ジグリセリンの化粧品成分としての効果と安全性の秘密!

ジグリセリンでお肌をうるおわせる女性

ジグリセリンとは、その名前からもわかるとおり、グリセリンからつくった化粧品などの成分です。性質は似ていて、保湿効果があります。

しかし、べたつきの少ない感触というメリットがあります。

この記事では、ジグリセリンの特性や効果、安全性について詳しくご紹介します。また、どんな化粧品に配合されるかを取り上げます。

さらに、ジグリセリン配合のオススメのエイジングケア保湿クリームやエイジングケアハンド美容ジェルをご紹介します。

化粧品成分ジグリセリンの記事の目次

1.ジグリセリンについて知りたいあなたへ

ジグリセリンは、2個のグリセリンを結合させた成分です。

グリセリンと同じく保湿効果のある成分です。

つまり、保湿成分の1つです。

だから、肌のキメを整え美肌をキープするための化粧品成分、あるいは医薬部外品の成分として使われます。

ジグリセリンは、サラッとした感触のテクスチャーで、化粧水美容液をはじめ、さまざまなスキンケアアイテムに配合されます。

また、刺激性も少なく安全性が高いことから、敏感肌向きの化粧水をはじめ、敏感肌化粧品エイジングケア化粧品にも配合されます。

正しいエイジングケア美肌になるためには、ジグリセリンをはじめさまざまな化粧品成分を理解することが大切です。

なぜなら、化粧品の特性は成分で決まるから。

この記事では、ジグリセリンの特性、効果、安全性について詳しくご紹介します。

また、どんな化粧品に配合されるかを取り上げます。さらに、ジグリセリン配合のオススメのエイジングケア保湿クリームやエイジングケアハンド美容ジェルをご紹介します。

「ジグリセリンってどんな化粧品成分?特徴を教えて!」

「保湿効果は高いの?乾燥肌によいの?」

「ジグリセリンとグリセリンの違いは?」

「安全性や刺激性は?敏感肌でも使えるの?」

「ジグリセリン配合のオススメの化粧品は?」

などが気になる方は、ぜひ、続きをチェックしてくださいね。

<オススメのジグリセリン配合のエイジングケア化粧品なら>

ジグリセリン&ナールスゲン配合エイジングケア保湿クリーム「ナールス ユニバ」

ジグリセリン&ナールスゲン配合エイジングケア保湿クリーム「ナールス ユニバ」

ジグリセリン&ナールスゲン配合ハンド美容ジェル「ナールス ロゼ」

ハンド美容ジェル「ナールスロゼ」

<この記事の大切なポイント>
  • ジグリセリンは、2個のグリセリンを結合させてつくった保湿成分です。水となじみやすい性質があります。
  • ジグリセリンは、グリセリンと同じく保湿効果や温感効果を発揮します。そのため、化粧水ほか化粧品の基本成分として汎用されています。
  • ジグリセリンは、グリセリンよりさらっとしたテクスチャーであることが大きな特徴です。だから、テクスチャーを調整する際に重宝する化粧品成分です。
  • ジグリセリンは、毒性や刺激性が少なく、安全性の高い成分なので肌質を選ばず使えます。つまり、敏感肌やインナードライ肌でも使えるのです。
  • ジグリセリンは、洗顔料やクレンジング料から顔・毛髪・手肌・ボディ向けのスキンケアアイテムなど、さまざまな製品に使われています。とても有用な化粧品成分です。

2.ジグリセリンとは?

