キュアパッションはパッションフルーツのエイジングケア成分

キュアパッションの原料のパッションフルーツの果実

エイジングケア化粧品に含まれる成分の中には、植物由来のエイジングケア化粧品成分がたくさんあります。

今回、ご紹介する「キュアパッション」もそんな植物由来の成分の1つです。

この記事では、キュアパッションがどんな成分か?エイジングケアにどんな効果があるのか、また安全性についてご紹介します。

また、キュアパッション配合のエイジングケア化粧品についてもご紹介します。

キュアパッションはパッションフルーツのエイジングケア成分の目次

1.キュアパッションをご存知ですか?

キュアパッションの成分イメージ

パッションフルーツの果実エキスからつくったエイジングケア化粧品の成分をご存じですか?

それが、今回、紹介する「キュアパッション」です。

キュアパッションは、リンパ管ケアに着目したエイジングケア化粧品成分ですが、どんな特徴があるのでしょうか?

また、パッションフルーツの別名ってご存じですか?

おそらく知らない方が多いと思いますが、意外(?)な名前です。

さらに、パッションフルーツ由来のエイジングケア化粧品成分「キュアパッション」は、とてもユニークな成分でもあります。

最近では、そのキュアパッションを配合したエイジングケアのためのフェイスマスクなども登場しています。

この記事ではキュアパッションの特徴や効果、安全性などを幅広くご紹介します。

「キュアパッションってどんなエイジングケア化粧品成分?特徴は?」

「キュアパッションにはどんなはたらきや作用があるの?エイジングケアによいの?」

「キュアパッションって安全なの?刺激性はないの?」

「キュアパッション配合のおすすめのエイジングケア化粧品って?」

「どんな肌悩みにキュアパッションは効果があるの?」

などが気になる方は、ぜひ、続きを読んで、エイジングケアの知識をランクアップしましょう。

<PR>

エイジングケアのためのフェイスマスクなら

キュアパッション配合バイオセルロースマスク「ナールス パッション」

エイジングケアフェイスマスク「ナールス パッション」

<この記事の大切なポイント>
  • キュアパッションは、リンパ管ケアに着目して開発されたエイジングケア化粧品成分です。エイジングケアにはとてもよい成分です。
  • キュアパッションには、リンパ管様構造の形成促進作用や皮膚微小リンパ管内皮細胞の増殖促進作用があります。こうした効果はあまり他の化粧品成分では見られません。
  • キュアパッションは、刺激性などもなく安全性の問題のない成分です。だから、どんな肌質でも使うことが可能です。
  • キュアパッションは、今では化粧水や美容液などさまざまなエイジングケア化粧品で使われています。そのアイテム数は100種を超えています。
  • キュアパッションはあくまで化粧品成分なので、全身のリンパ管ケアができるものでありません。

2.パッションフルーツってどんなフルーツ

パッションフルーツ

1)パッションフルーツの日本名は?

キュアパッションは、パッションフルーツの果実エキスからつくったエイジングケア化粧品成分ですが、パッションフルーツとはどんな果物でしょうか?

「パッション=情熱」という意味なので、そこから名前がついたのでは?と思ってしまうパッションフルーツ。

あなたは、そう思いませんでしたか?

実は、そうではないのです。

パッションフルーツの「パッション」は、「キリストの受難」を表すそうです。

花の形が、イエスキリストが十字架にかけられた姿に似ていることから、そう名づけられたといいます。

一方、日本では、この花が「時計」に見えることから、「クダモノトケイソウ」と呼ばれています。

パッションフルーツ(クダモノトケイソウ)の花

2)パッションフルーツは美肌によい!

