日焼け止めは紫外線吸収剤と紫外線散乱剤でどう違うの?

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤配合日焼け止め

紫外線対策の基本のアイテムである日焼け止めには、大きく分けて紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の2種類があります。

この2つの種類の特徴や違いは何でしょうか?

また、それぞれのメリットとデメリットは?

この記事では、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の違いと選び方の基本をご紹介します。

日焼け止めは紫外線吸収剤と紫外線散乱剤でどう違うの?の目次

1.日焼け止めについてしっかり理解したい方へ

日焼け止めのイメージ

紫外線対策の基本と言えば、まず日焼け止め。

若い世代であってもエイジングケア世代でも、紫外線対策のために正しく日焼け止めを使うことは大切です。

紫外線を放置すれば、シミやソバカス、さらに光老化が進んで、顔のたるみによるほうれい線シワが早く目立ってしまいます。

そんな肌老化を防ぐためには、日焼け止めでしっかり紫外線対策を行いましょう。

日焼止めには、大きく分けて紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の2種類があります。

この記事では、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤のそれぞれのメリットやデメリット、違いと選び方の基本をご紹介します。

「紫外線吸収剤って何?その特徴は?メリットやデメリットは?」

「紫外線散乱剤って何?その特徴は?メリットやデメリットは?」

「それぞれの選び方の基本は?」

「紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の使い分けってどうすればよいの?」

「日焼け止めの使い方の基本は?」

などが知りたい方は、ぜひ、続きをチェックしてくださいね。

<この記事の大切なポイント>
  • 日焼け止めには、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の2種類があります。紫外線吸収剤は、ケミカル、紫外線散乱剤はノンケミカルと呼ばれます。
  • 紫外線吸収剤のメリットは、防御力の高さや使い勝手の良さです。一方、デメリットは、肌への負担が大きいことや時間経過とともに日焼け止め効果が下がることです。
  • 紫外線散乱剤のメリットは、肌への負担が小さく紫外線の幅広い波長に防御力を発揮できることです。一方、デメリットは、白浮きすることやべたつくこと、紫外線吸収剤と比べると防御力が低いことです。
  • 2種類の日焼け止めは、いずれもメリットとデメリットがあるので上手に使い分けすることが大切です。基本的には、日常生活では紫外線散乱剤を、スポーツやレジャーなどでは紫外線吸収剤を使うことをおすすめします。
  • いずれの日焼け止めも正しく使うこと、必要に応じてこまめに塗りなおすことが大切です。

2.紫外線吸収剤とそのメリット・デメリット

紫外線のイメージ

1)紫外線吸収剤とは?

紫外線吸収剤は、文字通り紫外線を吸収する性質を持った日焼け止めです。

「紫外線を吸収して大丈夫?」と心配になる方がいるかもしれませんが、紫外線吸収剤は、吸収した紫外線を肌に浸透させるわけではありません。

皮膚の表面で紫外線を吸収した後、化学的にエネルギーに変えて放出するものです。

この化学反応で熱を放出するものもありますが、それほど大きなものではありません。

しかし、その熱や化学反応、化学反応で変化した物質が肌に刺激になる場合があります。

紫外線吸収剤は化学合成された成分なので、「ケミカル」の日焼け止めとも呼ばれます。

成分としては、ジメトキシベンジリデンジオキソイミダゾリジンプロピオン酸オクチル、ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル、メトキシケイヒ酸エチルヘキシルなどがあります。

紫外線吸収剤

2)紫外線吸収剤のメリットは?

紫外線吸収剤のメリットを説明する女性

メリットは主に3つあります。

①肌内部への紫外線の侵入を防ぐ

紫外線吸収剤は、一旦紫外線を吸収した後エネルギーとして放出するので、肌の内部に紫外線が浸透するのを防ぐというメリットがあります。

紫外線吸収剤は、肌の奥深くに到達し、シミを引き起こす原因となるUV-Aをブロックすることが得意です。

レジャーシーズンなど、心強い味方と言えます。

②防御力が高い

紫外線吸収剤は、UV-Aのような強い紫外線を防ぐ力が強いことも利点です。

SPF50やPA++++などの高い紫外線防御指数を持つ日焼け止めの多くは、紫外線吸収剤です。

紫外線に対する防御力が高いので、レジャーやスポーツなどさまざまなシーンに使えて便利です。

③使いやすい

紫外線吸収剤は油状物質であり、なめらかな使い心地で無色透明という特徴を持っています。

白浮きする心配がないので、テクスチャーや見た目もよいことがメリットです。

また、ムラなく塗り拡げることができるので、均一な分散が簡単にできるという利点もあります。

3)紫外線吸収剤のデメリットは?