ジグリセリンのイメージ

1)ジグリセリンの基本

ジグリセリンは、2個のグリセリンから脱水縮合で結合させてつくられる4つの水酸基を持った高純度のポリオールです。

化学的にはアルコールに分類される物質です。

しかし、化粧品成分で「アルコール」といえば、エタノールのことです。

だから、化粧品にジグリセリンが入っていてもアルコール配合と言いません。

ジグリセリンは、少量のグリセリンやポリグリセリンを含んでいます。

においのほとんどない、無色透明で粘性のある液体ですが、グリセリンと比較してベタつきが少なく、サラッとした使用感が特徴です。

化粧品の全成分表示でも、医薬部外品の表記でも、同じく「ジグリセリン」と表記されます。

そのはたらきは、グリセリンと似ていて保湿効果があります。

また、グリセリンと同じく温感作用があるので、マッサージジェルにも用いられます。

ジグリセリンと同じく、グリセリンからつくられる化粧品成分にエチルヘキシルグリセリンがあります。この成分は、抗菌効果が強いことが特徴です。

2)ジグリセリンが配合される化粧品

ジグリセリン配合化粧品のイメージ

ジグリセリンは、保湿性とそのテクスチャーの良さからさまざまなスキンケアアイテムに使用されます。

洗顔料クレンジングジェルなどのクレンジング料保湿化粧水保湿美容液乳液保湿クリームフェイスマスクオールインワン化粧品、ボディクリーム、ハンドクリーム頭皮ケア爪ケア用のアイテム、日焼け止めや化粧下地、ファンデーションなどのメイク用のアイテムに使われます。

エイジングケア化粧水エイジングケア美容液エイジングケア保湿クリームなどにも配合されるようになっています。

さらには、ウレタン、脂肪酸エステルなどの誘導体の原料、水溶性高分子の可塑剤などの工業用製品にも使われます。


3.ジグリセリンの効果と安全性

ジグリセリンの効果を感じる女性

1)ジグリセリンの効果

ジグリセリンの保湿は、水分を吸着することによって発揮されます。

つまり、ヒューメクタントです。

これは、天然保湿因子(NMF)の成分であるアミノ酸尿素などと同じです。

ジグリセリンは、グリセリンと同じ程度の保湿力がありますが、水分を挟み込んで保湿するセラミドや水分を抱え込んで保湿するプロテオグリカンヒアルロン酸コラーゲンなどよりも保湿力は劣ります。

シャンプーなど毛髪や頭皮ケアのアイテムに配合されると、なめらかさやしっとり感が増します。

また、ジグリセリンには防腐効果や殺菌効果もあるので、パラベンフェノキシエタノールなどの防腐剤の配合量を少なくすることができます。

2)ジグリセリンでケアできる肌悩み

ジグリセリンは、乾燥肌対策くすみ毛穴小じわなどの肌悩みのエイジングケアに有効です。

乾燥肌を改善することで、肌のハリツヤのある美肌がキープできるのです。

しかし、顔のたるみが原因のしわほうれい線を消すことはできません。

ジグリセリンで、表皮角層バリア機能の保護ターンオーバーの正常化は期待できても、真皮肌老化を改善することはできません。

3)ジグリセリンの安全性

ジグリセリンの安全性のイメージ

ジグリセリンは、毒性はなく、刺激性も少ない安全性の高い成分です。

そのためバリア機能を壊すなどのリスクが低い成分です。

したがって、普通肌や脂性肌はもちろん、乾燥肌敏感肌インナードライ肌混合肌などどんな肌質の方でも使うことが可能です。

しかし、どんな成分でも誰にでも安全とは言えませんし、化粧品かぶれによる接触皮膚炎肌荒れなどになる可能性を100%否定することはできません。

だから、アトピー性皮膚炎などのアレルギーのある方や、お肌が弱い方は注意が必要です。

肌が弱いなどで気になる方は、パッチテストをすることをおすすめします。


4.オススメのジグリセリンの配合エイジングケア化粧品

ジグリセリン配合のオススメのエイジングケア化粧品をご紹介します。

1)ジグリセリン配合の保湿クリーム「ナールス ユニバ」

ジグリセリン配合の保湿クリーム「ナールス ユニバ」

ジグリセリン配合のオススメのエイジングケア保湿クリームは、「ナールス ユニバ」です。

私たちの保湿クリームランキングでは、第1位です。

ナールス ユニバとは、QOS(Quality Of Skin=お肌の質)の向上、つまり、「細かく整ったキメ」、 「お肌の内側からのハリと弾力」 、「健やかな肌の透明感」 、「表皮のバリア機能」、 「十分な潤い」 など美肌を実現すべく、攻めと守りのエイジングケアをサポートする成分をバランスよく配合した、高機能な保湿クリームです。

