ナイアシンアミド配合の化粧水

ナイアシンアミドは、ビタミンB群の一種で、ビタミンB3やニコチン酸アミドとも呼ばれます。

肌荒れ、シワ改善、美白の3つの有効成分として、医薬部外品の承認を得ている稀有な化粧品成分です。

この記事では、ナイアシンアミドの特徴や効果、安全性などをご紹介します。

また、どんな化粧品に配合されるかを取り上げます。

さらに、おすすめのナイアシンアミド配合コスメをご紹介します。

この記事を読むことで得られることは?
  • ナイアシンアミドの成分特徴が理解でき、美肌になる方法がわかります。
  • ナイアシンアミドのシワ改善や美白効果について理解できます。
  • ナイアシンアミド配合のおすすめの化粧品について知ることができます。

京都大学農学部卒医薬品業界歴30年以上の専門家の執筆記事

ナールスエイジングケアアカデミーには月間数十万ページのアクセスがあります。

記事の目次を紹介する女性のイラスト

スポンサードサーチ

1.ナイアシンアミドをシワの改善に使いたいあなたへ

ナイアシンアミドをシワの改善に使いたい女性

「ナイアシンアミドの効果は?話題のシワ改善化粧品のおすすめ紹介!」をお届けします。

ナイアシンアミドは、ビタミンB群の一種で、別名として「ニコチン酸アミド」または「ビタミンB3」とも呼ばれます。

化粧品成分として、古くから使われていました。

そんなナイアシンアミドは、マルチな効果・はたらきがあることやシワ改善へのニーズからポーラのニールワン、資生堂の純粋レチノールに続き、コーセーが2017年にシワに対する有効成分「リンクルナイアシン」として医薬部外品の承認を得たことで一躍有名になりました。

このほかにも、カネボウの「リンクル リフト セラム」に配合されています。

そのため、この美容成分を配合した医薬部外品や化粧品が@コスメなどで人気ランキングの上位となることも。

ナイアシンアミドは、それまでに肌荒れ対策美白ケアの医薬部外品の有効成分としての認可を得ていました。

2019年エイジングケアに関するアンケート調査結果」からもわかるとおり、エイジングケア世代の肌悩みしみ毛穴乾燥肌顔のたるみほうれい線くすみしわが上位を占めます。

ナイアシンアミドは、そんな肌悩みや肌老化のケアにとって効果的で有用な化粧品成分です。

そのため、美白化粧水シワ化粧水ほか、多くのエイジングケア化粧品や医薬部外品(薬用化粧品)に配合されています。

つまり、美肌のためのスキンケアやエイジングケアにとって大切な成分なのです。

そこで、この記事では、ナイアシンアミドの特徴や効果、安全性などを幅広くご紹介します。また、どんな化粧品に配合されるかを取り上げます。さらに、おすすめのナイアシンアミド配合コスメをご紹介します。

「ナイアシンアミドってどんなエイジングケア化粧品成分?特徴を教えて!」

「ナイアシンアミドでどんな肌悩みの改善ができるの?効果が知りたい!」

「ナイアシンアミドはどんな化粧品に配合されるの?」

「ナイアシンアミドって安全な成分なの?どんな肌質でも大丈夫?」

「ナイアシンアミドでシワを消すことはできるの?」

などが気になる方は、続きをチェックして鮮度の高い美容知識を身につけてくださいね。

<ナイアシンアミド配合のエイジングケア化粧水なら>

ナイアシンアミド配合化粧品ナールスピュア

ナイアシンアミド&ナールスゲン配合「ナールスピュア」

<この記事の大切なポイント>
  • ナイアシンアミドはビタミンB群の一種で、ニコチン酸アミドとも呼ばれる効果が高い成分です。医薬部外品の承認を受けていてエイジングケア化粧品にもよく配合される人気の成分です。
  • ナイアシンアミドにはセラミドを増やす効果・はたらきがあります。そのためバリア機能を改善し、乾燥肌や敏感肌、インナードライ肌の改善が期待できます。このはたらきで、肌荒れ対策の医薬部外品の有効成分として承認を得ています。
  • ナイアシンアミドは、メラニンを抑える効果・はたらきがあります。そのためシミやソバカスを予防するはたらきがあります。このはたらきで、美白ケアの医薬部外品の有効成分として承認を得ています。
  • ナイアシンアミドには、コラーゲンを増やす効果・はたらきがあります。そのため、ほうれい線やシワを予防して肌のハリをキープすることが期待できます。このはたらきで、シワ改善の医薬部外品の有効成分として承認を得ています。
  • ナイアシンアミドは、長年の使用実績がある刺激性のほとんどない化粧品成分です。そのためレチノールなどと違って肌質を選ばず使用できます。

2.ナイアシンアミドとは?