紫外線吸収剤のデメリットを説明する女性

デメリットは主に以下の3つです。

①肌への負担が大きい

防御力が高い反面、お肌への負担が大きいというデメリットがあります。

吸収剤を代表する成分はいずれも化学物質であり、体質に合わない場合、かぶれやかゆみなどの肌荒れを起こすことがあるので注意が必要です。

特に、インナードライ肌敏感肌肌質・肌状態などで、バリア機能が低下している場合には注意が必要です。

また、吸収した紫外線を熱エネルギーとして放出する際に、お肌に本来必要な水分まで奪ってしまい、乾燥肌を助長する懸念があります。

②時間とともに効果が下がる

時間のイメージ

紫外線を吸収して放出するごとに紫外線吸収剤の効果は下がります。

また、分子構造が不安定なので光に当たると分解が進むという特徴があります。

塗った直後は防御力が高いですが、時間の経過とともに弱くなるので気をつけましょう。

効果を持続させるためには、こまめに塗り直すことが必要です。

4)進化する紫外線吸収剤

最近では紫外線吸収剤の成分の研究が進んできたため、肌への刺激が小さなタイプも登場しています。

ジェルタイプや化粧水のようにさらさらしたテクスチャーの紫外線吸収剤も登場しています。

だから、こうしたタイプを選べばデメリットを小さくすることが可能です。


3.紫外線散乱剤とそのメリット・デメリット

紫外線散乱剤とそのメリット・デメリット

1)紫外線散乱剤とは?

肌の上に皮膜を作って紫外線を跳ね返すのが紫外線散乱剤です。つまり、皮膚へ紫外線が入るのを反射で防ぐのです。

酸化亜鉛と酸化チタンが主な成分で、どちらも白色の粉末です。

紫外線散乱剤は、ノンケミカルの日焼け止めと呼ばれます。

紫外線散乱剤

2)紫外線散乱剤のメリットは?

まずはメリットを3つご紹介します。

①肌への負担が少ない

負担の少ない肌のイメージ

紫外線散乱剤は紫外線を反射させても熱や刺激が生まれにくく、お肌への負担が少ないことが大きなメリットです。「低刺激」を売りにしている日焼け止めは、ほぼ紫外線散乱剤と言えます。

普通肌脂性肌はもちろん、乾燥肌、混合肌、敏感肌でも使いやすい日焼け止めです。

②幅広い波長に対応

紫外線は波長の長いほうからA波・B波・C波に分かれています。

波長の長いUV-Aは、肌の奥まで浸透し、シミやシワの発生に大きく関わっているものです。

UV-Bは、肌が赤くなる日焼けの主な原因と考えられています。

UV-C は地表には到達しません。

日焼け止めを塗るなら、UV-AもUV-Bも両方防ぎたいですよね。

紫外線散乱剤は、UV-B~UV-Aと幅広い波長の紫外線に対応できる優れものです。

使い勝手がよく、日常生活で使う日焼け止めとして重宝します。

③効果が長持ち

紫外線散乱剤は、紫外線吸収剤と違って化学変化を起こさないので、で落ちたりタオルで拭ったりしない限り塗り直す必要はありません。

効果が長持ちする点は嬉しいポイントの一つです。

3)紫外線散乱剤のデメリットは?

