ネオダーミルは、いま注目の新エイジングケア化粧品成分!

金コロイドの解説をする女性

あなたが、40代以上で本格的なエイジングケアにご興味があるなら、ぜひ、知っていただきたいのが、ネオダーミルというエイジングケア化粧品成分です。

ネオダーミルは、2012年に登場した新しい成分で、エイジングケアにとって頼もしいはたらきのある成分なのです。

今回は、そんなエイジングケア化粧品成分ネオダーミルをご紹介します。

1.ネオダーミルによるエイジングケアに興味があるあなたへ

ビタミンEの説明をする女性

1)お肌の老化予防はエイジングケア化粧品で

年齢とともに失われていくお肌のハリや弾力。

そして、30代後半や40代になると気になりだすのがしわたるみ、口元のほうれい線

エイジングケア世代にとっては、悩みの種といえますね。

こうしたエイジングサインは、加齢や紫外線などのダメージによって、お肌のハリ・弾力を支えるコラーゲンエラスチンなどの膠原繊維、弾性線維が衰え始めることで目立ってきます。

エイジングが進んだお肌では、真皮線維芽細胞が老化し、そのためハリや弾力のもとになる大切なたんぱく質をつくる機能が低下してしまうのです。

エイジングケアとは、そんなお肌の老化が進む前から、エイジングケア化粧品でしっかり保湿などのケアを行って、肌悩みの予防をすることです。

最近のエイジングケア化粧品には、機能性の高いエイジングケア化粧品成分が配合されることが増えています。

2)ネオダーミルは、注目のエイジングケア化粧品成分

その1つが、今回、ご紹介するネオダーミルです。

ネオダーミルは、バイオテクノロジーによって生まれた最先端のエイジングケア化粧品成分。

ネオダーミルは、細胞のエネルギー源としてはたらき、コラーゲンやエラスチンの産生をサポートする画期的なエイジングケア化粧品成分として注目されています。

さらに、ネオダーミルで注目すべきはⅢ型コラーゲンを増やすこと。

今回は、ネオダーミルのエイジングケア化粧品成分としての魅力をご紹介します。

「ネオダーミルってどんなエイジングケア化粧品成分?」

「ネオダーミルでどんな肌悩みの改善ができるの?」

「ネオダーミルってエビデンスはあるの?」

「ネオダーミルって安全なの?」

「ネオダーミル配合オススメのエイジングケア化粧品って?」

などが知りたい方は、ぜひ、続きをお読みくださいね。

【PR】

ネオダーミル配合エイジングケア美容液「ナールスネオ」

<この記事でお伝えしたい大切なこと>
  • ネオダーミルは、バイオテクノロジーによって生まれたエイジングケア化粧品成分です。
  • ネオダーミルの中心となる成分は、メチルグルコシド6 リン酸(MG6P)です。
  • ネオダーミルは、老化した線維芽細胞にはたらきかけ、コラーゲンやエラスチンなどのたんぱく質をつくる力をサポートします。
  • ネオダーミルは、コラーゲンの中でも、しわやたるみのエイジングケアに重要とされるⅢ型コラーゲンを増加させることがわかっています。
  • ネオダーミルは刺激なども認められない安全性の高い成分です。

2.ネオダーミルとは?

ネオダーミルは、スイスのバイオテクノロジー技術を持つ化粧品原料会社であるインデュケム社(Induchem AG)によって開発された、新しいエイジングケア化粧品成分。

お肌の細胞のエネルギー源としてはらたき、お肌のハリ・弾力因子であるコラーゲン、エラスチンの産性を、安全な方法で促進し、エイジングケアをサポートします。

ネオダーミルは、スイスのインデュケム社によって2012年に開発されて世に出ています。

最新のバイオテクノロジー成分 ネオダーミルの開発によって、インデュケム社は2013年にパリで開催されたin-cosmeticsという化粧品原材料の国際展示会において高い評価を受け、イノベーションアワード金賞を受賞しました。

では、ネオダーミルのエイジングケア化粧品成分としての特徴を見ていきましょう。


3.ネオダーミルの特徴

下あご pixta_13153530_S

1)ネオダーミルは、混合のエイジングケア化粧品成分

ネオダーミルは、単一のエイジングケア化粧品成分ではありません。

線維芽細胞のエネルギーとコラーゲンやエラスチンの産生に着目し、グリセリン、水、メチルグルコシド6 リン酸(MG6P)、銅、リシン、プロリンを混合したエイジングケア化粧品成分です。

主軸成分は、エネルギー分子 メチルグルコシド6リン酸(MG6P)で、これを細胞に与えることで、コラーゲンやエラスチンなどの合成を促進します。

潤い肌_小 ネオダーミル配合の化粧品を使う女性

2)ネオダーミルの色は、鮮やかなブルー!

