ラウリン酸ポリグリセリル-10が安全なのは非イオン界面活性剤だから

ラウリン酸ポリグリセリル-10の安全性を調べる女性

ラウリン酸ポリグリセリル-10は、安全性の高い非イオン界面活性剤です。

洗浄剤、乳化剤やエモリエント剤としてスキンケア化粧品などに広く使用されています。

また、食品の添加物として使用されることもあります。

この記事では、ラウリン酸ポリグリセリル-10の効果や安全性をご紹介します。

また、どんな化粧品に配合されるかを取り上げます。

さらに、ラウリン酸ポリグリセリル-10配合のオススメのクレンジング料についてもご紹介します。

ラウリン酸ポリグリセリル-10は安全な非イオン界面活性剤の記事の目次

1.ラウリン酸ポリグリセリル-10に興味がある方へ

ラウリン酸ポリグリセリル-10に興味がある女性

ラウリン酸ポリグリセリル-10は、安全性の高い非イオン界面活性剤です。

つまり、イオン化しないので電気を帯びないという特徴があります。

ラウリン酸ポリグリセリル-10には、洗浄作用があるので、洗顔料クレンジング料の洗浄成分として配合されます。

また、化粧水美容液などの乳化剤としても使われる成分です。

安全性が高いことから敏感肌化粧水を含む敏感肌化粧品エイジングケア化粧品にも配合されることがあります。

正しいエイジングケアのためには、ラウリン酸ポリグリセリル-10をはじめさまざまな化粧品成分の理解が大切です。

なぜなら、化粧品はいくつかの成分の組み合わせなので、1つ1つの特性を知れば、化粧品の全体が理解できるからです。

この記事では、ラウリン酸ポリグリセリル-10の特性、効果、安全性について詳しくご紹介します。

また、どんな化粧品に配合されるかを取り上げます。さらに、ラウリン酸ポリグリセリル-10配合のオススメのクレンジング料についてもご紹介します。

「ラウリン酸ポリグリセリル-10のはたらきは?また、特徴は?」

「ラウリン酸ポリグリセリル-10の安全性や刺激性は?他の界面活性剤と比べてどうなの?」

「ラウリン酸ポリグリセリル-10配合のオススメの化粧品は?どんな種類があるの?」

などが気になる方は、ぜひ、続きをチェックしてくださいね。

<オススメのラウリン酸ポリグリセリル-10配合クレンジング料なら>

医師監修で石鹸より優しいアミノ酸系洗浄成分配合

敏感肌でも安心のクレンジングジェル「ナールス エークレンズ」

<今だけ!無料サンプルプレゼント!!>

【皮膚科医監修】大人の女性にオススメのクレンジング!ぜひお試しください☆

ナールスエークレンズ無料サンプル申し込み

<この記事の大切なポイント>
  • 界面活性剤とは、物質と物質の境界面、つまり界面に作用して、性質を変化させる物質のことです。クレンジングや洗顔料をはじめ、化粧品にとってなくてはならない成分です。
  • ラウリン酸ポリグリセリル-10は、非イオン界面活性剤の1つです。イオン化しないので静電気を帯びないことが特徴です。
  • ラウリン酸ポリグリセリル-10には、洗浄効果や乳化作用があることから、洗顔料やクレンジング料をはじめさまざまな化粧品に配合されます。とても有用性の高い界面活性剤です。
  • ラウリン酸ポリグリセリル-10は、皮脂に似た構造をしているため保湿効果を発揮します。そのため、化粧水や美容液にも配合されます。
  • ラウリン酸ポリグリセリル-10は、毒性や刺激性はほとんどなく安全性が高い成分です。その効果と安全性から、乾燥肌や敏感肌の方でも安心して使うことができます。

2.ラウリン酸ポリグリセリル-10とは?

