酸化チタンは紫外線散乱剤!その役割・UVブロック効果と安全性は?

紫外線散乱剤の酸化チタンが必要な紫外線の強い天気

酸化チタンは、イルメナイトという鉱物を細かく砕いてつくられる白色の紫外線散乱剤です。

ノンケミカルの日焼け止めの中心的な成分で、反射率や安全性が高いというメリットがあります。

この記事では、酸化チタンの役割やはたらき、UVブロック効果、安全性についてご紹介します。

また、どんなタイプの化粧品に配合されるのかを取り上げます。

さらに、おすすめの酸化チタン配合の日焼け止め・UV化粧下地をご紹介します。

酸化チタンの記事の目次

1.日焼け止めに含まれる酸化チタンをUVカットに使いたいあなたへ

酸化チタンが気になる女性

酸化チタンは、主に日焼け止めに配合されています。

しかし、そもそもなぜこの成分が日焼け止めに配合されているのでしょうか?

実は、酸化チタンには紫外線散乱効果があり、紫外線対策に有効なのです。

お肌の大敵である紫外線への対策を行い、スキンケアやエイジングケアをするためには、酸化チタンなどの化粧品成分を理解することも大切です。

ぜひ、成分特性を理解して美肌をキープしましょう。

この記事では、酸化チタンの特性、UV効果ブロック効果、安全性について詳しくご紹介します。

また、どんなタイプの化粧品に配合されるのかを取り上げます。

さらに、おすすめの酸化チタン配合の日焼け止め・UV化粧下地をご紹介します。

「酸化チタンってどんな化粧品成分?紫外線散乱剤なの?」

「期待できる肌への効果って何?UVブロック力は強いの?」

「酸化チタンの特徴って?ほかの日焼け止めと比べてメリットやデメリットは?」

「安全性や刺激性について知りたい!敏感肌でも使えるの?」

「酸化チタンはどんな化粧品に使われているの?」

などが気になる方は、ぜひ、続きをチェックしてくださいね。

<動画で学ぶ紫外線対策>

【紫外線対策】肌老化の80%は紫外線が原因!知っておくべき最低限のこと

<酸化チタン配合のおすすめのノンケミカルの日焼け止め>

ナールスゲン&酸化チタン配日焼け止めナールス ヴェール

ナールスゲン&酸化チタン配日焼け止めナールス ヴェール

<目の紫外線対策なら>

目の紫外線対策に使えるアイケアメガネ

目の周りのケアにピッタリの「アイケアメガネ」

<この記事の大切なポイント>
  • 酸化チタンは、イルメナイトという鉱石からつくられる紫外線散乱剤です。3種類の型がありますが、化粧品には光触媒活性が低いルチル型の酸化チタンが主に使用されています。
  • 酸化チタンは白色顔料としても使われます。優れた白色度や隠蔽力、着色力があり、肌の透明感を出すことも得意です。
  • 酸化チタンは、同じ散乱剤成分の酸化亜鉛より高い紫外線反射力がありますが、ロングUVAに対応できないというデメリットがあります。また、酸化亜鉛に比べて、白浮きしやすいこともデメリットです
  • 酸化チタンは、皮膚への刺激性がほとんどなく、アレルギーもほぼ起こらないことから安全性に問題のない成分です。また、金属アレルギーのリスクもほとんどないことが大きなメリットです。だから、肌質を選ばずに使えますし、エイジングケア世代でも使いやすい成分です。
  • 酸化チタンは日焼け止めをはじめ、化粧下地やファンデーションなどのメイク用品ほか、多くの化粧品に使われます。ノンケミカルの日焼け止めに配合される代表的な成分です。

2.酸化チタンとは?

酸化チタンのイメージ

1)酸化チタンの基本特性

酸化チタンは、紫外線散乱剤です。

紫外線散乱剤とは、紫外線を反射して皮膚を守る成分のことです。

酸化チタンは、イルメナイトという鉱物を粉砕してつくられる白色の成分です。

紫外線対策の成分には、散乱剤と吸収剤があります。

どちらもメリットとデメリットがありますが、刺激性の低さや安全性の観点では、紫外線散乱剤の方が優れています。

散乱剤だけでつくられた吸収剤を含まない日焼け止めは、「ノンケミカル」または「紫外線吸収剤フリー」と表記されています。

そんな紫外線散乱剤の中でも、酸化チタンは安全性の高い成分です。

そのため、用量にもよりますが幼児に使うことも可能です。

酸化チタンは3種類の型がありますが、化粧品には光触媒活性の低いルチル型の酸化チタンが主に使用されています。

化粧品の全成分表示では、「酸化チタン」と表記されます。一方、医薬部外品の表示名称としては、「酸化チタン」または「微粒子酸化チタン」と表記されます。

2)酸化チタンの効果・はたらき

酸化チタンがはたらくイメージ

高い紫外線散乱効果があり、日焼け止めの主成分として配合されています。

紫外線散乱効果とは、紫外線そのものを反射させ、皮膚に届けさせない効果のことです。

酸化チタンは光を受けると、光触媒反応によって表面で強力な酸化力を発揮します。

その結果、化学物質や細菌や雑菌を分解する作用があります。

その力が肌で直接発揮されないために、化粧品成分としては、紫外線があたっても活性酸素が発生しないように表面のコーティング処理を行います。

表面コーティング処理が施されている場合は、酸化チタンと一緒に表面処理剤としてシリカジメチコンシクロペンタシロキサン、ステアリン酸、水酸化Alなどの成分が使われます。