ネオダーミルは、鮮やかなブルーの水溶液です。

これは、ネオダーミルの成分の銅の影響です。

「なぜ、化粧品原料に銅が?」と思われる方も多いと思いますが、実は、銅はコラーゲンの生成やお肌の老化の抑制と深く関わっているのです。

低濃度の銅は、線維芽細胞においてⅠ型およびⅢ型コラーゲン、HSP-47、エラスチンを刺激し、産生を促進する作用があることがわかっています。

つまり、お肌のエイジングケアにとって有用なことがわかり、化粧品に低濃度の銅を添加することの有用性が示されているのです。

こうした理由から、ネオダーミルには銅が配合され、それがイオン化することでブルーになっているのです。

3)Ⅲ型コラーゲンにはたらきかけるネオダーミル

コラーゲンは、現在、体内で30種類以上あることこが確認されていて、Ⅰ型、Ⅱ型、Ⅲ型というように分類されています。

体内にもっとも多いⅠ型は、骨や皮膚の強さを生み出し、皮膚のコラーゲンの90%を占めています。

Ⅱ型は、主に軟骨に存在しています。

一方、Ⅲ型は、血管や子宮などに存在し、お肌での量は数%と言われていますが、エイジングケアには重要で、「ベビーコラーゲン」あるいは「若返りのコラーゲン」と言われることもあります。

それは、Ⅲ型コラーゲンが、Ⅰ型コラーゲンよりも柔らかく、お肌の柔らかさを維持するはたらきがあるからです。

Ⅰ型・Ⅲ型コラーゲンともに、加齢や紫外線によるダメージで、減少したり変性したりしますが、ネオダーミルはⅠ型とⅢ型の両方を増加させます。

特に、Ⅲ型の増加率の方が高いのがネオダーミルの大きな特徴の1つです。

Ⅰ型コラーゲンを増やすデータを持つ成分は比較的たくさんありますが、ネオダーミルのようにⅢ型コラーゲンを増やすものは珍しいのです。


4.ネオダーミルのメカニズム

では、次に、エイジングケアにとって画期的な新成分として注目されているネオダーミルのメカニズムについて説明します。

まず、老化した皮膚では、真皮の線維芽細胞が衰えています。

そのため、Ⅰ型およびⅢ型コラーゲン、トロポエラスチンおよびエラスチンなど、お肌のハリや弾力にとって大切なたんぱく質をつくる機能が低下します。
線維芽細胞のDNAがダメージを受け、エネルギー源であるミトコンドリア活性が低下したり、栄養を運ぶ力が衰えてしまうからです。

つまり、老化した線維芽細胞は代謝が低く、細胞のエネルギーが欠如しているのです。

ネオダーミルは、このように老化した線維芽細胞にエネルギー分子であるメチルグルコシド6リン酸(MG6P)を与えることにより、コラーゲンやエラスチンなどのたんぱく質を生成する力をサポートします。

また、コラーゲンやエラスチン合成に必要な、特定の必須アミノ酸であるリシンおよびプロリンも大切な成分です。

さらに、これらのたんぱく質の形をつくるには、銅もその合成に必須の補因子としてはたらきます。

ネオダーミルにリシン、プロリン、銅が配合されているのは、こうしたメカニズムに着目して開発されたからなのです。

ネオダーミルのメカニズムを示すモデル図

5.ネオダーミルの研究データは?

