春のクレンジングはエイジングケアが大切!選び方と使い方

目元や唇のエイジングを考える女性

クレンジングはどの季節でも大切ですが、春の季節に合わせた選び方や使い方にも注意が必要です。

花粉や寒暖差でゆらぎやすい季節なので、エイジングケアのためには優しいクレンジングが大切。

この記事では、春のクレンジングで気をつけたいポイントを公開します

また、春に使いやすいおすすめのクレンジングジェルをご紹介します。

春のクレンジングはエイジングケアに大切!選び方と使い方の目次

1.春のクレンジングを上手に行いたいあなたへ

春のクレンジングを上手に行いたい女性

春でも花粉や寒暖差で乾燥肌のリスクがあります。

そんな春のスキンケアやエイジングケアで大切なのが、メイクを落すためのクレンジング

なぜなら、後に続く保湿ケア乾燥肌対策にも影響を与えるから。

いくらよい化粧水美容液を使っても、刺激のあるクレンジングで皮脂セラミドを流し過ぎてしまえば、ターンオーバーが乱れて期待する効果も半減します。

一方、春は花粉の飛散やほこりなども多い季節。

外出から戻ってきた際は、クレンジングでメイクと一緒に汚れをしっかり落とさないと、古い角質が溜まってごわごわ肌になったり肌荒れなどの原因になることも。

だから春の美肌のためには、自分にとってよいクレンジング料を選んで、正しく行うことが大切です。

この記事では、春の季節に美肌を目指す方のために、クレンジング料の選び方や使い方、気をつけたいポイントを公開します。また、春におすすめのクレンジングジェルをご紹介します。

「春のクレンジングで気をつけるポイントは?」

「春のクレンジング料の選び方は?」

「クレンジング料の使い方が正しいかチェックしたい!」

「春におすすめのクレンジング料を教えて欲しい!」

「クレンジング以外の春のエイジングケアのポイントは?」

など、春のクレンジングで気をつけるポイントやクレンジング料の選び方や使い方が気になる方は、ぜひ、続きをチェックしてくださいね。

<春にオススメのエイジングケアのためのクレンジングなら>

敏感肌でも使える医師監修のクレンジングジェル「ナールス エークレンズ」

春のクレンジングにはナールスエークレンズ

<今だけ!無料サンプルプレゼント!!>

春のメイク落としにオススメのクレンジング!ぜひお試しください☆

ナールスエークレンズ無料サンプル申し込み

<エイジングケア世代のための春のクレンジングジェルの動画>

【衝撃】オチがすごすぎて、ハマる人続出!|ナールス史上初の素敵なストーリー

<この記事の大切なポイント>
  • 春は思っているより肌トラブルが起こる環境要素があります。だから、クレンジング料は優しくて乾燥肌や敏感肌でも使えるものを選びましょう。
  • 春の季節にオススメの優しいクレンジング料のタイプは、ジェルタイプ、クリームタイプ、ミルクタイプです。なぜなら、これらは刺激が少なく、摩擦も抑えられるからです。
  • 毎年、春を迎えると年齢を重ねます。だから、エイジングケアを意識して優しいものへシフトしましょう。
  • 春に限らずどんな季節でも、正しくクレンジングを行うことが大切です。肌への刺激や摩擦のない方法、正しい順番でやさしく行いましょう。
  • クレンジング後はしっかり保湿を行いましょう。春の乾燥肌対策のためには、セラミド美容液やセラミドクリームがおすすめです。

