春の肌トラブルや肌悩みはスキンケア&エイジングケアで解消!

春の肌トラブルに悩む女性

春は寒暖差が激しく花粉の飛散も多い季節。

そんな季節特有の肌トラブルや肌悩みがあります。

たとえば、花粉による肌荒れやゆらぎ肌が代表的な肌悩みです。

この記事では、春に多い肌トラブル・肌悩みの種類とスキンケアやエイジングケアによる解決法をご紹介します。

また、春におすすめのナールスのエイジングケア化粧品をご紹介します。

この記事を読むことで得られることは?
  • 春に多い肌悩み・肌トラブルを避ける方法がわかります。
  • 春のスキンケアやエイジングケアのポイントがわかります。
  • 春におすすめのエイジングケア化粧品の情報が入手でき、美肌をキープできます。

京都大学農学部卒医薬品業界歴30年以上の専門家の執筆記事

ナールスエイジングケアアカデミーには月間数十万ページのアクセスがあります。

春の肌トラブルや肌悩みはスキンケア&エイジングケアで解消!の目次

スポンサードサーチ

1.春の肌トラブルや肌悩みを防ぎたいあなたへ

春の肌トラブルや肌悩みを防ぎたい女性

「春の肌トラブルや肌悩みはスキンケア&エイジングケアで解消!」をお届けします。

春は寒暖差が激しく花粉の飛散やPM2.5なども大気中に多く含む日もあります。

肌悩みは季節特有のものがありますが、春は花粉による肌荒れ、一時的な敏感肌であるゆらぎ肌になりやすい季節です。

できればこうした肌悩みを避けたいのではないでしょうか。

そんな春のお肌をケアするために、ナールスエイジングケアアカデミーでは、スキンケアやエイジングケアに関してさまざまな記事を掲載しています。

その記事は次のとおりです。

1)春の肌悩み・肌トラブルのスキンケアやエイジングケア

①春の肌悩み対策

春(3月・4月・5月)の乾燥肌対策は正しいスキンケアで!

春の紫外線対策。しっかりブロックして日焼けの無い美肌をキープ!

春に毛穴をキレイにしたい!やるべきスキンケアとNG(飯塚美香さん)

春先の敏感肌を防ぎたい!原因を突き止めて美肌対策(飯塚美香さん)

春になる前から要注意!花粉対策ですっきりと美肌を(飯塚美香さん)

春に実践したい!おすすめのほうれい線対策で美肌へ(飯塚美香さん)

②春の月別のスキンケアとエイジングケア

3月のスキンケアとエイジングケア

4月のスキンケアとエイジングケア

5月のスキンケアとエイジングケア

2)春のエイジングケア化粧品の選び方

春・夏・秋・冬。季節別の酵素洗顔の上手な活用法とは?

春の毛穴ケアはクレンジングジェルで!メリットと選び方

春のクレンジングはエイジングケアが大切!選び方と使い方

春こそ手肌のエイジングケアが大切!ハンドクリームを使おう

日焼け止めの使い分けと選び方は、年齢・季節・利用シーンで!

ハンドクリームは春や夏も必要?エイジングケアの視点から

春に使いたいエイジングケアのための美容液の選び方と使い方

これらの記事は、1つ1つのテーマに対して詳しく解説しているので、読み応えがあるのですが、春のスキンケアやエイジングケアの全体を手早く理解するのは難しいかも知れません。

そこで、この記事では、春に多い肌トラブル・肌悩みの種類とスキンケアやエイジングケアによる解決法を簡潔にまとめてご紹介します。
また、春におすすめのナールスのエイジングケア化粧品をご紹介します。

