HSP(ヒートショックプロテイン)でシワやほうれい線が予防できる!

HSPによるケアでほうれい線が解消して喜ぶ女性

HSP(ヒートショックプロテイン)というたんぱく質で、シワやほうれい線など、肌老化を予防できることをご存知ですか?

HSPには、コラーゲンを美しい形に整えるのを助けたり、紫外線ダメージを軽減するはたらきがあります。

そのため、しわやほうれい線が防げるのです。

この記事では、HSPのはたらきやシワ、ほうれい線予防の効果についてご紹介します。

HSP(ヒートショックプロテイン)でシワやほうれい線が予防できる!の目次

1.HSPのシワやほうれい線への効果が気になる方へ

しわを気にする女性

HSP(ヒートショックプロテイン)と言えば、レタスなどのしおれた野菜が50度のお湯でシャキッとするはたらきがあることで有名になった成分です。

この映像をTVなどのメディアで見た方も多いのではないでしょうか?

これは、HSPのはたらきによって酸化をおさえ、レタスの鮮度が上がったことでシャキッとしたのです。

実は、HSPにはお肌の老化を防ぐはたらきがあり、シワほうれい線が予防でき、美肌づくりをサポートすることができるのです。

HSPにはいくつかの種類がありますが、お肌の老化を予防するはたらきがあるのが、HSP47とHSP70。

そんなHSPのはたらきを知ることは、正しいエイジングケアやアンチエイジングのために大切です。

この記事では、HSPがシワやほうれい線を防ぐメカニズムとともに、HSPを増やす方法をご紹介します。また、HSPを増やすエイジングケア化粧品成分をご紹介します。

「HSPって何なの?特徴や効果は?」

「HSP47でなぜシワやほうれい線が予防できるの?メカニズムを教えて!」

「HSP70とは、はたらきが違うの?同じなの?」

「HSPを増やして肌老化を予防する方法は?」

「HSPを増やす化粧品成分でシワやほうれい線を予防したい!」

などについて知りたい方は、ぜひ、続きをチェックしてみてくださいね。

<3分間動画でHSPを学ぶなら>

ヒートショックプロテインとナールスゲンの関係は?

<HSP47を増やすエイジングケアなら!>

ナールスゲン配合エイジングケアローション「ナールスピュア」

ナールスゲン配合エイジングケアローション「ナールスピュア」

<この記事の大切なポイント>
  • HSPとは、Heat Shock Protein(ヒートショックプロテイン)の略称で、「熱ショックたんぱく質」のことです。お肌との関係では、しわやほうれい線の予防に役立ちます。
  • シワやほうれい線の原因の1つは、加齢や紫外線ダメージなどによる真皮のコラーゲンの質と量の低下です。HSPには、コラーゲンの質を高めたり、紫外線ダメージを防ぐはたらきがあります。
  • HSP47には、コラーゲンが美しい構造になるのを助けるはたらきがあります。つまり、コラーゲンの質を高めて、シワやほうれい線を予防するのです。
  • HSP70には、紫外線ダメージを防ぐはたらきがあります。だから、コラーゲンが減ったり、変性するのを抑えてシワやほうれい線を予防するのです。
  • 最近では、ナールスゲンなどHSPを増やすエイジングケア化粧品成分が登場しています。そんな成分を含むエイジングケア化粧品もあります。

2.HSPとしわやほうれい線のない美肌の関係

しわのない美肌の女性

HSPとは、Heat Shock Protein(ヒートショックプロテイン)の略称で、日本語では、「熱ショックたんぱく質」と呼ばれます。

人間の身体は、皮膚をはじめ筋肉や骨、臓器、なども水分と脂質を除くとほとんどがタンパク質ですが、HSPはダメージを受けた細胞やコラーゲンを修復するはたらきがあるのです。

つまり、HSPは、人が健康に生きるために大切な重要な役割を担っているのです。

最近、HSPがアンチエイジングや健康、美肌によいことがわかってきたため、大きな注目を浴びるようになってきたのです。

お肌との関係では、しわやほうれい線、シミなどの肌老化の予防に役立つのです。

HSPは、予防美容にも一役買っているのです。

なお、HSPについてもっと詳しく知りたい方は、「42℃温めで素肌美人(水島徹 著)」や「ヒートショックプロテイン加温健康法(伊藤要子 著)」を参考にしてください。


3.シワやほうれい線の原因

しわやほうれい線を気にする女性

HSPがなぜシワやほうれい線の予防に役立つかをご紹介する前に、それら原因と予防の基本についてまとめてみます。

1)シワやほうれい線の原因は?