ナイアシンアミドとは何か知りたい女性

1)化粧品成分としてのナイアシンの基本

ナイアシンアミドは、栄養素の1つであるビタミンB3としてよく知られているナイアシンが脱水結合した成分で、ニコチン酸アミドとも呼ばれます。

脱水結合した構造のことをアミドと呼ぶことからこの名前がついています。

ナイアシンは、体内で必須アミノ酸のトリプトファン60個から1つできる成分です。

ナイアシンという名前は、ニコチン酸がタバコに含まれる有害物質「ニコチン」と誤解されるのを避けるためです。

もちろん、ニコチン酸には害はありません。

ナイアシンアミドは、水溶性の成分で化粧品の全成分表示では、「ナイアシンアミド」、医薬部外品では、「ニコチン酸アミド」または「ナイアシンアミド」と記載されます。

慣用的に、ニコチンアミドやシワ改善効果からリンクルナイアシンとも呼ばれます。

2)ナイアシンアミドの効果・はたらき

ナイアシンアミドは、体内でエネルギー産生やアミノ酸、脂質代謝をサポートする活性型補酵素としてはたらきます。

また、皮膚や粘膜の健康、遺伝子やホルモンの合成、細胞の分化とも関係しています。

さらに、血管拡張作用があるので血管循環をスムーズにします。

つまり、からだにとってとても大切な栄養素なのです。

そんなナイアシンアミドは、肉体疲労時の滋養強壮や栄養補給のためのドリンク剤、にきび、肌荒れケアの医薬品などにも配合されます。

ナイアシンが不足すると、水泡、角化、乾燥、口角炎、口内炎などの粘膜の病気、食欲不振、神経衰弱、不眠症になることもあります。

また、ナイアシン欠乏症は、下痢、皮膚炎、認知症の症状を経て死に至るといわれる「ペラグラ」のリスクが高くなります。

ナイアシンは、肉や魚に多く含まれています。

また、酵母、牛乳、緑黄色野菜、豆類、穀物など幅広い食べ物に含まれています。

また、ナイアシンは体内で必須アミノ酸であるトリプトファンからもつくられます。

トリプトファンは、健康や美肌のための質の高い睡眠をもたらす栄養素ですが、ナイアシンと同じくさまざまな食べ物に含まれます。

そのため、健康や美肌を意識してバランスのよい食べ物を摂っていれば不足する心配はありません。

3)ナイアシンアミドとNMN

今話題のアンチエイジングの成分にNMN(βニコチンアミド・モノヌクレオチド)があります。

これは、体内でNAD(ニコチンアミド・アデニン・ジヌクレオチド)に変換され、7種類あるすべての長寿遺伝子(サーチュイン)にエネルギーを与えると考えられています。

その結果、アンチエイジングや老化にともなう病気への効果が期待されています。

実は、ナイアシンアミドは酵素によってNMNになる成分です。

ナイアシンアミドとNMNの関係図

だから、NADが減っている場合には、ナイアシンだけでも効果がある可能性があると考えられています。

臨床研究の結果も既に発表されています。

しかし、ナイアシンを大量に摂ると、肝臓障害や膵臓から分泌されるインスリンの効きが悪くなるリスクがあります。

<参考記事>

最先端のアンチエイジング物質「NMN」の効果と安全性に迫る!


スポンサードサーチ

3.ナイアシンアミドの化粧品成分・医薬部外品としての効果

ナイアシンアミドの効果で美肌になった女性

1)バリア機能を改善する効果がある!

