肝斑の他のシミとの違い!原因と改善のための対策・治療は?

肝斑は他のシミとは原因や治療が異なるお肌の悩みです。

シミと言えば、エイジングケアの大敵で多くは、紫外線ダメージが主な原因です。

しかし、肝斑は女性ホルモンの乱れも原因となるシミです。

そんな肝斑の原因と症状、改善のための対策から皮膚科での治療まで幅広くご紹介します。

肝斑の他のシミとの違い!原因と改善のための対策・治療は?の目次ちゃん

1.肝斑が気になるあなたへ

エイジングケアの大敵シミが気になりだしたら、あなたはどんなケアをしますか?

シミは、くすみの原因にもなります。

多くの人が、美白化粧品や美白化粧水でのスキンケア、エイジングケアを始めるのではないでしょうか。

ビタミンC誘導体配合のエイジングケア化粧品で対策される方もいますね。

もちろん、そんなエイジングケアも間違いでないかもしれません。

しかし、ここで注意しておきたいのが、ひと口にシミと言っても、実はたくさんの種類があるということ。

発症する原因をはじめ、日常のケアや治療方法もさまざまなのです。

多くは、エイジングケアの大敵である紫外線が主な原因ですが、なかには女性ホルモンの乱れが影響してできるシミもあります。

それが今回のテーマである肌悩みの「肝斑」です。

目立つシミが肝斑の場合、予防や有効なケア方法が異なり、誤った判断で対策を続けていると、さらに広がったり、濃くなったりする場合も。

美白ケア、エイジングケアは欠かしていないのに、気になるシミは一向に改善しない…

ということもあるかもしれませんね。

今回は、エイジングケア世代のみなさんに知っておいていただきたい、そんなやっかいな肌トラブルである肝斑についてのお話です。

シミを、しっかり理解しないと間違ったエイジングケアをするリスクが高くなるので、ぜひ、ご理解いただきたい内容です。

「肝斑と他のシミってどうやって見分けるの?」

「肝斑の原因って何?」

「肝斑はスキンケアやエイジングケアで改善できるの?」

「肝斑を治療する方法は?」

「肝斑を予防するためにできることって?」

などが気になる方は、ぜひ、続きをチェックしてくださいね。

<PR>

ロスミンローヤル

ナールス

<この記事の大切なポイント>
  • シミにはたくさんの種類がありますが、肝斑はホルモンバランスの乱れやストレスなどが原因で、比較的改善が難しいシミです。
  • 肝斑は、30~40代に多く、妊娠がきっかけで発症するなど他のシミにはない原因で起こります。
  • 肝斑の治療は、皮膚科ではトラネキサム酸の内服薬をはじめ、ハイドロキノンやビタミンCの外用薬で治療をします。レーザー治療は肝斑には不適です。
  • 肝斑の治療は、市販の医薬品でも可能です。
  • 肝斑の予防や再発予防は、紫外線対策とともに、ストレスを避けることが大切です。

2.肝斑とその他のいろいろなシミ

顔や手の甲、背中などに現れる褐色の斑点「シミ」。

どこであれシミが目立つと嫌なものです。

特に、顔にできるシミには、エイジングケア世代の女性は敏感なはず。しわたるみなどと同様、大きなお肌悩みの1つですね。

一方で、シミには肝斑以外でもいくつかの種類があること、種類によって原因や対処の仕方が違ってくることは意外と知られていないようです。

ここでは、まず、肝斑をはじめシミについて簡単にまとめてみます。

1)肝斑

肝斑は改善しにくいシミの1つです。

肝斑は、頬骨のあたりを中心に、額や口の周辺などに左右対称で、かつ、ほぼ同じ形、同じ大きさで現れます。また、輪郭がはっきりしない、薄い褐色のシミが広い範囲に現れるのも特徴です。

肝斑は、おでこや口の周りにできることがありますが、目の周りにはできません。

一般的には、夏場の紫外線ダメージで悪化し、冬は比較的症状が軽いことも肝斑の特徴の1つです。

夏の紫外線による肝斑に悩む女性

肝斑の発生には、紫外線に加えて、女性ホルモンのバランスが何らかの形でかかわっていると考えられ、ホルモンバランスが乱れてくる30~40代の女性に目立ちます。また、妊娠中や更年期の女性に見られることもあります。

