タルクは化粧品成分として危険?安全?エイジングケアの視点!

タルクについて考える女性

タルクとは、滑石という柔らかい結晶性鉱物を微粉末にした成分で、洗顔パウダーやファンデーションなどに使われます。

そんな、タルクに発がん性物質であるアスベストの混入という事件が起こり、危険な成分だと認識されてしまったのです。

果たして、今、タルクは危険なのか?安心・安全なのか?この記事ではタルクについて詳しく解説します。

また、タルク配合のオススメの酵素洗顔パウダーをご紹介します。

タルクは化粧品成分として危険?安全?エイジングケアの視点!の目次

1.タルク配合のコスメに不安のあるあなたへ

タルク配合のコスメに不安のある女性

タルクという成分をご存知でしょうか?

最近では、「タルク不使用」を特徴とする化粧品もあることから、「タルクは危険」というイメージや不安を持つ方もいる成分です。

しかし、化粧品成分としてのタルクは、古くから体質顔料として使われてきた安全な成分です。そのため、エイジングケアの視点から見ても問題がある成分ではないのです。

また、タルクの用途は幅広く、化粧品以外でも医薬品、食品添加物、プラスチック、セラミックスなど、私たちの生活のさまざまなシーンで利用されています。

アンチエイジングやエイジングケアを正しく実践するためには、タルクをはじめさまざまな化粧品成分を理解することも大切です。

この記事では、タルクの特性や効果、安全性について詳しくご紹介します。

また、タルク配合のオススメのエイジングケア向けの酵素洗顔料をご紹介します。

「タルクって、何からできているの?」

「どんな化粧品成分なの?」

「タルクに期待できる効果って?」

「安全性や刺激性はどうなの?」

「タルクはどんな化粧品に配合されるの?」

などが気になる方は、ぜひ、続きをチェックしてくださいね。

<タルク配合の酵素洗顔パウダーなら!>

タルク&パパイン配合酵素洗顔パウダー「ナールス フォーム」

<この記事の大切なポイント>
  • タルクとは、滑石(かっせき)を微粉末にした成分です。
  • タルクには滑りをよくする効果に加え、吸着性によってツヤを消す効果があります。
  • その効果から、洗顔パウダーや化粧下地、ファンデーション、日焼け止めほか1万種類を超えるさまざまな化粧品に配合されています。
  • タルクは、安全性の高い成分なので肌質を選ばずに使用できます。
  • 30年以上前に韓国産のタルクにアスベストが含まれていた事件がありましたが、現在の国産タルクにそのリスクはありません。

2.タルクとは?

タルクのイメージ

1)タルクの基本特性

タルクとは、滑石(かっせき)という柔らかい結晶性鉱物を原料にして、それを清潔にした上で微粉末にした成分です。

滑石とは、水酸化マグネシウムとケイ酸塩からなる粘土鉱物の一種です。

そのため、タルクの主成分は、含水ケイ酸マグネシウムです。

タルクは、層状に割れやすく、薄い板状結晶になって滑りやすい特徴がありますが、一粒子径が大きいほど透明感が高く、よく滑ります。

また、吸着力もありツヤ消しとしても使われます。

タルクは、原石である滑石の産地や粉体の大きさによって性質が変わるので、化粧品への配合はそうした点が考慮されます。

化粧品の全成分表示でも、医薬部外品の表示でも「タルク」と表記されます。

2)タルクの安全性の基本

安全性のイメージ

タルクには、皮膚刺激性やアレルギーはないと考えられています。

眼刺激性のデータは不明ですが、多くの化粧品に長年、配合されてきた中で大きな問題や副作用は報告されていません。

したがって、普通肌脂性肌はもちろん、混合肌乾燥肌敏感肌インナードライ肌のどんな肌質の方でも使うことが可能な成分です。

しかし、どんな成分でも誰にでも安全とは言えません。

だから、肌荒れかゆみ、赤みが出るほか刺激を感じる可能性を100%否定することはできません。

アトピー性皮膚炎があったり、肌が弱いなどで気になる方は、パッチテストをすることがおすすめです。

また、タルクが微小な粉末であることから、肺への影響を懸念する声がありますが、化粧品として皮膚に使うものが肺まで届く可能性は低いこと、副作用などの報告もないことから現時点では問題はないと考えられます。

3)タルクにアスベストは含まれていないの?