「春に多い肌トラブル・肌悩みは?花粉や気温の影響などを教えて!」

「春のスキンケアやエイジングケアのポイントを知りたい!何が最も大切?」

「春に多い肌トラブル・肌悩みの対策におすすめのエイジングケア化粧品は?」

などが気になる方は、ぜひ、春も美肌をキープするために続きをチェックしてください。

<もっと簡単に春のスキンケアやエイジングケアコツを知りたいなら!>

春のスキンケアとエイジングケア|ナールスコム提供


2.春に多い肌トラブルや肌悩みの原因と対策の基本

春の新緑の中を歩く女性

春は、本来、陽気な季節。

気温も日々高くなってお出かけしたい季節です。

しかし、そんな春の季節がお肌に影響を与えるマイナスの要素があります。

1)花粉やPM2.5などの汚れ

春は、スギやヒノキなどのアレルゲンとなる花粉の量が最も多い季節です。

だから、花粉による肌荒れ、つまり花粉皮膚炎のリスクが高くなります。

また、PM2.5ほかホコリが大気に舞い散ることも多い季節です。

そのため、肌に汚れが溜まりやすくなります。

また、バリア機能が低下することも。

だから、乾燥性敏感肌肌荒れ大人ニキビのリスクも高くなったり、アトピー性皮膚炎の症状がひどくなることもあります。

さらに、この時期に肌のゆらぎでいままで問題のなかった化粧品で化粧品かぶれ接触皮膚炎を起こすこともあります。

そんな春は、まず顔を清潔にすることが大切です。

朝のスキンケアでは洗顔で古い皮脂をしっかり落としましょう。

また、夜のスキンケアではクレンジングメイクや顔の汚れをしっかり落としましょう。

ただし、肌がゆらぎやすいので、刺激の小さな敏感肌用のクレンジング料がおすすめです。

特に、高齢の乾燥肌の方は優しいタイプのものを使いましょう。

たとえば、エイジングケア世代では、優しいアミノ酸系洗浄成分クレンジングジェルダブル洗顔不要のクレンジング料がおすすめです。

また、洗顔料なら、肌質普通肌オイリー肌の場合は石けんもよいのですが、乾燥肌や敏感肌ならアミノ酸系や弱酸性の洗浄成分がおすすめです。

2)日々の気温変化による寒暖差

春は、基本的には日々気温が上昇します。

しかし、ちょっとしたお天気の変化で日々の気温の変化が激しいのが特徴です。

つまり、春は寒暖差が大きくなります。

激しい気温の変化があるとエイジングケア世代ではからだやお肌が対応しきれないことも。

そのため、バリア機能の低下やターンオーバーの乱れが起こることも。

その結果、顔のくすみや乾燥肌などで悩むこともあります。

また、血行が悪化して冷え性になったり、目の下の青クマが目立つこともあります。

だから、まず保湿ケアでバリア機能とターンオーバーを正常化させ、乾燥肌を防ぐことが大切です。

ナールスゲンプロテオグリカンセラミドなどの保湿成分を配合したエイジングケア化粧品がおすすめです。

また、からだを温める食べ物やお風呂などで血行を良くすることも大切です。

美肌のための食べ物は、「春の美肌のために摂りたい!旬の食べ物10選とは?(飯塚美香さん)」を参考にしてくださいね。

なお、体温と肌や免疫については、「低体温は体調不良のもと!体温を高く保つ5つの生活習慣で健康と美肌」や「体温アップで免疫を高める!不眠・肩こりを改善して健康と美肌へ」も参考にしてくださいね。

3)紫外線量の増加

紫外線のイメージ

春のはじめの3月になると、そろそろ本格的に紫外線対策を意識しないといけない時期です。

夏ほどではありませんが、UVAとUVBの降り注ぐ量が増えます。

晴天の日は日焼け止めUV化粧下地などを使い、日焼けメラニンが過剰で目立つシミを防ぎましょう。

それでもSPFは20〜30、PAは、++〜+++の日焼け止めで十分です。

また、曇りの日でも降り注ぐUVAが、シワほうれい線など光老化による肌老化に深く関わっていることも知っておきましょう。

また、5月になればほとんど紫外線量はピークに達します。

この時期は、衣類、帽子などでファッションでも紫外線対策を行いましょう。

さらに、目の紫外線対策のために紫外線カット機能のあるサングラスも使いましょう。

さらに、最近ではブルーライト高エネルギー可視光線(HEV)近赤外線も肌ダメージを与えていることがわかっています。

肌や目をこうした有害光線から守ることも大切なので、太陽光線をさまざまな方法でカットすることが大切です。

なお、春後半は紫外線のアフターケアを心がけましょう。

ナールスゲンやビタミンACEを配合したエイジングケア化粧品がオススメです。


スポンサードサーチ

3.ナールスがおすすめする春の肌トラブルや肌悩みの解決法

春の肌トラブルや肌悩みの解決をサポートするナールスブランドのコスメをご紹介します。

<ナールスのエイジングケア化粧品を上手にお買い物するなら>

エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」

1)オススメのエイジングケア化粧水

春におすすめのナールスゲン配合エイジングケア化粧水 ナールピュア

この春の肌がゆらぐ季節、化粧水で本気のエイジングケアに取り組むなら

ナールスゲン配合エイジングケアローション「ナールスピュア」

初回限定 4,500円 → 3,150円(税別)

ナールスゲン、プロテオグリカンAPPSを含む2種のビタミンC誘導体ビタミンE誘導体(トコフェリルリン酸Na)を配合。

シンプルなエイジングケアが可能なエイジングケア化粧水がナールスピュアです。

私たちの化粧水ランキング1位です。

保湿化粧水の1つですが、春にぴったりのお肌が敏感な方も使える化粧水です。

エイジングケアの最初のステップとして、お肌のキメを整え、じっくりとお肌の潤いやハリツヤを取り戻します。

アルコールフリーの化粧水で、界面活性剤、着色料、香料も無添加の化粧水です。

また、2020年秋には、セラミドを増やすはたらきのあるビタミンC誘導体「3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸」ナイアシンアミドPCA-Naを配合予定です。