ハテナ

ネオダーミルは、ハリ・弾力因子をサポートし、安全な方法で減少するコラーゲン、エラスチンの産性を促進する基礎データを持つ成分です。

また、臨床試験においても、深いシワを2週間で好転させるという非常に高い結果が得られたほか、お肌のハリや弾力、コラーゲン密度を好転させたデータもあります。

特に、しわに関しては、その深さを-15%浅くし、その体積を-13%小さくする結果が得られています。

しわやたるみが気になるのは、加齢によってお肌のハリ・弾力を支える弾力線維が衰えはじめるからですが、ネオダーミルによるしわ改善への効果は、エイジングケア世代にとっては朗報といえますね。

ネオダーミルのエビデンスのグラフ

ネオダーミル1% は、

  • しわの深さが-15%と、プラセボに比べて7.5倍の統計学的に有意な改善を示しました(Studentのt検定、*p<0.05)。
  • しわの体積は-13%と、プラセボに比べて6.5倍の統計学的に有意な改善を示しました(Studentのt検定、*p<0.05)。

なお、これはネオダーミルという成分そのものの研究データなので、ネオダーミル配合のエイジングケア化粧品の結果を保証するものではありません。

その点はご注意ください。

しかし、ネオダーミル配合化粧品としての有用性を期待できるデータといえます。

この他、ネオダーミルの詳しいデータはこちらを参考にして下さいね。

スイス発の最先端エイジングケア化粧品成分 ネオダーミル


6.ネオダーミルを使いたい肌悩みは?

酵素洗顔によって解消される悩みについて考える女性

ネオダーミルは、水溶性成分なのでエイジングケア化粧水エイジングケア美容液で使用したい成分です。

では、ネオダーミルはどんなお肌の悩みに使えばいいのでしょうか?

まずは、研究データで出ているしわのケアに使うことがオススメです。

ネオダーミルは、他にもほうれい線たるみ毛穴などの肌悩みにも使うことができます。

だから、ネオダーミル配合のしわケア化粧水ほうれい線ケア化粧水たるみ毛穴ケア化粧水などがオススメです。

ただし、エイジングケア化粧品は、あくまでエイジングサインに対して目立つ前から予防的に使うものです。

真皮の衰えによるたるみが原因のエイジングサインを改善するものではないので、医薬品のような効果を期待できるものではありません。

しわのエイジングケアについては、こちらの記事も参考にしてください。

しわの原因を考える!正しいエイジングケアのために

しわの種類(小じわ・真皮じわ・表情じわ)とエイジングケア

しわ対策|エイジングケアの10の対策と7つの美容医療

目元・目尻・目の下のしわの予防と改善対策のエイジングケア

しわ対策のエイジングケア化粧品の選び方と使い方

また、ネオダーミル配合美容液をはじめ、美容液の選び方を学びたい方は、こちらをどうぞ。

美容液ランキングではわからない「エイジングケア美容液」の選び方 7つの秘密

ミセスコンテストファイナリストが選ぶ2015年ベスト美容液は?


7.オススメのネオダーミル配合美容液

私たちがおすすめする美容液ランキングの1位は、ネオダーミルを推奨最大濃度で配合したエイジングケア美容液「ナールスネオ」です。

ネオダーミルに加え、大学発の3つの成分「ナールスゲン」「プロテオグリカン」「ダエダリンA」を配合。

乾燥肌対策とともにさまざまなエイジングサインにアプローチします。

他にも、ヒト型セラミドであるセラミド2、アミノ酸ビタミンC誘導体を配合した美容液で、目元や口元のハリやツヤをキープします。


8.ネオダーミルのまとめ

最先端のエイジングケア化粧品成分ネオダーミルについて、説明しました。

現在、日本でもいくつかのネオダーミル配合化粧品がエイジングケア化粧品として販売されています。

まだそれほど知名度の高い成分ではありませんが、細胞のエネルギー源としてはたらき、加齢や紫外線のダメージによって変性してしまうコラーゲンやエラスチンの産生をサポートすることで、ハリやツヤをもたらすというメカニズムは注目です。

エイジングケアに興味のある方、しわやたるみを改善したいエイジングケア世代の方などは、ネオダーミル配合の化粧品を一度試してみてはいかがでしょうか。

ナールスのネオダーミル配合エイジングケア化粧品については、こちらをどうぞ。

ネオダーミル配合 目元・口元の集中ケア美容液 ナールスネオ

ネオダーミルおよびナールスゲンともに、推奨濃度で配合しています。


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」