スクワランの美肌効果と安全性はエイジングケアに役立つ!

スクワラン配合化粧品

スクワランは、有名な美容オイルの1つ。

そんなスクワランには、どんなエイジングケア効果が期待できるのでしょうか?

今回は、スクワランとは何か、その効果や使い方などをご紹介します。

また、オススメのスクワラン配合エイジングケア保湿クリームをご紹介します。

スクワランの美肌効果と安全性はエイジングケアに役立つ!の目次ちゃん

1.スクワランをエイジングケアに使いたいあなたへ

スクワランは、美容に興味があって美肌を目指す方の中で今や知らない人がいないくらい有名な美容オイルです。

スクワランは、ホホバオイル、ココナッツオイル、アルガンオイルなどの美容オイルの中では、べたつきが少なく、サラッと軽い付け心地なのでオイルが苦手な女性でも使いやすいというメリットがあります。

そのため、スクワランは、美容液保湿クリームほかエイジングケア化粧品にもよく使われます。

また、お肌を保湿する力や浸透力も高く、エイジングケアのためにもオススメの化粧品成分の1つです。

この記事では、スクワランとは何か?また、その効果や使い方などをご紹介します。

また、スクワラン配合のオススメのエイジングケア美容液エイジングケア保湿クリームをご紹介します。

「スクワランってどんな成分?」

「スクワランを使うメリットは?」

「スクワランの安全性は?」

「スクワランの効果的な使い方は?」

「スクワランでケアできる肌悩みは?」

などが気になる方は、ぜひ、続きをチェックしてくださいね。

<スクワラン配合のエイジングケア化粧品なら!>

スクワラン&ナールスゲン配合のオススメのエイジングケア美容液「ナールス ネオ」

スクワラン&ナールスゲン配合のオススメのエイジングケア美容液「ナールス ネオ」

スクワラン&ナールスゲン配合のオススメの保湿クリーム「ナールス ユニバ」

スクワラン&ナールスゲン配合のオススメの保湿クリーム「ナールス ユニバ」

<この記事の大切なポイント>
  • スクワランは、スクワレンというお肌の皮脂に含まれる成分に水素を添加して酸化しにくくした保湿成分です。
  • スクワランは、深海鮫の肝油由来のものとオリーブオイルなど植物由来のものがあります。
  • スクワランは、親油基と親水基を併せ持つ肌に馴染みやすく浸透性が高いエモリエント成分で、エイジングケアにも効果的です。
  • スクワランはスクワランオイルとして、単一成分の美容オイルとしても、美容液や保湿クリームの配合成分としても使用されます。
  • スクワランは安全性がとても高い成分なので、どんな肌質でも使えますし、赤ちゃんや妊婦さんのボディマッサージにも使えます。また、顔、手、かかと、ひじ、ひざ、デコルテなどさまざまなパーツに使うことができます。