さて、このパッションフルーツ、食べたことのある方も多いと思いますが、中身は種を包んだゼリー状の果実と果汁です。

種も、そのまま食べることができます。

パッションフルーツの成分ですが、まず、βカロテンが豊富です。

βカロテンは、体内でビタミンA(レチノール)に変わり、皮膚の粘膜を健やかに保つはたらきがあります。

また、酸化を防ぐ抗酸化作用があるので、エイジングケアに有効です。

その他にも、次の栄養素が含まれています。

  • ナイアシン: 血管を広げて血液の流れをよくするはたらき
  • 葉酸: 貧血防止や妊娠中に胎児の成長をサポートするはらたき
  • ビタミンB6: アミノ酸合成に必要な成分で、肌荒れやにきび、じんましんなどを抑えるはらたき

さらに、注目すべきはカリウム。

高血圧予防や心筋梗塞予防のほか、利尿作用もあり、むくみを防ぐことが期待できます。

このようにパッションフルーツは、女性の美肌やエイジングケアにとって欠かせない成分が含まれている果実です。

さらに、甘い香りにはアロマテラピー効果も期待されています。

あなたも美肌によいフルーツであるパッションフルーツを食べたくなったのではないでしょうか?


3.パッションフルーツ由来のエイジングケア化粧品成分 “キュアパッション” とは?

キュアパッションについて説明する女性

1)キュアパッションの基本特性

キュアパッションには、3つの成分が配合されています。

それは、BG、クダモノトケイソウ果実エキスです。

だから、化粧品の全成分表示では、キュアパッションと表記されるのではなく、「水」、「BG」、「クダモノトケイソウ果実エキス」と記載されます。

BGは保湿効果がありますが、キュアパッションを特徴づけるのは、クダモノトケイソウ果実エキスです。

2)キュアパッションの効果は?

キュアパッションは、パッションフルーツのさまざまなはらたきに着目して、その果実から抽出したリンパ管ケアのためのエイジングケア化粧品成分です。

リンパ管は、お肌の老廃物や水分を回収する重要な器官ですが、加齢とともに機能が低下します。

回収しきれなくなった老廃物はくすみシワの原因となり、また過剰に貯まった水分はむくみにつながります。

また、紫外線のダメージでも機能の低下を引き起こすことがわかってきました。

紫外線による光老化は、リンパ機能の低下を引き起こし、その結果、むくみやくすみ、さらにはしわも目立つことに。

キュアパッションは、このようなリンパ管機能をサポートする、今までにない着眼点から開発されたエイジングケア化粧品成分で、次のはたらきが期待されています。

  • リンパ管様構造の形成促進作用
  • 皮膚微小リンパ管内皮細胞の増殖促進作用

つまり、キュアパッションは、リンパ機能の低下がもたらすお肌の老化やトラブルの解消をサポートするエイジングケア化粧品成分なのです。

この作用によって、キュアパッションを配合したエイジングケア化粧品には、次の効果が期待できるのです。

  • お肌のくすみやむくみの改善
  • お肌を引き締める
  • リンパ管に注目した新しいUVケアのサポート

3)キュアパッションの安全性は?

キュアパッションには刺激性はなく、特に安全性で問題となる報告もありません。

そのため、バリア機能を壊すなどのリスクが低い成分です。

また、普通肌脂性肌はもちろんのこと、乾燥肌敏感肌インナードライ肌混合肌のあらゆる肌質の方でも使うことが可能です。

しかし、どんな成分でも誰にでも安全とは言えませんし、肌荒れなどになる可能性を100%否定することはできません。

だから、アトピー性皮膚炎やパッションフルーツにアレルギーのある方やお肌が弱い方は注意が必要です。

肌が弱いなどで気になる方は、パッチテストをすることをおすすめします。


4.キュアパッションが配合される化粧品って?

キュアパッション配合のイメージ

キュアパッションやクダモノトケイソウ果実エキスは、皮膚コンディショニング剤として、さまざまな化粧品に配合されます。

洗顔パウダーや洗顔フォームなどの洗顔料クレンジングジェルなどのクレンジング料保湿化粧水保湿美容液乳液保湿クリームフェイスパックオールインワンゲルハンドクリーム、ボディケア用品、シャンプーやヘアコンディショナーなど頭皮ケア用品などに使われます。

