水酸化K(カリウム)は化粧品に使うアルカリ剤(pH調整剤)

水酸化K(カリウム)配合化粧品を調べる女性

水酸化Kは、「すいさんかカリウム」と読みますが、アルカリ剤の一種で化粧品ではpH調整剤として配合されます。

また、ステアリン酸やラウリン酸などの脂肪酸と塩をつくることで洗顔料などの界面活性剤として使用されています。

この記事では、水酸化Kのはたらきや効果、安全性を解説します。

また、どんな化粧品に配合されるかをご紹介します。

さらに、水酸化K配合のオススメのクレンジング料についてもご紹介します。

水酸化K(カリウム)は化粧品に使うアルカリ剤(pH調整剤)の目次

1.水酸化K(カリウム)に興味があるあなたへ

化粧品に使う水酸化K(カリウム)に興味がある女性

水酸化K(カリウム)は、水酸化Na(ナトリウム)などと並ぶ代表的なアルカリ剤のひとつです。

水酸化Kは、塩化カリウムを電解して得られる成分で化粧水美容液など化粧品のpH調整剤として使われます。

また、ステアリン酸やラウリン酸などの脂肪酸と塩をつくることで石けんの材料にもなり、洗顔料などにも使われます。

また、エイジングケア化粧品にも配合されます。

正しいエイジングケアのためには、水酸化Kをはじめ、さまざまな化粧品成分について理解することが大切です。

なぜなら、特徴やメリット、デメリットを知ることで上手な使い方ができて、美肌になれるから。

この記事では、水酸化K(カリウム)の特性、効果、安全性について詳しくご紹介します。

また、どんな化粧品に配合されるかを取り上げます。さらに、水酸化K配合のオススメのクレンジング料についてもご紹介します。

「水酸化Kってどんな化粧品成分?効果やはたらきは?」

「メリットとデメリットは?」

「水酸化Kの安全性や刺激性は?敏感肌でも使えるの?」

「水酸化Naとどう違うの?」

「水酸化K配合のオススメのクレンジング料は?」

などが気になる方は、ぜひ、続きをチェックしてくださいね。

<オススメの水酸化K(カリウム)配合クレンジング料なら>

医師監修で石鹸より優しいアミノ酸系洗浄成分配合

敏感肌でも安心のクレンジングジェル「ナールス エークレンズ」

水酸化K(カリウム)配合クレンジング「ナールスエークレンズ」
<今だけ!無料サンプルプレゼント!!>

【皮膚科医監修】大人の女性にオススメのクレンジング!ぜひお試しください☆

ナールスエークレンズ無料サンプル申し込み

<この記事の大切なポイント>
  • 水酸化K(カリウム)は、代表的なアルカリ剤のひとつです。白色の小球、または薄片や塊です。
  • 水酸化Kは、pH調整剤、石けん素地の材料として使われます。水酸化Na(ナトリウム)も同じはたらきをします。
  • 水酸化Kは、洗顔料やクレンジング料、化粧水をはじめさまざまな化粧品に配合されます。水酸化Naより水に溶けやすいので、液状やジェル状のスキンケア製品に適しています。
  • 水酸化Kは、強いアルカリなので本来はとても危険性の高い成分です。しかし、化粧品成分として配合される場合は、酸で中和されて、かつ低い濃度で配合されます。
  • 安全性のリスクはほぼ取り除かれています。だから、水酸化K 配合の化粧品や石けん、クレンジング料などは、肌質を問わず使用することが可能です。

2.水酸化K(カリウム)とは?

化粧品に配合されている水酸化Kについて考える女性

1)水酸化Kの基本的な特徴

水酸化Kは、白色の小球、または薄片や塊です。

水酸化Na(ナトリウム)とともに代表的なアルカリ剤(pH調整剤)です。

ステアリン酸やラウリン酸などの脂肪酸と結合して「カリ石けん素地」として石けんの原料に使われることも多い成分です。

また、カルボマー(アクリレーツ/アクリル酸(C10-30))クロスポリマーなどのアルカリ中和タイプの高分子と反応させることで、粘性を高める増粘剤として乳化の安定性を高めるために配合されます。

さらに、水酸化Kの薄い水溶液は、肌の表面を柔らかくする効果もあるので、さまざまな化粧品に配合されます。

化粧品としての全成分表示は、「水酸化K」です。

一方、医薬部外品の場合の表示名称は、「水酸化カリウム」です。

2)水酸化Kと水酸化Naの違いは?

