ビタミンC誘導体APPS(アプレシエ)化粧水の選び方とオススメ

APPS化粧水を選ぶ女性

あなたは、高浸透型ビタミンC誘導体「APPS」(アプレシエ)って、ご存知でしょうか?

最近では、そのエイジングケアへの期待から人気の高い成分で、APPS(アプレシエ)配合のビタミンC誘導体化粧水も増えています。

この記事では、そんなAPPS(アプレシエ)を配合した化粧水の効果や選び方、おすすめのアイテムをご紹介します

1.APPS(アプレシエ)化粧水にご興味があるあなたへ

APPS(アプレシエ)化粧水にご興味があるあなたへ

ビタミンC誘導体化粧水といえば、エイジングケア化粧品ではとても人気の高いアイテムです。

なぜなら、ビタミンC誘導体には、抗酸化や美白コラーゲンの生成サポート、皮脂のコントロールなど、エイジングケアにとって良いはたらきがたくさんあるからです。
つまり、肌のハリツヤをもたらしてくれるのです。

そんなビタミンC誘導体には、

の2種類があります。

水溶性ビタミンC誘導体のメリットとしては、即効性が高いこと、デメリットとしては刺激があることです。

一方、油溶性ビタミンC誘導体のメリットとしては、浸透力が高いこと、デメリットとしては即効性がないことやべたつきがあることです。

そんな2種類のビタミンC誘導体のメリットを重ね合わせるために開発されたビタミンC誘導体が、両親媒性の高浸透型ビタミンC誘導体「APPS(アプレシエ)」です。

「APPS(アプレシエ)ってどんな点がエイジングケアに良いの?」

「APPS(アプレシエ)配合化粧水の選び方や使い方のポイントは?」

「オススメの「APPS」(アプレシエ)配合化粧水って?」

などが知りたい方は、ぜひ、続きをお読みくださいね。

<この記事でお伝えしたい大切なこと>
  • APPS(アプレシエ)は、従来の水溶性ビタミンC誘導体を改良して浸透力を高め、刺激性を小さくしたビタミンC誘導体です。
  • APPS(アプレシエ)は、水にも油にもなじみやすい両親媒性を持っています。
  • APPS化粧水は、30代からのエイジングケアにオススメのエイジングケア化粧品です。
  • しかし、APPS(アプレシエ)は、刺激性もあること、乾燥肌にはあまり向かないことから、どんな肌質の方でも使えるものではありません。
  • APPS化粧水は、肌悩み、肌質、他の配合成分、価格なども踏まえて、自分に合ったものを選びましょう。

2.高浸透型ビタミンC誘導体「APPS」(アプレシエ)とは?

APPS化粧水のイメージ

今、少し触れたようにAPPS(アプレシエ)は、水溶性ビタミンC誘導体と油溶性ビタミンC誘導体のメリットを併せ持つビタミンC誘導体です。

そんなAPPS(アプレシエ)についてもっと詳しく取り上げてみます。

1)ビタミンC誘導体のはたらき

APPS(アプレシエ)の前に、ビタミンC誘導体の特徴をご紹介します。

ビタミンC誘導体の効果と作用としては、

①美白効果

ビタミンC誘導体には、メラニンの生成を抑える作用と、できてしまったメラニンの色素を還元してメラニンの沈着を防ぐ作用があります。この作用によって、シミを予防する美白効果をもたらします。

だから、美白化粧水には、ビタミンC誘導体が配合される場合がよくあります。

②ニキビの予防・改善効果

ビタミンC誘導体は、ニキビができる原因の1つである皮脂をコントロールするはたらきがあります。過剰な皮脂の分泌を減らし、ニキビの炎症を抑えてくれるのです。

だから、ビタミンC誘導体はニキビケアの化粧水にもよく配合されます。

③毛穴の引き締め・詰まり改善効果

毛穴の引き締めや詰まりの改善にも、ビタミンC誘導体は効果的です。

皮脂のコントロール作用で毛穴を引き締め、目立たなくします。

そのため、ビタミンC誘導体は収れん化粧水にもよく配合されます。

④抗酸化作用

ビタミンC誘導体にはエイジングケアに有効な抗酸化作用があります。

お肌は、紫外線ダメージやストレスなどで、「活性酸素」にさらされます。この「活性酸素」が過剰になれば、真皮線維芽細胞やコラーゲン、エラスチンなどにダメージを与えます。