2)オススメのエイジングケア美容液

春におすすめのナールスゲン配合エイジングケア美容液 ナールス ネオ

春のゆらぎ肌を美容液で改善したいなら

ナールスゲン配合エイジングケア美容液「ナールス ネオ」

初回限定 9,000円 → 6,000円(税別)

ナールスゲンと若さのコラーゲンと呼ばれるⅢ型コラーゲンを増やすネオダーミル、さらにVCエチル、APPSといった2種のビタミンC誘導体、金コロイドレスベラトロールコエンザイムQ10などの抗酸化成分、さらにFGF(Fibroblast Growth Factor=線維芽細胞増殖因子) に似たはたらきをするアセチルデカペプチド-3を配合した春のエイジングケアにピッタリのエイジングケア美容液です。

保湿をサポートする6種のヒト型セラミド、プロテオグリカン、9種のアミノ酸を配合。

無香料・無着色、パラベンフェノキシエタノールアルコール無添加化粧品です。

目元・口元美容液として、目尻のシワ口もとのしわにアプローチし、ハリ・潤い感にあふれる素肌へと導きます。

3)オススメのフェイスマスク

春のスペシャルケアにおすすめのフェイスマスク ナールス パッション

春のゆらぎ肌のスペシャルケアに!

バイオセルロース製フェイスマスク「ナールス パッション」

美容成分25ml入って、1枚1400円(税別)

5枚セットなら、28%オフの5000円(税別)

ナールスゲンとプラセンタエキスヒアルロン酸キュアパッションアロエベラ葉エキスなどを配合。

1枚で25mlもの美容成分を閉じ込めたバイオセルロース製のフェイスマスクが、ナールスパッションです。

バイオセルロースとは、ナタデココの原料を主成分として、食用菌による発酵技術を用いてつくられた食物由来のナノ繊維。

ぷるぷるとしたゲル状のバイオセルロースのフェイスマスクが、お肌にぴったりと吸い付くように密着。

たっぷりの美肌成分をお肌のすみずみまで浸透させます。

春のゆらぎ肌で低下したバリア機能の改善やターンオーバーの正常化にぴったりです。

4)オススメのエイジングケア保湿クリーム

春の乾燥肌対策におすすめのエイジングケア保湿クリーム ナールス ユニバ

この春!保湿クリームで乾燥肌を防ぎたいなら

ナールスゲン配合エイジングケア保湿クリーム「ナールス ユニバ」

初回限定 10,600円 → 7,000円(税別)

ナールスゲンと3種のヒト型セラミドシアバタースクワラン油溶性ビタミンC誘導体を配合したエイジングケア保湿クリームです。

「育む」「守る」「攻める」の3方向からエイジングケアのアプローチをする高機能美容クリームがナールス ユニバです。

バリア機能を高め、春の乾燥肌を防いで、透明感ある肌の潤いとハリ・ツヤ感をもたらすためにおすすめです。

5)オススメの酵素洗顔パウダー

春の肌のごわつきにおすすめの酵素洗顔パウダー ナールス フォーム

春に角質肥厚がある場合の酵素洗顔ですっきりツルツルに!

パパイン配合酵素洗顔パウダー「ナールス フォーム」

ナールス フォームは、とても泡立ちがよくて優しく洗顔ができます。

また、洗い上がりは、サッパリなのにしっとりです。

さらに、1g×30包の個包装なので清潔で便利に使えることがメリットです。

ナールス フォームは、毛穴の悩みお肌のゴワゴワ感がある角質肥厚などの場合に試していただきたいアイテムです。

とても上質な石けんで作った酵素洗顔パウダーで、全成分がたった5つの極めてシンプルな設計。

その成分は、パパインカリ含有石けん素地加水分解コラーゲンタルクシリカです。

6)オススメのクレンジングジェル

春におすすめの肌に優しいクレンジングジェル ナールス エークレンズ

この春!お肌を優しくクレンジングするために!

アミノ酸系界面活性剤配合クレンジングジェル「ナールス エークレンズ」

初回限定 3,200円 → 2,700円(税別)

ナールス エークレンズは、ナールスブランドでナールスゲンを配合していないエイジングケア化粧品。

クレンジング料は、ナールスゲンを洗い流してしまうので、配合の意味が失われることから、配合していないのです。

水性のオイルフリーのクレンジング料で、アミノ酸系界面活性剤であるラウロイルグルタミン酸Naが主な洗浄成分です。

毛穴のトラブルを防ぐアーチチョーク葉エキス、毛穴汚れを吸着するクレイ酸化を抑える金コロイド、潤い成分グルコシルセラミドを配合した優しいクレンジング料です。

春の敏感肌のクレンジング料としてもピッタリです。

7)おすすめのハンドクリーム

春の手肌のケアにおすすめのハンド美容ジェル ナールス ロゼ

春の手肌のエイジングケアに!