2.春の季節的特徴とお肌への影響

春の季節の代表である桜

過ごしやすい気候の春ですが、肌トラブルのリスクが少ないわけではありません。

ここでは春の季節的な特徴と肌悩みについて整理しておきます。

1)花粉やほこりで肌荒れのリスク

春はスギやヒノキの花粉が飛散しています。

花粉症の方は、それによって花粉皮膚炎になることがあります。

また、春一番などで埃が舞ったり、黄砂などがやってくる季節です。

これらがアレルゲンになって肌荒れになったり、バリア機能が低下して乾燥肌になることもあります。

2)環境変化によるストレス

春の環境変化のイメージ

春は就職、転職、異動や引っ越しなどで環境が変わることもあります。

そんな新生活でストレスが溜まると自律神経が乱れて女性ホルモンのバランスが崩れやすくなります。

その結果、一時的な敏感肌であるゆらぎ肌になることもあります。

3)紫外線ダメージ

春は、穏やかな陽ざしのイメージよりも紫外線の量が多い季節です。

特に春後半の5月になると、ほとんど夏の紫外線量と変わらなくなります。

紫外線ダメージは、乾燥肌の原因やシワたるみほうれい線の原因になります。

だから、春の紫外線対策も大切です。

4)昼夜や日々の寒暖差

3月や4月初旬はまだ日々の寒暖差も多い時期です。

日々の気温の差が激しいと、肌がついていけなくなり、油分と水分のバランスが崩れて肌荒れや乾燥肌になるリスクが高くなります。

また、冬の乾燥の季節の影響が春になって、お肌に現れることもあります。

とくにエイジングケア世代になるとセンサーとしての皮膚のはたらきも低下しているため、冬のダメージが残る方も多いのです。

このように、春は環境的な肌トラブルの要素が多いのです。


3.春のクレンジング料の選び方のコツは?

春に肌質や肌状態に合った優しいクレンジングを選ぶ女性

1)肌質や肌状態に合った優しいものを選ぶ

春のクレンジング料は、優しいものを選ぶことが基本です。

特に、エイジングケア世代の方や敏感肌の方は、お肌への負担の少ないものを選ぶことが大切です。

もちろん、メイク毛穴の汚れが落ちないなどと言ったことは避けなければなりません。

また、春は皮脂分泌も少しずつ増えるので、毛穴ケアも気になる季節。

毛穴汚れを落すことができるクレンジング料を使うことも大切です。

この2つのポイントを意識して、肌質や肌状態と年齢に見合ったクレンジング料を選びましょう。

肌質には、普通肌脂性肌インナードライ肌、乾燥肌、混合肌、敏感肌がありますが、春はターンオーバーが乱れがち。

だから、30代以上のエイジングケア世代であれば、春はお肌に優しい乾燥肌や敏感肌でも使えるクレンジング料を選ぶことが基本です。

2)エイジングケアとクレンジング

毎年、春が来ると年齢を1つ重ねています。

エイジングケア世代に入ると、セラミドや天然保湿因子(NMF)が減り、乾燥肌になりやすくなります。

さらに、春の季節的な環境の影響から乾燥肌が進むと、お肌の老化が進むことに。

30歳をすぎたら、エイジングケアを意識してクレンジング料を選ぶことや使うこと、さらにダブル洗顔不要のクレンジング料を選ぶことも大切です。

3)春の季節に向くタイプのクレンジング料

春の季節に向くタイプのクレンジング料のイメージ

春は、先ほど説明したとおり、ターンオーバーの乱れやバリア機能の低下が起こりやすいので、摩擦を起こしにくいタイプ、刺激の少ない界面活性剤が使われているクレンジング料を選ぶことがポイントです。ここでは、春におすすめのクレンジング料の特徴をご紹介します。

