カルボマーは高分子ポリマー。実は安全?危険?その真実!

高分子ポリマーのカルボマーを使ったジェル

カルボマーとは、カルボキシビニルポリマーの略称で水溶性の高分子ポリマーです。

高分子ポリマーと言えば、お肌に危険な成分と考える方がいますが、その真実は?

この記事では、カルボマーを化粧品に配合する目的や効果、安全性についてご紹介します。

また、カルボマー配合のナールスブランドのエイジングケア化粧品もご紹介します。

カルボマーは高分子ポリマー。実は安全?危険?その真実!の目次

1.カルボマーについて本当のことが知りたい方へ

カルボマーについて本当のことが知りたい女性

カルボマーをはじめとする合成ポリマーや高分子ポリマーについては、

「皮膚呼吸ができなくなるのでお肌によくない」

表皮常在菌のバランスを崩す」

「ポリマーは肌に残って危険」

といった情報を書籍やウェブサイトで見かけます。

果たしてこれは、本当なのでしょうか?

カルボマーをはじめとして高分子ポリマーは、万を超える種類の化粧品に使われます。

洗顔料クレンジング料化粧水美容液保湿クリームなどさまざまな化粧品に配合されます。もちろん、エイジングケア化粧品にも配合されることがあります。

その理由は、だけでなくアルコールなどともよく混ざりあって、化粧品のテクスチャーを調整することができるからです。

また、安全かつ微生物汚染に強いこともメリットです。

つまり、ウェブ上で流れる「危険」と言う情報は、誤解です。

もし、カルボマーが本当に危険ならこれだけ汎用されることはないはずですね。

カルボマーが安全だと知っている女性
正しいエイジングケアのためには、カルボマーをはじめさまざまな化粧品成分の理解が大切です。

中でもカルボマーをはじめとする高分子ポリマーは誤解の多い成分です。

この記事では、カルボマーの特性、効果、安全性について詳しくご紹介します。

また、カルボマー配合のナールスブランドのエイジングケア化粧品についてもご紹介します。

「カルボマーってどんな成分なの?」

「カルボマーのはたらきは?」

「カルボマーの安全性や刺激性は?」

などが気になる方は、ぜひ、続きをチェックしてくださいね。

<オススメのカルボマー配合クレンジング料なら>

医師監修で石鹸より優しいアミノ酸系洗浄成分配合

敏感肌でも安心のクレンジングジェル「ナールス エークレンズ」

敏感肌も安心のクレンジング「ナールスエークレンズ」

<今だけ!無料サンプルプレゼント!!>

【皮膚科医監修】大人の女性にオススメのクレンジング!ぜひお試しください☆

ナールスエークレンズ無料サンプル申し込み

<この記事の大切なポイント>
  • カルボマーは、合成の高分子ポリマーの1種で、水に溶けやすい水性ポリマーです。
  • カルボマーは、水だけではなくアルコール類や高分子原料などともよく混ざる使い勝手のよい増粘剤です。
  • そのため、カルボマーは広範な化粧品に配合されています。
  • カルボマーは、毒性や刺激性がなく安全性が高い成分です。
  • カルボマーをはじめ、化粧品に使用される合成ポリマーの危険性に関する情報には誤解が多いので気をつけましょう。

2.カルボマーとは?

