紫外線によるエイジング「光老化」とフォトフェイシャル治療

お肌の老化と密接に関わっている紫外線。

紫外線によるお肌の老化は、光老化と呼ばれます。

光老化による真皮のダメージの主な原因である紫外線A波(UV-A)は、紫外線B波(UV-B)と比べると、季節にも天候にもあまり左右されず、年間を通じて降り注いでいます。

また、紫外線A波は、窓ガラスを透過する力もあります。

だから、毎日エイジングケア化粧品でお手入れしていても、紫外線対策を怠っていると、知らず知らずのうちにお肌の老化を進めてしまうことに。

 

今回は、エイジングケアの基本ともいえる紫外線対策と光老化についてのお話です。

 

  • 紫外線ってそもそも何かを知りたい
  • 紫外線対策の基本的な知識を身に着けたい
  • 光老化について、しっかり理解したい
  • 光老化の治療ってどんな方法があるの?
  • フォトフェイシャルについて知りたい

とお考えの方は、ぜひ、続きをお読みください。

 

<この記事でお伝えしたい大切なこと>

  • 紫外線A波、紫外線B波、紫外線C波があり、波長の長さの違いで性質が異なります。
  • 紫外線によるお肌の老化を光老化と呼びます。光老化は、お肌の老化の80%にも及びます。
  • 紫外線ケアはエイジングケアの基本。日焼け止め、衣類などの対策に加えて、エイジングケア化粧品によるアフターケアも大切です。
  • 光老化の治療には、レーザー、レーザー以外の光治療の他にもいくつかの手段があります。
  • 光老化の非侵襲的な治療の代表的なものがフォトフェイシャル治療です。

 

 

1.紫外線の基本をおさらい

 

紫外線はUVA、UVB

 

「紫外線対策は一年中しているけど、紫外線のことや対策が必要な理由についてはあまり知らない」という方も意外に多くいらっしゃいます。

そこで、最初に紫外線の基礎知識をご紹介します。

すでに紫外線対策をしっかりしている方も、紫外線対策はこれからという方も、おさらいのために目を通してくださいね。

 

1)紫外線は悪いだけのもの?

紫外線とは太陽光線の中に含まれる光の一種です。

数十年前までは、今ほど紫外線は問題にされることはなく、むしろビタミンDを作るために、たくさん浴びる方が良いとされていました。

 

ビタミンDは不足すると、肩こりや腰痛、抑うつ状態、歯や骨の弱体化に始まり、免疫力低下までさまざまな症状が出ます。

そんなビタミンDは、人間の体内で合成することができるビタミンで、生成するには太陽の光に当たることが有効な手段と考えられていたのです。

 

もちろん、今でもビタミンDを作るには紫外線が必要なことは変わっていませんが、それ以上に、大きな問題があることがわかってきたのです。

それは、紫外線を浴びることによる体やお肌の老化です。

 

最近では、日本や海外の医学会やWHO(世界保健機関)が、紫外線が皮膚、眼、免疫システムに及ぼす悪影響があることを認めています。

 

また、紫外線が体やお肌の健康に及ぼす影響の強さは、特に子供の時期に紫外線を浴びた量との関係があることもわかってきました。

そのため、子供の時期からの紫外線ケアが大切であることが唱えられています。

 

この記事では、そんな紫外線について詳しく取り上げますが、まず、紫外線とは何かを考えてみましょう。

 

2)紫外線とは?

地上に届く太陽光には、「目に見える可視光線」、「熱として感じる赤外線」、「目にも見えないし感じることもできない(不可視光線)紫外線」があります。

それぞれ波長が異なり、最も波長の短い10 ~400nmの光線を紫外線と呼びます。
光のスペクトルが紫よりも外側になるので、“ 紫 ” 外線と名付けられました。

ちなみに、可視光線の波長は、約400 nm~約800 nm、赤外線の波長は、約700nm~約1,000nmです。

 

3)紫外線の種類

紫外線は、その波長の長さによってA波(UV‐A)、B波(UV‐B)、C波(UV‐C)に分けられます。

UV-A:長波紫外線(320~400nm)

UV-B:中波紫外線(280~320nm)

UV-C:短波紫外線(280nm以下)

 

波長が短いほど透過度は少ないのですが、お肌への影響が大きくなり、

逆に波長が長いと透過度は大きいのですが、お肌への影響は少なくなります。

 

3つの紫外線の中では、波長がいちばん短いUV-Cが最もやっかいです。

UV-Cは、エネルギーが強く、短時間浴びるだけでも遺伝子を破壊してしまうので、シミ、しわ、たるみはもちろん皮膚がんの原因になると考えられています。

しかし、UV-Cはオゾン層でカットされるので、地上までは届かないと言われています。

ただ、最近は環境問題のひとつであるオゾン層の破壊によって、100%地上へ届かないとはいえない状況になっています。

その点では、紫外線の問題は個人的な紫外線のエイジングケア対策にとどまらず、地球規模の問題とも言えるのです。

 

 

 


2.2種類の紫外線、UV‐AとUV‐Bの違いは?