①ジェルタイプのクレンジング料

ジェルタイプのクレンジング料は、なめらかなテクスチャーで使いやすく、摩擦によるお肌の負担が少ないクレンジング料です。

だから、春におすすめです。

クレンジングジェルには、水性タイプと油性タイプの2つのタイプがあります。さらに水性タイプは、オイルインとオイルフリーの2種類に分かれます。

水性のオイルフリータイプが最もお肌への負担が小さく、春におすすめです。

ただ、洗浄力はオイルタイプやリキッドタイプと比べると弱いことがデメリットです。

そのため、濃いメイクを控えたり、メイクが濃い部分だけ先にポイントメイク専用のクレンジング料でメイクオフしておくなど、工夫をすることが大切です。

②クリームタイプのクレンジング料

クリームタイプのクレンジング料は、お肌に密着しやすく洗い上がりがしっとりします。

摩擦も少なく低刺激なので、春のクレンジングにおすすめです。

デメリットは、ベタつき感があることと、オイルタイプと比べると洗浄力が弱いことです。

③ミルクタイプのクレンジング料

ミルクタイプは刺激が小さく、しっとりした洗い上がりのクレンジング料です。

だから、春でも使いやすいクレンジング料です。

一方、洗浄力が弱い点、メイクを油分となじませる乳化に時間がかかることがデメリットです。

④バームタイプのクレンジング料

バームタイプは、クリームタイプとオイルタイプのメリットを活かしたクレンジング料です。容器に入っている時は固形ですが、肌に乗せるとオイル状に変化します。

お肌への摩擦が少なく、使いやすいので、春のクレンジングに向くタイプです。

今、紹介したクレンジング料の洗浄成分は界面活性剤です。

タイプとしては春におすすめでも刺激の強い界面活性剤が配合されているクレンジング料は避けるべきです。

そこで、オススメは、ラウロイルグルタミン酸Naなどのアミノ酸系界面活性剤が主な洗浄成分のクレンジング料です。

⑤油脂系オイルタイプのクレンジング料

ミネラルオイルのクレンジングオイルは刺激が強く春におすすめできませんが、アルガンオイルやコメヌカオイルなど、油脂系のクレンジングオイルなら春にもおすすめです。

また、オイルなら界面活性剤フリーで優しくて洗浄力も十分です。

ただし、高価になる傾向にある点がデメリットです。

このように春のクレンジング料は、バリア機能を低下させるリスクの低いものを選びましょう。


4.春に使いやすいおすすめのクレンジング料

春にオススメのクレンジングナールスエークレンズ

春にオススメのアミノ酸系界面活性剤配合クレンジングジェル「ナールス エークレンズ」をご紹介します。

水性のオイルフリーのクレンジングジェルで、アミノ酸系界面活性剤であるラウロイルグルタミン酸Naが主な洗浄成分です。

お肌への負担が小さく、春の季節におすすめのクレンジング料です。

ナールス エークレンズは、皮膚科医監修で、次のような特徴があります。

全成分表示

BGラウリン酸ポリグリセリル-10ペンチレングリコールグリセリン、ラウロイルグルタミン酸Na、ヒアルロン酸Na加水分解ヒアルロン酸、グルコシルセラミド、金、タナクラクレイ、カワラヨモギ花エキス、シソ葉エキス、ユズ果実エキス、アーチチョーク葉エキス、ダマスクバラ花油α-グルカンPEG-60水添ヒマシ油カルボマーポリアクリル酸Na水酸化K


5.春も正しくクレンジングを使おう

春に正しくクレンジングする女性

春でも他の季節でも、クレンジング料の使い方は大切です。

順番をきちんと守るとともに、肌に刺激を与えないように行いましょう。

【クレンジングの正しい方法】

①しっかり手を洗い清潔な状態にする

②ポイントメイクは先に落とす

③使用料を守り、適量を手にとる

④Tゾーンから始め、頬、目や口のOゾーンの順で優しくメイクオフする

⑤メイクが残らないように顔全体になじませる

⑥ぬるま湯ですすぎを行う

⑦清潔なタオルで優しく水気を拭き取る

すすぎまでの時間は長くても1分程度がおすすめです。クレンジングは、短い時間内に素早く行いましょう。

また、顔冷えを避けるためにも、30度〜35度程度のぬるま湯ですすぎましょう。

余計な力を加えると摩擦の原因になり、お肌の負担になります。

全体的にやさしい力加減で行うことも大切です。


6.春に気をつけたい!クレンジング後の保湿

春の季節は、クレンジング後にしっかり保湿をしっかり行うことが大切。

クレンジングを行い、メイクや汚れ、余分な角質を落としたなら、美容成分も浸透しやすくなっています。

クレンジングのあとは、遅くとも5分以内に保湿化粧水を使いましょう。

化粧水のあとは、必要に応じて美容液・乳液保湿クリームを使ってしっかりと保湿をすることが大切です。

春におすすめは、ヒト型セラミド配合のセラミド美容液セラミドクリームです。


7.まとめ

春のクレンジングはエイジングケアに大切!選び方と使い方のまとめ

春のクレンジング料の選び方や使い方、気をつけたいポイントをご紹介しました。

また、春におすすめの優しいクレンジングジェルをご紹介しました。

いかがでしたか?

春は、寒暖差が大きく花粉やほこりが多い季節。

ターンオーバーが乱れがちで、お肌がゆらぐことも。

だから、バリア機能を守ってお肌を労わる優しいクレンジングが大切です。

また、正しい方法で行うことを心がけましょう。

この記事を参考に、春のクレンジングを上手に行ってくださいね。

関連記事

夏もクレンジングで肌荒れのリスクが!上手な選び方と使い方

続きを読む

クレンジングジェルの特徴と選び方・使い方とエイジングケア

続きを読む

秋のクレンジングを正しく行ってエイジレスな美肌へ!

続きを読む

クレンジングの際のフェイスマッサージは肌老化を進める?

続きを読む

マツエクOKのおすすめのクレンジングを見つけよう!

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」