ナールスエイジングケアアカデミー 編集長プロフィール

 

富本 充昭
Mitsuaki Tomimoto

株式会社ディープインパクト代表取締役
京都大学農学部を卒業後、製薬企業に7年間勤務。
その後、医学出版社、医学系広告代理店勤務の後、現職に至る。
医薬品の開発支援業務、医学系学会の取材や記事執筆、医薬品マーケティング関連のセミナー講師などを行う。
ナールスブランドのエイジングケア化粧品の企画・開発・販売に従事。
ナールスエイジングケアアカデミーのコンテンツの企画・執筆・編集に従事。

 

Qualification

・化粧品検定1級

 

Birth

1962年11月20日

 

Education

1981年 奈良県立畝傍高校卒業
1986年 京都大学農学部卒業
IMS システム80、100修了
その他 グロービスマネジメントスクールにて、経営戦略、マーケティング、消費財マーケティング、ファイナンス、アカウンティング、人的資源管理、オペレーションマネジメント、サービスマネジメント、ベンチャー戦略、ベンチャーマネジメント修了(Certificate of Business Administration)

 

Publication

医薬品マーケティングにおける市場・売上予測と戦略策定

KOLドクターの的確な人選と良好な関係作りのコツ

 

Career & History

1986年‐1993年大日本製薬株式会社(現 大日本住友製薬株式会社)にて4年間MRとして大阪市内開業医、100床未満の病院担当
その後、営業企画部にて、開発中の新製品の販売戦略立案、薬価交渉、MR対象業績評価制度、IMSデータ分析システム企画、MR支援システム開発プロジェクト等に従事
1993年‐2005年チャーチル・ジャパン株式会社(オーシーシー・ジャパン株式会社による買収を経て株式会社アトリクス)に入社、内資系及び外資系製薬企業をクライアントとして、多数のメディカル・コミュニケーション戦略立案・実行に従事。医師の組織化、医師向け啓発プログラム、患者向け啓発プログラム、市販後のマーケティング的なエビデンス構築などの大小数百の企画開発、プロジェクトマネジメントに多数従事
2002年より同社取締役。2004年 同社代表取締役に就任
2005年11月英国本社による経営譲渡及び組織改変に伴い退任
2005年12月有限会社ディープインパクトを設立し、代表取締役に就任
2006年12月増資とともに株式会社ディープインパクトに改組
2008年5月東京オフィス開設
2009年7月医学出版・教育に特化した事業を推進すべくG-MEP株式会社を設立し、同社代表取締役に就任
2010年4月日本ベンチャーキャピタル株式会社より出資を受け、増資(資本金・資本準備金合計 3500万円)
2013年7月ナールスブランドのエイジングケア化粧品事業を開始
エイジングケア化粧水「ナールスピュア」を発売
2014年2月ナールスブランドのエイジングケア化粧品第2弾
エイジングケア保湿クリーム「ナールス ユニバ」を発売
2015年7月ナールスブランドのエイジングケア化粧品第3弾
エイジングケア美容液「ナールス ネオ」を発売
2015年8月美容情報総合サイト「ナールスエイジングケアアカデミー」を開設
2016年2月ナールスブランドのエイジングケア化粧品第4弾
エイジングケアハンド美容ジェル「ナールス ロゼ」を新発売
2016年2月ナールスブランドのエイジングケア化粧品第5弾
エイジングケア酵素洗顔パウダー「ナールス フォーム」を新発売
2017年11月ナールスブランドのエイジングケア化粧品第6弾
エイジングケアクレンジングジェル「ナールス エークレンズ」を新発売
2019年2月ナールスブランドのエイジングケア化粧品第7弾
エイジングケア化粧下地&日焼け止め「ナールス ヴェール」を新発売
2020年1月ナールスブランド初のエイジングケアサプリメント「低分子純粋コラーゲン」を新発売