ナイアシンアミドには、表皮角質層角質細胞間脂質としてバリア機能を担っているセラミドグルコシルセラミド、スフィンゴミエリンを増やすはたらきがあります。

このセラミドを増やす効果で、肌荒れの有効成分として医薬部外品の承認を得ているのです。

ターンオーバーの過程で、まず前駆体としてグルコシルセラミドやスフィンゴミエリンがつくられます。

その後、これらはセラミドに変わります。

セラミドは、「エイジングインデックスはエイジングケアの道しるべ!肌老化を数値化」でも取り上げているとおり、エイジングとともに減っていきます。

そのため、エイジングが進むと乾燥肌や肌荒れになってしまいます。

また、ひどくなると乾燥によるかゆみ粉吹き肌になることも。

また、アトピー性皮膚炎の患者さんでもセラミドが少ないことがわかっています。

特に冬の乾燥肌冬の肌荒れは症状がひどくなります。

<セラミドは加齢で減る>

セラミドが年齢とともに減少することを示すグラフ

<ナイアシンアミドのセラミドを増やす効果>

ナイアシンアミドは、セラミドやグルコシルセラミド、スフィンゴミエリンを増やしてバリア機能を改善するので、エイジングケア世代の乾燥肌のスキンケアにとってオススメの成分です。

<ナイアシンアミドの水分保持効果>

ナイアシンアミドの水分保持効果を表したグラフ

また、in vitro(試験管)の実験で、角化細胞を増やし、フィラグリンCE(コーニファイドエンヴェロープ)の元の成分であるインボルクリンを増やすことがわかっています。

これらのはたらきから、ほかにも、乾燥肌が原因のニキビ顔のくすみ毛穴の悩みなどの改善効果が期待できます。

また、インナードライ肌の改善敏感肌の改善も期待できます。

なお、2020年になって流行している新型コロナウイルスの感染予防対策として、マスク着用が日常化したため、マスクによる肌荒れが増えています。

ナイアシンアミドは、こんな場合のスキンケアにおすすめの化粧品成分です。

2)ナイアシンアミドには美白効果がある

ナイアシンアミドの美白効果を実感する女性

ナイアシンアミドにはメラニンを抑えるはたらき、つまり美白効果があります。

紫外線ダメージなどでできるメラニンは、メラノソームと呼ばれる細胞小器官に貯蔵され、それが肌表面に運ばれてシミとして目立ちます。

ナイアシンアミドは、メラノソームの輸送を抑えることでメラニンがシミとして目立つプロセスをブロックするはたらきがあります。

これによって美白成分として承認を受けています。

つまり、「新規効能取得のための医薬部外品美白機能評価試験ガイドライン」に則って、1か月以上の試験で色素沈着をおだやかに改善していく効果が認められているのです。

そのため、加齢によるシミである老人性色素斑ソバカス炎症性色素沈着の予防が期待できます。

また、ナイアシンアミドによって、顔のくすみが改善することで透明感のある肌が期待できます。

3)ナイアシンアミドにはシワを改善する効果が!

2018年、ナイアシンアミドは医薬部外品のシワ改善有効成分として承認されました。

これは「抗シワ機能評価試験ガイドライン」に則って、シワグレード標準を示す写真を用い,目視評価および写真評価を実施し,機器測定によるシワ計測の結果と合わせて有効性を2か月以上検討した結果です。

つまり、目視評価あるいは写真評価、および機器測定の両方においてシワ改善の効果が有意に確認できたからです。

シワの原因には表皮の乾燥によるものと真皮コラーゲンの減少のよるものがあります。

ナイアシンアミドは、バリア機能を改善することで乾燥による小じわを改善します。

また、真皮のコラーゲンを増やすはたらきでシワを改善します。

ナイアシンアミドでしわが改善した女性

これは、in vitro試験で線維芽細胞の数を増やした結果や、ヒトから採取した皮膚でⅠ型コラーゲンやⅢ型コラーゲンを増やす伝達物質メッセンジャーRNAを増やした結果などに裏づけられています。

そのため、肌のハリツヤをキープするはたらきが期待できます。

シワは、乾燥のほか真皮のコラーゲンやエラスチンの減少、表情筋の衰え、皮下組織の衰えなどが原因です。

原因によってシワの種類が異なりますが、乾燥が原因のタイプや浅いタイプならナイアシンアミドで予防的なケアが可能です。

しかし、たるみが原因の深いシワを消すことや深いほうれい線を消すことはできません。

4)医薬部外品と化粧品ではどっちの効果が高い?