成分は濃厚、でも使い心地は軽く、すごく伸びがよいクリームです。

コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンヒートショックプロテイン(HSP)47、ヒートショックプロテイン(HSP)70などの真皮のたんぱく質や、お肌の酸化を防ぐグルタチオンを増やすナールスゲンを推奨濃度で配合しています。

また、セラミドやスクワランシアバターなどの油溶性の高保湿成分、つまりエモリエントを配合しています。

2)ジグリセリン配合のハンド美容ジェル「ナールス ロゼ」

ジグリセリン配合のハンド美容ジェル「ナールス ロゼ」

オススメのジグリセリン配合のハンドクリームは、ナールス ロゼです。

ナールス ロゼは、バラの女王と呼ばれるダマスクローズを50%も配合。

ナールス ロゼは「ハンドクリーム」とは呼ばず「ハンド美容ジェル」と呼んでいます。

それは、一般のハンドクリームと比較して、次の特徴があるからです。

  • 美容液に配合するのと同じレベルで、エイジングケア化粧品成分や保湿成分を配合していること
  • 油溶性成分が少なく、テクスチャーがジェル状であること

春や夏でも使えるハンドジェルで、しっかりと手肌の乾燥手のしわを防ぎます。

油分の多いハンドクリームにはない、水分の保持力に優れたエイジングケアハンドクリームです。

ナールス ロゼの特徴をまとめると、次のとおりです。

  • ダマスクローズの芳醇な香りで心身のリラックスができるハンド美容ジェル
  • それ以外にもバラ成分であるセンチフォリアローズノイバラカニナバライザヨイバラのエキス配合
  • エイジングケア化粧品成分ナールスゲンが、コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチン、ヒートショックプロテイン(HSP)47&70をサポート
  • ジェルタイプでしっとり感がありながら、ベタツキが残らないテクスチャー。オフィスなどでも使いやすいハンド美容ジェル
  • ヒト型セラミドセラミド2」配合で高い保湿力
  • 赤いビタミン「シアノコバラミン」配合
  • 防腐剤フリー、無香料、無着色、合成界面活性剤フリーで低刺激

ダマスクローズを高濃度で配合したハンド美容ジェル「ナールス ロゼ」の詳しい情報は、こちら。

ナールス ロゼは、ホンモノのダマスクローズのハンドジェル

ランキングに頼らずハンドクリームを選ぶ知恵なら、

ハンドクリームのランキングでは明かされない選び方と使い方


5.まとめ

ジグリセリンの化粧品成分としての効果と安全性の秘密!のまとめ

ジグリセリンとは何かについて、またその特徴、効果、安全性についてご紹介しました。

また、どんな化粧品に配合されるかを取り上げました。

さらに、ジグリセリン配合のオススメのエイジングケア化粧品をご紹介しました。

いかがだったでしょうか?

ジグリセリンは水溶性で、グリセリンからつくられる保湿成分です。だから、乾燥肌やそれが原因の肌悩みのエイジングケアが期待できます。

ジグリセリンは、グリセリンよりもさらったとした感触が特徴のため、さまざまなスキンケアアイテムに配合されます。化粧水、保湿クリーム、ハンドクリームなどがそうです。

ジグリセリン配合のスキンケア化粧品を上手に使って、エイジングケアに活かしましょう。

ナールスチャンネルをみて動画でエイジングケアを学ぼう!

関連記事

BG(ブチレングリコール)は化粧品の保湿成分なのか、防腐剤なのか?

続きを読む

ベタインを上手に使ってキレイな肌に!おすすめの化粧品と効果

続きを読む

1,2-ヘキサンジオールは保湿力と抗菌力がある化粧品成分!安全なの?

続きを読む

グリセリンは化粧品や化粧水に適した成分!効果と安全性は?

続きを読む

HSP(ヒートショックプロテイン)を増やす7つの方法で美肌へ!

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」