水添レシチンは優れた浸透力と保湿力!エイジングケアに有用

水添レシチンの原料のイメージ

水添レシチンという成分をご存知でしょうか?

水添レシチンは、レシチンに水素を添加した化粧品成分です。

水添レシチンは、高い浸透力と保湿力があることから、化粧品成分としてさまざまなスキンケアアイテムに配合されます。

この記事では、水添レシチンの特性や効果、安全性について詳しくご紹介します。

また、おすすめの水添レシチン配合のエイジングケア美容液をご紹介します。

水添レシチンは優れた浸透力と保湿力!エイジングケアに有用の目次

1.水添レシチンに興味があるあなたへ

水添レシチンに興味がある女性

水添レシチンという成分をご存知でしょうか?

水添レシチンは、卵や大豆などに含まれるリン脂質であるレシチンに水素を添加することで、熱や酸化に対する安定性を高めた成分です。

水添レシチンは、表皮角質細胞間脂質まで浸透して保湿することで、お肌のバリア機能をサポートし、美肌をキープするはたらきがあります。

化粧水美容液をはじめ、さまざまなスキンケアアイテムに使われる成分です。

もちろん、エイジングケア化粧品にも配合されます。

アンチエイジングやエイジングケアのためには、水添レシチンなどの化粧品成分について理解することが大切です。

この記事では、水添レシチンの特性、効果、安全性について詳しくご紹介します。

「水添レシチンってどんな成分?」

「水添レシチンの効果や安全性は?」

「水添レシチン配合のオススメの化粧品は?」

などが気になる方は、ぜひ、続きをチェックしてくださいね。

<オススメの水添レシチン配合化粧品なら>

水添レシチン&ナールスゲン配合エイジングケア美容液「ナールス ネオ」

オススメの水添レシチン配合美容液ナールスネオ

<この記事の大切なポイント>
  • 水添レシチンは、レシチンに水素を添加して、酸化しにくくするとともに安定性を高めた成分です。
  • 水添レシチンには、セラミドに似た保湿作用があります。
  • 水添レシチンには、浸透作用があるので他の美容成分の浸透性を高めるリポソーム化やエマルション化の材料として使われます。
  • 水添レシチンには乳化作用がありますが、あまり強い作用ではないため、化粧品の乳化剤として用いられることは多くありません。
  • 水添レシチンは、大きなカテゴリーでは界面活性剤の1つですが、刺激性や毒性はなく、敏感肌でも使える安全性の高い成分です。

2.水添レシチンとは?

水添レシチンとは?と考える女性

1)レシチンとは?

水添レシチンの前に、レシチンについてご紹介します。

レシチンは、大豆や卵、肉類などに含まれるリン脂質です。

また、人の身体にもあって、細胞の生体膜の主要な構成成分としてはたらいている重要な成分です。

人では、脳に最も豊富にあります。

レシチンは、親水基と親油基があるので、乳化剤としてチョコレート、アイスクリーム、マヨネーズなどの食品加工に使用されます。

2)水添レシチンの基本的な特性

水添レシチンの基本的な特性を調べル女性

そんなレシチンですが、酸化しやすく安定性が低いことや化粧品として使うには乳化力が弱いというデメリットがあります。

そこで、水素を添加して酸化しにくくするとともに、安定性を高めたのが水添レシチンです。

水添レシチンは、淡色でほぼ無臭の粉末状の成分で、光、熱に対しても安定しているので化粧品にも使いやすくなりました。

水添レシチンは、表皮の角質層になじみやすく、浸透性も高いことがメリットです。

また、セラミドなどの角質細胞間脂質に似た保湿効果の高い成分です。

化粧品成分としての全成分表示では、水添レシチンです。

医薬部外品では、「水素添加大豆リン脂質」と表記されます。

3)水添レシチンの安全性は?

水添レシチンの安全性ノイメージ

水添レシチンのもとの成分であるレシチンは、毒性やアレルギーの報告もありません。

したがって、水添レシチンは安全性の高い成分です。

また、化粧品成分としての水添レシチンも毒性や皮膚刺激性などは無く、乾燥肌インナードライ肌敏感肌などの肌質でも使える成分です。

100%安全とは言えませんが、問題が起こりにくい成分で、敏感肌向けの化粧品にも使われています。

40代からのエイジングケア化粧品としてもオススメです。


3.水添レシチンのお肌への効果と役割

水添レシチンのお肌への効果を感じる女性

1)水添レシチンの効果

水添レシチンは、保湿力によって乾燥肌対策肌荒れの予防や改善に役立つ成分です。

また、浸透性の高さから、他の美容成分を一緒に肌に浸透させる技術であるリポソーム化、またはエマルション化の材料としても使用されます。

水添レシチンを利用したリポソーム化やエマルション化によって、お肌の中の細胞膜とよく似た構造を作って、美容成分を包み込んだり、美容成分を少しずつ放出することで効果を持続できるのです。

2)水添レシチンはどんな化粧品に配合されるの?

