コラーゲンを毎日食べることが「免疫力アップ」のカギ!

コラーゲンと免疫力アップに関する研究結果

コラーゲンを毎日摂ることで免疫力がアップするという研究結果があります。新型コロナウイルス感染症などがまん延する中、免疫力を高めておくことは予防の観点からも必要です。

この記事では、コラーゲンペプチドの免疫機能への効果のエビデンスの結果紹介を中心に、摂取効果やオススメのコラーゲンの種類をご紹介します。

コラーゲンを毎日食べることが「免疫力アップ」のカギ!

1.コラーゲンが健康維持と免疫力アップに関係している?

免疫アップに関与しているコラーゲン

今回のナールスエイジングケアアカデミー編集部ニュースでは、『コラーゲンを毎日食べることが「免疫機能アップ」につながるか』というお話について、研究結果を交えながらご紹介します。

「免疫力」をテーマにした本はたくさん出版されていますし、テレビなどのメディアでもよく取り上げられるテーマですよね。

この免疫力が低下していると、風邪などのウイルスによる感染症や細菌による感染症にかかりやすくなります。その他にも、アレルギー性疾患や生活習慣病、がんなどの病気にもかかりやすくなります。

だから免疫力を高めることが、病気予防につながるといえます。

特に2020年に入ってから、新型コロナウイルスという新たに登場した感染症のまん延で、日ごろから免疫力をつけておくことが大切だと感じた方もいるのではないでしょうか。

免疫力を高めて健康に過ごすために日常生活で取り入れやすいのは、「栄養バランスの取れた食事「ウォーキングなどの適度な運動習慣」「からだを温める食べ物お風呂でからだを温めたり、体温を高く保つ」「サプリメントで効果的な成分をとる」などがあります。

今回は、サプリメントでコラーゲンペプチドを摂り続けることで免疫がアップすることについてご紹介します。

人のからだの60%は水分ですが、その次に多い成分がアミノ酸がつながってできたたんぱく質で20%を占めています。

このたんぱく質の30%を占めているのが「コラーゲン」。

このコラーゲンは、私たちのからだの細胞同士を結び付ける役割をしています。

そのおかげで、お肌・髪・のうるおいや、関節のクッション、血管のしなやかさなど、からだの健康が保てているんですね。

ですが、細胞内にあるコラーゲンは、年齢を重ねるとともにその量は減っていきます。

だから、お肌のハリツヤをアップさせるためにエイジングケア化粧品でケア、健康のためにサプリメントでコラーゲンを補っているという人も多いと思います。

なお、コラーゲンについて詳しく知りたい方は、「コラーゲンのエイジングケアとアンチエイジングにおける役割」をお読みください。

また、コラーゲンのことはよく知っている!という方は、『3.「コラーゲンペプチドの免疫機能への効果」に関する研究結果』からお読みください。


2.コラーゲンのおさらい-コラーゲンの種類と特徴、効果、1日の必要量

コラーゲンを摂取して元気な女性たち

1)コラーゲンの種類とその特徴

コラーゲンは、人間のからだ全体で6%、お肌の真皮の70%以上を占めています。

コラーゲンの正体は、先ほども述べた通り「たんぱく質」です。たんぱく質の6%/20%なので、人のたんぱく質の30%を占めていることになります。

コラーゲンの種類は主に3つです。

・生のコラーゲン

・ゼラチンコラーゲン

・コラーゲンペプチド(加水分解コラーゲン)

生のコラーゲンは3重のらせん構造からなる強くて伸びにくい線維組織です。人間だけでなく動物や魚の皮・骨に含まれています。生コラーゲンの分子量は約30万ダルトンもあるため、消化吸収されにくく、熱にも溶けにくいという性質があります。

この生コラーゲンを加熱して抽出、精製したのがゼラチンコラーゲンです。ゼラチンになると、コラーゲンの3重のらせん構造がほどけているので、少し消化されやすくなりますが、熱に溶けやすく、水には溶けにくいです。分子量は約10万ダルトンです。

ゼラチンを酵素を使ってバラバラした(加水分解した)ものがコラーゲンペプチドです。

水に溶けやすく吸収性も高まります。分子量も数百ダルトンから数千ダルトンと小さいので吸収されやすくなるんですね。

このコラーゲンペプチドが、化粧水美容液保湿クリーム洗顔料酵素洗顔料クレンジング料ヘアケア用品、ハンドクリーム、ボディソープ、コラーゲンドリンク、入浴剤、サプリメント、ドリンクなどに配合されています。

つまり、わたしたちが一般的に「コラーゲン」と呼んでいるものは、このコラーゲンペプチドのことです。

2)コラーゲンを食べ続けていると、どんな効果があるの?