一方、肝斑が男性にみられることはまれです。

また、肝斑は、表皮にメラニンが多い「表皮型」と、表皮・真皮ともにメラニンの多い「混合型」に分けられます。

角質が薄くなっている、バリア機能が低下している、真皮が変化しているなどが皮膚の組織で見られることがあります。

エイジングケア世代が気を付けておきたい理由は、このためです。

ただし、症状が現れるのは、だいたい50歳代後半まで。60歳以降になると、シミが薄くなったり消えたりすることが多いようです。

とはいえ、30~50代にかけては、女性が公私ともに忙しく、活躍の機会も多い年代。より美しくありたいと、エイジングケアにも取り組む時期でもありますね。

広範囲に現れる肝斑は、顔色全体への影響が大きいため、エイジングケア世代のお肌の印象も左右してしまいます。

2)肝斑以外のシミ

①老人性色素斑

シミの中で、もっとも一般的なのがこのタイプ。

紫外線が原因となり、メラニンが大量につくられることによってでき、「日光性黒子」とも呼ばれています。

丸い色素斑で頬骨の高いところにできやすく、最初は薄い茶色をしていても、だんだん黒っぽくなり、境界がはっきりしてくるのが特徴です。

紫外線ダメージが少しずつお肌の奥に蓄積し、表皮の色素細胞(メラノサイト)、角化細胞(ケラチノサイト)、そして真皮の線維芽細胞が異常をきたしていきます。

また、遺伝子の異常や慢性の炎症も関与していることが明らかになっています。

その結果、シミとなって現れるため、40歳前後になると急に増えたと感じる人も多いようです。

予防的に美白化粧品やエイジングケア化粧品を使うことは有効ですが、このタイプのシミが定着すると、皮膚の構造自体が変化しているため、日常の美白化粧品によるエイジングケアでは改善できません。

エイジングケアの基本である紫外線対策で未然に防ぐことが大切です。

紫外線対策できるエイジングケア化粧品

②脂漏性角化症

シミがイボのように盛り上がってきたもの。加齢や紫外線の影響でできたもので、表面がザラザラ、ボツボツとしているのが特徴です。

手の甲にできるシミの多くは、このタイプにあたります。

③対称性真皮メラノサイトーシス(ADM)

多くは、20歳以降に小さな斑点状のシミとして現れます。両側の頬のあたりに左右対称に現れるため、後述の肝斑と間違われることもあります。

一般的なシミは、メラニンが表皮内に増えているのに対し、このタイプでは真皮内に増えているのが特徴です。

④炎症性色素沈着

ニキビや傷、虫さされなど、肌に炎症を起こした跡が茶色いシミになったもの。炎症が原因のため、年齢に関係なく、全身にも現れる可能性があります。

また、クレンジングでメイクを落とす時にコットンでふき取る、肌を強くこすって洗顔するといったスキンケア、エイジングケア習慣のある人も、慢性的な炎症を起こして色素沈着してしまうため、注意が必要です。

⑤そばかす(雀卵斑)

一般的には、鼻まわりや頬などに現れる小さな点状のシミをそばかすと呼んでいますが、厳密には遺伝的なものだけをさします。

遺伝的なそばかすは、3歳頃から発症し、思春期に顕著になるのが特徴です。

このように、シミは肝斑以外でもいくつかの種類があり、症状や原因、対策が異なるのです。


3.肝斑のサインと原因

1)肝斑のセルフチェック

①肝斑のリスクをチェックしよう!

エイジングケア世代の女性を悩ませる肝斑。

他のシミと肝斑との違いを知って、効果的なスキンケア、エイジングケアにつなげることが大切です。

では、自分自身のシミが肝斑なのかどうか、まずはチェックしてみましょう。

□30~40代に突然シミができた
□妊娠をきっかけにシミができた。また、出産のたびに濃くなっている
□シミが頬骨の高い位置に、左右対称にある
□形は円形ではなく、もやっと広がっている
□目の周りを避けるように広がっている
□薄い茶色や灰色をしていて、季節によって濃さが変わる
□日常、ストレスを感じることが多い
□エステでレーザー治療を受けたら、かえってシミが濃くなった

上記の項目にチェックの数が多いほど、肝斑の可能性が高いと思われます。

ただし、肝斑は形状などが変化しやすいといわれ、自分自身で見分けがつきにくい場合も。また、複数のタイプのシミが同時に現れることもあります。

「もしかして、肝斑?」

と思ったら、混同を避けるためにも、自分でエイジングケアを考えるより、皮膚科を受診することをおすすめします。

②肝斑で受診する際には?

