酸化チタンは紫外線散乱剤の代表!役割と安全性は?

紫外線散乱剤の酸化チタンが必要な天気

酸化チタンは、イルメナイトという鉱物を細かく砕いてつくられる白色の紫外線散乱剤です。

ノンケミカルの日焼け止めの中心的な成分で、反射率や安全性が高いというメリットがあります。

この記事では、酸化チタンの役割やはたらき、安全性について幅広くご紹介します。

酸化チタンは紫外線散乱剤の代表!役割と安全性は?の目次

1.日焼け止めに含まれる酸化チタンが気になるあなたへ

酸化チタンが気になる女性

酸化チタンは、主に日焼け止めに配合されています。

しかし、そもそもなぜこの成分が日焼け止めに配合されているのでしょうか?

実は、酸化チタンには紫外線散乱効果があり、紫外線対策に有効なのです。

お肌の大敵である紫外線への対策を行い、スキンケアやエイジングケアをするためには、酸化チタンなどの化粧品成分を理解することも大切です。

この記事では、酸化チタンの特性、効果、安全性について詳しくご紹介します。

また、酸化チタン配合の化粧品にはどんなものがあるかなどをご紹介します。

「酸化チタンってどんな化粧品成分?」

「期待できる肌への効果って何?」

「酸化チタンの特徴って?」

「安全性や刺激性について知りたい!」

「酸化チタンはどんな化粧品に使われているの?」

などが気になる方は、ぜひ、続きをチェックしてくださいね。

<この記事の大切なポイント>
  • 酸化チタンは、イルメナイトという鉱石からつくられる紫外線散乱剤です。3種類の型がありますが、化粧品には光触媒活性が低いルチル型の酸化チタンが主に使用されています。
  • 酸化チタンは白色顔料としても使われます。優れた白色度や隠蔽力、着色力があり、肌の透明感を出すことも得意です。
  • 酸化チタンは、同じ散乱剤成分の酸化亜鉛より高い紫外線反射力がありますが、ロングUVAに対応できないというデメリットがあります。また、酸化亜鉛に比べて、白浮きしやすいこともデメリットです
  • 酸化チタンは、皮膚への刺激性がほとんどなく、アレルギーもほぼ起こらないことから安全性に問題のない成分です。また、金属アレルギーのリスクもほとんどないことが大きなメリットです。
  • 酸化チタンは日焼け止めをはじめ、化粧下地やファンデーションなどのメイク用品ほか、多くの化粧品に使われます。

2.酸化チタンとは?