酸化チタンの紫外線散乱の反射率は、酸化亜鉛よりも高いことがメリットです。

しかし、酸化チタンの場合、紫外線の対応波長は広くなく、UVAの中でも特に長い波長領域のものには対応できません。

紫外線には波長320~400nmのUVAと、波長290~320nmのUVBとがあります。

酸化チタンの場合は、対応波長が290~350nmでありUVBからお肌を守ることに効果的です。

一方、UVAに対してもある程度はカバーできますが、肌老化の大きな原因になるロングUVAはカバーできないことがデメリットです。

また、濃度を濃くしすぎると白浮きしてしまうことから、高いSPFやPAのものはつくりにくいという特徴があります。

しかし、最近では、UVケアが目的の場合、酸化チタンをナノ化することで透明性および使用感を高めたナノ化酸化チタンが使われることが増えてきました。

その結果、日焼け止めの透明性が高くなり、白浮きしにくい日焼け止めも増えています。

なお、SPFとはSun Protection Factorの略でUVBの防止効果、PAとはProtection grade of UVAの略でUVAの防止効果のことです。

酸化チタンは、白色顔料としても使われます。

優れた白色度や隠蔽力、着色力があります。そのため、肌の透明感を出すことも得意な顔料です。

酸化チタンは、化粧品以外でも塗料、印刷インキ、製紙、プラスチック、化学繊維、ゴム、ホウロウなど多方面に使われています。

3)酸化チタンの安全性は?

酸化チタンの安全性のイメージ

酸化チタンは、ヒト試験や動物実験においても化粧品として使用する場合では、皮膚刺激性や眼刺激性がほとんどなく、アレルギー報告もありません。

だから、安全性が高い成分と考えられています。

また、現在使用されている酸化チタンは、よりカバー力を向上して白浮きが少なくなるようにナノ化されて微粒子酸化チタンとして活用されていますが、ナノ化酸化チタンに関しても化粧品として使用する限りにおいては問題ないとされています。

だから、どんな肌質や肌タイプでも使えます。

普通肌脂性肌はもちろん、混合肌乾燥肌敏感肌インナードライ肌でも使うことが可能な成分です。

また、チタンそのものが金属アレルギーには非常になりにくい金属であることから、金属アレルギーを有している人でも使うことができます。

お肌が弱いけれども日焼け対策をしっかり行いたい方は、酸化チタンを上手に活用することがオススメです。

しかし、どんな成分であっても、肌荒れかゆみ、赤みが出るほか、刺激を感じる可能性を100%否定することはできません。

つまり、化粧品かぶれ接触皮膚炎)のリスクが全くないわけではないのです。

アトピー性皮膚炎がある方、肌が弱く心配な方は、パッチテストをすることをおすすめします。

4)酸化チタンに発がん作用があるって本当?

2015年および2016年に厚生労働省によって公開された酸化チタンのリスク評価書によると、ラットが酸化チタンを長期吸入することで、発がん性が認められた実験によることに端を発した問題です。

これは、「未処理」の酸化チタンのことで、日焼け止めなどの粉体塗料のことではありません。

粉体塗料は、幾重にもコーティングされているため、酸化チタンが分散することは無いように加工されています。

だから、結論を言えば、日焼け止めや顔料として使うレベルでは、心配する必要がないといえます。

もちろん、ナノ化酸化チタンが使用され始めた2004年前後から酸化チタンを配合した日焼け止めやメイク用品などで発がん性や健康被害の報告はありません。


3.酸化チタンはどんな化粧品に配合されるの?

酸化チタン配合の化粧品のイメージ

酸化チタンは、30,000種近くのアイテムで使われる化粧品成分です。

主に日焼け止めに使用されています。

また、使い勝手の良さから、リキッドファンデーションやパウダーファンデーション、化粧下地やUV化粧下地などのメイクのためのアイテムにも使用されている成分です。

光の屈折率が高いという特徴があり、カバー力が高いファンデーションによく使用されています。

その他にも、コンシーラー、パウダーチーク、アイシャドーやアイライナー、マスカラ、マニキュアなどのネイルケア用品、口紅やリップグロスなどのリップケア用品にもよく使用されている成分です。

なお、メイクアップ化粧品では、配合されていても紫外線への効果をアピールしない場合が多いのですが、たとえ白色顔料として用いられている場合でも紫外線散乱作用はあります。

それほど種類は多くありませんが、美白化粧品フェイスクリームオールインワン化粧品ハンドクリーム洗顔料などに配合されることもあります。


4.おすすめの酸化チタン配合の日焼け止め

1)おすすめの酸化チタン配合の日焼け止め「ナールス ヴェール」とは?