カルボマーを説明する女性

1)ポリマーの基本

カルボマーは、水性の合成ポリマーです。

カルボマーをご紹介する前にポリマーについて簡単にふれておきます。

まず、ポリマーとは、「重合体」のことです。重合体とは、同じ物質がたくさんつながったものです。

例えば、私たち「ヒト」の主成分であるたんぱく質は、アミノ酸の重合体です。だから、たんぱく質もポリマーです。

また、保湿成分として有名なヒアルロン酸ナトリウムもポリマーの1種です。

さらには、繊維に用いられるナイロン、ポリ袋のポリエチレンなどの合成樹脂もポリマーです。

このように、ポリマーは私たちの身近にあるのです。

そんなポリマーの中で、化学合成したポリマーが「合成ポリマー」です。

人のたんぱく質は、合成ポリマーではありませんが、ヒアルロン酸ナトリウム、ナイロン、ポリエチレンは合成ポリマーなのです。

そして、分子量が1万以上と、高い分子量を持つと高分子ポリマーと呼ばれます。

高分子ポリマーには、吸水性を高めた高吸水性高分子ポリマーもあります。

紙オムツや生理用品などに使用されるポリアクリル酸Naは高吸水性高分子ポリマーです。

そんな高分子ポリマーの中で化粧品に配合される代表的な成分がカルボマーなのです。

このようにポリマーといっても多種多様なものがあり、それぞれ性質が異なります。

だから、高分子ポリマーや合成ポリマーを一つの成分として語ることはできないのです。

カルボマーほか化粧品成分の合成ポリマーが誤解されるのは、この点の理解が不足しているからです。

ちなみに、界面活性剤でも同様のことが言えます。界面活性剤も本当にたくさんの種類があります。

だから、界面活性剤を一括りにして考えてはいけないのです。

敏感肌化粧水ほか敏感肌化粧品、オーガニック化粧品、無添加化粧品などを全面に押し出す化粧品会社で、露骨に合成ポリマーや界面活性剤を、「悪者」にしたてる場合があります。

そうした情報を発信する企業には注意しましょう。

2)カルボマーの基本

カルボマーのイメージ

カルボマーは、アクリル酸を主成分とした合成の高分子ポリマーです。

また、水に溶けやすい水溶性のビニルポリマーです。

化粧品の全成分表示では、「カルボマー」と表記され、医薬部外品では、「カルボキシビニルポリマー」と表記されます。

カルボマーは、白色の粉末で水に溶けると酸性を示します。

そんな、カルボマーは、水酸化Naや水酸化K、TEAなどのアルカリ剤で中和すると、透明な高粘度のジェルになります。

つまり、カルボマーは化粧品に配合される場合、アルカリと一緒に配合されることで、増粘剤としてはたらくのです。

増粘剤とは、液体の粘性を高める成分の総称です。

化粧品の場合でゲル化を目的とするものは、ゲル化剤と呼ばれることがあります。

カルボマーは、水溶性でありながらもアルコール類や高分子原料などともよく混ざる使い勝手のよい増粘剤なのです。

3)カルボマーが配合される化粧品

カルボマーが配合される化粧品のイメージ

カルボマーは、増粘剤としての使い勝手の良さからさまざまな化粧品に配合されます。

その際は、水酸化Naや水酸化K、TEAも一緒に配合されます。

洗顔料、クレンジングジェルなどのクレンジング料、保湿化粧水保湿美容液乳液保湿クリームフェイスマスクオールインワン化粧品、ボディクリーム、ハンドクリーム頭皮ケア爪ケア用のアイテム、日焼け止め、化粧下地やファンデーションなどのメイク用のアイテムに使われます。

エイジングケア化粧水エイジングケア美容液エイジングケア保湿クリームなどにも配合されるようになっています。

だから、手持ちの化粧品をチェックすれば、いずれかには「カルボマー」の表記があるはずです。


3.カルボマーの効果

カルボマーの効果は、「増粘」です。

水溶性でありながらもアルコール類や高分子原料などともよく混ざります。

また、合成であるがゆえの品質の均一性があります。

さらに、微生物汚染に強いこと、温度変化に対する粘度の安定性の高さも大きなメリットです。

こうした特性から、広範な化粧品に配合される増粘剤となっています。


4.カルボマーの安全性と誤解

カルボマーの安全性のイメージ

1)カルボマーの安全性の基本

カルボマーは、毒性はなく、刺激性も少なくて安全性が高い成分です。

そのためバリア機能を壊すなどのリスクが低い成分です。

したがって、乾燥肌敏感肌インナードライ肌をはじめ、どんな肌質の方でも使うことが可能です。

しかし、どんな成分でも誰にでも安全とは言えませんし、肌荒れなどになる可能性を100%否定することはできません。

だから、アトピー性皮膚炎などアレルギーのある方やお肌が弱い方は注意が必要です。

肌が弱いなどで気になる方は、パッチテストをすることをおすすめします。

2)カルボマーは皮膚呼吸を妨げる?

カルボマー配合の化粧品を使う女性

サランラップのような合成樹脂の高分子ポリマーは密閉性があるので皮膚などを完全に覆います。

しかし、カルボマーなどの水溶性ポリマーには、高い密封性はありません。

したがって、毛穴を詰まらせたり、皮膚から酸素を取り込むことを邪魔することはありません。

なお、一般に皮膚呼吸と呼ばれる皮膚からの酸素の取り込みは、肺などの呼吸器による呼吸の1%以下と考えられているので、生命維持とは関係ありません。

3)カルボマーは、表皮常在菌のバランスを崩す?

化粧品に配合されるカルボマーの濃度は、多くの場合は低濃度です。また、カルボマーなどの水溶性ポリマーは表皮常在菌のエサになりません。

さらに、洗顔などで簡単に洗い流せる上に、洗顔をしないとしても古い角質と一緒に剥がれ落ちます。

だから、表皮常在菌のバランスを崩すリスクはほとんどありません。

4)合成ポリマーがしみやしわの原因になる?

