朝のスキンケアとエイジングケアを上手に行って美肌へ!

朝のスキンケアとエイジングケアを実践する女性

朝のスキンケアやエイジングケアは、その目的や使用するアイテムが夜とは異なる場合があります。

朝は、これからの1日を過ごす上でお肌をしっかり守ることが大切です。

この記事では、朝のスキンケアやエイジングケアの目的や美肌をキープするための上手な方法をご紹介します。

朝のスキンケアとエイジングケアを上手に行って美肌へ!の目次

1.朝のスキンケアを上手に行いたいあなたへ

朝のスキンケアを行う女性

毎日、朝起きて行うスキンケアやエイジングケアは、女性の美肌にとって大切ですね。

そんな朝のスキンケアは何のために行うのでしょうか?

多くの女性は、夜のスキンケアではクレンジングでメイク落としを行いますが、朝は洗顔がスタートの方がほとんどではないでしょうか?

また、今では多くの女性が働いていることもあり、朝のスキンケアの後にはメイクをして外出される方も多いでしょう。

こうした点も、朝のスキンケアのポイントですね。

この記事では、朝のスキンケアやエイジングケアを上手に行うコツをご紹介します。

「朝の肌状態に合わせたスキンケアを教えて!」

「肌質との関係は?」

「朝のスキンケアと夜では何が違うの?」

「エイジングは意識した方がよいの?」

「朝にやってはいけないスキンケアやエイジングケアってあるの?」

などが気になる方は、ぜひ、続きをチェックしてくださいね。

<朝の洗顔にも使えるクレンジングジェル>

朝の洗顔にも使える医師監修のクレンジングジェル「ナールス エークレンズ」

朝の洗顔にも使える医師監修のクレンジングジェル「ナールス エークレンズ」

<今だけ!無料サンプルプレゼント!!>

朝の洗顔にも使えるオススメのクレンジング!ぜひお試しください☆

ナールスエークレンズ無料サンプル申し込み

<朝の洗顔後のエイジングケア化粧水なら>

ナールスゲン配合エイジングケア化粧水「ナールスピュア」

ナールスゲン配合エイジングケア化粧水「ナールスピュア」

<この記事の大切なポイント>
  • 朝のスキンケアの目的は、これから始まる1日を通して、肌を外部の刺激から守ることです。そのためには、お肌を清潔にして保湿と紫外線対策をしっかり行うことが大切です。
  • 中でも、朝のスキンケアで重視したいのは紫外線対策です。なぜなら、紫外線による光老化が肌老化の大きな原因だからです。
  • 朝のスキンケアで使うアイテムは、夜とは違うこともあります。しかし、基本的には肌質やエイジングで化粧品を選ぶことがポイントです。
  • 朝でも夜でも、エイジングを重ねるほど刺激の少ない化粧品を使うことをおすすめします。アルコールやPGなどの成分は控えた方がよいでしょう。
  • 朝の寝起きにほうれい線が目立つことがあります。その原因は、肌の乾燥、たるみ、むくみなどです。お肌の乾燥は朝のスキンケアで改善可能ですが、たるみやむくみは他の対策が必要です。

2.朝のスキンケアと夜のスキンケアでは何が違うの?

