BG(ブチレングリコール)は、化粧品の保湿成分?防腐剤?

BG(ブチレングレコール)について教える女性

BG(ブチレングリコール)は、保湿効果とともに抗菌効果や他の作用もある成分です。

また、サッパリした質感で刺激もほとんどなく、安全性が高い成分です。

そのため、BGは、化粧品の基本成分(基材)としてよく使われています。

この記事では、そんなBG(ブチレングリコール)について詳しくご紹介します。

目次ちゃん

1.BG(ブチレングリコール)が気になるあなたへ

BG(ブチレングリコール)が気になる女性

BG(ブチレングリコール)という成分はエイジングケア化粧品をはじめさまざまな化粧品によく使われる優れた成分です。

しかし、美容やエイジングケアの話で、それほど話題になることはありません。

なぜなら、今や化粧品の基本成分(基材)としてあまりにも当たり前のように配合されるからです。

試しに、今お使いの化粧水美容液保湿クリーム、あるいはクレンジングのボトルや箱に記載してある全成分表示をチェックしてみてください。

いずれか、あるいはいくつかのスキンケアアイテムの1行目か2行目には、「BG」の記載があるはずです。

もし、お使いの化粧品が医薬部外品なら、BGは「1,3-ブチレングリコール」と記載されています。

このようにBGは、色んなスキンケアアイテムによく配合される成分です。

なぜなら、BG(ブチレングリコール)は、スキンケア化粧品などをつくる上でとても役に立つからです。

この記事では、BG(ブチレングリコール)の特徴、役割、メリットや安全性から、オススメのBG配合のナールスブランドのエイジングケア化粧品まで幅広くご紹介します。

「BGって、どんな成分なの?」

「BGとグリセリンの違いは?」

「BGって安全なの?刺激はないの?」

などが気になる方は、ぜひ、続きをチェックしてくださいね。

<PR>

BG配合のエイジングケア化粧水なら!

ナールスゲン配合エイジングケア化粧水「ナールスピュア」

ナールスゲン配合エイジングケア化粧水「ナールスピュア」

BG配合のエイジングケアクレンジングジェルなら!

アミノ酸系洗浄成分配合クレンジングジェル「ナールスエークレンズ」

BG配合クレンジングジェル「ナールスエークレンズ」

<今だけ!無料サンプルプレゼント!!>

【皮膚科医監修】大人の女性にオススメのクレンジング!ぜひお試しください☆

ナールスエークレンズ無料サンプル申し込み

<この記事の大切なポイント>
  • BGは、さまざまなスキンケア化粧品に配合される基本成分で、グリセリンなどと同じく大きな意味では、アルコールの1種です。
  • BGには、保湿成分としてのはたらきの他、抗菌効果や植物エキスを溶かす抽出溶媒としてのはたらきなどもあります。
  • BGは、グリセリンよりもサッパリしていて使用感がよいことから、化粧品のテクスチャーを調整するためにも使われます。
  • BGは、刺激性もほとんどなく安全に使える成分です。また、アレルギーなどの報告もありません。もちろん、誰にでも絶対安全とは言えないまでも、使いやすい成分です。
  • BG配合の化粧品の安全性や刺激性をチェックするには、BG以外の成分に着目することが大切です。

2.BG(ブチレングリコール)をシッカリ理解しよう!

BGを説明する女性

1)BGとは?

