50代のおでこや眉間のシワをカバーするメイク法|レッスン動画

50代のおでこや眉間のシワをカバーするメイク法|レッスン動画のサムネイル

エイジングに伴い、おでこや眉間にシワが目立ってきます。

50代ではだんだんと深くなり、エイジングケアでは改善しないことも。

この記事では、メイクアップアーティストのMANAMIさんに、動画でおでこや眉間のシワをメイクでカバーする方法をご紹介いただきます。

50代のおでこや眉間のシワをカバーするメイク法|レッスン動画の目次

1.ナールス美肌メイクレッスン~50代のおでこや眉間のシワ編~とは?

おでこや眉間のシワをカバーするメイクを考える女性

50代のエイジングケア世代やそれ以上になると、シワは顔のさまざまのところで目立ってきます。

中でも目立つといやなしわがおでこ(額)のシワ眉間のシワ

おでこ(額)のシワが目立てば、老けて見えたり、疲れた印象を与えますし、眉間のシワは、人相が悪く見えてしまいます。

そんな肌悩みは、エイジングケアで予防することが大切です。

しかし、年齢とともに深くなるシワは、顔のたるみが原因なのでなかなか改善が難しいのです。

なぜなら、顔のたるみは、真皮表情筋の衰え、皮下組織の肥大化が原因の肌老化なので、エイジングケア化粧品などを使ってもアプローチが難しいからです。そんな時に頼りになるのがメイクでカバーすること。

そこで、美肌のためのメイクのテクニックをお伝えすべく、ナールスエイジングケアアカデミーでは、メイクアップアーティストのMANAMIさんのご協力・監修のもと、「ナールス美肌メイクレッスン」と題した動画を企画・制作することになりました。

その最終回である第12回目が、今回の「50代のおでこや眉間のシワをカバーするメイク法」。

モデルとしてご協力いただいたのは、ナールスブランドをご愛用いただいている50代の方です。

ぜひ、50代でおでこや眉間のシワでお悩みの方はチェックしてみてくださいね。

もちろん30代のエイジングケア世代40代のエイジングケア世代、さらには60代や70代の方もメイクのテクニックは基本的に同じなので、お役に立ちますよ!

<MANAMIさんプロフィール>

50代のおでこや眉間のシワをカバーするメイクを行うMANAMIさん

単身海外でのモデル活動を経験し、帰国後は芸能人を始め専門家や経営者、企業、ミスコンテスト出場者などのヘアメイク・ファッション・歩き方など「見た目全てに関わるプロデュース」を手がける。

2019年に開催された世界五大ミスコンのミススプラナショナルジャパン東京神奈川大会オフィシャルビューティキャンプアドバイザー。

著書は「メイクの超基本テクニック」(マイナビ)他5冊。雑誌、新聞掲載、テレビ出演中。

40歳にして中央大学法学部試験に合格。2020年春より中央大学法学部法律学科4年生。

instagram

アメブロ

Twitter

<MANAMIさんのメイク動画を観るなら!>

肌悩みを完璧カバー!美容のプロMANAMIさんに学ぶ美肌動画メイクレッスン


2.動画「50代のおでこや眉間のシワをカバーするメイク法」

1)50代のおでこや眉間のシワをカバーするメイク法

メイクアップアーティストのMANAMIさんに、50代女性のおでこや眉間のシワをメイクで隠す方法を動画でご紹介いただいています。

ぜひ、この動画をご覧になって、上手におでこや眉間のシワをメイクでカバーするテクニックを身に着けてくださいね。

2)おでこや眉間のシワをカバーするポイント

おでこや眉間のシワをカバーするポイントは、ファンデーションは眉のすぐ上あたりにのせて、シワに垂直になるよう、下から上に向かって、髪の生え際までスポンジで塗り広げていくことです。

こうすることでファンデーションがフィットして、しっかりとシワに入り込んでいきます。

仕上げのパウダーも下から上に向かって、撫でるようにつけるのがよいですよ。


3.50代のおでこや眉間のシワのケアは?

