40代・50代女性に聞く、『第二の人生』に関する意識調査

第二の人生のイメージ

40代、50代になると子育てが一段落したり、キャリアのゴールが近づくため、「第二の人生」をどう過ごしていくかを考え始める女性が多いのではないでしょうか。

エステサロン「Bloom」が行った、エイジングケア世代女性を対象とした、『第二の人生』に関する意識調査からみんなの意識をみてみましょう。

40代・50代女性に聞く、『第二の人生』に関する意識調査の目次

1.女性が「第二の人生」を意識し始めるのは40歳過ぎ

第二の人生を意識し始める40代女性

 

仕事や育児が落ち着いてきたり、独身で仕事をバリバリと続けて活躍してきた女性にとって、エイジングケア世代となる40歳を過ぎた頃から、

 

「このままの人生でいいのかな・・・」

「仕事以外に、残りの人生何かできないかな・・・」

 

など、自分のこれまで過ごしてきた過去を振り返りつつ、未来、つまり『第二の人生』を意識し始める人も多いのではないでしょうか。

新しいチャレンジを始めようと思う方、やり残していることをやってみようと思う方、後悔が残っている方、このまま過ごしてきた通りの日々を過ごしていきたい方、さまざまだと思います。

 

今回、株式会社Staueticが運営するエステティックサロンである「Bloom」が行った、40代50代の女性を対象とした「第二の人生」に関するアンケート調査の結果をご紹介します。

第二の人生をどのように過ごして行こうかと、考えたり悩んだりしている方の参考になれば幸いです。

 

【調査概要】
調査テーマ:40代・50代女性の『第二の人生』に関する意識
調査日: 2019年11月29日(金)
調査方法: インターネット調査
調査人数: 1,015人
調査対象: 全国40代~50代の女性
モニター提供元:ゼネラルリサーチ

【参考】

エステサロン「Bloom」
https://bloom.ne.jp/


2.第二の人生のスタートを切るにあたり、「1番重視したいこと」 「やり残したこと」

第二の人生の前にやり残したことは旅行

 

1) 1番重視したいことは、「健康的な生活」

まず初めに、「第二の人生をどう過ごしたいですか?」という質問に対して、もっとも多かった回答は「健康的な生活を重視」(69.3%)でした。

ついで、「夫婦生活や婚活などパートナーシップを重視」(15.2%)、「引越しや移住など住まい選びを重視」(6.9%)、「起業や転職など仕事を重視」5.3%とつづきました。

第二の人生の過ごし方とやり残したこと

 

2)半数の人が、「旅行に行きたい!」

第二の人生をスタートする前に「やり残したことはありますか?(複数選択可)」と質問したところ、もっとも多くの声が聞こえたのは、「旅行」(50.6%)でした。次いで、「貯金」(38.7%)、「自分磨き」(31.5%)、「趣味」(28.8%)、「ダイエット」(17.4%)、「恋」(12.7%)と続きました。

 

「もっとこんなことをしたかった・・・」といった具体的なエピソードをいくつかご紹介します。

  • 「子育てが終わったら、友達と旅行に行きたい」(島根県/40代/パート・アルバイト)
  • 「豪華客船に乗って世界一周の旅に出たい!」(埼玉県/40代/会社員)
  • 「年々体重が増えているが、忙しくてダイエットが続いてない…」(埼玉県/40代/会社員)
  • 「子どもの教育費にお金が掛かりすぎて…貯金が少ないため」(東京都/50代/パート・アルバイト)

 

40代〜50代の多くの女性は、子育てや仕事に忙しく、自分自身ことは二の次にせざるを得なかったことがうかがえます。

ちょうど子供が独立したり、キャリアの転換を図ったり、夫婦生活の見直しや結婚相手を探すなど、第二の人生のスタートを切る前に、「今後、自分がどうしていきたいか?やりたいことはやれるか?」といったことは重要です。

まずその第一歩として、やり残したと思っていることに挑戦してみたいですよね。

 


3.40~50代女性の3割近くが「恋をしている」。お相手は!?

40~50代の3割は恋している

 

第二の人生でやり残したこととして、「恋」を挙げた方も少なくありませんでした。そこで、タレントや二次元キャラなども含めて「恋していますか?」という質問をしたところ、3割近くの女性が「はい」と回答。

 

40~50代女性の恋をしている割合

 

一体、どのような人に恋しているのでしょうか?

■40代〜50代女性が恋する身近な人

  • 「夫」(岩手県/40代/会社員)
  • 「郵便局の人」(栃木県/40代/専業主婦)
  • 「孫」(茨城県/50代/専業主婦)
  • 「職場に来るお客様」(埼玉県/50代/パート・アルバイト)

 

■40代〜50代女性が恋するタレント

  • 「木村拓哉(歌手/俳優)」(岡山県/40代/会社員)
  • 「福山雅治(歌手/俳優)」(東京都/50代/自営業・自由業)
  • 「羽生結弦(フィギュアスケート選手)」(神奈川県/50代/会社員)
  • 「竹野内豊(俳優)」(兵庫県/50代/パート・アルバイト)

 

■40代〜50代女性が恋する二次元キャラ

  • 「伊達政宗、明智光秀(イケメン戦国アプリ)」(三重県/40代/パート・アルバイト)
  • 「はたけカカシ(NARUTO)」(静岡県/40代/パート・アルバイト)
  • 「クラウド(ファイナル・ファンタジー7)」(茨城県/40代/無職)
  • 「工藤新一、降谷零(安室透)(名探偵コナン)」(北海道/50代/専業主婦)

 

など多くの名前が挙がりました。
身近な人だけではなく、タレントや二次元キャラに恋している方もいるようで、これは若い頃とあまり変わりないのではないでしょうか?

