ソバカス(雀卵斑)はシミと同じ?原因と予防法・消す方法

ソバカスを気にする女性

ソバカスは、子供の頃に目の周りや頬などに現れるシミ。

医学的には雀卵斑(じゃくらんはん)と呼ばれています。

子供なら可愛いですが、20代以上になると消したいですね。

この記事では、ソバカスと老人性色素班との違いや原因と予防・改善の方法をご紹介します。

ソバカス(雀卵斑)はシミと同じ?原因と予防法・消す方法の目次

1.ソバカスが気なるあなたへ

ソバカスを気にする女性

ソバカスがチャームポイントといえば、あの有名な少女漫画「キャンディキャンディ」の主人公の少女「キャンディ・ホワイト」。

また、ハリーポッターに出演して有名になった女優エマ・ワトソンさんもソバカスが魅力的です。

確かに子供や若い女性は、ソバカスがあってもチャーミングな場合もあります。

でもエイジングケア世代をはじめ多くの女性にとっては、ソバカスがあると美肌とは言えません。

だから、消したい肌悩みですね。

ソバカスは、医学的には雀卵斑(じゃくらんはん、ephelis)と呼ばれる皮膚にできるシミの一種です。

子供の頃かから目立つことが多く、思春期になると一層目立ってきます。

色白の人によく現れる傾向があり、紫外線を浴びることで、濃くなったり広がったりします。

しかし、エイジングケア世代で目立つこともあります。

この記事では、ソバカスと老人性色素班との違いや原因と予防・改善の方法、消す方法をご紹介します。

「ソバカスと他のシミの違いは?年齢を重ねると治るの?」

「ソバカスの原因って何?シミと同じなの?」

「予防法を教えて!」

「ソバカスは美白化粧品で消せるの?」

「美容医療で消す方法は?」

などが気になる方は、ぜひ、続きをチェックしてくださいね。

<ソバカスの予防は日焼け止めで!>

赤ちゃんでも使えるほど優しくて、しっかり紫外線対策ができる!

SPF40、PA+++  ナールスゲン推奨濃度配合UV化粧下地「ナールス ヴェール」

ナールスゲン推奨濃度配合UV化粧下地「ナールス ヴェール」

日焼け止め・UV化粧下地「ナールス ヴェール」モデル白山真希さんインタビュー

飯塚美香さんがナールス ヴェールの使用感をレビュー!

<この記事の大切なポイント>

  • ソバカスは、子供の頃から思春期にかけて頬などで目立つ小さく茶色いシミです。医学的には、雀卵斑(じゃくらんはん)と呼ばれます。
  • ソバカスの原因には、遺伝的な要素が強い影響を与えていると考えられています。また、紫外線ダメージや女性ホルモンも原因の1つと考えられています。
  • 先天性のソバカスを予防することはできませんが、後天性のものは可能です。日焼け止めや衣類、サングラスなどによる紫外線対策、美白化粧品、刺激や摩擦の小さいエイジングケアやスキンケア、十分で質の高い睡眠などです。
  • ソバカスを消す美容医療には、レーザー治療、光治療、医薬品を使う方法があります。最も効果高いのは、レーザー治療です。
  • ソバカスは、コンシーラーなどメイクでカバーすることも可能です。上手に行いましょう。

2.ソバカスとは?

ソバカスについて考える女性

1)ソバカスの症状の特徴

ソバカスとは、小さく茶色い直径3〜5mmの点々状のシミです。

子どものころに発生することが多く、鼻を中心に頬の広いエリアに左右対称で点在します。

ひとつひとつの大きさが比較的そろっていて、厚みや炎症がありません。

ソバカスは、手の甲、胸、背中、肩などにもできることがあります。

思春期になると一層目立ちますが、中高年になると目立たなくなったり、妊娠時に増えたり、またはなくなったりすることもあります。

スズメの卵(卵殻)の模様に色や形が似ていることから、医学的には雀卵斑(じゃくらんはん)とも呼ばれます。

白人に多く、日本人でも色白の方に多く目立ちます。

2)ソバカスと他のシミはどう違うの?