ナイアシンアミドは、医薬部外品(薬用化粧品)としても化粧品としても使える成分です。

医薬部外品として使う場合は、厚生労働省が許可した0.0001%から3%までの濃度で配合すると決められています。

そして、有効成分としてパッケージへの記載が可能です。

一方、ナイアシンアミドを化粧品として使う場合は、濃度の規定はありません。

また、有効成分として記載することはできません。

ここで少し不思議なことが起こりえます。

実は、化粧品では、ナイアシンアミドを4%で配合することが可能です。

そうすると、医薬部外品より化粧品のほうがナイアシンアミドの効果が高いということが起こりえるのです。

一般的には、医薬部外品の効果が高いのですが、こうした不思議なことも起こりえるのです。

<ナイアシンアミド配合のエイジングケア化粧水なら>

ナイアシンアミド配合化粧品ナールスピュア

ナイアシンアミド&ナールスゲン配合「ナールスピュア」


4.ナイアシンアミドの安全性は?

ナイアシンアミドの安全性を説明する女性

ナイアシンアミドは、長年、化粧品成分として使われてきました。

皮膚への刺激性はほとんどなく、アレルギーや、光毒性および光感作性もありません。

また、眼刺激性はまったくないわけではありませんが、最小限と考えられています。

これらから、ナイアシンアミドは、安全性の高い成分であるといえます。

そのため、同じシワ改善の効果を持つレチノールと比べて使いやすい成分です。

したがって普通肌脂性肌だけでなく、乾燥肌や混合肌敏感肌乾燥性敏感肌インナードライ肌などのどんな肌質の方でも使うことが可能です。

また、高齢者の乾燥肌子供の乾燥肌でも使えます。

しかし、どんな成分でも誰にでも安全とはいえませんし、肌荒れなどになる可能性を100%否定することはできません。

つまり、化粧品かぶれによる接触皮膚炎になる可能性が、ゼロではないのです。

アトピー性皮膚炎がある方や肌が弱いなどで気になる方は、パッチテストをすることをおすすめします。

<参考記事>

*ナイアシンアミドとレチノールの抗シワ効果と安全性の違いと使い方


スポンサードサーチ

5.ナイアシンアミド配合化粧品の種類は?

ナイアシンアミドは、水溶性で温度変化に強く、安全性・安定性の高い成分です。

使いやすいため古くからさまざまな化粧品に配合されています。

具体的には、洗顔料クレンジングジェルなどのクレンジング料保湿化粧水保湿美容液乳液保湿クリームフェイスマスクオールインワン化粧品ボディの乾燥肌対策のアイテム、ハンドクリーム頭皮ケア爪ケア用のアイテム、日焼け止めや化粧下地、ファンデーションなどのメイク用のアイテムに使われます。

エイジングケア化粧水エイジングケア美容液エイジングケア保湿クリームなどにも配合されます。

医薬部外品としても、シワ改善美容液ほうれい線対策の美容液などにも使われ、人気となっているアイテムもあります。


6.ナイアシンアミド配合化粧品でケアしたい肌悩みは?

ナイアシンアミド配合の化粧品

ナイアシンアミドにはスキンケアやエイジングケアにとって大きなメリットとなるバリア機能改善、シミとシワの改善の3つのはたらきがあります。

こうしたはたらきを考えれば、エイジングケアにとって気になる目元や口元などのOゾーンの肌悩みに使うことがおすすめです。

顔の中でも、目元や口元は皮膚が薄く、シワが目立ちやすいパーツです。

目元のシワのほか、目の下のたるみ目の下のくまなどがエイジングケア世代で目立つ肌悩みです。

これらが目立つと目元のハリがなくなります。

また、口元もシワが目立つほか、ほうれい線やマリオネットラインなどが目立ちます。

これらで口元のハリがなくなります。

ナイアシンアミド配合の化粧品は、このような肌悩みの予防美容に使うことをおすすめします。

このほか、さまざまなパーツのシワのケアにもおすすめです。

顔だけでも、額のシワ眉間のシワ鼻の周りのシワがあります。

また、デコルテ首のシワ手のシワなどもあります。

こうした気になるパーツのシワのケアに、ナイアシンアミド配合化粧品はおすすめです。


スポンサードサーチ

7.おすすめのナイアシンアミド配合コスメ

ここではナイアシンアミド配合のおすすめのエイジングケア化粧品を7つご紹介します。

医薬部外品としての効果を認められているものもあります。

楽天やアマゾンなどで販売されているもの、専門店やデパートで売られているものまでさまざまです。

ナイアシンアミド以外の成分の効果にも着目して選びましょう。

1)カネボウ リンクル リフト セラム(医薬部外品)