コラーゲンを食べる女性

コラーゲン(コラーゲンペプチド)を食べ続けることで期待される効果について、いくつかの研究結果が出ています。

その他にも、コラーゲンを摂り続けるメリットがあります。

3)コラーゲンの1日の必要量

1日に必要なコラーゲン量の目安は5g~10gです。

例えば、5gを食べ物からとろうすると、牛すじで100g、鳥の手羽先で335g、あじの開きで500g食べなくてはいけないので、毎日は大変ですよね。

それに、食事からのコラーゲンは、分子が大きいので消化吸収されにくいです。

また、そもそも成人女性の1日のコラーゲン摂取量は、目安の量よりもかなり少なく、平均1.9gという報告があります。

だから、吸収よく、簡単にとれる方法としては「コラーゲンペプチドのサプリメント」の出番になります。

<参考文献>

・Koyama Y, Kuwaba K, Kusubata M, et al. Supplemental ingestion of collagen peptide improves T-cell-related human immune status -Placebo-controlled double-blind study-. Jpn Pharmacol Ther 43:, 51-56, 2015.

・桑葉くみ子, 小山洋一, 小池田崇史ほか. コラーゲンペプチド摂取による肌の改善効果 –プラセボ対照二重盲検群間比較試験. 薬理と治療 42: 995-1004, 2014.

・Koyama Y, Kuwaba K, Kondo S, et al. Supplemental ingestion of collagen peptide suppresses ultraviolet-induced erythema -A randomized double-blind placebo-controlled study-. Jpn Pharmacol Ther 42: 781-790, 2014.

・安居昌子, 坂内慎. 睡眠改善食品能性表示食品成分グリシンを中心として. ファルマシア 52: 530-533, 2016

・野口知里, 小林身哉, 小山洋一. 20代から50代日本女性における食事由来コラーゲン推定摂取量の特徴. 栄養学雑誌 70: 120-128, 2012.

・真野博 著. コラーゲン完全バイブル. 幻冬舎メディアコンサルティング, 2011.


3.「コラーゲンペプチドの免疫機能への効果」に関する研究結果

研究結果

1)「コラーゲンペプチドの免疫機能への効果」に関する研究の概要

感染症をはじめとする病気にかからないよう働いているのが免疫系ですが、ストレス、低栄養、加齢によって機能は低下します。

だから、免疫力が低下している場合に症状が悪化したりします。

ご紹介する研究は、健康食品として広く利用されているコラーゲンペプチドが全身の健康維持に関係しているという仮説に基づいて、「免疫」という観点から効果を検証したものです。

日ごろから疲労感・倦怠感を感じている30歳代~50歳代の日本人男女50名を無作為に2つのグループに分けて、一方は魚由来コラーゲンペプチドを1日10g、もう一方はプラセボ(デキストリン)を1日10g、8週間投与しました。この間、免疫機能と免疫力スコアを評価して、両グループ間で比較しました。また、体調の自覚症状についてのアンケートも行っています。

2)「コラーゲンペプチドの免疫機能への効果」に関する研究の評価方法

免疫機能の評価は、2つの方法を用いて実施されています。

①評価方法(1)