シワにはいくつかの種類があります。

顔だけでも目元のシワおでこのシワほか、たくさんのパーツで目立ちます。

顔以外でも首のシワ手のシワなどがあります。

そんなシワの原因はいくつかあります。

浅い小ジワの場合は乾燥肌が原因です。

一方、真皮の衰えによる真皮ジワ、表情筋の衰えや表情のクセで目立つ表情ジワ、また皮下組織の衰えによるたるみで目立つ深いしわもあります。

ほうれい線はシワと異なり頬と口もとの「境界線」で、口元のシワではありません。

原因はシワと共通しています。

真皮の衰え、表情筋の衰え、皮下組織に衰えや肥大化がほうれい線の原因です。

今回、シワやほうれい線とHSPの関係で注目したいのが真皮の衰えです。

2)シワ・ほうれい線と真皮のコラーゲンの関係

真皮は表皮の奥にあって、線維芽細胞とそれが生み出すコラーゲンエラスチンヒアルロン酸プロテオグリカンなどから成り立っています。

その中で約70%を占めるのが肌のハリを保つコラーゲン。

他のたんぱく質と同じく、コラーゲンは合成と分解が常に繰り返されています。

だから、線維芽細胞が活発なら健康なコラーゲンをつくることができます。

しかし、エイジングによって線維芽細胞が活力を失うと、新しくつくられるコラーゲンの量が減ってしまいます。

また、コラーゲンは、3重のらせん構造をしていますが、正しい形であることが大切です。

つまり、健やかなお肌のためには、コラーゲンの質と量の両方が大切なのです。

しかし、エイジング、紫外線ダメージ肌の酸化肌の糖化などによって、コラーゲンの質も量も低下します。

その結果、真皮が衰えシワやほうれい線が目立ってしまうのです。


4.シワやほうれい線を防ぐHSP

HSPのイメージ

1)HSP47はコラーゲンの質を高める

HSP47には、コラーゲンをつくる際に、正しい構造になることをサポートします。

そんなHSP47は、Hsp47は、1986年に京都大学(当時)で永田和宏教授が発見しました。

HSP47は、「コラーゲン特異的分子シャペロン」とも呼ばれます。

コラーゲンとだけ特異的に結びついて、コラーゲンの介添え役として、正しい構造になるよう手助けをすることからこのように呼ばれているのです。

つまり、HSP47はコラーゲンの質を高めることで、シワやほうれい線を予防するのです。

なお、「シャペロン」とは、ヨーロッパで若い女性が社交界にデビューする際、貴婦人になれるように介添えをする後見人(婦人)のことです。

HSP47は、コラーゲンの介添え役の意味で、「分子シャペロン」と呼ばれるのです。

2)HSP70もシワやほうれい線を防ぐ

HSP70は細胞を守るはたらきが強いことが知られています。

お肌では、表皮にたくさんあって、紫外線ダメージを防ぐことが知られています。

そのはたらきで紫外線による肌老化、つまり、光老化を防ぐのです。

光老化の代表的なサインは、顔のたるみやシワ、ほうれい線です。

つまり、HSP70は、シワやほうれい線を防ぐのです。

さらに、HSP70は、メラニンが過剰にできるのも抑えるため、シミの予防も期待できます。

その点について詳しくは、「HSP(ヒートショックプロテイン)でシワやほうれい線が予防できる!」をご覧ください。


5.HSPを増やすエイジングケア化粧品成分

HSPの化粧品成分としてのイメージ

1)HSP47を増やすナールスゲン

京都大学で発見されたエイジングケア化粧品成分であるナールスゲンは、コラーゲン、エラスチンに加えて、HSP47を増やすことがわかっています。

また、抗酸化成分であるグルタチオンを表皮で増やしたり、光老化を防ぐなどのお肌の酸化を防ぐはたらきも認められています。

最近では、ナールスゲンを配合したエイジングケア化粧品もたくさん登場しています。

2)HSP70を増やす野馬追

野馬追(やばつい)とは、湿地に生える多年草です。

60cmほどの高さの植物で、夏の終わりに、赤紫の小さな花を咲かせます。

フラボノイドが含まれ、民間療法で咳止めをはじめ、干して乾燥したものは女性の出産後のむくみ予防のために使われてきました。

そんな野馬追には、HSP70を増やすはたらきがあることから、エイジングケア化粧品成分として応用されるようになりました。

このように最近では、HSPを増やすエイジングケア化粧品成分が使えるようになっているのです。


6.まとめ

HSP(ヒートショックプロテイン)でシワやほうれい線が予防できる!のまとめ

HSP(ヒートショックプロテイン)とはどのような成分なのか、またお肌におけるはたらきについてご紹介しました。

いかがでしたか?

HSPは、シワやほうれい線など、肌老化の予防ができる大切なたんぱく質であることを理解していただけたのではないでしょうか。

HSPには、いくつかの種類があります。

その中で、HSP47は、コラーゲンが美しい形になるのを助けます。

また、HSP70は、紫外線ダメージを軽減するはたらきがあります。

そのため、これらのHSPを増やせばしわやほうれい線を防ぐことができるのです。

最近では、HSPを増やすエイジングケア化粧品成分が登場しています。

エイジングケアに上手に活かして、シワやほうれい線のない美肌をキープしましょう。

関連記事

手のしわ対策はエイジングケアハンドクリームと紫外線対策

続きを読む

下あごのしわ、梅干しジワの原因と予防・改善のための対策

続きを読む

小じわ・ちりめんじわを消す対策ならエイジングケア化粧品!

続きを読む

しわの種類(小じわ・真皮じわ・表情じわ)とエイジングケア

続きを読む

口元のしわを消す!原因と予防・改善のコツとエイジングケア

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」