カネボウ リンクル リフト セラム(医薬部外品)

①メーカー

カネボウ化粧品

②容量

20ml

③価格

13,500円(税別)

④特徴

カネボウのシワ改善美容液「リンクル リフト セラム」は、目元や口元などの集中美容液です。

ナイアシンアミドに加えて、月桃葉エキスがコラーゲンを増やしてシワをケアします。

また、ゼニアオイ花エキスやヒメフウロエキスなどがエイジングケアをサポートします。

2)エスト リンクル ソリューション プラス (医薬部外品)

エスト リンクル ソリューション プラス

①メーカー

花王

②容量

20g

③価格

10,000円(税別)

④特徴

花王の「エスト リンクル ソリューション プラス」は、シワ改善と同時に美白ケアもできる美容液。

ナイアシンアミドに加えて保湿成分としてATPスピラル(ヒバマタエキス、月下香培養エッセンス、グリセリン)、ショウキョウエキス、マロニエエキス、キキョウエキスを配合。

シワを改善してふっくらとした肌に導きます。

3)アヤナス リンクルO/L コンセントレート(医薬部外品)

アヤナス リンクルO/L コンセントレート(医薬部外品)

①メーカー

ディセンシア

②容量

30ml

③価格

6,500円(税別)

④特徴

「アヤナス リンクルO/L コンセントレート」は、敏感肌に起こりやすいシワに着目し、シワ改善有効成分のD-リンクルアミドを配合。

ジグリセリンヒト型セラミド配合で、乾燥肌対策にも使えます。

また、成分をナノサイズ化した軽い使用感のオイル状美容液で、肌にやさしく浸透します。

4)コスメデコルテ iP.Shot アドバンスト(医薬部外品)

コスメデコルテ iP.Shot アドバンスト(医薬部外品)

①メーカー

コスメデコルテ

②容量

20g

③価格

10,000円(税別)

④特徴

「コスメデコルテ iP.Shot アドバンスト」は、シワ改善有効成分のリンクルナイアシン配合。

肌のエネルギー産生を促進する加水分解黒豆エキスなどを加えた複合成分で、気になるシワに強力にアプローチ。

肌表面にフェイスパックのように密着して成分を浸透させ、ピンとしたハリ肌をも導きます。

ただし、アルコール(エタノール)の配合濃度が高いので肌質が弱い方は注意が必要です。

5)リンクルホワイトエッセンス(医薬部外品)

リンクルホワイトエッセンス(医薬部外品)

①メーカー

オルビス

②容量

30g

③価格

4,500円(税別)

④特徴

オルビスの「リンクルホワイトエッセンス」は、その名のとおりシワとシミのケアができる美容液

グリセリン、BGワセリンなどの保湿成分をはじめ、肌の環境を整えるベニバナエキスやローズマリーエキスなどを配合。

肌のキメを整え、ふっくらとした透明感のある明るい肌へ導きます。

6)DUO ザ エマルジョン

DUO ザ エマルジョン

①メーカー

プレミアアンチエイジング

②容量

60ml

③価格

4,600円(税別)

④特徴

「DUO ザ エマルジョン」は、ナイアシンアミド配合の乳液

夜のスキンケアでシワやシミをケアします。

EGF成分FGF成分がエイジングケアをサポートするとともに、シアバターやホホバオイルなどのエモリエント成分キュアパッション(クダモノトケイソウエキス)でしっかり保湿もできます。

また、ダマスクローズの香りでリラックスできます。

7)ドゥ・ラ・メール ザ・RG セラム

ドゥ・ラ・メール ザ・RG セラム

①メーカー

ドゥ・ラ・メール

②容量

30ml

③価格

43,000円(税別)

④特徴

ドゥ・ラ・メールの「ザ・RG セラム」は超高級コスメ。

なかなか手が出しにくいお値段ですが、初代のザ・RG セラムからさらに研究を重ねて誕生した美容液です。

先進科学を取り入れ、海由来の新たな発酵成分やミラクル ブロス(ジャイアント シーケルプ(海藻)などからなる独自の保湿成分)に加え、濃縮ミラクル ブロス(グリセリンとアルゲエキスからなる保湿成分)を配合。

肌本来が持つ美しさを高め、若々しくなめらかで、輝きにあふれた肌印象へと導きます。

『美的グラン』スタッフのベストコスメ2019 <天野佳代子賞> スキンケア部門 1位 を受賞しています。

<参考記事>

インスタで多かった質問!私に合うコスメ・化粧品の選び方は?