2.スクワランの特徴と種類

スクワランを使う女性

1)スクワランとスクワレン

スクワランとは、ヒトなど哺乳類やサメ、オリーブオイルやベニバナオイルなど植物が持っている「スクワレン」という成分を水素添加させた無色の液体です。

スクワレンは、ヒトでは皮脂腺でつくられる皮脂に5%程度含まれています。

皮脂表皮に分泌され、汗と混じって皮脂膜になります。

皮脂膜は、ほこりや細菌、花粉などの外部刺激からお肌を守る保湿の3大因子の1つとしてバリア機能を担っています。

そんなスクワレンは、酸化しやすいため化粧品成分としては使いにくいのです。

そこで、スクワレンに水素を添加して酸化しにくくしてできたのがスクワランです。

皮脂に含まれるスクワレンはエイジングで減少します。

肌の中にあるスクワレンの量は15歳から18歳でピークに達し、25歳前後から急激に減少すると言われています。

そのため、だんだん少なくなってくるお肌にスクワランを補う必要性が高まるのです。

2)化粧品成分であるスクワランの基本的な特徴

スクワランの基本的な特徴を説明する女性

化粧品成分としてのスクワランは、無色透明のエモリエント効果の高い成分です。

また、スクワランは親油基と親水基を併せ持っていて、肌に馴染みやすく、浸透性が高いというメリットがあります。

また、スクワランはオイルにしてはサラッとした成分で、毛穴に詰まりにくいこともメリットです。

さらに、凝固しにくく酸化もしにくいため、化粧品の原料としてはもちろん、潤滑油や離型剤として工業用にも使用されています。

スクワランは、化粧品の全成分表示では、「スクワラン」と表記されます。

一方、医薬部外品では、「スクワラン」と「植物性スクワラン」とに分けて表記されます。

3)スクワランの種類

かつてのスクワランは深海鮫の肝油

かつては、スクワランは深海鮫の肝油から抽出したものだけでした。

深海鮫は浮き袋を持たない魚なので、肝臓に肝油を溜めることで、浮き袋の代わりにしています。

そんな深海鮫の肝油は、スクワランの原料として適しているのです。

深海鮫の肝油由来スクワランは、純度が99%以上と言われています。

また、その後、スクワランは、大豆油、ベニバナオイル、トウモロコシオイル、オリーブオイルなどの植物オイルからも抽出することが可能になりました。

植物由来のスクワランは、植物性スクワランとも呼ばれます。

植物性スクワランの純度は92%で、肝油由来には劣るものの刺激物である「ブリスタン」が含まれていないため、肌の弱い人にも利用しやすいと言われています。

また、植物性スクワランは、深海鮫由来のスクワランよりオイルっぽさが少なく、テクスチャーが軽いことが特徴です。

そのため、植物性スクワランを使用する化粧品も増えています。


3.スクワランの効果・はたらきと配合される化粧品

スクワラン配合化粧品のイメージ

1)スクワランのはたらきは?

スクワランは、皮脂膜に近いはたらきによって水分の蒸発を防ぎます。

つまり、保湿作用を発揮して、バリア機能が低下しないようにサポートするのです。

その結果、乾燥肌の原因を減らして肌悩みの予防や肌老化の予防をサポートしているのです。

また、その高い浸透力と肌への馴染みやすさによって、お肌を柔軟にするはたらきもあります。

2)スクワランが配合される化粧品は?

スクワランは、スクワラン単独による美容オイルとしての製品もありますが、さまざまなスキンケアアイテムに配合されます。

スクワランは、オイルなので保湿化粧水洗顔料などに配合されることは多くありませんが、それ以外のさまざまなスキンケアアイテムに使用されます。

例えば、クレンジングオイルなどのクレンジング料保湿美容液乳液保湿クリームフェイスマスクオールインワンゲル、ボディクリーム、ハンドクリーム頭皮ケア爪ケア用のアイテム、唇ケア用のアイテム、日焼け止め、化粧下地やファンデーションなどのメイク用のアイテムに使われます。

エイジングケア美容液エイジングケア保湿クリームなどにも配合されています。


4.スクワランの安全性

スクワランの安全性のイメージ

スクワランは、45年以上にわたって幅広く使われている使用実績があります。そんな歴史の中でも毒性や刺激性やアレルギー(皮膚感作性)の報告がありません。

また、ヒトの試験でも皮膚刺激性やアレルギー(皮膚感作性)が認められていません。

さらに、動物試験では、眼刺激性が認められていません。

このように、スクワランは安全性の高い成分と言えます。

したがって、乾燥肌敏感肌インナードライ肌をはじめ、どんな肌質の方でも使うことが可能です。

そんなスクワランは、赤ちゃんのスキンケア、妊婦さんの妊娠中のおなかのケア、高齢の方のスキンケア、乾皮症と皮脂欠乏性湿疹(皮脂欠乏性皮膚炎)の予防、老人性乾皮症の予防など、あらゆる年齢の乾燥肌の予防や改善に使うことが可能です。