 

紫外線の種類

 

今、お伝えしましたように、紫外線はその波長の長さによって分類され、お肌に与えるダメージもUV-AとUV-Bで異なります。ここではそれぞれがお肌に与える影響について解説します。

 

1)紫外線A波(UVA)とは?

UV-Aは、紫外線A波、または生活紫外線とも呼ばれます。

皮膚が黒くなる日焼けを「サンタン」といいますが、これはUV-Aのしわざです。

 

また、地表に届く紫外線のうち大部分を占めるのがUV-Aです。UV-A自体のエネルギーは弱いので、お肌に急激な変化は与えないものの、照射量が多く、曇や窓ガラスも通り抜けるほど浸透力が高いので肌に与える影響は深刻です。

 

実は、このUV-Aが光老化の主な原因となっていることがわかってきたのです。

浴びたUV-Aの20~30%が肌の奥の真皮層にまで達すると考えられており、ハリや弾力を生むコラーゲンエラスチンヒアルロン酸などを作り出す線維芽細胞に損傷を与えます。

ダメージを受けた線維芽細胞は、コラーゲンやエラスチンの分泌量を低下させてしまうため、UV-Aを浴びた肌は弾力を失い、しわやたるみといった肌の老化現象を引き起こすと考えられています。

 

また、UV-Aは赤みや炎症がおきにくく、日常生活の中で知らず知らずのうちに長時間浴び続けてしまうことがあります。

これが、生活紫外線とも呼ばれる理由なのです。

無防備にうっかりUV-Aを浴びてしまうと、メラニン色素の合成を増やし、シミが目立つ原因をつくります。紫外線によって生じるシミ、しわたるみは「光老化」と呼び、肌老化の大きな原因と言われています。

 

UV-Aの特徴

・雲や窓ガラスを通して肌まで到達する

・波長が長く、表皮だけでなく肌の奥の真皮まで届く

・赤みや炎症がおきにくいので気付かないことがある

・日常生活を送る中で「うっかり日焼け(サンタン)」を起こしやすい

 

2)紫外線B波(UVB)とは?

一方、UV-Bはレジャー紫外線とも呼ばれ、日光浴でお肌が赤くなったりする日焼け(サンバーン)はUV-Bが原因です。

 

UV-Bは、全紫外線の約5%程度を占めます。

主に肌の表面で吸収されるため、肌の奥の真皮層まで達することはほとんどありませんが、UV-Aより強いエネルギーを持っています。

 

UV-Bは肌表皮に影響を与え、細胞を損傷してやけどのように赤くさせ、サンバーンという現象を引き起こします。これは紫外線から皮膚を守ろうとする防御反応なので、身体にとって必要な機能です。

 

しかし、メラニン色素が沈着してしまうと、肌が褐色になったり(サンタン)、シミやソバカスの原因にもなります。

また、コラーゲンを壊すコラゲナーゼという酵素のはたらきを高め、しわの原因にもなります。

 

さらに、UV-Bはエネルギーが強いため、表皮細胞の遺伝子を傷付けてしまうため、これが原因となって、皮膚がんの原因となる可能性があります。

 

UV-Bの特徴

・波長が短く、表皮に届く

・屋外での日焼けの主な原因

・肌に強く作用し、多量に浴びると赤く炎症を起こす

・海やリゾート地などでの「レジャー日焼け(サンバーン)」の原因となる

 

 


3.紫外線がお肌の老化を招く光老化の影響

老化を防ぐための紫外線対策

 

紫外線とは何か、紫外線の種類などを見てきましたが、光老化は実際、お肌の老化にどの程度の影響、また、どんな影響を与えるのでしょうか?

