

つまり、1,2-ヘキサンジオールが配合された化粧品は、乾燥肌の予防や改善が期待できるのです。

しかし、1,2-ヘキサンジオールの保湿力が際立っているわけでありません。

コラーゲンヒアルロン酸ヒト型セラミドなど、保湿効果の高い他の保湿成分も併せて化粧品で補うことが大切です。

もちろん、食べ物で乾燥肌対策を行うことも大切なので、化粧品だけに頼らず、生活習慣でもアンチエイジングを心がけましょう。

食生活でアンチエイジングを心掛ける女性

2)防腐剤の量を少なくする

市販されているほとんどの化粧品には防腐剤が使用されています。

化粧品は微生物が繁殖しやすいのですが、未開封で3年間は品質が保てるようにつくる必要があるからです。

このように、化粧品の品質保持のために必要な防腐剤ですが、お肌にとっては配合量が少ない方が望ましいことは言うまでもありません。

1,2-ヘキサンジオールには高い抗菌力があり、製品の保存性を高める効果にも優れています。

そのため、1,2-ヘキサンジオールを使用することで、防腐剤の量を少なくすることが可能です。

1,2-ヘキサンジオールは、防腐剤を使用しない防腐剤フリーの化粧品や、防腐剤の代表格であるパラベンを使用しないパラベンフリーの化粧品に頻繁に使用されます。

近年は、パラベンの他にフェノキシエタノールも防腐剤として有名です。

1,2-ヘキサンジオールを配合すれば、フェノキシエタノールの配合量も少なくできます。

また、1,2-ヘキサンジオールは、手作りの化粧品の材料として取り上げられることも多く、自分でつくる時にも、防腐剤の量を抑えて化粧品をつくることが可能です。


4.オススメの1,2-ヘキサンジオール配合化粧水は?

1,2-ヘキサンジオール&ナールスゲン配合エイジングケア化粧水「ナールスピュア」

オススメの1,2-ヘキサンジオール配合のエイジングケア化粧水は、「ナールスピュア」

ナールスピュアは、エイジングケアを考える方なら、どなたでも使っていただけるエイジングケア化粧水です。

私たちの化粧水ランキング第1位です。

乾燥肌対策だけではく、しわほうれい線たるみ毛穴などのエイジングサインの予防対策にピッタリなエイジングケアローションです。

その特徴は、1,2-ヘキサンジオール配合以外では、

など、30代や40代からのエイジングケアにピッタリの化粧水です。

また、香料・着色料・鉱物油など、エイジングケアに不要な成分が無添加の化粧水です。


5.まとめ

1,2-ヘキサンジオールってどんな化粧品成分?その効果と安全性のまとめ

1,2-ヘキサンジオールの効果や安全性について詳しくご紹介しました。

また、オススメの1,2-ヘキサンジオール配合化粧水「ナールスピュア」についてもご紹介しました。

1,2-ヘキサンジオールは、保湿力とともに抗菌力があることから、パラベンやフェノキシエタノールなど防腐剤の配合量を減らす役割としても使われます。

ぜひ、1,2-ヘキサンジオール配合の化粧品を上手にエイジングケアに活かしてくださいね。

関連記事

ジメチコンが危険って本当?その効果と安全性!

続きを読む

シクロペンタシロキサンとはどんな化粧品成分?効果と安全性

続きを読む

シアバターの保湿効果と上手な使い方の秘訣!

続きを読む

酸化チタンは紫外線散乱剤の代表!役割と安全性は?

続きを読む

マイカの化粧品成分としての役割は?

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」