 


4.40歳を過ぎると痩せにくい・・・、その具体的なエピソードとは?

40歳過ぎると痩せにくい

 

「恋」以外にも、第二の人生でやり残したこととして「ダイエット」を挙げる人も少なくありませんでした。

ですが、40代以上の方なら共感いただけると思いますが、40歳を過ぎたあたりから、なかなか痩せづらいと感じてきますよね。

それを裏付けるかのように、「40歳を過ぎてから痩せにくくなりましたか?」との質問には、8割近くが「はい」と回答しています。

40代以降痩せにくい割合

 

痩せにくいと感じた具体的なエピソードとしては、以下のような声が寄せられています。

  • 「以前と同じように体重を減らそうとしても変わらない」(東京都/40代/会社員)
  • ウォーキングやダイエットをしても体重が…若い頃はすぐに成果が出てたのに…」(東京都/40代/専業主婦)
  • 「食べたら食べただけ体重が増えて、元に戻らない」(兵庫県/50代/専業主婦)
  • 「食事調整しても若い頃のように体重コントロールが難しい」(静岡県/50代/公務員)

 


5.「ダイエットが続かない」人は、7割近くも!

ダイエットが続かない40代以降

 

40歳を過ぎると、痩せにくくなったと感じている人が多いことがわかりましたが、実際、どのようなダイエットに取り組んでいるのかを聞いたところ、もっとも多かったのが「食事制限」(42.1%)。次いで、「ヨガ・ピラティス」(10.4%)、「ジム」(7.96%)、「ランニング」(6.2%)、「痩身エステ」(1.8%)と続きました。

半数近くが、食事制限でダイエットをしているようです。

しかし、ダイエットが続いているかとの質問には、7割近くが「いいえ」と回答しています。

 

ダイエットのためにやっていること

 

40代以降は、基礎代謝や吸収の低下や、筋肉量の低下により、年々からだが太りやすくなると言われています。

特に女性では、更年期になると女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が急激に低下します。
エストロゲンは脂肪を燃焼させるはたらきがありますので、減ることで脂肪、特に内臓脂肪がつきやすい、太りやすいからだになってしまうわけです。その他にも、女性ホルモンが低下すると骨が弱くなり、骨粗しょう症のリスクも高まります。

 

あまり食べていないのに・・・、昔と比べて食べる量を減らしているのにやせない・・・、と悩んでいる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、若い頃のようなダイエットではなく、例えば、更年期以降につきやすくなる内臓脂肪をターゲットにしたダイエットなど、続けやすくて、年齢にあったダイエット法を知ることが成功させるカギではないでしょうか。

 


6.編集後記

やり残したことの3位にランクインしている「自分磨き」は、外見・内面ともに美しく年齢を重ねていくためのエイジングケアとして、とても必要なことですよね。

 

40歳を過ぎたあたりから、外見でいえば、まわりが思う以上に肌老化を実感して、シミシワ毛穴の開きほうれい線たるみといった肌悩みが年々増えてきますし、外見の衰えが気になってくる人も多いのではないでしょうか。

また、内面については、それまでどのように過ごしてきたか、その人の暮らし方や考え方などが、ほんとうに表情に現れてくるものだと思います。

 

外見の磨き方は、日々、エイジングケア化粧品によるお手入れを地道につづけていったり、たまにエステに行ってプロの手を借りるのもいいと思いますし、深い肌悩みがあるならいっそ美容クリニックなどで美容医療も使うのもアリではと思っています。

内面の磨き方は、人それぞれで課題が違うと思うので、取り組み方もさまざまあると思います。

私自身は、「いやなことは速攻で忘れる」「ものごとは大らかにとらえる」「すべては自分のせい。人のせいではない」「好奇心、新しいことにアンテナを張り続ける」といったことだけは、心がけるようにしています。

 

もちろん、これらはすべて、「健康」であることが大前提ですよね。

年々、健康の大切さを痛感するようになってきました。

 

「健康を維持する」には、アンチエイジングを意識した日常生活や、野菜をたっぷりとるなど食生活を少し気を付ける、睡眠はしっかりととる、運動を少しでもいいから自分のできるペースでする、肩こりなど疲れやからだの緊張がとれるようお風呂にしっかり入るなどの温活をしてからだをしっかり温める。どこか痛いところがあったり気になることがあれば、すぐに病院に行きお医者さんに相談する。

それと、必ずやらなくちゃいけないのは、紫外線カットです。(紫外線による光老化が肌老化の原因の80%といわれていますから)

 

私が実践したいことを挙げてみました。

実際出来ているのは、食生活と睡眠、お医者さんに行く、マッサージするぐらいですが、少しずつ、自分が理想とする生活を取り入れていけるように頑張ろうと思います。

 

 

ナールスチャンネルをみて動画でエイジングケアを学ぼう!

(執筆:エイジングケアアカデミー編集部 やすだともよ

 

関連記事

スマホやPCの見過ぎによる目の疲れ! 解消する方法とは?

続きを読む

新型コロナウイルスで外出控え!室内エクササイズと室外の紫外線対策

続きを読む

新型コロナウイルス予防で手洗いした後はたっぷり保湿を!

続きを読む

美意識の高い30代~50代の女性が実践しているエイジングケアって?

続きを読む

ストレスオフの女性がこの2年で増加!そのリラックス方法TOP10

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」