 

1)光老化が、お肌の老化の80%

このようにUV‐AとUV‐Bは、その性質は違うものの、皮膚が老化する大きな原因であることは違いありません。

 

最近では、加齢よりも光老化のほうが、皮膚の老化の大きな要因だとも言われ、米国皮膚科学会(American Academy of Dermatology=AAD)では、老化の約80%が、加齢以外の紫外線による光老化等外部環境が影響していると発表しています。

 

そんな紫外線は季節や時間帯で強弱はあるものの、1年中降り注いでいます。

1年のうちでは春から初秋にかけての季節がいちばん強く降り注ぎ(4~9月に1年間のおよそ70~80%)、1日のうちでは正午をはさむ数時間が強いと言われています(夏の10:00~14:00に1日のおよそ60%)。

だから、紫外線が強いと感じる季節、時間帯だけの紫外線対策では、光老化を十分に予防することはできないのです。

 

紫外線対策はエイジングケアの基本として、1年中日焼け止め化粧品などで対策を心掛けましょう。

 

2)光老化と加齢によるお肌の違い

それでは、加齢によるお肌の老化と光老化の違いは何でしょうか?

もっとも大きなポイントは、お肌の見た目です。

 

年齢を経て老化するだけのお肌は、

  • 皮膚が薄くなる
  • 皮膚の色も薄くなる

ことが特徴です。

 

一方、光老化の場合は、その逆に

  • 皮膚の角質は厚くなる
  • 皮膚の色が濃くなる

ことが特徴です。

 

これは、加齢による自然な老化と違って、お肌が紫外線に反応して、「防御」しようとした結果なのです。

そして、メラニンが蓄積してシミとなったり、真皮層もダメージを受けてしまい、コラーゲンやエラスチンが減ってしわなども目立つことになるのです。

 

さらに、真皮のダメージがひどい場合は、エラスチンが破壊され、まるでお肌が団子のような状態になるsolar elastosis(日光性弾性線維症)になってしまうのです。

 

他にも光老化による皮膚の病気としては、老人性色素班(シミ)からそれが隆起してイボになる脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)、後頚部に深いひし形の溝のようなシワができる「後部菱形皮膚(こうぶひしがたひふ)」、高齢の方で顔に面皰がたくさんできる「Farvre-Racouchot症候群(ファーブルラクーショしょうこうぐん)となどもあります。

 

このように自然な加齢によるお肌の老化と光老化では、お肌の状態が大きく異なるのです。

高齢のゴルファーや漁師、農夫などのお肌の角質が、厚くなったり、黒っぽい方がいらっしゃいますが、それらは単なる日焼けではなく、光老化の影響なのです。

 

3)お肌の老化を防ぐための紫外線対策の基本

環境省が発行している「紫外線環境保健マニュアル」では、以下のような紫外線対策を示し、紫外線への理解と対策を呼びかけています。

 

・紫外線の強い時間帯を避ける

・日陰を利用する

・日傘や帽子を利用する

・袖や襟のある衣服で身体を覆う

・サングラスをかける

・日焼け止めクリームを使う

 

これらは、紫外線対策を行い、光老化を予防する基本的なことなので、ぜひ、実践しましょう。

 

1年中必要な紫外線対策

 

紫外線対策について詳しく知りたい方はコチラ

紫外線が目に入ると、肌が日焼けする不思議な現象はなぜ?

ファッションで差がつく?!紫外線ケア

外出とエイジングケア 日焼けのアフターケアはビタミンACEで

紫外線ダメージ、効果的に防ぐには?

 

紫外線のアフターケアを詳しく学びたい場合は「希望が見えるスキンケア物語」をご覧ください。

 

 


4.紫外線のアフターケアは、食べ物とエイジングケア化粧品で

 

身体の中からエイジングケア

 

日焼け止めや衣類などによる紫外線対策と同じぐらい大切なのは、紫外線のアフターケアです。なぜなら、いくら予防につとめても完全に紫外線カットをするのは難しいからです。

そのため、お肌では過剰な活性酸素が発生して疲れてしまっていることもあります。

 

紫外線を浴びた後は、アフターケアに抗酸化成分や十分な栄養、睡眠を取り入れましょう。

特に意識して摂りたい食べ物は、ビタミンA、C、Eやポリフェノールなどの抗酸化物質を含むものです。また、目の紫外線対策には、ルティンも大切です。目の紫外線対策の詳しい情報は、「紫外線が目に入ると、肌が日焼けする不思議な現象はなぜ?」をご覧ください。

 

しかし、食べ物による紫外線のアフターケアでは、すぐに栄養分がお肌に届きません。

 

お肌への速やかな吸収を考えると、紫外線を浴びた後に、ビタミンACEの誘導体やナールスゲンなどの抗酸化作用のある成分を配合したエイジングケア化粧品でアフターケアを行うことをおすすめします。

 

そんなエイジングケア製品を選ぶ際は、科学的なエビデンスのある成分であること、信頼できるメーカーの製品であることが大切です。

 

ナールスゲンは、科学的な実験で紫外線による線維芽細胞に対するダメージを軽減し、光老化の抑制が示されたユニークなエイジングケア化粧品成分です。

紫外線アフターケアを考えるなら、良い選択肢の1つではないでしょうか?