おでこや眉間のシワをメイクでカバーする女性

おでこや眉間のシワの原因は、乾燥肌や加齢・紫外線ダメージによる肌の老化が引き起こす顔のたるみです。

また、顔のたるみの中でも、おでこや眉間のシワに影響が大きいのが、表情のクセです。

20代や30代では、おでこや眉間のシワが目立つことはそれほど多くありませんが、40代、50代、60代と年齢を重ねるほど目立つリスクが高まります。

そして、シワが深くなるとほうれい線などと同じで、エイジングケアではなかなか改善しないのです。

だから、若いうちから予防美容を心がけることが大切です。

例えば、自分に表情クセがないかチェックすることも予防法の1つです。

また、おでこや眉間のシワの予防に大切なスキンケアは、優しい洗顔クレンジング保湿による乾燥肌対策紫外線対策です。

さらに、美肌によい食べ物を摂るなど、アンチエイジングを意識した日常生活で予防する方法、表情筋を鍛える対策やEMS美顔器をはじめとする美顔器を使った対策などがあります。

しかし、それでも目立つ場合はメイクでカバーして目立ちにくくするか、美容医療で改善する必要があります。

おでこや眉間のシワの美容医療で、比較的侵襲の少ない治療としては、ヒアルロン酸注入やボトックス注射があります。

他にもイオン導入、水光注射、PRP皮膚再生療法、Ⅲ型コラーゲンの注入、超音波、美容針、糸によるリフトアップなどがあります。

おでこのシワや眉間のシワを改善したい方は、信頼できる専門医を見つけて、納得いくまで相談することをおすすめします。

深いおでこのシワや眉間のシワの治療のための美容・クリニック施設検索

なお、おでこや眉間のシワ対策は、「おでこ(額)のしわを消す!原因と予防・改善のための対策」や「眉間のしわを消したい!原因と予防・改善の対策とは?」で詳しくご紹介していますので、ぜひ、ご覧ください。

<おでこや眉間のシワの参考記事>

40代の気になる目元のシワを目立たせないメイクポイント|動画

60代のほうれい線や口元のシワを目立たなくするメイク術|動画

しわ対策のおすすめ美容液の選び方|動画で3分間エイジングケア

小じわを消す3つのエイジングケア|動画で3分間エイジングケア

しわができやすい場所は、おでこ、目元、口元。その特徴は?

しわの種類(小じわ・真皮じわ・表情じわ)とエイジングケア

しわ対策のエイジングケア化粧品の選び方と使い方

しわを予防・改善するクレンジング料の選び方と使い方

シワ対策のエイジングケア化粧水のオススメ!選び方と使い方

しわ美容液のランキングに頼らない選び方の秘訣

しわ取りクリームは、本当にシワに効く?その選び方と使い方

HSP(ヒートショックプロテイン)でシワやほうれい線が予防できる!


4.まとめ(編集後記)

50代のおでこや眉間のシワをカバーするメイク法|レッスン動画のまとめ

「50代のおでこや眉間のシワをカバーするメイク法|レッスン動画」をお届けしました。

いかがだったでしょうか?

このメイクレッスン動画にご協力をお願いしたモデルの方たちには、すっぴんでのご登場をお願いしたのですが、みなさま快くお受けくださいました。

まずはその点、心から御礼申し上げます。

このメイクレッスン動画の撮影は、モデルの方が実際にお肌で悩んでおられる点について、MANAMIさんに改善するポイントをご紹介いただく形式で進めました。

今回のモデルの方のお悩みは「おでこと眉間のシワ」が気になるとのことでした。

眉間のシワやおでこのシワって気付くと出来ていて、特に眉間のシワは人と会った際の印象にも影響しますよね。

でも、眉の上から髪の生え際まで、下から上に丁寧にファンデーションを塗りこんでいくことで隠せるんですね。

髪の生え際周辺でファンデーションをつけ足したりせずに、眉上からおでこに向かってつけることで、お肌にしっかりなじみながら頭皮に向かってグラデーションがつけられ自然に見えるそうです。

ぜひ、この動画や記事を参考に、おでこや眉間のシワをカバーするメイクテクニックを身に着けてくださいね。

ナールスチャンネルをみて動画でエイジングケアを学ぼう!

関連記事

60代のほうれい線や口元のシワを目立たなくするメイク術|動画

続きを読む

動画クイズで美肌のコツを学ぶ「ナールスエイジングケアクイズ」Vol.2

続きを読む

たるみ毛穴の3つの予防法と改善のコツ|動画で3分間エイジングケア

続きを読む

ナールスチャンネルとは?動画を見てエイジングケアでキレイになる!

続きを読む

肌悩みを完璧カバー!美容のプロMANAMIさんに学ぶ美肌動画メイクレッスン

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」