ヒューメクタントとは?スキンケアや保湿での役割

ヒューメクタント成分で保湿する女性

ヒューメクタントという言葉が、スキンケアやエイジングケア、また保湿などの話題の中で登場します。

ヒューメクタントとは、水分を吸着する水溶性の保湿成分のことです。

この記事では、ヒューメクタントの特徴や種類、代表的な成分、保湿における役割をご紹介します。

ヒューメクタントとは?スキンケアや保湿での役割の目次

1.ヒューメクタントとは何かが気になるあなたへ

ヒューメクタントとは何かが気になる女性

あなたは、ヒューメクタントという言葉を聞いたことがありますか?

エイジングケアやスキンケア、また美容や保湿、化粧品の話題で登場する用語で、水分を吸着する水溶性の保湿成分のことです。

ただ、ヒューメクタントの意味や特徴、役割をちゃんと理解されている方は、それほど多くありません。

なぜなら、美容雑誌や美容記事でもあまり登場しない用語だからです。

しかし、乾燥肌のスキンケアやエイジングケアを実践して美肌をキープするには、ヒューメクタントの知識は大切。

この記事では、そんなヒューメクタントの特徴や種類、代表的な成分、保湿における役割をご紹介します。また、おすすめのヒューメクタント配合エイジングケア化粧水をご紹介します。

「ヒューメクタントって何?」

「その特徴は?」

「ヒューメクタントの種類は?」

「エイジンケアやスキンケアにおける役割は?」

「ヒューメクタントはエモリエントとどう違うの?」

などが気になる方は、ぜひ、続きをチェックしてくださいね。

<エイジングケアができるヒューメクタント配合エイジングケア化粧水>

ナールスゲン配合エイジングケア化粧水「ナールスピュア」

ナールスゲン配合エイジングケア化粧水「ナールスピュア」

<この記事の大切なポイント>
  • ヒューメクタントとは、保湿成分(保湿剤)の一種です。水分を吸着する水溶性の成分で、化粧品や食品に使用されます。
  • 代表的なヒューメクタントは、グリセリン、ソルビトール、ピロリドンカルボン酸ナトリウム(PCA-Na)、尿素、アミノ酸です。
  • 保湿成分はモイスチャライザーとも呼ばれますが、大きくは水溶性のヒューメクタントと油溶性のエモリエントに分かれます。
  • ヒューメクタントは、保湿化粧水や保湿美容液に配合されることで乾燥肌の予防や改善が期待できます。その結果、乾燥肌が原因で起こるくすみや肌荒れなどの肌悩みの予防や改善も期待できます。
  • ヒューメクタントを組み合わせることで、お肌の天然保湿因子(NMF)に近い成分構成をつくることが可能です。それにより、より高い保湿力を実現することが可能です。

2.ヒューメクタントとは?