これがお肌の酸化です。

その結果、しわたるみほうれい線たるみ毛穴などのエイジングサインの原因になるのです。

ビタミンC誘導体には、その還元作用で活性酸素を取り除くはたらきがあるのです。

⑤コラーゲン産生をサポート

ビタミンC誘導体には、コラーゲンを増やす作用もあります。

これはエイジングケアにとってとてもウレシイ効果で、肌のハリや弾力のキープができるのです。

⑥ターンオーバーの正常化

ビタミンC誘導体には、血行を促進する作用もあるので、ターンオーバーの正常化もサポートします。

このように肌悩みお肌の老化に優れた効果が期待できるビタミンC誘導体ですが、効果はその成分の浸透力などでも異なります。

APPS(アプレシエ)は、ビタミンC誘導体のはたらきを引き出すために、従来型のビタミンC誘導体を改良したエイジングケア化粧品成分です。

2)APPS(アプレシエ)の成り立ちと表示名

APPS(アプレシエ)は、従来からあるリン酸型ビタミンC誘導体にパルミチン酸を付加してできた進化型のビタミンC誘導体です。

化粧水などの化粧品の全成分表示では、「パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na」です。

3)APPS(アプレシエ)の優れた特徴とメリット

APPS(アプレシエ)は、他のビタミンC誘導体よりもさらに機能性の高い特徴を持っています。

その1つは高い浸透力で、従来のビタミンC誘導体と比較すると約100倍の浸透力があるとも言われています。また、比較的刺激性も低いとされています。

APPS(アプレシエ)は、水と油の両方に親和性が高いので、化粧水、美容液、乳液、保湿クリーム、フェイスマスクなど、さまざまな化粧品に配合することができます。

4)APPS(アプレシエ)のデメリット

APPS(アプレシエ)のデメリットの1つは、安定性が若干低いことです。

原材料は粉末状ですが、直射日光や水、空気によって劣化しやすいというデメリットがあります。だから、保管にはより注意が必要です。

また、価格が高いため、効果のある濃度で配合した化粧品の価格は高い傾向にあります。


3.「APPS」(アプレシエ)配合化粧水の選び方

APPS化粧水がどのようなものか考える女性

ここからは、APPS配合化粧水のランキングだけに頼らない選び方をご紹介します。

1)APPS(アプレシエ)配合化粧水は、どんな肌悩みに良いの?

APPS(アプレシエ)配合化粧水の選び方を考える前に、どんな方やどんな肌悩みに向いているか?また、どんな方には向いていないのかを考えてみましょう。

①APPS(アプレシエ)配合化粧水がケアできる肌悩みと向かない肌悩み

ビタミンC誘導体には様々なはたらきがあるので、30代からの様々なエイジングサインのスキンケアアイテムとして、APPS(アプレシエ)配合化粧水を広い範囲で活用できます。

  • 目元や口元などの小じわ
  • メラニンによるくすみ
  • シミやそばかすの予防(*予防効果が認められるのは、医薬部外品の美白化粧品の場合)
  • 目の下のクマのケア
  • たるみ毛穴
  • ほうれい線
  • にきび
  • いちご鼻

などがAPPS(アプレシエ)配合化粧水が向く肌悩みです。

一方、乾燥肌対策にはAPPS(アプレシエ)配合化粧水は向きません。

その点について詳しくは、「乾燥肌対策の保湿にビタミンC誘導体化粧水は使っていいの?」をご覧ください。

②APPS(アプレシエ)配合化粧水が向く肌質、向かない肌質は?