昼夜のイメージ

1)朝と夜ではスキンケアの目的が違う

朝は現代女性にとってとても忙しい時間帯です。

それでもスキンケアやエイジングケアは大切ですね。

そんな朝のスキンケアは、これから活発な活動を行う前に、お肌をしっかり外部の刺激から保護することが大切です。

なぜなら、皮膚は、日中に紫外線や活性酸素、乾燥花粉、有害化学物質などの外部環境から全身を守る大切な役割を担うパーツだから。

朝から昼のお肌や身体は、バリア機能によって守られていますが、できるだけ外部からのダメージを小さくするスキンケアやエイジングケアが大切なのです。

朝のスキンケアを怠ると、ストレスを受けて肌荒れになったり、お肌の酸化によってお肌の老化も進んでしまいます。

だから、お肌へのダメージをいかに小さくするかを意識することが大切なのです。

一方、夜は成長ホルモンなどが分泌してお肌が育つ時間。

夜のスキンケアも大切ですが、美肌のためには睡眠がとても大切なのです。

だから、スキンケアはシンプルに行ってお肌が育つ邪魔をしないことがポイントとなります。

2)スキンケアアイテムの種類が異なることも

朝と夜とでは、使用するスキンケアアイテムの種類が違うこともあります。

朝のスキンケアの順番は、通常、次のとおりです。

洗顔 → 化粧水 → 美容液 → 乳液または保湿クリーム → 日焼け止め

夜のスキンケアの順番は、通常、次のとおりです。

クレンジング → 洗顔 → 化粧水 → 美容液 → 乳液または保湿クリーム

このように、朝と夜ではスキンケアに使うアイテムや順番が少し違う場合があります。


3.朝のスキンケアはお肌へのダメージを小さく!

朝のイメージ

1)朝の洗顔のポイント

朝、起きてからのスキンケアのスタートは洗顔です。

肌質(肌状態)脂性肌普通肌の方なら、石けん素地でつくった固形石鹸を使うことがおすすめです。

一方、乾燥肌インナードライ肌敏感肌の場合は、弱酸性またはアミノ酸系界面活性剤などの優しい洗顔料を使いましょう。

もう1つ、夜のスキンケアで乳液や保湿クリームを使った場合なら、油分を落すためにクレンジングを使う方法もあります。

また、夜にも皮脂が出ますが、クレンジングで落とすことが可能です。

この場合なら、ダブル洗願不要のクレンジング料を洗顔料として使いましょう。

摩擦の少ないクレンジングミルクやクレンジングジェルがおすすめです。

2)朝はしっかり保湿ケアが大切

朝に保湿する女性

お肌が乾燥するとバリア機能が低下したり、ターンオーバーが乱れます。

その結果、ダメージを受けやすくなります。

そのため、乾燥肌対策のためにも朝の保湿がとても大切です。

朝にしっかり保湿ケアを行えば、化粧ノリがよくなり、日中の化粧崩れやくすみを防ぐことができます。

洗顔の後は、まず、保湿化粧水やエイジングケア化粧水でしっかり保湿を行いましょう。

その後は、肌質や肌状態、季節に応じて美容液、乳液、保湿クリーム、美容オイルを使いましょう。

夏の乾燥肌対策なら、化粧水だけでも大丈夫な場合もあります。

一方、秋や冬の乾燥肌対策なら美容液や他のアイテムも使いましょう。

また、忙しくて時間が取れない方は、オールインワン化粧品を使うことも考えましょう。

ただし、オールインワン化粧品では細やかなスキンケアができないというデメリットがあるので、肌質によってはおすすめできないこともあります。

3)紫外線対策を万全に

紫外線対策を行う女性

朝のスキンケアで、もっとも重要なのが紫外線対策です。

紫外線は光老化をもたらし、シミたるみほうれい線シワなどのエイジングサインの原因になります。

朝の外出の前には、日焼け止めや化粧下地などで紫外線対策を行いましょう。

また、紫外線は年中降り注いでいるため、冬でも紫外線対策は必要です。

特に、UV-AやロングUV-Aは、曇りでもそれほど地上へ届く量が減りませんし、紫外線は窓やカーテンをすり抜けて降り注ぎます。

朝の紫外線対策には、日常的に、PA効果のある日焼け止めを使いましょう。

日焼け止めには

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の2種類がありますが、どちらもメリットとデメリットがあるので、肌質、季節、使う場面で上手に使い分けましょう。


4.朝のスキンケア化粧品も肌質や年齢肌で選ぶ

化粧品のイメージ

ここまで、朝と夜のスキンケアの違いや朝のスキンケアのポイントをご紹介しました。

そんな朝のスキンケアやエイジングケアに使うアイテムは、どのように選べばよいのでしょうか?