 

それが、お肌の大切な成分であるセラミドプロテオグリカン、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などを維持し、エイジングケアにも役立つことをお忘れなく。

紫外線はお肌の乾燥ももたらすので、紫外線対策はお肌の乾燥対策にも通じます。

 

なお、紫外線対策以外の乾燥肌対策については、「乾燥肌の改善対策 | 正しいスキンケアとエイジングケア」も合わせてお読みくださいね。

 

 


5.光老化の治療の代表格は、フォトフェイシャル

 

光老化の1種であるシミの場合なら、医薬部外品による美白化粧品が使われますが、皮膚腫瘍の場合は外科的な手術による切除があります。

その他では、レーザー、レーザー以外の光治療、ビタミンA誘導体(トレチノイン、レチノール)などの医薬品外用薬による治療、ビタミン類の内服などがあります。

 

その中で、光老化のゴールドスタンダードが、フォトフェイシャルです。

フォトフェイシャルは、ちょうど2000年に日本に導入されたIPL(Intense Pulsed Light=インテンス・パルス・ライト)という機器によって、光を照射して行う光老化の治療法です。

 

IPLは、レーザー以外の光治療の1つとして分類されます。

光老化によるお肌のトラブルにIPLの光が当たり、そのネルギーが熱に変化してお肌の状態を改善する仕組みです。

侵襲が少なくダウンタイムが短く、安全かつ扱いが簡便であることから、現在では代表的な光老化の治療法になりました。

 

フォトフェイシャルは、光老化によるしみ、そばかす、くすみに対しての効果高く、また毛細血管の拡張や赤にきび跡にも有効です。

他にも、線維芽細胞の活性化によってコラーゲンやエラスチンの産生を増やすことで、お肌のハリを取り戻す効果も期待できます。

 

最近では、光老化だけではなく、ブライダルエステとしてフォトフェイシャルを受ける女性もいるようです。

 

フォトフェイシャルが、光老化をはじめとするさまざまな肌悩みに効果があるのは、肌悩みの種類に応じて、さまざまな波長の光を照射することが可能だからです。

一方、波長の設定の幅が広いことから、照射の技能によっては、効果の低い波長の設定で照射を繰り返すリスクがあることです。

 

光老化にフォトフェイシャルを試す場合は、美容皮膚科医などとしっかり相談した上で、信頼できる施設で行うことが大切なポイントです。

 

なお、最近、フォトフェイシャルは、治療が難しい酒さ(しゅさ)にも有効とする研究報告などもあり、その可能性が広がりつつあります。

 

 


6.まとめ

 

お肌の老化を招く紫外線の性質について、わかっていただけましたか?

また、光老化、UV-AとUV-Bの違いについてもご理解いただけたでしょうか?

 

紫外線をケアすることは、エイジングケアの基本。
季節や天候にかかわらず、UVケア化粧品や紫外線対策グッズなどを利用し、ぜひ毎日の習慣にしてくださいね。

エイジングケアで一番重要なのは、しっかりとした紫外線対策といっても過言ではありません。

せっかくエイジングケア化粧品で毎日ケアをしていても、ちょっとした油断が肌の老化を招くことになると心得て、十分な対策を行い、エイジングケアを心掛けましょう。

そのためには、ビタミンACEを豊富に含んだ食べ物とナールスゲンやビタミンACE誘導体などを配合したエイジングケア化粧品成分でアフターケア。

紫外線対策は、日焼け止めと衣類などで予防、そして、食べ物とエイジングケア化粧品によるアフターケアをワンセットで考えましょう。

 

また、フォトフェイシャルを中心に光老化の治療についても紹介しました。

深いしわやしみは、エイジングケア化粧品などだけでは改善しないので、気になる場合は、美容皮膚科などへ相談しましょう。

 

 

関連記事

外出とエイジングケア 日焼けのアフターケアはビタミンACEで!

続きを読む

紫外線ダメージで肌老化!効果的に防ぐ対策でエイジングケア

続きを読む

冬でも紫外線対策は大切!その理由は、光老化を促進するから!

続きを読む

紫外線対策はファッションで差がつく!透過率は色・素材で違う

続きを読む

紫外線が目に入ると、肌が日焼けする不思議な現象はなぜ?

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」