結論から言えば、日本で使用されるタルクにアスベストは含まれていません。

また、タルクとアスベストは全く別のものです。

実は、1987年に、海外で製造された質の悪いタルクにアスベストが混入する事件が起こりました。

これは、当時の海外での品質管理の問題です。

それまでも国産のタルクにアスベストが混入することありませんでしたが、この事件を契機に、日本ではタルクの品質管理がさらに強化されました。

それから30年以上経過しましたが、日本でタルクにアスベストが混入したことは一度もありません。

したがって、国内産のタルクであれば、アスベストが混入するリスクは極めて低いと言えます。


3.タルクの化粧品成分としての効果と役割

タルク配合化粧品のイメージ

1)タルクの効果は?

タルクは粘性を持つ鉱物で、粉末が滑らかで均一です。

そのため、洗顔パウダーやファンデーションなどの成分をよく混ぜるはたらきや滑らかにする効果があります。

また、つや消しの効果もあるので、肌色に近い化粧品を作るはたらきがあります。

さらに吸着性があることから臭い消しの効果も期待できます。

2)タルク配合の化粧品はどんなものがあるの?

タルク配合の化粧品

タルクは粒子の大きさで少し効果が違います。

平均粒子径10ミクロン程度のものは、すべりがいいのでフェイスパウダーなどに使用されます。

また、5ミクロン程度はアイシャドウなどに使われます。

また、日焼け止めの成分である酸化チタンのつや消しにも使われます。

さらに、タルクには臭いを吸い取る吸着力があることから、デオドランド製品に使用されることがあります。

タルクを配合するコスメのアイテム数は、10000種を超えています。

具体的には、メイク用のアイテムである化粧下地、パウダーファンデーション、リキッドファンデーション、ペンシルアイライナー、ルースパウダー、パウダーアイシャドウ、コンシーラー、マスカラ、パウダーチークなどに配合されます。

また、洗顔石けん、洗顔パウダー、日焼け止め、口紅やリップグロスなどのリップケア製品、頭皮ケア製品にも配合されます。

さらには、多くありませんが、化粧水美容液保湿クリームに配合されるケースもあります。


4.オススメのタルク配合の酵素洗顔パウダー

タルク&パパイン配合酵素洗顔パウダー「ナールス フォーム」

私たちの酵素洗顔ランキング1位のタルク配合のオススメの酵素洗顔パウダー「ナールス フォーム」をご紹介します。

ナールス フォームは、天然パパインを配合した酵素洗顔パウダーです。

非常にシンプルな処方で、タルク、天然パパインを含めたった5種類の成分で成り立っていて、他の酵素洗顔パウダーと比較しても、配合成分の種類がとても少なくなっています。

全成分は、石けん、パパインシリカ、タルク、コラーゲンです。

ナールス フォームは、良質な石鹸を使った酵素洗顔パウダーで、石鹸以外の界面活性剤は配合していません。

パラベンフェノキシエタノールなど防腐剤や着色料、香料は無添加です。

【エイジングケアをサポートする酵素洗顔パウダー「ナールス フォーム」の特徴】

  • とてもキメ細かい泡立ち
  • 高品質な石けんによる適度な洗浄力
  • 天然パパインが不要な角質だけを除去
  • 刺激をもたらすリスクを極力さけているので低刺激
  • マリンコラーゲンで、しっとりした洗い上がり

◎ナールスフォームの詳しい情報は、こちらから。

天然パパイン配合酵素洗顔パウダー『ナールス フォーム』を解剖!


5.まとめ

タルクは化粧品成分として危険?安全?エイジングケアの視点!のまとめ

タルクとはどんな成分か、またタルクの化粧品成分としての特性、効果や安全性について詳しくご紹介しました。

また、オススメのタルク配合酵素洗顔パウダー「ナールス フォーム」についてもご紹介しました。

タルクは、パウダーなどの滑りをよくする効果や臭いを吸着する効果があることから、多くの種類の化粧品に配合されます。

また、タルクそのものは安全な成分であり、国産のものは十分に品質管理がなされていてアスベストが混入する可能性はほとんどないと言えます。

ぜひ、タルク配合の化粧品を上手にエイジングケアに活かしてくださいね。

関連記事

ヒアルロン酸の効果を考える!正しいエイジングケアのために

続きを読む

マトリキシル3000はエイジングケアに効果的な化粧品成分!

続きを読む

ペンチレングリコール(1,2-ペンタンジオール)とはどんな化粧品成分?

続きを読む

グリチルリチン酸2K(ジカリウム)化粧品の効果と安全性は?

続きを読む

カルボマーは高分子ポリマー。実は安全?危険?その真実!

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」