①BGは、アルコールの1種

BGは、水溶性の成分で、化学的な分類では「多価アルコール類」です。

BGは、お肌を保湿する「保湿成分」の1種で、無色無臭でやや粘性があり、わずかに甘味もある液体です。

従来は、化粧品の全成分表示で「ブチレングリコール」と記載されていましたが、最近では、「BG」と記載されます。

また、美白化粧水などの医薬部外品に配合されると、「1,3-ブチレングリコール」と記載されます。

余談ですが、全く同じ成分でも化粧品と医薬部外品で表記名が違うというルールがあるのです。

②BGは、大きく分けると2種類

BGには、石油由来と植物由来のものがあります。

石油由来のBGは、アセトアルデヒドを合成して得られます。

一方、植物由来のBGは、発酵エタノールを合成してつくられます。

石油由来のBGは、安価で安定性が高いことがメリットです。

植物由来のBGは、イメージがよいことがメリットですが、安定性が低く価格もアップするデメリットがあります。

いずれの種類のBGも成分としての本質的な機能や安全性は同じなので、石油由来のものが幅広く使用されています。

2)BGの保湿成分としてのはたらき

BGには、吸湿性と保水性があります。つまり、水とよく馴染んで、表皮角質層に潤いをもたらす「保湿成分」としてはたらきます。

BGの保湿力は、グリセリンアミノ酸と同じく水分を吸着することでもたらされます。

セラミドヒアルロン酸などには劣りますが、基本成分としては適度な保湿力があります。

だから、BG配合の化粧品を使うとサッパリながらも肌に潤いを感じますし、肌のキメを整えてくれるのです。

3)BGの防腐成分としてのはたらき

BGは、抗菌作用を持っています。この作用は、殺菌作用ではなくて菌をおとなしくさせて増殖を防ぐという静菌作用です。

BGが抗菌作用を示すには、10%以上の配合濃度が必要ですが、これによってパラベンフェノキシエタノールなど防腐剤の配合濃度を下げることが可能になります。

BGは、単独で防腐剤として使いませんが、こうした使い方で化粧品全体としての刺激性や毒性を下げることが可能なのです。

4)BGのその他のはたらき

BGは、植物からエキス成分を抽出する「抽出溶媒」としても使われます。

BGと水を混ぜたBG水溶液に植物を浸けると植物エキスが染み出します。

植物エキスを化粧品に配合する場合、BGの水溶液のまま植物エキス原料として化粧品に配合するのです。

BGは、ほかにも香料の保留剤として使われることもあります。

保留剤とは、香り成分を保護する作用で、化粧品の香りを逃さないようにするはたらきのある成分のことです。

さらに、BGにはビタミンCの酸化を防止する作用があります。そのためビタミンC誘導体配合の化粧品には、BGがよく使われます。

このように色んなはたらきがあるBGは、安定性も高いことから、保湿成分、皮膚コンディショニング成分、溶剤、粘度調整剤として、化粧水、美容液、乳液、保湿クリームから洗顔料やUVケア化粧品などさまざまなスキンケアアイテムに使われる優れた化粧品成分なのです。


3.知っておきたい!BGにまつわるトピックス

BGにまつわるトピックスをチェックする女性

1)BGとグリセリンの違いは?

BGと同じでさまざまな化粧品の基本成分として配合されるグリセリン。

BGとグリセリンはどう違うのでしょうか?

グリセリンもBGと同じく「多価アルコール」の1種で、保湿成分の1つです。

BGとグリセリンを比べると、安全性にはほぼ差がなくどちらも問題ありませんが、

  • 保湿力ではややグリセリンが勝る
  • グリセリンは温感作用があるが、BGにはない
  • BGの方がサッパリしていて粘性が低い
  • グリセリンには、抗菌作用がない

といった違いがあります。

グリセリンもBGも美容やエイジングケアで話題になることはほとんどありませんが、ともにさまざまな化粧品に使われているのです。

2)BGが入ってもアルコ―ルフリー?

BGは、「多価アルコール類」なので、BGが配合された化粧品は、「アルコール配合化粧品ではないの?」とお考えの方もいるのではないでしょうか?

大きなカテゴリーではアルコールの一種なのですが、BGが使われていてもエタノールが配合されていなければ、ノンアルコール化粧品でありアルコールフリー化粧品なのです。

つまり、化粧品で言う「アルコール」とは、エタノール(エチルアルコール)のことなのです。

エタノールが配合されていれば、全成分表示に「エタノール」と明記されます。

たとえば、アルコール(エタノール)は、メンズ化粧水収れん化粧水ふき取り化粧水によく配合されます。

これらの化粧水で、アルコールが全成分表示の最初の方にある場合は、濃度が高いので刺激が強い場合があります。注意しましょう。

ちなみに、防腐剤の1種であるフェノキシエタノールも、「エタノール」という名前からアルコールと勘違いされますが、BGと同じで化粧品に配合される場合は、「アルコール」として認識されません。


4.BGの安全性や刺激は?