酸化チタン配合の日焼け止め「ナールス ヴェール」

酸化チタン配合のエイジングケアにオススメの日焼け止めナールス ヴェール

ノンケミカルですが、春の紫外線対策夏の紫外線対策にもおすすめです。

「ナールス ヴェール」は、京都大学と大阪市立大学で共同開発されたエイジングケア化粧品成分である「ナールスゲン」を推奨濃度で配合したエイジングケアもできる日焼け止め・UV化粧下地です。

ナールス ヴェールは、紫外線散乱剤のみの配合ですが、SPF40、PA+++という高いUVカット力を実現しています。

だから、春や夏の陽ざしでも十分にブロックする力があります。

もちろん、秋の紫外線対策冬の紫外線対策にもおすすめです。

さらに、独自処方により、つけているのを忘れるほど軽いテクスチャーであることも大きな特徴です。

また、保湿もできるので敏感肌でも使える優しい日焼け止めです。もちろん、乾燥肌でも使える日焼け止めです。

酸化チタン配合以外のナールス ヴェールの特徴を整理すると、次のとおりです。

<全成分表示>

水、シクロペンタシロキサン、ジメチコン、酸化チタン、BG、酸化亜鉛、PEG-9ジメチコンジフェニルシロキシフェニルトリメチコン(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマーカルボキシメチルフェニルアミノカルボキシプロピルホスホン酸メチル(*)、水酸化AI、ハイドロゲンジメチコン、イソステアリン酸ポリグリセリル-2、グリセリン、ジエチルヘキサン酸ネオペンチルグリコール、ジカプリン酸ネオペンチルグリコール、スクワラン、酸化ジルコニウム、ジステアルジモニウムヘクトライト、グルタミン酸Naトコフェロールグリチルリチン酸2Kテトラヘキシルデカン酸アスコルビルフェノキシエタノール酸化鉄

(*)ナールスゲン

2)酸化チタン配合の日焼け止め「ナールス ヴェール」のレビューは?

酸化チタン配合の日焼け止め「ナールス ヴェール」の使用者のレビュー記事は、下記をご覧ください。

UV化粧下地「ナールス ヴェール」モデル白山真希さんインタビュー

飯塚美香さんがナールス ヴェールの使用感をレビュー!

薬剤師・管理栄養士が考える紫外線対策と選びたい日焼け止め


5.日焼け止めの正しい使い方とそのほかの紫外線対策

1)酸化チタンなどを配合した日焼け止めの使い方は?

酸化チタンを配合した日焼け止めや化粧下地は、紫外線対策としてとても大切な1つの要素です。

そのため、日焼け止めは正しく使うことが大切です。

ぜひ、次の記事を参考にしてください。

日焼け止めは正しい塗り方と使い方が大切!紫外線をカットするコツ

日焼け止めの使い分けと選び方は、年齢・季節・利用シーンで!

日焼け止めは適切な使用量を使って紫外線をブロック!

2)日焼け止めだけに頼らない紫外線対策

酸化チタン配合の日焼け止めだけに頼らない紫外線対策も大切です。

そんな紫外線対策は、次の記事も参考にしてください。

紫外線対策はファッションで差が!透過率は色・素材で違う

紫外線対策のサングラスの選び方!おすすめと7つのポイント

目の紫外線対策!肌が黒くなるのは目の日焼けが原因?

外出時の紫外線による日焼けのアフターケアはビタミンACEで!

ソラレンを含む食べ物を知って、紫外線対策とエイジングケア


6.まとめ

酸化チタンの記事のまとめ

酸化チタンの特徴やはたらき、UVカット効果、安全性について詳しくご紹介しました。

また、どんなタイプの化粧品に配合されるかを取り上げました。

さらに、おすすめの酸化チタン配合の日焼け止め・UV化粧下地をご紹介しました。

ご理解いただけましたでしょうか?

酸化チタンは、刺激が少なく安全性の高い紫外線散乱剤です。

日焼け止めはもちろん、さまざまなメイクアップ用品、スキンケア用品に配合されています。

以前は白浮きすることが欠点でしたが、近年では白浮きしにくい酸化チタンも開発されているので、より便利に使えるようになっています。

ぜひ、酸化チタン配合の日焼け止めや化粧品を上手にエイジングケアに活かしてくださいね。

もちろん、日焼け止めは正しく使うことが大切です。

さらに、酸化チタンなど日焼け止め成分だけに頼らない紫外線対策を行うことがエイジングケアに大切であることも忘れずに!

ナールスチャンネルをみて動画でエイジングケアを学ぼう!

関連記事

グリシンは保湿力の高いアミノ酸。化粧品でエイジングケアを!

続きを読む

ヒドロキシプロリンはコラーゲン特有のアミノ酸!化粧品の5つの効果

続きを読む

クエン酸ナトリウム(Na)の化粧品成分を正しく理解してキレイな素肌へ!

続きを読む

クエン酸は美肌の素!化粧品成分としての特徴や効果・安全性

続きを読む

ウィルブライドS-753は上手に使えば潤い美肌になれる化粧品成分

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」