続いて、デメリットを見ていきましょう。

①使用感が悪い

使用感の悪さを感じる女性

酸化亜鉛も酸化チタンも白色の粉末であるため、配合量を増やすと白浮きすることがあります。

また、色むらがありメイクとの相性が悪いものやベタつきがあり、使用感が悪いものが少なくありません。

②紫外線防御効果があまり高くない

使用感の問題で酸化亜鉛や酸化チタンの配合量を上げることは難しいこともあり、紫外線散乱剤と比べると紫外線防御効果が低くなることがデメリットの1つです。

③光触媒作用

比較的お肌への負担が少ない紫外線散乱剤ですが、成分である酸化チタンや酸化亜鉛の光触媒作用によってお肌に刺激を与えてしまう可能性があります。

光触媒作用とは、紫外線が当たることで発生した活性酸素が菌や有機物を分解する化学変化のことです。

お肌に全く負担がないとは言い切れないことを理解しておきましょう。

4)進化する紫外線散乱剤

紫外線散乱剤も進化し続けています。

デメリットである白浮きやべたつきなどが改善された使いやすい紫外線散乱剤も登場しています。

また、表面をコーティングして光触媒活性を下げることで、光触媒作用のリスクも下がっています。

そのため、酸化のリスクは大きく下がっています。

そんな進化した紫外線散乱剤なら、従来のデメリットも軽減されます。


4.紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の選び方の基本

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の比較イメージ

ご紹介したように紫外線吸収剤と紫外線散乱剤はどちらもメリットとデメリットがあります。

どちらか一つがよく、もう一つは悪いというわけではなく、特徴や違いを理解して使い分けることが大切です。

何点かのポイントに着目して選ぶことをおすすめします。

1)使用場所・場面

日焼け止めを選ぶ際に重要なのが使用場所・場面です。

紫外線を防ぐ効果の高いアイテムはどうしてもお肌への負担が大きくなります。

日常生活で使うなら、お肌への負担が少ない紫外線散乱剤がよいでしょう。

反対にレジャーで海や山などに行くときは、よりしっかりと紫外線を防いでくれる紫外線吸収剤などの防御力の強い日焼け止めがおすすめです。

使用場所や場面、使用頻度などを考えて、どちらかを選びましょう。

2)SPFとPA

SPFやPAの値も参考になるでしょう。

①SPF

SPFとは、「Sun Protection Factor」の略のことです。

紫外線のうち、主にUV-Bをカットする指標をさします。

理論的には100までありますが、実際に意味があるとされるSPFは50までです。

測定して50以上ある場合は50+と表されます。

SPFは保護力の強さではなく、持続効果の指標です。

誤解している人がいますが、SPFが低くともこまめに塗れば日焼け止め効果を得られます。

例えば素肌が日に当たると20分程度で赤くなる人がSPF20の日焼け止め使用した場合、20×20=400分(6時間40分)は計算上赤くならずに済むのです。

SPF50であれば、20×50=1000分(16時間40分)は持ちます。ただし8時間を超えてしまうので、1日の日照時間や日焼け止めが必要な時間を考えると、日常生活の範囲ならそこまで必要とは言えないことがわかりますね。

②PA

PAは、「Protection Grade of UVA」の略です。

その名の通り、UV-Aをカットする指標にあたります。

以前は「PA+」「PA++」「PA+++」の3つのみでしたが、2018年現在は「PA++++」が加わり、4段階表示となっています。

+の数が多いほどカット効果が高くなります。

UV-Aは雲や窓を通過しますので、油断は禁物です。

日焼け止めを塗らないと、光老化のリスクが高くなります。

ただし、曇りや部屋の中なら、「PA++」くらいがあれば十分でしょう。

3)使い心地

使い心地を考える女性

特に夏の間は頻繁に使用する日焼け止め。

ほぼ毎日使うものだからこそ、使い心地も重要なポイントです。

自分にとって使いやすいアイテムを選ぶことをおすすめします。

一般的なタイプをまとめました。

①クリームタイプ

乾燥肌や敏感肌用の日焼け止めに多いのがこのタイプです。

伸びるので使いやすいですが、油分が多いものだとニキビの原因になることもあるので気をつけましょう。

②ミルクタイプ

化粧下地としても用いられるタイプです。

ミルクと聞くと肌に良さそうなイメージがありますが、必ずしも肌に優しいとは限りません。

水分が多く、サラッとして使い心地がよい反面、界面活性剤を多く含んでいる場合があるので要注意です。

③ジェル・ローションタイプ

ジェル、ローションタイプの日焼け止めのイメージ

ベタつかないジェル・ローションタイプは、男性用としても重宝されています。

多くは紫外線吸収剤です。

ただし、サラッとしているため、肌に密着しにくく高いUVカット効果を期待するのは難しいと言えます。

④スプレータイプ

広範な範囲に一気に使えるスプレータイプ。

手軽に使える半面、塗りムラが発生しやすいので注意しましょう。

どのタイプも一長一短があるので、一概にどれがよいとは言えません。

自分にとって使いやすいものを選ぶことが大切です。

レジャーなど特別強い日差しの中で過ごす時間が長い時はクリームタイプ、日常生活ではサラッとして使いやすいジェルやローションタイプを選ぶ方法が一般的と言えます。


5.日焼け止めの使い方もマスターしよう!