BGの安全性や刺激について考える女性

BGは、長年、さまざまな化粧品に使われていますが、これまで問題が起こった報告はなく、

刺激性や毒性がほとんどない安全性の高い成分です。

また、アレルギーの報告もありませんし、BGを塗った後に紫外線を照射しても反応が認めらません。つまり、BGは、アレルギー感作や光感作もない成分です。

そのため、BGは肌質を気にせず使える成分です。

普通肌脂性肌はもちろん、乾燥肌混合肌インナードライ肌敏感肌でも安心して使えます。

また、アトピー性皮膚炎老人性乾皮症皮脂欠乏性湿疹などでも心配なく使えます。

ただし、BGだけで化粧品がつくられているわけでないので、化粧品全体の安全性を考える場合は、その他の成分もチェックする必要があります。

なお、眼に対する刺激性も軽微ですが、一部には研究報告がありますので注意が必要です。

基本的に化粧品は目に入れるものではありませんから、BG配合の化粧品かどうかにかかわらず、目に入らないように注意しましょう。


5.BG配合のオススメの化粧水

ナールス化粧品

1)ナールスピュアは、BG配合

BG配合のオススメの化粧水は、ナールスゲン配合のエイジングケア化粧水である「ナールスピュア

ナールスピュアは、水に次いでBGの配合濃度が高いエイジングケア化粧水です。

2)ナールスピュアの特徴は?

ナールスピュアは、@コスメの化粧水ランキングの口コミでも高評価を得ています。

乾燥肌対策毛穴の黒ずみくすみなどの肌悩みの対策に使えるとともに、肌老化によるエイジングサインであるほうれい線しわたるみ毛穴などが目立たないように予防するエイジングケア化粧水です。

ナールスゲンを推奨濃度で配合し、プロテオグリカン両親媒性ビタミンC誘導体であるAPPS(アプレシエ)水溶性ビタミンC誘導体であるアスコルビン酸NaビタミンE誘導体トコフェリルリン酸Naを配合しています。

成分の配合技術の工夫と水性保湿油(ウィルブライド S-753)を配合することで、界面活性剤フリー(無添加)を実現。さらに、無香料・無着色・アルコールフリーで安全性にも配慮しています。

30代や40代からのエイジングケアにオススメの化粧水です。

3)ナールスのその他のBG配合エイジングケア化粧品は?

実は、ナールスの製品では、酵素洗顔パウダーである「ナールスフォーム」以外のすべてのエイジングケア化粧品にBGを配合しています。

エイジングケア美容液「ナールスネオ」

ナールスゲン、ネオダーミル、プロテオグリカン、レチノイン酸トコフェリルなどを配合した目元や口元専用のエイジングケア美容液です。

BGの配合濃度は、水に次いで2番目です。

エイジングケア保湿クリーム「ナールスユニバ」

ナールスゲン、3種のヒト型セラミドシアバターVCIP(油溶性ビタミンC誘導体)、レチノイン酸トコフェリルなどを配合したエイジングケア保湿クリームです。

BGの配合濃度は、水、グリセリンに次いで3番目です。

エイジングケアフェイスマスク「ナールスパッション」

ナールスゲン、プラセンタエキスヒアルロン酸Naキュアパッションなどを配合したバイオセルロース製のエイジングケアフェイスマスクです。

BGの配合濃度は、水に次いで2番目です。

エイジングケアクレンジングジェル「ナールスエークレンズ」

アミノ酸系洗界面活性剤であるラウロイルグルタミン酸Na金コロイドアーチチーク葉エキスグルコシルセラミドを配合したクレンジングジェルです。

BGの配合濃度は、水に次いで2番目です。

エイジングケアハンドクリーム「ナールスロゼ」

バラの女王ダマスクローズを50%配合し、ナールスゲン、水溶性ビタミンC誘導体などを配合したエイジングケアハンドクリームです。

BGの配合濃度は、4番目です。


6.まとめ

BG(ブチレングリコール)を紹介する女性

BG(ブチレングリコール)の特徴、役割、メリット、安全性などについて幅広くご紹介しました。

また、BG配合のオススメのエイジングケア化粧品についてもご紹介しました。

BGは、保湿効果とともに抗菌効果もある成分で、化粧品の基本成分(基材)としてよく使われる成分です。

美容やエイジングケアで話題になることはありませんが、それは長い間のさまざまな化粧品に対する使用実績で有用性や安全性が確立しているからです。化粧品の成分には、話題にならなくてもBGのような優れた成分があるのです。

ぜひ、BGをあなたのエイジングケアに上手に活かしてくださいね。

 

<今だけ!無料サンプルプレゼント!!>

【皮膚科医監修】大人の女性にオススメのクレンジング!ぜひお試しください☆

ナールスエークレンズ無料サンプル申し込み

関連記事

ペンチレングリコール(1,2-ペンタンジオール)とはどんな化粧品成分?

続きを読む

グリチルリチン酸2K(ジカリウム)化粧品の効果と安全性は?

続きを読む

カルボマーは高分子ポリマー。実は安全?危険?その真実!

続きを読む

ヒューメクタントとは?スキンケアや保湿での役割

続きを読む

エモリエントとは?保湿やエイジングケアとの関係

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」