さらに日焼け止めやファンデーション、化粧下地などのメイク用品にも使われます。

また、エイジングケア化粧水エイジングケア美容液エイジングケア保湿クリームなどにも配合されるようになっています。


5.キュアパッション配合のオススメのフェイスマスク

ナールスパッション

エイジングケアにオススメのキュアパッション配合フェイスマスク「ナールス パッション」をご紹介します。

1)ナールス パッションは、バイオセルロースのシートタイプのフェイスマスク

ナールス パッションは、シートタイプのフェイスマスクの1種ですが、その素材は「バイオセルロース」です。

バイオセルロースとは、ナタデココの原料を主成分として、食用菌による発酵技術を用いてつくられた食物由来のナノ繊維のことです。

ナタデココのようなぷるぷるとしたゲル状のシートが、お肌にぴったりと吸い付くように密着します。

そのため、不織布のシートマスクと比べて美容成分の浸透力が高いのです。

フェイスマスク比較

なぜ、バイオセルロースのフェイスがおススメなのかについて、詳しくは、「バイオセルロースマスクの保湿力と浸透力は密閉効果に秘密!」をご覧ください。

2)ナールス パッションは、ナールスゲン推奨濃度配合

ナールス パッションは、キュアパッション以外にもエイジングケアによい成分を配合しています。

その1つが、ナールスゲンで、次のようなはたらきを持つ京都大学発のエイジングケア化粧品成分です。

3)ナールス パッションはどんな肌悩みに使うの?

ナールス パッションには、ナールスゲンやキュアパッション以外にヒアルロン酸アロエベラ葉エキスなどの保湿成分を配合して保湿をサポートすることで、次のような肌悩みの対策や、予防・改善に効果が期待できます。

ぜひ、さまざまな肌悩みのエイジングケアに使っていただきたいフェイスマスクです。

美容液を使った後のケアや保湿クリームの前にもオススメです。


6.キュアパッションに頼らないリンパ管ケア

リンパ管ケアのための運動

キュアパッションはリンパ管に着目したエイジングケア化粧品成分ですが、全身のリンパ管ケアはできません。

リンパ管ケアの本質は、アンチエイジングを意識した生活習慣で行うことが大切です。

まずは、食べ物で栄養素をバランスよく摂ることが大切です。

また、リンパは筋肉の動きによって自発的に流れていますが、運動不足や冷え症などで筋肉の動きが低下すれば、リンパが滞ります。

その結果、次のような症状や状態の原因になります。

  • むくみ
  • 免疫の低下
  • 疲労
  • 肩こり

これらは、目の下のクマたるみの原因になることもあるのです。

そんな対策には、次のような手段が有効です。

  • 入浴時などにリンパの流れに沿って、優しくマッサージを行う
  • 猫背などを避けて、正しい姿勢で活動する
  • 同じ姿勢を長時間続けない
  • ウォーキングやストレッチなど、適度な運動でよい汗をかく


7.キュアパッションのまとめ

キュアパッションはパッションフルーツのエイジングケア成分のまとめ

キュアパッションの特徴、効果や安全性についてご紹介しました。

最近、エイジングケアでも注目されているリンパ管のケア。

そんなリンパ管に着目して開発されたのが、パッションフルーツの果実エキス由来のエイジングケア化粧品成分「キュアパッション」。

お肌のむくみやくすみの改善、新しいUVケアのためのエイジングケア化粧品成分として注目が高まりつつあります。

パッションフルーツの果実

また、リンパ管のエイジングケアは、これまであまり意識されないことが多かったのですが、紫外線でダメージを受けてしまいます。

ぜひ、キュアパッションでリンパ管も意識したケアを行いましょう。

★リンパ管ケアのエイジングケア化粧品

ナールスゲン&キュアパッション配合の「バイオセルロースマスク」の詳しい情報は、下記からどうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品ナールスの公式サイト「ナールスコム」

関連記事

ワセリンとは?種類と効果と使い方を丸ごと知ろう!

続きを読む

ジフェニルシロキシフェニルトリメチコンはどんな化粧品成分?

続きを読む

(ジメチコン/メチコン)コポリマーとはどんな化粧品成分?

続きを読む

尿素のメリットとデメリットは?エイジングケアの視点から

続きを読む

シアノコバラミン(VB12)は赤いエイジングケア化粧品

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」