PG(プロピレングリコール)の効果や安全性はどうなの?

PG(プロピレングリコール)の効果や安全性について考える女性

PG(プロピレングリコール)は、酸化プロピレンから化学合成された保湿成分です。

いわゆる「旧表示指定成分」で刺激性への懸念から近年では化粧品への使用が減っています。

この記事では、PG(プロピレングリコール) の特性や効果、安全性について詳しくご紹介します。

PG(プロピレングリコール)の効果や安全性はどうなの?の目次

1.PG(プロピレングリコール)を詳しく知りたいあなたへ

PG(プロピレングリコール)を詳しく説明する女性

PG(プロピレングリコール)は、酸化プロピレンから化学合成された保湿成分です。

グリセリンより粘性が低く、サラッとしたテクスチャーで、やアルコールに非常に溶けやすいのが特徴です。

かつて、PGは化粧水美容液など多くの化粧品で使われていましたが、最近では刺激性への不安から使用が減っています。

もちろん、敏感肌向きの化粧水ほか敏感肌化粧品エイジングケア化粧品に配合されることはほとんどありません。

その代わり、刺激性の少ないDPG(ジプロピレングリコール)が多く使用されるようになってきました。

正しいエイジングケアのためには、PGをはじめさまざまな化粧品成分について理解することが大切です。

この記事では、PGの特性、効果、安全性について詳しくご紹介します。

「PGってどんな化粧品成分?」

「PGとDPGの違いは?」

「DPGの安全性や刺激性は?」

などが気になる方は、ぜひ、続きをチェックしてくださいね。

<PGを配合しないエイジングケア化粧品なら!>

ナールス化粧品はいずれの製品にもPGは配合していません

エイジングケア化粧品のナールスコム

PGを配合しないエイジングケア化粧品のナールスコム

<この記事の大切なポイント>
  • PG(プロピレングリコール)は、酸化プロピレンから化学合成された多価アルコールの1種です。
  • PGは旧表示指定成分ですが、使用感触の良さや水やアルコールに非常に溶けやすいメリットから、多くの化粧品に配合されていました。
  • しかし、今では刺激性への不安から配合されるケースが減っています。
  • PGは、物質を溶かす性質が優れているため、クレンジング料やシャンプーなど洗い流すスキンケアアイテムに配合されることがあります。
  • そんなアイテムの中でも、全成分表示の上位にPGが表記される場合には、注意が必要です。敏感肌などの方はPG配合の製品はおすすめできません。

2.PGとは?

1)PGの基本

PGとは?と考える女性

PGは、酸化プロピレンから化学合成でできる多価アルコールです。

最近では、植物油脂を原料として合成される場合もあります。

多価アルコールとは、分子内に水酸基(-OH)を2個以上もつアルコールのことです。

化粧品成分で言うアルコールとは「エタノール」のことなので、PGが配合されていても「アルコール配合化粧品ではなく、ノンアルコール化粧品です。

PGは無色透明の液体で、グリセリンよりサラッとしたテクスチャーを持ち、水やアルコールに溶けやすい性質があります。

また、保湿効果や抗菌効果もあります。

そのため、ベースの保湿成分としてだけではなく、製品の使用感のアップ、保存性の向上、パラベンフェノキシエタノールなど防腐剤の配合濃度を減らせるなどのメリットがあります。

しかし、刺激性があることから、最近ではPGから作られる刺激性の少ないDPG(ジプロピレングリコール)にとって代わられつつあります。

PGは、化粧品の全成分表示では「PG」と表記され、医薬部外品では「プロピレングリコール」と表記されます。

2)PGが配合される化粧品

PGが配合される化粧品のイメージ

PGは、使い勝手の良さからさまざまなスキンケアアイテムに使用されてきました。

かつては10000種類近くの製品に使われてきましたが、今では随分と減っています。それでも3000種類程度の製品に使われています。

かつては、保湿化粧水保湿美容液乳液保湿クリームなどのつけたままにする基礎化粧品にも多く使われていましたが、最近では洗顔料クレンジング料、シャンプーなど頭皮ケア用のアイテムへの配合にシフトされつつあります。

また、刺激性から、最近発売されているエイジングケア化粧水エイジングケア美容液エイジングケア保湿クリームなどに配合されるケースはほとんどありません。


3.PGの安全性

PG(プロピレングリコール)の安全性について考える女性

PGには刺激性があることをお伝えしましたが、化粧品や医薬部外品の成分なので、基本的には安全性の高い成分です。

ただし、皮膚刺激によってまれに紅斑が起こる可能性があります。

また、軽度の眼刺激性があります。

さらに、PGで経皮水分蒸発量が増えて乾燥肌の原因になる可能性や肌の細胞密度が減少する可能性も指摘されています。

そのため、乾燥肌インナードライ肌敏感肌などの肌質の方や肌荒れがある場合には、PG配合の製品は控えた方が無難と言えます。

普通肌脂性肌混合肌など他の肌質であっても、エイジングケア世代の方ならわざわざPG配合の製品を使う必要性はないので、よほど肌に合っているなどの理由がなければPGは無添加の化粧品を選ぶことをオススメします。


4.まとめ

PG(プロピレングリコール)の効果や安全性はどうなの?のまとめ

PG(プロピレングリコール)がどんな化粧品成分か、その特徴、効果、安全性についてご紹介しました。

PGは、水溶性の保湿成分で、使い勝手がよいことからかつてはさまざまな化粧品に配合されてきました。

しかし、刺激性への不安から、最近では刺激性の低いDPGを使用するケースが増えています。

PGは、溶解剤としては有用なので存在意義はありますが、エイジングケア世代にはあまりオススメできない成分です。

関連記事

ジフェニルシロキシフェニルトリメチコンはどんな化粧品成分?

続きを読む

(ジメチコン/メチコン)コポリマーとはどんな化粧品成分?

続きを読む

尿素のメリットとデメリットは?エイジングケアの視点から

続きを読む

キュアパッションはパッションフルーツのエイジングケア成分

続きを読む

シアノコバラミン(VB12)は赤いエイジングケア化粧品

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」