肌質については、「肌質(肌タイプ)の診断と改善のコツは?」で詳しく取り上げていますが、普通肌、脂性肌、乾燥肌、乾燥性脂性肌の4つを基本として、混合肌などもあります。

また、肌質ではなく肌状態としては、乾燥肌がひどくなった敏感肌インナードライ肌などもあります。

これらのうち、普通肌や脂性肌はビタミンC誘導体化粧水が向く肌質です。

一方、乾燥肌、乾燥性脂性肌、インナードライ肌、敏感肌は注意が必要です。

また、ビタミンC誘導体に刺激を感じる方、バリア機能が低下している場合は避けた方が良い場合もあります。

APPS(アプレシエ)配合化粧水は、幅広いエイジングケアに使えるビタミンC誘導体化粧水ではあっても、万能ではないこと、肌質や肌状態によっては合わない場合もあることを理解しておきましょう。

なお、敏感肌の方の化粧水の選び方は、「敏感肌化粧水の選び方は、ランキングより正しい知識で!」を参考にしてください。

2)ランキングに頼らないAPPS(アプレシエ)配合化粧水の選び方

ランキングに頼らずにAPPS化粧水を選ぶ女性

エイジングケアアカデミーでは、化粧品ランキングだけに頼らないで、しっかりした知識でエイジングケア化粧品を選ぶことをオススメしています。

APPS(アプレシエ)配合化粧水の選び方も同じです。

①APPS(アプレシエ)の配合濃度をチェック

これまでAPPS(アプレシエ)について詳しく説明しましたが、それ自体のポイントは、配合濃度です。

APPS(アプレシエ)をはじめビタミンC誘導体は、配合濃度が高ければ効果がアップする反面、刺激も強くなります。

だから、「良い塩梅」の配合濃度のAPPS(アプレシエ)化粧水を選ぶことが大切です。

  • APPS(アプレシエ)の配合濃度は、ほとんど0.1〜2%の範囲
  • 化粧品の全成分表示は、1%以上は順番に記載される
  • 配合濃度は開示されない場合が多い

だから、「パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na」の表示が全成分表示で上位に記載されていれば配合濃度が高く、下位であれば配合濃度が低いのです。

この方法である程度がわかります。

もう1つは、直接、化粧品メーカーや販売会社に確認してみることです。

正確な配合濃度は無理でも高濃度か低濃度かなど、ある程度は教えてもらえるはずです。

お肌が強く、これまでも高い配合濃度のビタミンC誘導体でも大丈夫であれば、高濃度のAPPS化粧水でも問題ありませんが、初めて使う場合やあまり配合濃度の高くないビタミンC誘導体化粧水を使ってきた方には、1%以下のものがオススメです。

②APPS(アプレシエ)以外の成分に注目する

APPS(アプレシエ)化粧水の選び方としては、APPS(アプレシエ)以外の成分に注目することも大切です。

ポイントの1つは、保湿成分。

ビタミンC誘導体には保湿力がないので、プロテオグリカンヒアルロン酸、コラーゲン、アミノ酸グリセリンなどの水溶性の保湿成分に注目しましょう。

中でも、プロテオグリカンやヒアルロン酸は、保湿力の高い成分です。

次のポイントは、エイジングケア化粧品成分。

できれば、ビタミンC誘導体と相性の良い成分がオススメです。

ナールスゲンは、コラーゲン、エラスチンヒートショックプロテイン47を増やすサポートをする成分ですが、ビタミンC 誘導体といっしょにはたらくことでコラーゲン産生に相乗効果を発揮します。