また、アトピー性皮膚炎でも使える成分です。

しかし、どんな成分でも誰にでも100%安全とは言えません。

肌トラブルの可能性を100%否定することはできませんので、肌トラブルがある場合の使用については、医師など専門家に相談しましょう。


5.スクワランでケアしたい肌悩みやパーツ

スクワランで乾燥のケアをする女性

1)乾燥肌の予防や改善に

スクワランに期待できる効果は、乾燥肌の予防や改善乾燥によるかゆみの予防、肌荒れの予防です。

また、スクワランで保湿することで、バリア機能の正常化を助けてターンオーバーの正常化も期待できます。

その結果、乾燥肌が原因となって目立つくすみ小じわ毛穴大人ニキビシミなどのケアにも効果的です。

2)スクワランのエイジングケア効果

スクワランの美容効果は、エイジングケアにもピッタリです。

スクワランには、新陳代謝を活発にすることで古い角質が肌から剥がれるのをサポートします。浸透力が高いことも肌の老化を防ぐ上でのメリットです。

しかしながら、真皮の衰えによる顔のたるみが原因で目立つシワを消すことやほうれい線を消すことは期待できません。

また、たるみ毛穴乾燥肌の改善である程度までは目立たなくすることはできますが、たるみそのものを改善することまではできません。

スクワランはエイジングケアにとてもよい成分ですが、あくまで化粧品の成分なので深いエイジングサインを改善することまではできないのです。

3)手足やかかと・ひじ・ひざのケア

スクワランは、手肌の乾燥対策かかとの保湿ひじやひざの保湿などにも使えます。

特に、手肌やボディが乾燥しやすい季節である冬の乾燥肌対策にピッタリです。

4)首やデコルテのケアにも

首やデコルテも乾燥しやすいパーツの1つです。

乾燥は首のシワをもたらす原因にもなるので、首のケア、デコルテのケアデコルテのニキビ対策にもスクワランはオススメです。

5)毛髪のケアに

スクワランは、毛髪や毛先に使うことで、切れ毛、枝毛、パサつきの防止をサポートします。

また、毛髪に油分を与えることで、コシやツヤを与えます。

さらに、頭皮の保湿のためにもよい成分です。

6)爪のケア

スクワランは、爪のケアにも使いやすいオイルです。乾燥による爪の縦線(爪のシワ)の予防にも役立ちます。


6.オススメのスクワラン配合美容液は?

スクワラン配合オススメのエイジングケア美容液ナールスネオ

スクワラン配合のオススメのエイジングケア美容液ナールスネオです。

美女が選ぶベスト美容液などでも高い評価を得ている目元・口元専用美容液です。

私たちの美容液ランキング1位です。

1)ナールス ネオの開発コンセプト

目元のハリや口元のハリツヤをキープして、「目元・口元のエイジングサインへのファイナルアンサー」を目指して開発しました。

だから、目元のしわ口元のしわの予防にぴったりです。

2)ナールス ネオのスクワラン以外の配合成分のポイント

ナールス ネオは、スクワランを配合することでテクスチャーのアップやエモリエント効果のアップを目指しました。

ナールス ネオには、スクワラン配合以外に次のような特徴があります。

①ナールスゲンを推奨濃度で配合

ナールスゲンは、コラーゲンエラスチンヒートショックプロテイン(HSP)47を増やします。また、肌の酸化を防ぐ成分であるグルタチオンを増やします。

②ネオダーミルを推奨最高濃度で配合

ネオダーミルは、バイオテクノロジーによって生まれた細胞のエネルギー源で、Ⅰ型コラーゲン、Ⅲ型コラーゲン、エラスチンを強力にサポート。2週間でしわの体積を13%減少、シワの深さを15%減少させる臨床データを有する成分です。

③2種のビタミンC誘導体配合

水溶性ビタミンC誘導体の中でも効果が高く刺激が少ないVCエチル(エチルアスコルビン酸)と、浸透性の高い両親媒性ビタミンC誘導体APPS(アプレシエ)を配合。

コラーゲン産生をサポートするとともに、皮脂をコントロールすることで毛穴ケアも期待できます。

④プロテオグリカン配合

プロテオグリカンは、糖とタンパクが複合した「糖たんぱく質」で、お肌の細胞の増殖や、ヒアルロン酸、コラーゲンの産生をサポート。また、ヒアルロン酸に匹敵する高い保湿力を持った成分です。

潤いのあるふっくらしたお肌をキープする「守るエイジングケア」と「攻めるエイジングケア」をサポートします。

⑤ビタミンA誘導体配合

レチノールを改良したビタミンA誘導体レチノイン酸トコフェリル配合。

ターンオーバーを促進して、お肌のハリを取り戻します。

⑥6種のセラミド配合

セラミドの中でも人の肌に最も多いヒト型セラミドを6種配合(NG、NP、NS、EOS、EOP、AP)。

お肌のバリア機能を守ります。

⑦金コロイド配合

酸化を半永久的に防ぐ成分である金コロイドを配合。

エイジングケアをサポートします。

⑧お肌に不要な成分を無添加

無香料・無着色、旧指定成分は配合していません。

パラベンフェノキシエタノールほか、アルコール性防腐剤の無添加化粧品です。

また、アルコールフリー化粧品です。

*フェノキシエタノール、パラベンが、キャリーオーバーとして微量含まれます。


7.オススメのスクワラン配合の保湿クリーム

オススメのスクワラン配合の保湿クリームナールスユニバ

スクワラン配合のオススメするエイジングケア保湿クリームは、「ナールスユニバ」

私たちの保湿クリームランキングでは、第1位です。

1)ナールス ユニバの開発のコンセプト

ナールス ユニバとは、QOS(Quality Of Skin=お肌の質)の向上、つまり、「細かく整ったキメ」、 「お肌の内側からのハリと弾力」 、「健やかな肌の透明感」 、「表皮のバリア機能」、 「十分な潤い」 を実現すべく、攻めと守りのエイジングケアをサポートする成分をバランスよく配合した高機能な保湿クリームです。成分は濃厚、でも使い心地は軽く、すごく伸びがよいクリームです。