どちらも同じはたらきをしますが、水酸化Kと水酸化Naの違いは、への溶けやすさです。

どちらも水に溶けやすいのですが、水酸化Kの方がより溶けやすいのです。

そのため、水酸化Kはクレンジング料や液体、乳液状の石けんなどによく使われます。

一方、水酸化Naは、固形の石けんや酵素洗顔パウダーなどによく使われます。


3.水酸化K(カリウム)が配合される化粧品

アルカリ剤水酸化Kが配合される化粧品のイメージ

水酸化Kは、さまざまな化粧品に配合されます。

石けん、洗顔フォーム、酵素洗顔パウダーなどの洗顔料、クレンジングジェルなどのクレンジング料保湿化粧水保湿美容液乳液保湿クリームフェイスマスクオールインワン化粧品、ボディローション、ハンドクリームシャンプーリンスなどの毛髪や頭皮ケアのアイテム、日焼け止めや化粧下地などのメイク用のアイテムに使われます。

エイジングケア化粧水エイジングケア美容液エイジングケア保湿クリームなどにも配合されます。


4.水酸化K(カリウム)の安全性

水酸化Kの安全性のイメージ

水酸化Kは水に溶けると非常に強いアルカリ性を示し、皮膚につくと大変危険な成分です。

そのため、5%の濃度を超える場合は、毒物及び劇物取締法により劇物に指定されています。

しかし、脂肪酸など酸と反応して中和されることで、毒性や刺激性がなくなります。

化粧品に配合される場合は、必ず中和させて危険性をなくしていますし、また配合濃度も低く設定されます。

だから、水酸化Kの単体としての危険性が現れることはありません。

つまり、化粧品に配合されるレベルでは、水酸化Kは、毒性、刺激性、アレルギーなどが少ない安全性の高い成分であると考えられます。

だから、バリア機能を壊すなどのリスクが低い成分です。

したがって、普通肌脂性肌はもちろん、乾燥肌敏感肌インナードライ肌をはじめ、どんな肌質の方でも使うことが可能です。

しかし、どんな成分でも、誰にでも100%安全とは言えないことは留意しておきましょう。


5.水酸化K(カリウム)配合のオススメのクレンジング料

水酸化K配合クレンジング「ナールスエークレンズ」

水酸化K配合のオススメのクレンジングジェルをご紹介します。

アミノ酸系界面活性剤配合クレンジングジェル「ナールス エークレンズ」です。

水性のオイルフリーのクレンジングジェルで、水酸化K以外にもアミノ酸系界面活性剤の1つであるラウロイルグルタミン酸Naが主な洗浄成分なので、乾燥肌や敏感肌でも安心して使えるクレンジング料です。

また、ダブル洗顔不要のクレンジング料です。

水酸化K配合以外の特徴は次の通りです。

ナールス エークレンズは、皮膚科医監修で、次のような特徴があります。

ぜひ、エイジングケア世代の女性に使っていただきたいクレンジングジェルです。

<全成分>

水、BGラウリン酸ポリグリセリル-10ペンチレングリコールグリセリン、ラウロイルグルタミン酸Na、ヒアルロン酸Na加水分解ヒアルロン酸、グルコシルセラミド、金、タナクラクレイ、カワラヨモギ花エキス、シソ葉エキス、ユズ果実エキス、アーチチョーク葉エキス、ダマスクバラ花油α-グルカンPEG-60水添ヒマシ油、カルボマー、ポリアクリル酸Na、水酸化K


6.まとめ

水酸化K(カリウム)は化粧品に使うアルカリ剤(pH調整剤)のまとめ

水酸化K(カリウム)がどんな化粧品成分なのか、その特徴や効果、安全性をご紹介しました。

また、どんな化粧品に配合されるかも取り上げました。

さらに、水酸化K配合のオススメのクレンジングジェルについてもご紹介しました。

いかがだったでしょうか?

水酸化Kは、クレンジング料をはじめさまざまな化粧品に使われています。

本来、劇薬ですが、低濃度でかつ中和されていればとても安全だからです。

ぜひ、水酸化Kを正しく理解して、上手にエイジングケアに取り入れてくださいね。

<今だけ!無料サンプルプレゼント!!>

【皮膚科医監修】大人の女性にオススメのクレンジング!ぜひお試しください☆

ナールスエークレンズ無料サンプル申し込み

ナールスチャンネルをみて動画でエイジングケアを学ぼう!

関連記事

BG(ブチレングリコール)は化粧品の保湿成分なのか、防腐剤なのか?

続きを読む

ベタインを上手に使ってキレイな肌に!おすすめの化粧品と効果

続きを読む

1,2-ヘキサンジオールは保湿力と抗菌力がある化粧品成分!安全なの?

続きを読む

グリセリンは化粧品や化粧水に適した成分!効果と安全性は?

続きを読む

HSP(ヒートショックプロテイン)を増やす7つの方法で美肌へ!

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」