ソバカスも老人性色素班などと同じく、メラニン色素が沈着しています。

老人性色素班は、主に紫外線が原因の肌老化の1つです。こちらは、ソバカスと違って、通常、40歳前後から目立ち始めます。


3.ソバカスの原因

ソバカスの原因のイメージ

ソバカスは、子供の頃から目立つことから、遺伝的な要素が原因として強い影響を与えていると考えられています。

しかし、紫外線ダメージによって後天的に目立ったり、妊娠によって増えたり消えることから、女性ホルモンも原因の1つと考えられています。

老人性色素班、肝斑、炎症性色素沈着などとは、少し原因が異なりますが、メラニン色素が沈着している点が同じです。


4.ソバカスの予防法は?

ソバカスの予防法を実践する女性

1)日焼け止めによる紫外線対策でソバカス予防

先天性のソバカスを予防する方法はありませんが、後天性のものは紫外線対策で防ぐことが可能です。

地上に届く紫外線には、紫外線A波(UVA)、紫外線B波(UVB)がありますが、ソバカスは主に紫外線B波が原因です。

そのため、ソバカスを予防するための日焼け止めは、紫外線B波に対する防御効果を表す数値であるSPFを意識することが基本です。

とはいっても、実際には紫外線A波によるたるみほうれい線などの光老化を防ぐことも大切です。

だから、紫外線A波を防ぐ指標であるPAも併せて選びましょう。

また、紫外線は年中降り注いでいます。だから、冬でも紫外線対策が必要です。

なお、エイジングケア世代の方の日焼け止めは、乾燥肌敏感肌でも使える紫外線散乱剤でできた優しいタイプがおすすめです。

2)日焼け止め以外でも紫外線対策を

シミやソバカス予防のための紫外線対策は、日焼け止めだけに限りません。

衣類や帽子などのファッションによる紫外線対策も組み合わせましょう。

また、目から入る紫外線対策もメラニンをつくらせないために大切です。

UVカット機能の付いたサングラスを使いましょう。

最近では、近赤外線ブルーライトも目や肌のダメージになることがわかっています。

UVカットに加えて、これらの有害光線をカットできるサングラスやアイケアメガネがおすすめです。

3)美白化粧品でもソバカスを予防できる

医薬部外品(薬用化粧品)である美白化粧水などの美白化粧品もシミやソバカスの予防のためのアイテムです。

これらは、メラニン色素をつくるのを防ぐ美白成分やできたメラニン色素を還元して分解する美白成分が配合された化粧品です。

アルブチン、トラネキサム酸、ビタミンC誘導体プラセンタエキスなどが代表的な美白成分です。

4)正しいスキンケアやエイジングケアもソバカス予防に大切

正しいスキンケアやエイジングケアもソバカス予防に大切です。

なぜなら、バリア機能ターンオーバーが正常な健やかな肌なら、不要なメラニン色素が排出できるからです。

まず、洗顔クレンジングは刺激や摩擦を小さくすることが大切です。

ゴシゴシ擦ることは避けましょう。また、エイジングケア世代の方は優しいクレンジング料や洗顔料を使いましょう。

また、化粧水美容液などでしっかり保湿を行うことは、シミやソバカスの予防につながります。

ビタミンC誘導体を配合したエイジングケア化粧水エイジングケア美容液もおすすめです。

5)日常生活でソバカス予防

シミを予防するには、アンチエイジングを意識した生活も大切です。

まずは、食べ物。

食事はバランスのよい栄養素を摂ることが基本ですが、シミやソバカスを予防する美肌の食べ物としては、ビタミンAやビタミンCが豊富な野菜果物などがあります。

また、女性ホルモンを整える食べ物乾燥肌を防ぐ食べ物も大切です。

他では、質の高い十分な睡眠でターンオーバーを整えることや女性ホルモンを整えること、ストレスを溜めないことなども大切です。


5.ソバカスを消す?美容医療による治療

美容医療のイメージ

目立つソバカスを消すには、美容皮膚科などで治療を受ける必要があります。

そんな場合は、信頼できる美容皮膚科を見つけて、十分相談して治療を受けましょう。

1)レーザーや機器を使うソバカスの美容医療

ソバカスはレーザーや光治療が効果的です。

レーザーによる治療には、Qスイッチアレキサンドライトレーザーがあります。

光治療はIPL=Intense pulsed lightを使う治療です。

①レーザー治療