肝斑の治療のために皮膚科の病院やクリニックを受診する際のポイントをご紹介します。

  • 現在、他の病気などで治療中の場合は、そのことを伝え治療薬などの情報を提供する。お薬手帳などがあれば、それを見せるのもよい方法です。
  • 受診はメイクをしっかり落としてすっぴんで受診しましょう。メイクはシミや肝斑の診断が適切にできない原因となります。
  • 肝斑の治療では、健康保険が適用されず、自由診療の場合もあります。医師と相談して自分に合った治療法を決めましょう。

③肝斑のリスクの低い方

逆に、次のような方は肝斑の可能性が低いので、他のシミを疑ってみましょう。

  • 男性
  • 60歳以上
  • 閉経している

2)肝斑の原因は?

肝斑は、妊娠や経口避妊薬の服用でできることから、女性ホルモンのバランスの乱れが原因と考えられています。また、精神的なストレスによる副腎皮質ホルモンの変化も影響しています。

さらに、刺激の強いフェイスマッサージや紫外線がお肌に負担を強いることで悪化してしまうことがあります。


4.肝斑の改善と治療の対策

1)肝斑の改善対策と治療

肝斑の改善や治療には、肝斑の原因を取り除く必要があります。

妊娠が原因の肝斑は、出産後、数か月で軽快するので過度の心配は不要です。

一方、それ以外が原因の肝斑では、肝斑の改善にはいくつかの方法があります。

①トラネキサム酸の内服による肝斑の治療

肝斑の治療でよく使われる治療法です。

トラネキサム酸は、アミノ酸誘導体で色素沈着抑制効果を持つ医薬品です。

トラネキサム酸には、医師が処方する医療用医薬品と薬局で購入できるOTC医薬品(一般医薬品)の両方があります。

トラネキサム酸は内服によって、血液とともにお肌の表皮の奥の基底層にあるメラノサイトに届き、肝斑に効果を発揮しますが、女性ホルモンに直接的な影響を与えません。

トラネキサム酸は、メラニンが発生する原因の1つであるメラノサイト活性化因子「プラスミン」をブロックすることで、肝斑の直接的な原因であるメラニンの発生を抑制するのです。

②外用薬も組み合わせて肝斑を治療

肝斑は、トラネキサム酸だけでは十分に改善しない場合もあります。そんな場合は、ビタミンC誘導体、ハイドロキノン、L-システイン、トレチノインなどの美白外用剤を組み合わせることもあります。

外用薬は、表皮の角質層のバリア機能を通過して基底層に届き、メラノサイトにはたらきかけて効果を発揮します。

③肝斑にはレーザー治療は不向き

シミの治療では一般的なレーザー治療ですが、肝斑には向きません。肝斑の場合は、レーザー治療でかえって、色素沈着が深くなってしまうことがあります。

レーザー治療は肝斑では控えるべき治療法なのです。

2)市販の医薬品による肝斑やシミの治療

①肝斑治療のための第1類医薬品

第1類医薬品は、対面販売・通信販売ともに可能ですが、副作用、相互作用などの項目で安全性上、特に注意を要する医薬品です。

対応は薬剤師さんで、購入する方から質問などがなくても積極的な情報提供、書面を用いた説明が義務付けられています。

薬局などの店舗でも、患者さんや消費者が薬剤師の説明を聞かずに購入することがないよう、すぐには手の届かない場所に陳列するなど、配慮されています。

そんな第1類の医薬品で肝斑に用いられるのが、「トランシーノⅡ」です。

効能・効果は、「シミ(肝斑に限る)」とされています。

配合成分は、先ほども触れたトラネキサム酸に加え、L-システインとビタミンCです。

L-システインは、メラニンを増やす酵素であるチロシナーゼの活動を抑える成分で、メラニンの発生を防ぎます。

また、お肌のターンオーバーの正常化をサポートするはたらきがあります。

ターンオーバーを正常化することで、メラニンの排出が促されるのです。

ビタミンCは、エイジングケア化粧品に含まれる成分としてもよく知られています。

ビタミンCは、メラノサイトがメラニンをつくりだす過程において、3つのプロセスでメラニンの発生を抑えます。

ひとつは、チロシナーゼの活性を阻害。2つ目として、メラニンを生成する過程で発生するドーパを還元することでメラニンを抑えます。さらに、蓄積されてしまったメラニンに直接作用し、還元することでシミを防ぐはたらきがあるのです。