免疫機能は、以下の表に記載している末梢血の免疫細胞数を測定して評価しています。

<免疫機能の評価に使用した免疫細胞とその役割>

測定した免疫細胞

役割

好中球 顆粒球の一種。細菌を食べてからだを守る。
リンパ球 リンパ球の総数。白血球の成分の一種で、ウイルスなどの外的や腫瘍などの異物を攻撃する。
T細胞 T細胞の総数。ウイルスなどに感染した細胞をみつけて排除する。
CD4 T細胞 ヘルパーT細胞。異物情報(抗原)を受け取り、サイトカインなどを産生して攻撃の戦略を立て指令を出す。
CD8 T細胞 キラーT細胞。抗原情報を受け取り、ウイルスに感染した細胞やがん細胞に取り付き排除する。
CD4/CD8 T細胞比 CD4+ T細胞とCD8+ T細胞の比。
ナイーブT細胞 抗原に遭遇していないT細胞。
メモリーT細胞 抗原を記憶しているT細胞。
ナイーブ/メモリーT細胞比 ナイーブT細胞とメモリーT細胞の比。
CD8+CD28+ T細胞 加齢とともに減少するCD8+ T細胞。
B細胞 抗体産生細胞。抗体を産生する免疫細胞のこと。
NK細胞 ナチュラルキラー細胞。からだの中を常にパトロールし、ウイルスに感染した細胞を発見したら単独で攻撃をする。

<Tリンパ球年齢>

Tリンパ球年齢は、年齢とともに減少するCD8+CD28+ T細胞の測定値を健康成人のデータベースと照合して、実年齢とは別に、T細胞が何歳に相当するかを算出した指標です。

②評価方法(2)

免疫力スコアは、以下の方法で算出されています。

<免疫力スコア>

免疫力スコアは、末梢血で測定した免疫細胞のうち7項目の数値(黄色いマーカー部分)を、健康成人のデータベースと照合して、3段階にスコア化(1:要改善圏、2:要注意圏、3:安全圏)して合計した数値です。

3)「コラーゲンペプチドの免疫機能への効果」に関する研究の結果

さて、コラーゲンペプチドを摂った結果、免疫系への効果はあったのでしょうか?

結果をご紹介します。

  • コラーゲン摂取グループでは、免疫力スコア、リンパ球数、CD8+ T細胞数、ナイーブ/メモリーT細胞比、B細胞数、T細胞数、メモリーT細胞数、CD8+CD28+ T細胞数、NK細胞数が有意に増加していました。
  • コラーゲン摂取グループでは、Tリンパ球年齢とCD4/CD8 T細胞比は有意に低下していました。
  • プラセボグループでは、コラーゲン摂取グループのような変化はみられませんでした。
  • 免疫力スコアについて両グループでの有意差を比較したところ、プラセボグループ(15.6±1.8)と比べてコラーゲン摂取グループ(16.2±1.6)で有意に上昇していました。
  • 体調の自覚症状について、コラーゲン摂取グループでのみ、「下痢気味である」と「食欲がない」の項目に改善がみられました。

<コラーゲンペプチド投与による免疫力スコアの変化>

以上の結果から、日頃から疲れやすいと感じていて、免疫機能も低下しているときにコラーゲンペプチドを摂取すると免疫力が活性化されて、自覚症状も改善することが示されました。

つまり、分子が小さくて消化吸収されやすいコラーゲンペプチドを毎日摂ると、免疫機能のアップにつながることが期待できるようです。

<引用文献>
Koyama Y, Kuwaba K, Kusubata M, et al. Supplemental ingestion of collagen peptide improves T-cell-related human immune status -Placebo-controlled double-blind study-. Jpn Pharmacol Ther 43: 51-56, 2015.

<参考情報>
*テラのがん免疫療法情報ガイド「免疫療法とは」
https://www.gan-info.jp/dendritic/immunotherapy/immune-cell/


4.コラーゲンペプチドのオススメのとり方

コラーゲン

コラーゲンペプチドに免疫アップが期待できることがわかりましたが、どのように摂ればよいでしょうか?