酸化チタンのイメージ

1)酸化チタンの基本特性

酸化チタンは、紫外線散乱剤です。

紫外線散乱剤とは、紫外線を反射して皮膚を守る成分のことです。

酸化チタンは、イルメナイトという鉱物を粉砕してつくられる白色の成分です。

紫外線対策の成分には、散乱剤と吸収剤があります。

どちらもメリットとデメリットがありますが、刺激性の低さや安全性の観点では、紫外線散乱剤の方が優れています。

散乱剤だけでつくられた吸収剤を含まない日焼け止めは、「ノンケミカル」または「紫外線吸収剤フリー」と表記されています。

そんな紫外線散乱剤の中でも、酸化チタンは安全性の高い成分です。

そのため、用量にもよりますが幼児に使うことも可能です。

酸化チタンは3種類の型がありますが、化粧品には光触媒活性の低いルチル型の酸化チタンが主に使用されています。

化粧品の全成分表示では、「酸化チタン」と表記されます。一方、医薬部外品の表示名称としては、「酸化チタン」または「微粒子酸化チタン」と表記されます。

2)酸化チタンのはたらき

酸化チタンが働くイメージ

高い紫外線散乱効果があり、日焼け止めの主成分として配合されています。

紫外線散乱効果とは、紫外線そのものを反射させ、皮膚に届けさせない効果のことです。

酸化チタンは光を受けると、光触媒反応によって表面で強力な酸化力を発揮します。

その結果、化学物質や細菌や雑菌を分解する作用があります。

その力が肌で直接発揮されないために、化粧品成分としては、紫外線があたっても活性酸素が発生しないように表面のコーティング処理を行います。

表面コーティング処理が施されている場合は、酸化チタンと一緒に表面処理剤としてシリカジメチコン、ステアリン酸、水酸化Alなどの成分が使われます。

酸化チタンの紫外線散乱の反射率は、酸化亜鉛よりも高いことがメリットです。

しかし、酸化チタンの場合、紫外線の対応波長は広くなく、UV-Aの中でも特に長い波長領域のものには対応できません。

紫外線には波長320~400nmのUV-Aと、波長290~320nmのUV-Bとがあります。

酸化チタンの場合は、対応波長が290~350nmでありUV-Bからお肌を守ることに効果的です。

一方、UV-Aに対してもある程度はカバーできますが、肌老化の大きな原因になるロングUV-Aはカバーできないことがデメリットです。

また、濃度を濃くしすぎると白浮きしてしまうことから、高いSPFやPAのものはつくりにくいという特徴があります。

なお、SPFとはSun Protection Factorの略でUV-Bの防止効果、PAとはProtection grade of UVAの略でUV-Aの防止効果のことです。

酸化チタンは、白色顔料としても使われます。

優れた白色度や隠蔽力、着色力があります。そのため、肌の透明感を出すことも得意な顔料です。

酸化チタンは、化粧品以外でも塗料、印刷インキ、製紙、プラスチック、化学繊維、ゴム、ホウロウなど多方面に使われています。

3)酸化チタンの安全性は?

安全性のイメージ

酸化チタンは、ヒト試験や動物実験においても化粧品として使用する場合では、皮膚刺激性や眼刺激性がほとんどなく、アレルギー報告もありません。

だから、安全性が高い成分と考えられています。

また、現在使用されている酸化チタンは、よりカバー力を向上して白浮きが少なくなるようにナノ化されて微粒子酸化チタンとして活用されていますが、ナノ化酸化チタンに関しても化粧品として使用する限りにおいては問題ないとされています。

だから、どんな肌質や肌タイプでも使えます。

普通肌脂性肌はもちろん、混合肌乾燥肌敏感肌インナードライ肌でも使うことが可能な成分です。

また、チタンそのものが金属アレルギーに非常になりにくい金属であることから、金属アレルギーを有している人でも使うことができます。

お肌が弱いけれども日焼け対策をしっかり行いたい方は、酸化チタンを上手に活用することがオススメです。

しかし、どんな成分であっても、肌荒れかゆみ、赤みが出るほか、刺激を感じる可能性を100%否定することはできません。

アトピー性皮膚炎がある方、肌が弱く心配な方は、パッチテストをすることをおすすめします。


3.酸化チタンはどんな化粧品に配合されるの?

酸化チタン配合の化粧品

酸化チタンは、30,000種近くのアイテムで使われる化粧品成分です。

主に日焼け止めに使用されています。

また、使い勝手の良さから、リキッドファンデーションやパウダーファンデーション、化粧下地などのメイクのためのアイテムにも使用されている成分です。

光の屈折率が高いという特徴があり、カバー力が高いファンデーションによく使用されています。

その他にも、コンシーラー、パウダーチーク、アイシャドーやアイライナー、マスカラ、マニキュアなどのネイルケア用品、口紅やリップグロスなどのリップケア用品にもよく使用されている成分です。

なお、メイクアップ化粧品では、配合されていても紫外線への効果をアピールしない場合が多いのですが、例え白色顔料として用いられている場合でも紫外線散乱作用はあります。

それほど種類は多くありませんが、美白化粧品フェイスクリームオールインワン化粧品ハンドクリーム洗顔料などに配合されることもあります。


4.まとめ

酸化チタンは紫外線散乱剤の代表!役割と安全性は?のまとめ

酸化チタンの特徴やはたらき、安全性について詳しくご紹介しました。

ご理解いただけましたでしょうか?

酸化チタンは、刺激が少なく安全性の高い紫外線散乱剤です。

日焼け止めはもちろん、さまざまなメイクアップ用品、スキンケア用品に配合されています。

以前は白浮きすることが欠点でしたが、近年では白浮きしにくい酸化チタンも開発されているので、より便利に使えるようになっています。

ぜひ、酸化チタン配合の日焼け止めや化粧品を上手にエイジングケアに生かしてくださいね。

関連記事

ジメチコンが危険って本当?その効果と安全性!

続きを読む

シクロペンタシロキサンとはどんな化粧品成分?効果と安全性

続きを読む

シアバターの保湿効果と上手な使い方の秘訣!

続きを読む

マイカの化粧品成分としての役割は?

続きを読む

エルゴチオネインの優れた効果!エイジングケア化粧品にも

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」