ダマスクローズのハンド美容ジェル「ナールス ロゼ」

1本 2,400円(税別)

3本セットなら、16%オフの6,000円(税別)

ナールスゲンにバラの女王「ダマスクローズ」を50%も配合した類をみないエイジングケアハンド美容ジェル(ハンドクリーム)がナールス ロゼ。

ほかにもバラ成分として、センチフォリアバラカニナバラノイバライザヨイバラのエキスを配合。

また、セラミド2、ビタミンC誘導体、ビタミンE誘導体、シアノコバラミンを加え、芳醇な香りと最先端エイジングケア化粧品成分手肌のエイジングケアをサポートします。

べたつきが残らないジェルタイプのアイテムで、無着色、無香料、防腐剤無添加を実現しました。

春の紫外線による手のシミの予防手のしわのケアにおすすめします。

8)おすすめのUV化粧下地

春におすすめの日焼け止め&UV化粧下地ナールス ヴェール

春の優しい紫外線対策の日焼け止め!

ナールスゲン推奨濃度配合UV化粧下地「ナールス ヴェール」

初回限定 3,700円 → 2,759円(税別)

ナールスゲン配合のノンケミカルのUV化粧下地が、ナールスヴェール。

ナールス ヴェールは、敏感肌でも使える日焼け止めでありながら、SPF40、PA+++という高い紫外線カット力を実現。

さらに、独自処方でつけているのを忘れるほど軽いテクスチャーであることも大きな特徴。

日焼け止めとしては、酸化亜鉛酸化チタン酸化鉄など、紫外線散乱剤だけを配合。

ほかにも、次の特徴があって春に使いやすい日焼け止めです。

  • お肌になじみやすい独自処方の肌色で白浮きしない
  • べとべとしないノンオイリー処方でとても軽いつけ心地
  • でもメイクが崩れにくいウォータープルーフ処方

4.まとめ

「春の肌トラブルや肌悩みはスキンケア&エイジングケアで解消!」のまとめ

春の肌トラブル・肌悩みの種類とスキンケアやエイジングケアの基本をご紹介しました。

また、春のスキンケアやエイジングケアにおすすめのナールスのエイジングケア化粧品をご紹介しました。

いかがだったでしょうか?

春の肌トラブルや肌悩みの原因は、主に花粉やPM2.5などの大気中の刺激物質、寒暖差が大きいこと、強くなる紫外線の3つです。

そのためバリア機能の低下やターンオーバーの乱れのリスクが高くなります。

だから、春に合ったスキンケアやエイジングケアでしっかり対策することが大切です。

この記事「春の肌トラブルや肌悩みはスキンケア&エイジングケアで解消!」を参考に、肌トラブルや肌悩みを改善するスキンケアやエイジングケアに取り組み、上手に美肌をキープしていただければ幸いです。

(執筆:株式会社ディープインパクト 代表取締役 富本充昭)

ナールスエイジングケアアカデミー編集長

京都大学農学部を卒業後、製薬企業に7年間勤務の後、医学出版社、医学系広告代理店勤務の後、現職に至る。コスメ検定1級。

(編集:エイジングケアアカデミー編集部 やすだともよ

医学出版社、医学系広告代理店にて編集・ライターとして、医師向け、患者向けの情報提供資材や書籍等の記事の編集・執筆や、国内・海外医学会取材・記事執筆を行う。

当社スタッフの本業は、医学・薬学関連の事業のため、日々、医学論文や医学会の発表などの最新情報に触れています。

そんな中で、「これは!」という、みなさまの健康づくりのご参考になるような情報ご紹介したり、その時期に合ったスキンケアやエイジングケアのお役立ち情報をメールでコンパクトにお届けしています。

ぜひご登録をお待ちしております。

キレイと健康のお役立ち情報が届く、ナールスのメルマガ登録はこちらから

ナールスチャンネルをみて動画でエイジングケアを学ぼう!

関連記事

晩秋から初冬に美味しく食べよう!11月にオススメの食べ物とレシピ

続きを読む

冬が目の前!2020年11月のスキンケアとエイジングケア

続きを読む

秋(9月・10月・11月)に気になる乾燥肌!予防・改善の対策とは?

続きを読む

秋の味覚を楽しみたい!10月にオススメの食べ物の種類とレシピ

続きを読む

秋が深まる!2020年10月のスキンケアとエイジングケア

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」