カルボマー配合化粧品を使う女性

カルボマーをはじめとする合成ポリマーでたるみができる、しみほうれい線しわの原因になるなどの情報を見かけることがあります。

しかし、カルボマーそのものにはこうした肌老化肌悩みをもたらす根拠はありません。

しわをはじめとする肌老化の原因は、1つ1つの化粧品成分の問題よりも誤った使い方や過度に化粧品を使うことの方が問題なのです。

また、美肌のためには正しく化粧品を使うことを意識する方が大切なのです。


5.カルボマー配合のナールス化粧品

カルボマーを配合したナールスブランドのエイジングケア化粧品は、エイジングケア美容液「ナールス ネオ」、エイジングケア保湿クリーム「ナールス ユニバ」、エイジングケアクレンジングジェル「ナールス エークレンズ」の3つがあります。

1)ナールス ネオ

エイジングケア美容液「ナールスネオ」

カルボマー配合のオススメのエイジングケア美容液ナールスネオです。

美女が選ぶベスト美容液などでも高い評価を得ている目元・口元専用美容液です。

ナールスネオは、目元のハリや口元のハリをキープして、「目元・口元のエイジングサインへのファイナルアンサー」を目指して開発しました。

肌のハリのもとであるコラーゲンエラスチンヒートショックプロテイン(HSP)47肌の酸化を防ぐグルタチオンを増やすはたらきのあるナールスゲンを推奨濃度で配合しています。

また、Ⅰ型コラーゲンだけでなくⅢ型コラーゲンを増やすネオダーミルを推奨最高濃度で配合するとともに、保湿に優れたプロテオグリカンも配合しています。

2)ナールス ユニバ

エイジングケア保湿クリーム「ナールスユニバ」

カルボマー配合のオススメのエイジングケア保湿クリームは、「ナールスユニバ」です。

私たちの保湿クリームランキングでは、1位です。

ナールス ユニバとは、QOS(Quality Of Skin=お肌の質)の向上、つまり、「細かく整ったキメ」、「お肌の内側からのハリと弾力」、「健やかな肌の透明感」、「表皮のバリア機能」、「十分な潤い」など美肌を実現すべく、攻めと守りのエイジングケアをサポートする成分を、バランスよく配合した高機能な保湿クリームです。成分は濃厚、でも使い心地は軽く、すごく伸びがよいクリームです。

ナールスゲンの推奨濃度での配合に加えて、セラミドシアバターなど高保湿成分を配合しています。

3)ナールス エークレンズ

アミノ酸系界面活性剤配合クレンジングジェル「ナールス エークレンズ」

カルボマー配合のオススメのクレンジングジェルが、アミノ酸系界面活性剤配合クレンジングジェル「ナールス エークレンズ」です。

水性のオイルフリーのクレンジングジェルで、アミノ酸系界面活性剤の1つであるラウロイルグルタミン酸Naが主な洗浄成分なので、乾燥肌や敏感肌でも安心して使えるクレンジング料です。

また、毛穴の汚れをしっかり落とせるクレンジング料でかつダブル洗顔不要のクレンジング料です。

<今だけ!無料サンプルプレゼント!!>

【皮膚科医監修】大人の女性にオススメのクレンジング!ぜひお試しください☆

ナールスエークレンズ無料サンプル申し込み


6.まとめ

カルボマーは高分子ポリマー。実は安全?危険?その真実!のまとめ

カルボマーがどんな化粧品成分なのか、その効果や安全性をご紹介しました。また、カルボマー配合のナールスブランドのエイジングケア化粧品についてもご紹介しました。

カルボマーは、水溶性の合成ポリマーです。

高い増粘効果と使い勝手の良さ、そして安全性の高さから、クレンジング料をはじめさまざまな化粧品に使われています。

しかし、一部の誤解を与えるような情報によって、お肌に悪いというイメージを持たれている成分の1つです。実際には、カルボマーは皮膚に対して毒性や刺激もありません。

ぜひ、上手にエイジングケアに取り入れてくださいね。

関連記事

水添レシチンは優れた浸透力と保湿力!エイジングケアに有用

続きを読む

金(ゴールド)コロイドの美肌やエイジングケアへの効果は?

続きを読む

スクワランの美肌効果と安全性はエイジングケアに役立つ!

続きを読む

石鹸素地って?特徴や役割と種類~エイジングケアの視点~

続きを読む

DPG(ジプロピレングリコール)はPGを改良した化粧品成分

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」