ラウリン酸ポリグリセリル-10について考える女性

1)界面活性剤の基本

ラウリン酸ポリグリセリル-10をご紹介する前に界面活性剤について簡単にふれておきます。

界面活性剤とは、物質と物質の境界面、つまり界面に作用して、性質を変化させる物質のことです。

界面活性剤は、お肌に刺激のあるものから優しいものまでさまざまな種類があります。

界面活性剤が、と油のように混じり合わないものを、混ぜ合わせることができるのは、1つの分子内に水になじみやすい「親水基」と、油になじみやすい「親油基(疎水基)」の2つの構造を持っているからです。

界面活性剤には、主に次の3つの作用があります。

  • 浸透作用
  • 乳化作用
  • 分散作用

という3つの作用があります。

このはたらきを利用して、医薬品、化粧品、クレンジング料、洗顔料、シャンプーなどの洗浄剤、台所用、洗濯用の洗剤、食品などの成分としても広く使われています。

<界面活性剤とは?>

日本界面活性剤工業会「界面活性剤って何だろう?」

2)非イオン性界面活性剤とは?

非イオン性界面活性剤ごは?と考える女性

界面活性剤は、大きく分けて2つのタイプが存在します。

水に溶けた時に、電離してイオン(電荷をもつ原子または原子団)となるイオン性(アニオン)界面活性剤とイオンにならない非イオン性(ノニオン)界面活性剤です。

イオン性界面活性剤は、水に溶けた場合のイオンの種類によって、3種類に分かれます。

  • アニオン(陰イオン)界面活性剤
  • カチオン(陽イオン)界面活性剤
  • 両性(陰イオンと陽イオンの両方を併せ持つ)界面活性剤

非イオン性界面活性剤は、水に溶けたとき、イオン化しない親水基をもっている界面活性剤です。

水の硬度や電解質の影響を受けにくく、他の全ての界面活性剤と併用できることがメリットです。

また、浸透性、乳化・分散性、洗浄性などの性能面でイオン性界面活性剤に劣らず、静電気を発生しないというメリットもあります。

そのため、非イオン界面活性剤は、アニオン界面活性剤とならぶ主力界面活性剤になっています。

3)ラウリン酸ポリグリセリル-10の基本

ラウリン酸ポリグリセリル-10は、ヤシ油やパーム核油から得られるラウリン酸(植物脂肪酸)とグリセリンからつくられる透明の非イオン性界面活性剤です。

化粧品としての全成分表示は、「ラウリン酸ポリグリセリル-10」です。一方、医薬部外品表示名称は、「モノラウリン酸ポリグリセリル」です。

化学構造的には、多価アルコールエステル型のポリグリセリン脂肪酸エステルに分類されます。

また、水を外部相とし、その中に油が微細粒子状に分散している水中油滴型(O/W型:Oil in Water type)の状態となります。

4)ラウリン酸ポリグリセリル-10が配合される化粧品

ラウリン酸ポリグリセリル-10配合化粧品のイメージ

ラウリン酸ポリグリセリル-10は、さまざまな化粧品に配合されます。

洗顔料、クレンジングジェルなどのクレンジング料、保湿化粧水保湿美容液乳液保湿クリームフェイスマスクオールインワン化粧品、ボディクリーム、ハンドクリーム頭皮ケア日焼け止めや化粧下地、ファンデーションなどのメイク用のアイテムに使われます。