コラーゲンペプチドの原料は、大きくわけて「動物由来」と「魚由来」の2種類のコラーゲンがあります。

動物由来コラーゲンは、豚を原料としたものが最も多く流通していますが、においが強いこと、魚由来のコラーゲンと比較して分解能がよくないことなどがあり、吸収しやすくにおいの少ない魚由来のコラーゲンをオススメします。

この魚由来のコラーゲンはフィッシュコラーゲンと呼ばれていますが、「天然魚の表皮由来のもの」と、「テラピアなどの養殖魚のうろこ由来のもの」にわかれます。

魚由来のコラーゲンでオススメなのは、良質で安全性の高い天然魚の表皮由来の「マリンコラーゲン」です。

マリンコラーゲンという言葉を聞かれたことがあるかと思いますが、こう表記できるのは天然魚由来のものだけです。

養殖魚由来のフィッシュコラーゲンは低価格ですが、うろこが硬いため、加熱や酵素で溶けず、加工の過程で塩酸を使う必要があります。この塩酸がコラーゲンを溶かすため、もとの活性を失わせる可能性があり、コラーゲン本来の効果が得られないリスクがあります。

マリンコラーゲンとフィッシュコラーゲンの違いについては、「マリンコラーゲンとフィッシュコラーゲンに大きな違い!真実は?」で詳しくご紹介していますので、お時間のあるときにお読みいただけたらと思います。

<PR>ナールスの「低分子純粋コラーゲン」(1箱 2g×35包入り)

お得に買えますキャンペーン実施中!

キャンペーン期間:2020年5月11日(月)~2020年5月31日(日)

低分子コラーゲン

ナールスの低分子純粋コラーゲンは、300kgの天然魚から「たった1kg」しか取れない貴重な高品質コラーゲンを使っています。

無味・無臭なので、お料理や飲み物と混ぜて手軽に飲めて、良質で安全な・安心なアミノ酸18種を一度に摂取できます。

【キャンペーン①】

1箱なら、通常価格 6,750円(税込)のところ、5,550円(税込)(19%オフ)!!

【キャンペーン②】

2箱なら、通常価格 13,500円(税込)のところ、なんと9,000円(税込)(33%オフ)!!

★初回限定お試し(2g×7包入り)もあります。

定価1,250円(税込)が、30%オフの945円(税込)でお買い求めいただけます。

(特別キャンペーンではありません)

ご購入はこちらから


5.編集後記

「コラーゲンを毎日食べることが「免疫力アップ」のカギ!」をお届けしました。

新型コロナウイルス感染症による不安な日々が数か月間続いていますが、緊急事態宣言も延長され、なお大変な状況下にあります。

この新型コロナウイルス感染症は、今後インフルエンザなどの感染症と同じく、わたしたちがずっと付き合っていかざるを得ない病気だと思います。

だからこそ、健康的なからだを保つために免疫力を低下させないように日頃から、自分のからだをケアしておく必要があります。

その一つとして、コラーゲンを摂ることで免疫力を高められるというエビデンスをご紹介いたしました。

コラーゲンはからだだけでなく、もちろん美肌キープにも必要な成分なので、エイジングケア世代の私もあなたも、日常的に取り入れていきたいですね。

「コラーゲンを毎日食べることが「免疫力アップ」のカギ!」がエイジングケア世代の女性の健康のお役に立てれば幸いです。

(執筆:エイジングケアアカデミー編集部 やすだともよ
医学出版社、医学系広告代理店にて編集・ライターとして、医師向け、患者向けの情報提供資材や書籍等の記事の編集・執筆や、国内・海外医学会取材・記事執筆を行う。

(編集・校正:株式会社ディープインパクト 代表取締役 富本充昭)
ナールスエイジングケアアカデミー編集長
京都大学農学部を卒業後、製薬企業に7年間勤務の後、医学出版社、医学系広告代理店勤務の後、現職に至る。医薬品の開発支援業務、医学系学会の取材や記事執筆、医薬品マーケティング関連のセミナー講師などを行う。

ナールスチャンネルをみて動画でエイジングケアを学ぼう!

関連記事

コラーゲンを毎日食べて、紫外線による光老化や肌老化を予防しよう!

続きを読む

春から夏もけいはんな線でナールスピュアの電車広告が継続!

続きを読む

新型コロナウイルス感染予防は目も守ろう!大切な3つのポイント

続きを読む

体温アップで免疫を高める!不眠・肩こりを改善して健康と美肌へ

続きを読む

新型コロナウイルス感染予防に大切な市販・手作りマスクの効果と限界

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」