日焼け止めを使う女性

1)思っているより多く日焼け止めを使おう

日焼け止めは、選び方と合わせて重要なのが使い方です。

どんなに自分に合った日焼け止めを入手したとしても、使い方が間違っていると十分な効果が得られません。

ポイントとなるのは塗る量です。

あまり知られていませんが、日焼け止めのSPF値には、使用量の規定が存在します。

皮膚1平方センチメートル当たり2ミリグラム使用することとなっているのです。

十分な量がないと、表書きで表示されている通りのSPF効果は得られません。

あなたがもし顔全体に日焼け止めを塗るとしたら、だいたい500円玉くらいの量を使用することが標準です。

500円玉くらいの量と聞いて多いと感じるでしょうか?

実際に出してみるとかなりの量であることがわかります。

そのため多くの人は必要な量の1/3もしくは1/4程度しか日焼け止めを使っていないと言われているのです。

塗る量が十分でなければ当然効果は不十分。

少ない量しか使用してないにも関わらず「日焼け止めを塗っているから」と油断していると、後々シミが発生してしまうことがあるので、気をつけましょう。

日焼け止めの効果を十分に得るためにも、裏面に記載されている使用量をしっかり守ることが大事です。

2)日焼け止めの塗り方

日焼け止めの塗り方

必要十分な量を手に取ったら顔もしくは身体にしっかり伸ばしましょう。

ムラがあるとその部分が日焼けする可能性があります。

均一に塗るポイントとしては手のひらではなく指の第2関節くらいまでを使って塗り広げていくことです。

手のひらを使うとこすり取られてしまう危険性があるので控えましょう。

塗るというより乗せるとイメージした方が、上手にムラなく日焼け止めを塗ることができます。

また塗り直しも忘れないようにしましょう。

屋外で作業している場合は、だいたい2時間おきくらいに塗り直しをすることが必要です。

室内で働いている場合も、外出をしたなら帰ってきた後にこまめに塗り直しをすることをおすすめします。

3)紫外線対策は日焼け止め以外でも

春や夏だけでなく冬の紫外線対策を始め、年中のUVカットが大切です。

しかし、日焼け止めを毎日大量に使うことは肌にとって負担です。

日焼け止めだけでなくUVカット効果があるファンデーションと組み合わせるなど、工夫することが効果的と言えます。

メイクだけでなく、UVカット効果がある衣服や帽子などのファッションアイテムを取り入れることも有効です。

日焼け止めを過信しすぎず、適度に使いこなすようにしましょう。

4)UVカットはエイジングケアの基本

UVカットを心掛ける女性

UVカットは、しっかり行えばその見返りが十分あります。

肌老化を防ぐ最も効果的なエイジングケアでありアンチエイジングです。

UVカットをしっかりしている女性ほど、年齢を重ねてもシミやしわのない美肌を保つことができます。

シミを防ぎたいなら、毎日の小さな努力を忘れないことが大切です。

なお肌は焼かないことが鉄則ですが、うっかり日焼けをしてしまった時は、早めに紫外線のアフターケアを行いましょう。

また、シミ対策として美白化粧水などの美白コスメを上手に取り入れることも選択肢の1つです。ただし、中には刺激性の高い美白成分もあるので注意が必要です。

プラセンタエキスビタミンC誘導体がおすすめです。

このように、紫外線吸収剤や紫外線散乱剤だけではなく、いくつかの手段を組み合わせて紫外線対策を行いましょう。


5.まとめ

日焼け止めは紫外線吸収剤と紫外線散乱剤でどう違うの?のまとめ

日焼け止め製品である紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の特徴や違い、メリットとデメリットをご紹介しました。

いかがでしたか?

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤はともにメリットとデメリットがあります。そんな日焼け止めは、肌質や使用する環境の違いなどを考慮して使い分けることも大切です。

また、いずれを使うにしても紫外線対策のために正しく使うことがエイジングケアにとって大切です。

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の違いを理解して、エイジングケアのために正しく使い美肌をキープして下さいね。

関連記事

冬でも紫外線対策は大切!光老化を予防しよう

続きを読む

紫外線による肌の光老化の対策とフォトフェイシャル治療

続きを読む

外出時の紫外線による日焼けのアフターケアはビタミンACEで!

続きを読む

目の紫外線対策!目の日焼けで肌が黒くなるのはなぜ?

続きを読む

ソラレンを含む食べ物を知って、紫外線対策とエイジングケア

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」