エイジングケア化粧水エイジングケア美容液エイジングケア保湿クリームなどにも配合されるようになっています。


3.ラウリン酸ポリグリセリル-10の効果と安全性

ラウリン酸ポリグリセリル-10の保湿効果を実感する女性

1)ラウリン酸ポリグリセリル-10の効果

ラウリン酸ポリグリセリル‐10の基本的なはたらきは、浸透、乳化、分散の3つの力で洗浄力を発揮することです。

界面活性剤の水と油への親和性の程度を表す指標には、HLB(Hydrophilic-Lipophilic Balance:親水親油バランス)が使われます。

HLB値は、0から20までの値があります。

0に近いほど親油性が高く油になじみやすい性質で、20に近いほど親水性が高く水になじみやすいことがHLB値でわかります。

ラウリン酸ポリグリセリル-10のHLB値は、14〜17程度であることが知られています。

つまり、比較的、水に溶けやすいのです。

洗顔料やクレンジング料に配合される場合は、このはたらきを期待してのものです。

ラウリン酸ポリグリセリル‐10による洗浄の特徴は、洗い上がりがさっぱりしながらもしっとり感があることです。

また、化粧水や美容液などに配合される場合は、乳化作用を発揮して成分同士を混じり合わせます。

さらに、ラウリン酸ポリグリセリル‐10は、人の皮脂に似た構造をしています。

そのため、エモリエント効果保湿効果があることも特徴の1つです。

保湿効果があることは、ラウリン酸ポリグリセリル‐10の大きなメリットです。

2)ラウリン酸ポリグリセリル-10の安全性

安全性の高いラウリン酸ポリグリセリル-10のイメージ

ラウリン酸ポリグリセリル-10は、毒性はなく刺激性も少ない安全性の高い成分です。

基本的な特性として、非イオン性界面活性剤のメリットである静電気を発生しないという点が特徴です。

そのためバリア機能を壊すなどのリスクが低い成分です。

したがって、乾燥肌敏感肌インナードライ肌をはじめ、どんな肌質の方でも使うことが可能です。

もちろん、普通肌脂性肌混合肌でも使えます。

しかし、どんな成分でも誰にでも安全とは言えませんし、化粧品かぶれ接触皮膚炎)や肌荒れなどになる可能性を100%否定することはできません。

だから、アトピー性皮膚炎などアレルギーのある方やお肌が弱い方は注意が必要です。

肌が弱いなどで気になる方は、パッチテストをすることをおすすめします。


4.ラウリン酸ポリグリセリル-10配合のオススメのクレンジング料

ラウリン酸ポリグリセリル-10配合のクレンジングジェルナールスエークレンズ

ラウリン酸ポリグリセリル-10配合のオススメのクレンジングジェルをご紹介します。

アミノ酸系界面活性剤配合クレンジングジェル「ナールス エークレンズ」です。

水性のオイルフリーのクレンジングジェルで、ラウリン酸ポリグリセリル-10以外にもアミノ酸系界面活性剤の1つであるラウロイルグルタミン酸Naが洗浄成分なので、乾燥肌や敏感肌でも安心して使えるクレンジング料です。

また、ダブル洗顔不要のクレンジング料です。

ラウリン酸ポリグリセリル-10配合以外の特徴は次の通りです。

ナールス エークレンズは、皮膚科医監修で、次のような特徴があります。

ぜひ、エイジングケア世代の女性に使っていただきたいクレンジングジェルです。

<今だけ!無料サンプルプレゼント!!>

【皮膚科医監修】大人の女性にオススメのクレンジング!ぜひお試しください☆

ナールスエークレンズ無料サンプル申し込み

<全成分>

BG、ラウリン酸ポリグリセリル-10、ペンチレングリコール、グリセリン、ラウロイルグルタミン酸Na、ヒアルロン酸Na加水分解ヒアルロン酸、グルコシルセラミド、金、タナクラクレイ、カワラヨモギ花エキス、シソ葉エキス、ユズ果実エキス、アーチチョーク葉エキス、ダマスクバラ花油α-グルカンPEG-60水添ヒマシ油カルボマーポリアクリル酸Na水酸化K


5.まとめ

ラウリン酸ポリグリセリル-10は安全な非イオン性界面活性剤のまとめ

ラウリン酸ポリグリセリル-10がどんな化粧品成分なのか、その効果や安全性をご紹介しました。

また、界面活性剤の基本について簡単にまとめました。

さらに、ラウリン酸ポリグリセリル-10配合のオススメのクレンジングジェルについてもご紹介しました。

いかがだったでしょうか?

ラウリン酸ポリグリセリル-10は、非イオン性界面活性剤でその使いやすさと安全性の高さから、クレンジング料をはじめさまざまな化粧品に使われています。

特に、最近では使い勝手の良さからさまざまなスキンケアアイテムに配合されることが増えています。

ぜひ、ラウリン酸ポリグリセリル-10の特性を知って、上手にエイジングケアに取り入れてくださいね。

ナールスチャンネルをみて動画でエイジングケアを学ぼう!

関連記事

BG(ブチレングリコール)は化粧品の保湿成分なのか、防腐剤なのか?

続きを読む

ベタインを上手に使ってキレイな肌に!おすすめの化粧品と効果

続きを読む

1,2-ヘキサンジオールは保湿力と抗菌力がある化粧品成分!安全なの?

続きを読む

グリセリンは化粧品や化粧水に適した成分!効果と安全性は?

続きを読む

HSP(ヒートショックプロテイン)を増やす7つの方法で美肌へ!

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」