②シミ治療のための第3類医薬品

第3類医薬品は、副作用や相互作用の観点から判断した際、比較的リスクが少ないビタミン剤などの医薬品で、対面販売・通信販売ともに可能です。

第3類医薬品は、購入者から直接希望がない限りは、商品説明に関して法的制限を受けません。

そんな第3類医薬品で、シミの効能効果を持つ医薬品の1つが、ロスミンローヤルです。

ロスミンローヤルには、トラネキサム酸は配合されていませんが、L-システインとビタミンCを配合した医薬品です。「肝斑」への効能・効果はありませんが、シミに効能・効果があり、シミ以外にもそばかす、小じわ冷え性に効能・効果のある医薬品です。


5.肝斑の予防のために

肝斑の原因となる紫外線を対策するアイテム

1)肝斑の予防や再発予防に紫外線対策が大切

紫外線は、肝斑の原因そのものではありませんが、症状を悪化させる要因の1つです。だから肝斑の予防には紫外線対策が大切です。

もちろん、肝斑以外のシミ対策、その他の肌老化であるしわやたるみ、ほうれい線の予防など、紫外線対策はエイジングケアの基本なのです。

紫外線の中でも、紫外線A波は、じわじわとお肌にダメージを与え、真皮の線維芽細胞、コラーゲンエラスチンを破壊します。

これを光老化と呼びますが、紫外線でお肌が酸化することでお肌が老化してしまうのです。

夏だけではなく、冬の紫外線対策も大切ですし、日焼け止めだけではなく衣類や帽子などファッションでも紫外線対策を行いましょう。

2)紫外線のアフターケアも肝斑の予防に

紫外線は外出時だけではなく、紫外線のアフターケアも大切です。

抗酸化作用のあるビタミンACEを含む食べ物を日常的に摂ったり、紫外線を浴びたと感じる場合は普段より多めに食べることが大切です。

野菜には、ビタミンACEを含む食べ物がたくさんあるので、肝斑の予防やシミ対策だけではなく、健康や美肌のためにも野菜をしっかり摂りましょう。

食べ物による美肌対策やシミ予防は、次の記事も参考にしてください。

美肌をもたらす食べ物と飲み物は?その種類から栄養素まで

美肌のための食事のとり方とアンチエイジングへの効果は?

野菜の食べ方で美肌に差がつく!?エイジングケアによい野菜

3)ストレスの少ない日常生活で肝斑予防

ストレスが肝斑の原因の1つですから、できるだけストレスを減らす努力も大切です。30代、40代は仕事、家事、子育てなどで忙しく、ストレスが多い年代です。

そんな大変な年代ですが、上手に睡眠を取ることやおしゃべりや趣味、スポーツなど、できるだけ楽しく、リラックスできる時間を過ごすことでストレスを避けましょう。

オススメしたいのは、無理やりでも笑うことです。笑うことで脳に「楽しい」「ごきげん」と感じる刺激が届くので、ストレス解消の1つになるのです。

そんなストレスの対策は、次の記事を参考にしてください。

笑いが美肌をもたらす?エイジングケア効果とアンチエイジング

美肌は、睡眠中のホルモンによってつくられるってホント!?

4)見直したいクレンジングや洗顔

間違ったクレンジングや洗顔、刺激の強いクレンジング料や洗顔料も肝斑を悪化させたり、シミを引き起こす原因になります。

エイジングケア世代を迎えると、お肌が少しずつ老化したり薄くなって、肌質が乾燥肌や敏感肌に傾くこともあります。

そんなお肌にクレンジングや洗顔で負担を増やすと、シミや肝斑が悪化してしまいます。

肝斑の治療中の方はもちろん、肝斑の予防のためにも優しいクレンジング、洗顔を心がけましょう。

先顔料やクレンジング料は、最近ではアミノ酸系界面活性剤や弱酸性の界面活性剤配合の優しいタイプがあります。

また、水性のクレンジングジェルならお肌への摩擦も少ないので、肝斑の再発防止にはオススメです。


6.そのシミ、肝斑だけではないかも?