中には朝専用のスキンケアアイテムもありますが、基本は肌質や肌状態、年齢に応じて自分にあったアイテムを選ぶことが大切です。

朝と夜でスキンケア化粧品やエイジングケア化粧品を変えるというよりも、自分が持っているものを朝と夜で使い分けるイメージです。

基本的な考え方としては、どのアイテムもエイジングが進むにつれお肌に優しいものを使うことがポイントです。

なぜなら、肌質はエイジングを重ねると乾燥肌に傾くからです。

また、年齢を重ねると、皮膚が薄くなります。

これは、女性ホルモンの分泌が低下することや、真皮コラーゲンエラスチンをつくり出す線維芽細胞の活力の低下などが原因です。

だから、今の年齢の肌質だけではなく、将来のお肌のさらなる衰えを意識してエイジングケア化粧品を選ぶことが大切なのです。

今、肌トラブルや肌悩みがなくても、予防的な観点を取り入れることは予防美容にもプラスです。

ポイントとしては、次の3つです。

  • アルコールやPGなどの刺激性のある成分が無添加の化粧品を選ぶこと
  • セラミドヒアルロン酸など保湿力が高く、刺激性のない成分を配合した化粧品を選ぶこと
  • 酸化を防ぎ、コラーゲンの生成をサポートする成分を配合した化粧品を選ぶこと

年代別のエイジングケア化粧品の選び方は次の記事を参考にしてください。

20代でもエイジングケア化粧品は必要?選び方と使い方!

30代、初めてのエイジングケア化粧品。知らないと損する真実!30代、初めてのエイジングケア化粧品。失敗で老け顔に!

40代だからこそ考えたいエイジングケアと化粧品の選び方!

50代のエイジングケアと化粧品の選び方と大切な7つの真実!

60代・70代も大切!エイジングケア化粧品の選び方と使い方


5.朝のほうれい線が気になる場合のスキンケア

ほうれい線が気になる女性

今までは、一般的な朝のスキンケアについてご紹介してきました。

エイジングケア世代の女性で、朝起きてほうれい線が目立っていたことはないでしょうか?

そんなほうれい線は早くなくしたいですね。

朝は、1日のうちでもほうれい線が目立ちやすい時間帯です。

その理由は、3つです。

  • 寝ている間にお肌が乾燥してしまって浅いほうれい線が目立つ
  • たるみが進んで肌のハリが無なくなることから、朝の寝起きにほうれい線が目立つ
  • むくみで朝の寝起きにほうれい線が目立つ

乾燥肌ならスキンケアで改善しますが、それ以外の問題は他の手段や対策が必要です。

朝のほうれい線の改善対策としては、たるみやむくみを予防するため、美肌をキープする食べ物や栄養素をはじめアンチエイジングを意識した生活習慣が大切なのです。


6.まとめ

朝のスキンケアとエイジングケアを上手に行って美肌へ!のまとめ

朝のスキンケアやエイジングケアの目的、美肌をキープするためのコツやポイントをご紹介しました。

いかがだったでしょうか?

朝と夜のスキンケアの違いについても、ご理解いただけたのではないでしょうか。

朝のスキンケアは、これからの始まる1日を過ごす上で、外部からの刺激による肌ダメージを少しでも小さくすることが大切です。

そのためには、洗顔、保湿、紫外線対策をしっかり行って美肌をキープしましょう。

また、朝の素肌をいきいきと保つためにも、スキンケアやエイジングケアだけでなく、食生活や睡眠などの生活習慣にも気を配りたいですね。

関連記事

風邪に抗生物質(抗菌薬)はNG!腸内細菌を乱して肌荒れのリスクも

続きを読む

エクオールとサプリメントのランキングに頼らない選び方

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」