2)ナールス ユニバのスクワラン以外の配合成分のポイント

ナールス ユニバは、スクワランを配合することでテクスチャーのアップやエモリエント効果のアップを目指しました。

ナールス ユニバには、スクワラン配合以外に次のような特徴があります。

①ナールスゲン推奨濃度配合

ナールスネオと同様にナールスゲンを推奨濃度で配合しています。

②3種のヒト型セラミドを配合

セラミドの中でも浸透性に優れた3種のヒト型セラミド(2、AP、NP)で、お肌のバリア機能と高い保湿をサポート。

③持続型ビタミンVC-IP配合

油溶性の持続型ビタミンC誘導体VC-IPが、抗酸化作用とともに、ナールスゲンとの相乗効果を存分に発揮します。

④保湿の王様シアバター配合

保湿の王様と呼ばれるシアバターを配合することで、スクワランと併せてより滑らかなお肌に導きます。

⑤抗炎症成分アラントイン配合

炎症を鎮めるはたらきや組織賦活作用があるアラントインを配合することで、肌荒れを予防します。

また、ナールス ネオと同じくパラベンフリーフェノキシエタノールフリー、アルコールフリーで低刺激です。


8.スクワランの使い方

スクワラン配合化粧品のイメージ

1)スクワラン配合化粧品の使い方

スクワラン単独でなくスクワラン配合化粧品の場合は、通常の化粧品の使い方の順番で使いましょう。

クレンジング料 → 洗顔料 → 化粧水 → 美容液 → 乳液 → 保湿クリーム

の順です。

2)スクワランオイルの使い方

スクワランオイルは、基本的には他の成分が配合されず油分100%です。化粧水や美容液などを使う場合は、スクワランオイルは最後に使います。

一方、他のスキンケアアイテムを使わない場合は、使用する前に手と顔を清潔にしておけば、浸透力を高めることができます。

クレンジングや洗顔の後、すぐにスクワランオイルを使いましょう。

また、スクワランオイルで軽くフェイスマッサージをすることで、血行が促進されて顔冷えを予防したり、肌のターンオーバーの改善にも有効です。

また、普段、美容オイルを使わない方でも、冬の乾燥肌対策としてスクワランオイルを使うこともよい方法です。

3)スクワランオイルの使用期限

スクワランオイルの使用期限のイメージ

スクワランオイルやスクワラン配合化粧品は、使用期限の記載がない場合、開封しなければ3年です。

とはいっても、購入後はできるだけ早く使うことがオススメです。

また、開封後の使用期限は決まっていませんが、その化粧品の使用期間に2~3か月を加えた期間が目安とされています。

容量にもよりますが、6か月から最長で1年程度です。

スクワランは安定性が高く酸化しにくい成分ですが、それでも1年以内には使い切ることをオススメします。

4)スクワランオイルの保存について

スクワランオイルやスクワラン配合化粧品の保存の基本は、次の通りです。

  • 極端に高温または低温の場所には保管しない
  • 直射日光のあたる場所には保管しない
  • 中身の出し戻しは、変質の原因となるので行わない
  • 使用後は必ずしっかりと蓋を閉める
  • 乳幼児の手の届かないところに保管する


9.まとめ

スクワランの美肌効果と安全性はエイジングケアに役立つ!のまとめ

スクワランの特徴や効果、安全性、さらにはスクワランでケアできる肌悩みをご紹介しました。

また、スクワラン配合のエイジングケア美容液やエイジングケア保湿クリームをご紹介しました。

スクワランは、エモリエント効果によって乾燥肌の予防や改善に役立つ成分です。

また、長年の使用実績のある安全性の高いオイルです。

そんなスクワランはエイジングケア化粧品には必須の美容成分です。

ぜひ、エイジングケアにスクワランを上手に取り入れてくださいね。

関連記事

金(ゴールド)コロイドの美肌やエイジングケアへの効果は?

続きを読む

石鹸素地って?特徴や役割と種類~エイジングケアの視点~

続きを読む

DPG(ジプロピレングリコール)はPGを改良した化粧品成分

続きを読む

乳酸Na(ナトリウム)はNMFにも含まれる保湿力の高い化粧品成分

続きを読む

ジフェニルジメチコンが危険って本当?その効果と安全性!

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」