ヒューメクタント

1)ヒューメクタントの特徴

ヒューメクタントとは、保湿成分のことです。

化粧品や食品の保湿剤として活用されます。

水溶性の保湿成分を差し、水分を吸着することで保湿力を発揮します。

スキンケア化粧品に配合されたヒューメクタントは、表皮角質層と馴染んで、水分を保持します。

水溶性であることから、保湿化粧水保湿美容液によく配合されます。また、エイジングケア化粧水エイジングケア美容液にも配合されます。

2)ヒューメクタントの種類

水分を吸着する成分であるグリセリン、ソルビトール、ピロリドンカルボン酸ナトリウム(PCA-Na)尿素アミノ酸が代表的なヒューメクタントです。

これらは、角質層の天然保湿因子(NMF)の成分でもあります。

アミノ酸には、リシントレオニンアルギニングリシンアラニンセリンプロリングルタミン酸ヒドロキシプロリンなどがあります。

エイジングケア化粧品成分であるナールスゲンは、アミノ酸誘導体なのでヒューメクタントの一種です。

また、水分を抱え込んで保湿するヒアルロン酸プロテオグリカンなどがヒューメクタントに分類されるケースもあります。


3.保湿成分の分類を理解しよう。

保湿成分の分類のイメージ

お肌の保湿を目的に用いられる成分を、「保湿剤」や「保湿成分」または「モイスチャライザー」と呼びます。

保湿成分には、水溶性成分と油溶性成分があります。

どちらも乾燥肌の予防や改善のための成分です。

一般的には、吸湿性の高い水溶性の成分を、「ヒューメクタント」、水分の蒸散を防ぐ油溶性の成分をエモリエントと呼びます。

ワセリン、スクワランシアバター(シア脂)などが代表的なエモリエントです。


4.ヒューメクタントのエイジングケアにおける役割

エイジングケアを行う女性

エイジングケアやスキンケアにおけるヒューメクタントの役割は、その保湿力で乾燥肌を防ぐことです。

また、乾燥肌が原因となる肌悩みを予防・改善することです。

これは、ヒューメクタントが何種類か組み合わされることで、天然保湿因子に似た構成で肌のバリア機能を発揮することによってもたらされます。

化粧水美容液などに配合されたヒューメクタントのはたらきで、乾燥肌の原因であるバリア機能の低下を防ぐことが期待できます。

また、その結果、ターンオーバーの正常化も期待できるのです。

そんなヒューメクタントのはたらきで、乾燥肌によってもたらされる顔のくすみ毛穴の悩み小じわ肌荒れなどの予防や改善が期待されるのです。


5.おすすめのヒューメクタント配合エイジングケア化粧水

ナールスゲン配合エイジングケア化粧水「ナールスピュア」

複数のヒューメクタント配合のオススメのエイジングケア化粧水は、「ナールスピュア」

私たちの化粧水ランキングでは、第1位です。

1)ナールスピュアの開発コンセプト

ナールスピュアは、30代ではじめてエイジングケアを考える方に使っていただきたいエイジングケア化粧水です。

もちろん、40代以上でも使えるエイジングケア化粧品です。

乾燥肌対策だけではなく、しわほうれい線たるみ毛穴などのエイジングサインの予防対策にピッタリなエイジングケアローションです。

2)ナールスピュアの配合成分のポイント

ナールスピュアは、グリセリン、BG、ナールスゲン、ベタインなどのヒューメクタントを配合することで、保湿力の強化とテクスチャーの良さを目指しました。

①ナールスゲンを推奨濃度で配合

ナールスゲンを推奨濃度で配合しています。

ナールスゲンは、コラーゲンエラスチンヒートショックプロテイン(HSP)47などの真皮のたんぱく質や、お肌の酸化を防ぐグルタチオンを増やします。

②ビタミンC誘導体配合

水溶性ビタミンC誘導体アスコルビルリン酸Naと両親媒性ビタミンC誘導体APPS(アプレシエ)を配合し、抗酸化作用とともにナールスゲンとの相乗効果を存分に発揮。

③プロテオグリカン配合

ヒアルロン酸に匹敵する高い保湿力のある水溶性プロテオグリカンを配合。

④両親媒性ビタミンE誘導体配合

肌荒れや肌の酸化を防ぐ両親媒性ビタミンE誘導体トコフェリルリン酸Naを配合。

また、アルコールフリー化粧水であり、香料・着色料・鉱物油、界面活性剤などが無添加の化粧水です。

全成分表示

、BG、グリセリン、ベタイン、1,2-ヘキサンジオールPEG/PPG/ポリブチレングリコール-8/5/3グリセリンカルボキシメチルフェニルアミノカルボキシプロピルホスホン酸メチル、アスコルビルリン酸Na、トコフェリルリン酸Na、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na、水溶性プロテオグリカン、フェノキシエタノール


6.まとめ

ヒューメクタントとは?スキンケアや保湿での役割のまとめ

ヒューメクタントとは、水分を吸着する水溶性の保湿成分。

そんなヒューメクタントの特徴や種類をご紹介しました。

また、スキンケアやエイジングケアにおける役割についてもご紹介しました。

さらに、おすすめのヒューメクタント配合エイジングケア化粧水もご紹介しました。

いかがでしたか?

この記事でヒューメクタントについての理解が深まったのではないでしょうか?

また、モイスチャライザーやエモリエントについてもご理解いただけたのではないでしょうか?

エイジングケアにとって大切な保湿成分の知識を身につけるとともに、ヒューメクタント配合の化粧品を上手に使って美肌をキープしてくださいね。

関連記事

ペンチレングリコール(1,2-ペンタンジオール)とはどんな化粧品成分?

続きを読む

グリチルリチン酸2K(ジカリウム)化粧品の効果と安全性は?

続きを読む

カルボマーは高分子ポリマー。実は安全?危険?その真実!

続きを読む

エモリエントとは?保湿やエイジングケアとの関係

続きを読む

トコフェロール(ビタミンE)の化粧品成分としての効果

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」