1)シミが何種類も目立つ

シミで気を付けたいのは、今、目立っているシミが肝斑と他のシミとが複合してしまっていることです。

肝斑にソバカスや老人性色素班が一緒になり、目立ってしまうことがあるのです。

そんな場合は、1つのシミの治療を始めてもなかなか改善しないことがあります。

自分自身でシミの種類を再確認できればよいですが、なかなか難しいのが現実です。

そんな場合は、早めに皮膚科などを受診しましょう。

ここで、あらためて一般的なシミ(老人性色素斑)と肝斑の特徴やスキンケア、エイジングケアの違いを整理すると、次の通りです。

【シミ】

  • 紫外線が原因
  • 加齢によって増える傾向にある
  • 毎日のUVケアが予防のポイント
  • 初期のうっすらとしたシミには、美白化粧品が効果的
  • 定着してしまったシミは、美白化粧品では消せない
  • レーザー治療が有効な治療法

【肝斑】

  • 女性ホルモンの乱れが原因。妊娠、経口避妊薬で悪化することも
  • 主に30~40代の限られた年齢層に現れる傾向にある
  • 紫外線も原因の1つ。ただし、紫外線を浴びていなくてもできる場合がある
  • ストレスをため込まず、規則正しい睡眠や食事を心がけることが予防のポイント
  • 美白化粧品によるケアが効果的。メラニン色素そのものを薄くするはたらきのある「ハイドロキノン」などの美白成分が有効
  • 強い刺激で悪化するため、基本的にレーザー治療は不向き
  • 医療機関では、トラネキサム酸やビタミンCなどの内服薬、塗り薬などの外用薬で治療。また、グリコール酸などによるケミカルピーリングが付加されることも
  • 市販のトラネキサム酸含有の内服薬も選択肢の1つ

この違いを参考に、肝斑だけではなくシミ全体の対策にお役立てくださいね。

2)肝斑やシミだけでないエイジングケアを考える

先ほども30代や40代はストレスの多い大変な年代であることをお伝えしました。そんな年代にあって、お肌は肝斑やシミ以外のさまざまな肌悩みに直面します。

それは、30代を超えると表皮に角質層にある天然保湿因子(NMF)セラミド皮脂という保湿に大切な成分が減って乾燥肌になってしまうリスクがアップするからです。

また、真皮でもコラーゲンやエラスチンが減ってしまってさまざまなエイジングサインが目立つことに。

だから、肝斑が気になる方で、他の肌悩みやエイジングサインが気になる場合も。

そんな30代や40代のエイジングケアは、次に記事も参考にしてくださいね。

30代、初めてのエイジングケア化粧品。知らないと損する真実!

40代だからこそ考えたいエイジングケアと化粧品の選び方!

ぜひ、年代に応じた正しいエイジングケアで肝斑やシミのない透明感のある肌を目指しましょう。


7.肝斑と他のシミのまとめ

シミといわれるものの中でも、エイジングケア世代が気を付けたい「肝斑」を中心に、他のシミとの違いをまとめてみました。

女性ホルモンとの関連が指摘されている肝斑。ホルモンバランスを整えることは、肝斑の予防だけでなく、心身のエイジングケアにもつながります。

過度のストレス、睡眠不足、運動不足、偏った食生活といった生活習慣を見直し、健やかな身体と素肌をめざしましょう。

もちろん、エイジングケアの基本「紫外線対策」は万全に。

また、肝斑を疑う症状がある場合は、エイジングケア化粧品や美白化粧品に頼る前に、早めに皮膚科を受診されることをオススメします。

<97.6%の女性医師が飲み続けたいと回答※>

ロスミンローヤルは、小ジワ・シミ・そばかすの効果が認められた第3類医薬品です。

※2017年1月先端医療医学会調べ

関連記事

シミを消す対策は、美白だけに頼らない紫外線対策と美容医療

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」