また、トコフェロールやトコフェリルリン酸などのビタミンE誘導体は、ビタミンC誘導体の有効利用ができる抗酸化成分です。

APPS(アプレシエ)とナールスゲンやビタミンE誘導体が一緒に配合されたエイジングケア化粧水はオススメです。

また、あまり知られていませんが、水性保湿油と呼ばれるウィルブライドS-753という保湿成分にも、ビタミンC誘導体の浸透を高めるはたらきがあります。

浸透力をアップさせたいなら、ウィルブライドS-753がAPPS(アプレシエ)と一緒に配合されている化粧水がオススメです。

最後に、エイジングケアに余計な成分や自分にとって刺激のある成分が入っている化粧水は避けることです。

防腐剤や界面活性剤は、品質保持や製品の安定性を考える上では、ある程度の配合は許与できます。

しかし、合成香料、合成着色料などはなくても良い成分です。

また、アルコールに刺激を感じる方もいるので、アルコールフリー化粧水をオススメします。

他では、PG(プロピレングリコール)なども刺激があるので、避けた方が良い成分です。

③コストパフォーマンスを考える

APPS(アプレシエ)化粧水のコストパフォーマンスもチェックしてみましょう。

化粧水は多少テクスチャーが異なっても、おおむね使う量は同じです。

価格を容量で割れば、1mlあたりの価格が計算できますね。

APPS(アプレシエ)と一緒に配合している成分にもよりますので、安ければ良いというわけでありませんが、いくつかの化粧水を比較することも大切です。

また、1か月の使用量を考えて、使い続けることができる価格のAPPS(アプレシエ)化粧水を選びましょう。

個人差はありますが、バシャバシャ使うのでなければ、1か月の使用量は100ml以下です。

だから、1か月の価格を考えてみることも1つのポイントです。

④化粧品メーカーの提供姿勢を考える

APPS(アプレシエ)化粧水を販売する企業の情報提供の姿勢や顧客対応のレベル、親身になって肌悩みの相談に乗ってくれるかなどもチェックしてみましょう。

化粧品はいくら良いものでも、誤った使い方や合わない状態で使えば期待した実感を得ることはできません。

だからこそ、親身になってあなたのお肌の相談に乗ってくれるスタッフ、エイジングケアやスキンケア、化粧品の専門的な知識があるスタッフがいる会社の化粧品を選びましょう。

⑤そもそも自分に合うかを考える

さきほど、APPS(アプレシエ)化粧水がケアできる肌悩みや肌質などについて触れました。

最後に改めて、自分自身のエイジングケアの目的にあっているか、肌質や肌状態に合うかなどもチェックしてみましょう。


4.「APPS」(アプレシエ)配合化粧水の使い方のコツ

APPS化粧水を使う女性

化粧水全般の使い方については、「化粧水の使い方で美肌効果を高める!上手なエイジングケア」で取り上げていますので、ここでは、APPS(アプレシエ)配合化粧水の使い方を考えてみましょう。

1)効果を高める使い方・つけ方

①ハンドプレスで使おう!

APPS(アプレシエ)配合化粧水は、浸透力が高いのですが、他の成分も含めてしっかりと美容成分を浸透させたいならハンドプレスがオススメです。

詳しくは、「化粧水はハンドプレスで浸透力や保湿効果が高まるって本当?」をご覧ください。

②手が良いの?コットンが良いの?

APPS(アプレシエ)配合化粧水は、手でもコットンでも使えますが、エイジングケアの視点からは、お肌の状態を手肌で感じることができる「手」をオススメします。

その詳しい理由は、「化粧水をコットンで使うって良いの?エイジングケアの視点から」をご覧ください。

また、化粧水のパッティングもできれば避けた方が良い方法です。

理由は、「化粧水のパッティングは、エイジングケアにとって良いつけ方?」をご覧ください。

③化粧水パックは?

化粧水パックも、密閉効果によって美容成分をお肌の奥まで浸透させるには良い方法です。

ただし、APPSを含むビタミンC誘導体化粧水を使った後は、しっかり保湿することを忘れずに。

また、あまり高い頻度で行うとターンオーバーが促進しすぎて、お肌の乾燥を助長するので、週1~2回程度を目安にしましょう。

詳しくは、「化粧水パックは、失敗で美肌が遠くなる!正しい方法で保湿を」をご覧ください。

④イオン導入器で使えるの?

美顔器の1種であるイオン導入器は、ビタミンC誘導体をはじめ、プラセンタアミノ酸成分をお肌の奥まで浸透させるはたらきがあります。

だから、APPSの作用を高める上では、イオン導入器はとても有効な手段です。

一方、浸透が高まることで刺激を感じるリスクも増えるので、高濃度のAPPS化粧水ではそこまでする必要はないでしょう。

イオン導入器については、「イオン導入器の美容効果とエイジングケアから考える注意点」も参考にしてください。

⑤美容液や保湿クリームは必要?

APPSを含むビタミンC誘導体化粧水を使った後は、保湿が大切です。

もちろん、ビタミンC誘導体化粧水には保湿成分が含まれている場合が多いので、ある程度の保湿は可能です。

しかし、ビタミンC誘導体化粧水にはセラミドなどの保湿成分、またシアバターやスクワランなどの油性成分、その他の美容オイルなどが含まれていない場合が大半です。

できれば、APPSを含むビタミンC誘導体化粧水のあとで美容液や保湿クリームを使って保湿をしましょう。

2)こんな場合は、使用を控えましょう!