水添レシチンはさまざまな化粧品に配合されますが、乳化剤としてよりも、保湿を期待したり浸透性アップを期待した使い方が多いのが現状です。

クレンジングジェルなどのクレンジング料保湿化粧水保湿美容液乳液保湿クリームフェイスマスク、口紅やリップグロスなど唇ケアのアイテム、シャンプーなど頭皮ケアのアイテム、ファンデーションやコンシーラーなどのメイク用品に使われます。

また、エイジングケア化粧水エイジングケア美容液などにも配合されるようになっています。


4.オススメの水添レシチン配合美容液は?

オススメの水添レシチン配合美容液ナールスネオ

水添レシチン配合のオススメのエイジングケア美容液ナールス ネオです。

美女が選ぶベスト美容液などでも高い評価を得ている目元・口元専用美容液です。

私たちの美容液ランキングでは第1位です。

1)ナールス ネオの開発コンセプト

目元のハリや口元のハリツヤキープして、「目元・口元のエイジングサインへのファイナルアンサー」を目指して開発しました。

だから、目元のしわ口元のしわの予防にぴったりです。

2)ナールス ネオの配合成分のポイント

ナールス ネオは、水添レシチンを配合することで保湿効果のアップを目指しました。

水添レシチン配合以外には、次のような特徴があります。

①ナールスゲンを推奨濃度で配合

ナールスゲンは、コラーゲンエラスチンヒートショックプロテイン(HSP)47を増やします。また、肌の酸化を防ぐ成分であるグルタチオンを増やします。

②ネオダーミルを推奨最高濃度で配合

ネオダーミルは、バイオテクノロジーによって生まれた細胞のエネルギー源で、Ⅰ型コラーゲン、Ⅲ型コラーゲン、エラスチンを強力にサポート。

2週間でシワの体積を13%減少、シワの深さを15%減少させる臨床データを有する成分です。

③プロテオグリカン配合

プロテオグリカンは、糖とタンパクが結合した「糖たんぱく質」で、お肌の細胞の増殖や、ヒアルロン酸、コラーゲンの産生をサポート。

また、ヒアルロン酸に匹敵する高い保湿力を持った成分です。

潤いのあるふっくらしたお肌をキープする「守るエイジングケア」と「攻めるエイジングケア」をサポートします。

④ビタミンA誘導体配合

レチノールを改良したビタミンA誘導体レチノイン酸トコフェリル配合。

ターンオーバーを促進して、お肌のハリを取り戻します。

⑤セラミド配合

セラミドの中でも人のお肌に最も多いヒト型セラミドであるセラミド2配合。

⑥お肌に不要な成分は無添加

無香料・無着色、旧指定成分は配合していません。

パラベンフェノキシエタノールほか、アルコール性防腐剤などの無添加化粧品です。

また、アルコールフリーです。

*フェノキシエタノール、パラベンが、キャリーオーバーとして微量含まれます。


5.水添レシチンは界面活性剤?

水添レシチン配合化粧品のイメージ

実は、水添レシチンは、大きなカテゴリーでは界面活性剤の1種です。

なぜなら、レシチンの持つ乳化作用が界面活性作用によるものだからです。

しかし、刺激性などはなく、洗浄剤などに使用される合成界面活性剤とは異なる構造を持つものです。

界面活性剤には、水添レシチンのような安全性の高いものから刺激性のあるものまで、多種多様なものがあります。

界面活性剤というだけで「危険」なのではなく、それぞれの成分について理解することで、安全なのか刺激があるのかを見極めることが大切です。


6.まとめ

水添レシチンは優れた浸透力と保湿力!エイジングケアに有用のまとめ

水添レシチンの特徴や効果、安全性について詳しくご紹介しました。

また、水添レシチン配合のオススメのエイジングケア美容液をご紹介しました。

この成分には、優れた浸透力と保湿力があることから乾燥肌を防いで美肌をキープすることが期待されます。

そのため、エイジングケア化粧品ほか、さまざまなスキンケアアイテムに配合されています。

ぜひ、水添レシチン配合の化粧品を上手にエイジングケアに活かしてくださいね。

関連記事

ジフェニルシロキシフェニルトリメチコンはどんな化粧品成分?

続きを読む

(ジメチコン/メチコン)コポリマーとはどんな化粧品成分?

続きを読む

尿素のメリットとデメリットは?エイジングケアの視点から

続きを読む

キュアパッションはパッションフルーツのエイジングケア成分

続きを読む

シアノコバラミン(VB12)は赤いエイジングケア化粧品

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」