8.おすすめのナイアシンアミド配合化粧水

ナイアシンアミド配合おすすめのエイジングケア化粧水ナールスピュア

私たちがオススメするナイアシンアミド配合のエイジングケ化粧水は、ナールスピュア

なぜなら、本格的なエイジングケアができる上に、敏感肌やインナードライ肌の方でも、オイリー肌の方でも、使いやすいからです。

そんなナールスピュアは、2020年11月にリニューアルされ、ナイアシンアミドのほか3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸(セラミドプロモーター)PCA-Naの3つの美容成分が加わりました。

そんなナールスピュアの特徴は次のとおりです。

アットコスメの化粧水ランキングでも1位になった、ナールスゲン配合のエイジングケアローションです。

このナールスピュアですが、「素肌サプリメント」をコンセプトに開発しました。

従来の化粧水が、「水分を補う」「水溶性の保湿成分を補う」ことがメインの機能であるのに対して、「素肌本来の力を引き出す」ことによって、「自ら潤う」ことを目指して開発したものです。

もちろん、アルコールフリー化粧水なので、エタノールは入っていません。

そのほか、香料、着色料、パラベンなどは無添加の化粧水です。


9.まとめ

記事のまとめ

ナイアシンアミドの特徴や効果、安全性などをご紹介しました。

また、どんな化粧品に配合されるかを取り上げました。

さらに、おすすめのナイアシンアミド配合コスメをご紹介しました。

いかがだったでしょうか?

ナイアシンアミドにはセラミドを増やすはたらき、メラニンを抑えるはたらき、コラーゲンを増やすはたらきがあります。

そのため、バリア機能の改善、美白、シワ改善が期待できます。

つまり、スキンケアやエイジングケアにとってとても有用なはたらきをするのです。

この記事「ナイアシンアミドの効果は?話題のシワ改善化粧品のおすすめ紹介!」が、エイジング世代の男性や女性の肌悩み、また肌老化改善のお役に立てば幸いです。

著者・編集者・校正者情報

著者情報 株式会社ディープインパクト 富本充昭
(執筆:株式会社ディープインパクト 代表取締役 富本充昭)
ナールスエイジングケアアカデミー編集長

京都大学農学部を卒業後、製薬企業に7年間勤務の後、医学出版社、医学系広告代理店勤務の後、現職に至る。

医薬品の開発支援業務、医学系学会の取材や記事執筆、医薬品マーケティング関連のセミナー講師などを行う。

文部科学省後援日本化粧品検定1級

一般社団法人化粧品成分検定協会認定化粧品成分上級スペシャリスト

著作(共著)

KOLドクターの的確な人選と良好な関係作りのコツ

医薬品マーケティングにおける市場・売上予測と戦略策定

(編集・校正:エイジングケアアカデミー編集部 若森収子
大学卒業後、アパレルの販促を経験した後、マーケティングデベロッパーに入社。

ナールスブランドのエイジングケア化粧品には、開発段階から携わり、最も古い愛用者の一人。

当社スタッフの本業は、医学・薬学関連の事業のため、日々、医学論文や医学会の発表などの最新情報に触れています。

そんな中で、「これは!」という、みなさまの健康づくりのご参考になるような情報ご紹介したり、その時期に合ったスキンケアやエイジングケアのお役立ち情報をメールでコンパクトにお届けしています。

ぜひご登録をお待ちしております。

キレイと健康のお役立ち情報が届く、ナールスのメルマガ登録はこちらから

ナールスチャンネルをみて動画でエイジングケアを学ぼう!

関連記事

プラセンタ注射のアンチエイジングへの効果と安全性は?

続きを読む

最先端のアンチエイジング物質「NMN」の効果と安全性に迫る!

続きを読む

エイジングケア化粧品成分とは?種類・特徴と役割を考える

続きを読む

プラセンタエキスの化粧品での効果!馬・豚・羊の違いは?

続きを読む

リポソーム化は独特のカプセルで美容成分を浸透させる技術!

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」