APPS(アプレシエ)には、皮脂分泌抑制作用があります。そのため、乾燥肌の原因になる可能性があります。

また、改良したとはいえ、刺激があります。

だから、

  • お肌が敏感な状態だと感じるとき
  • お肌の乾燥がきついと感じるとき
  • 使って刺激を感じる肌状態のとき

などは、使用を一旦控えましょう。


5.オススメの「APPS」(アプレシエ)配合化粧水

オススメのAPPS化粧水のメーカー

1) APPS化粧水もたくさんの種類が!

今では、多くの化粧品メーカーから色んなAPPS化粧水が登場しています。

APPSは、アットコスメなどの口コミやランキング、美容雑誌などの特集でも取り上げられるようになってきたので、ご存知の方も多いかもしれませんね。

APPS配合のおすすめの化粧水のブランド名をお知らせします。

それぞれの特徴をチェックして自分に合ったAPPS化粧水を選んでくださいね。

各社のページで特徴を確認してくださいね。

  • サイクルプラス「エンリッチローション」
  • DUVOTA 「Cローション」
  • skinpro「VCローション」
  • プリモディーネ 「シーバムコントロールVCローション」
  • ビューティモール「プレミアムAPPS+E(TPNa)ローション」
  • ドクターケイ 「ケイカクテルVローション」
  • アクセーヌ 「ホワイト エマルジョン ディープ モイスチュア C」
  • ドクターライン「DLホワイト BAエッセンス」
  • ドクターシーラボ 「VC100エッセンスローション 」

2)2017年発売のオススメのAPPS配合エイジングケア化粧水

2017年7月に登場の最新APPS配合のエイジングケア化粧水がナールスピュア。

ナールスピュアは、2013年から市販されているエイジングケアローションで、

  • ナールスゲン推奨濃度配合
  • 水溶性ビタミンC誘導体アスコルビン酸ナトリウム配合
  • 両親媒性ビタミンE誘導体トコフェリルリン酸ナトリウム配合の、全成分が10種というシンプルなスキンケアアイテムでした。

そのナールスピュアは、2017年7月のリニューアルによって

  • APPS(アプレシエ)をプラスで配合
  • プロテオグリカンをプラスで配合
  • ウィルブライドS-753をプラスで配合
  • 界面活性剤完全フリーを実現

などの特徴が新たに加わりました。

これで3成分が増え、1成分が減ったことで、全成分は12成分。

シンプルな配合を維持しながらも、エイジングケアへの期待度がアップ!

自ら潤い弾む美肌をもたらすエイジングケア化粧水です。

30代からの初めてのエイジングケアはもちろん、40代のエイジングケアにも50代のエイジングケアにもオススメのエイジングケア化粧水です。

APPS配合化粧水なら、

ナールスゲン配合エイジングケアローション「ナールスピュア」

初回限定価格!(4,500円→3,150円)(税別)

ナールスピュア


6.まとめ

APPS(アプレシエ)についてのまとめ

進化型のビタミンC誘導体であるAPPS(アプレシエ)のメリットやデメリットとAPPS化粧水の選び方から使い方、またオススメのAPPS化粧水まで幅広くご紹介しました。

エイジングケアへの期待や様々な効果に加えて、即効性と浸透力から今や大人気となったAPPS(アプレシエ)。上手に使えばエイジングケアに大いに役立ちますが、使い方を誤ればデメリットもあります。

そんなAPPS(アプレシエ)とビタミンC誘導体化粧水の知識をしっかりと身に着け、正しく効果的なエイジングケアによって美肌を手に入れてくださいね。

関連記事

メンズ(男性)も化粧水を使う時代!ランキングに頼らない選び方

続きを読む

40代の肌悩みで考えるエイジングケア化粧水の選び方・使い方

続きを読む

30代のエイジングケア化粧水の選び方と使い方のコツは?

続きを読む

化粧水の使い方・つけ方で美肌効果アップ!上手なエイジングケア

続きを読む

ふき取り化粧水の効果は?メリットとデメリットと使い方のコツ

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」