Qスイッチアレキサンドライトレーザーによる治療は、ソバカスが確実に治療できて、ほとんどの場合1回で照射が終了することが大きなメリットです。

一方、顔が赤くなるダウンタイムがあることがデメリットです。また、顔のくすみを取ることはできません。

②光治療

光治療は、複数回の照射が必要で、治療効果に個人差があります。また、ソバカスが一部残ることもあります。

一方、顔が赤くなるダウンタイムがほとんどなく、くすみも目立たなくなります。

また、肌のハリを取り戻すことも期待できます。

2)医薬品を使うソバカスの美容医療

医薬品を使うソバカスの美容医療としては、主にビタミンC誘導体、ハイドロキノン、レチノイン酸とハイドロキノン併用の3つの外用薬治療があります。

残念ながら、外用医薬品による治療では、ソバカスを完全に消すことはできません。

①ビタミンC誘導体の外用薬

医薬品のビタミンC誘導体をそのまま皮膚に塗ったり、イオン導入で深く浸透させることでソバカスを改善する方法です。

ソバカスを薄くしたり、消すことができますが、治療を止めると次第にソバカスは元に戻ってしまいます。

一方、ソバカス以外でも毛穴の開き、ニキビ、小じわ肌のキメなどの改善が期待できます。

②ハイドロキノンの外用薬

ハイドロキノンには、メラニン産生を抑えたり、過剰にメラニンを産生する異常メラニン細胞を選択的に破壊するはたらきがあります。

ただし、ハイドロキノンによるかぶれなどがおこる場合は使えません。

③トレチノインとハイドロキノン併用外用薬

ハイドロキノンにビタミンA誘導体であるトレチノインを組み合わせることで、ソバカスを消す治療です。

トレチノインのはたらきで、ターンオーバーを促進させて表皮のメラニンを皮膚の外へ排出させます。

多くの場合は治療開始後2~3日のうちに皮膚が赤くなりますが、ソバカスのない皮膚に生まれ変わることが期待できます。

<シミ・ソバカスの美容医療なら>

シミ・ソバカス治療の美容クリニック・美容皮膚科検索


6.メイクでソバカスを隠す方法

メイクでソバカスを隠す女性

メイクによってソバカスをカバーすることが可能です。厚くならずに肌をカバーするコンシーラーを使えば、ソバカスを薄く見せることが可能です。

色の使い分けは、濃いソバカスの場合、肌とソバカスの中間の色がおすすめです。

一方、薄いソバカスには、少し明るい色をおすすめします。

目立つ範囲が狭い場合は、リキッドタイプのコンシーラーがおすすめ。

細いブラシでコンシーラーをソバカスより一回り大きい範囲につければカバーできます。

最後は、リキッドファンデーション用のスポンジを使って、メイクをなじませると仕上がりが自然です。

一方、ソバカスが広範囲にある場合は、カバー力が高く、肌にぴったりフィットするスティックコンシーラーがおすすめです。

コンシーラーを指の腹に薄くとって、気になる箇所にたたくように付けてぼやかしていきます。


7.まとめ

ソバカス(雀卵斑)はシミと同じ?原因と予防法・消す方法のまとめ

ソバカスと老人性色素班との違いや原因と予防・改善の方法、消す方法をご紹介しました。

いかがだったでしょうか?

ソバカスとは、主に遺伝が原因のシミで、子どもの頃に発生することが多く、思春期になると一層目立ちます。

また、紫外線も悪影響を与えることがわかっています。

だから、予防策としては紫外線対策が基本となります。他にも美白化粧品、正しいスキンケアやエイジングケア、アンチエイジングを意識した日常生活も効果的です。

まずは、可能な限りソバカスを予防しましょう。

一方、できてしまったシミやソバカスを消すことは、美容医療でないとできません。

目立つソバカスを消したい場合は、美容皮膚科などを受診しましょう。

この記事が、エイジングケア世代の女性のソバカスの対策に役立てば幸いです。

関連記事

炎症性色素沈着の原因と8つの予防・改善の対策

続きを読む

脂漏性角化症とは?症状・原因・診断と治療

続きを読む

後天性真皮メラノサイトーシス(ADM)はシミ?症状・原因と治療

続きを読む

シミを予防するHSP(ヒートショックプロテイン)の効果とは?

続きを読む

シミを消す対策は、美白だけに頼らない紫外線対策と美容医療

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」