春に実践したい!おすすめのほうれい線対策で美肌へ(飯塚美香さん)

春のほうれい線対策に悩む女性

ほうれい線は、エイジングケア世代の方の肌悩みでも最上位。

ウキウキ気分の春がやってきても、これが目立ってしまえば気持ちが落ち込むことも。

できれば予防や改善を行いたいですね。

今回は、「キレイナビ」代表で美容ライターの飯塚美香さんに、スキンケアやエイジングケアで春に行いたいほうれい線の予防や改善の対策をご紹介いただきます。

また、春のほうれい線予防におすすめのエイジングケア美容液をご紹介します。

春に実践したい!おすすめのほうれい線対策で美肌へ(飯塚美香さん)の目次

1.春にほうれい線が目立ってきたあなたへ

春になって目立つほうれい線に悩む女性

春になって急にほうれい線が目立って悩んでいませんか?

ほうれい線はとても大きな肌悩み

美肌から遠ざかるので、急に目立つのはとてもいやだと思います。

そんなほうれい線は、顔のたるみが原因の肌老化です。そのため、春に特別目立ってしまう肌悩みというわけではありません。

でも目立ってしまうタイミングが春ということはあります。

その場合の理由は、2つ。

1つは、たまたま肌老化でほうれい線が目立つタイミングが春だったこと。

もう1つは、春の乾燥肌ゆらぎ肌で浅いほうれい線が目立ってしまうことです。

残念ながら、肌老化が原因ならエイジングケア化粧品ほうれい線を完全に消すことはできません。

しかし、乾燥肌が原因で目立つ浅いほうれい線なら、エイジングケア化粧品やスキンケア化粧品でしっかり保湿を行えばよいのです。

バリア機能が改善し、ターンオーバーが正常化して乾燥肌が改善すれば、ほうれい線は目立たなくなります。

また、予防のために日々できることもたくさんあります。

今回は、美容ライターで美容情報サイト「キレイナビ」代表でもある飯塚美香さんに、春に行いたいほうれい線の予防や改善の対策をご紹介いただきます。また、編集部おすすめの春のほうれい線ケアのエイジングケア美容液をご紹介します。

「春になるとほうれい線って目立つ理由はあるの?老化以外に何があるの?」

「春に特に行いたいほうれい線ケアの方法って?具体的な対策を知りたい!」

「老化や乾燥肌以外で気をつけることは?」

「深いほうれい線が春に目立ってきた。完全に消す方法はあるの?」

「春のほうれい線対策におすすめのエイジングケア美容液を教えて!」

などが気になる方は、ぜひ、続きをチェックしてくださいね。

<動画で理解するほうれい線対策>

3分でわかる!ほうれい線の原因と対策の基本|動画でエイジングケア

<春のほうれい線ケアにおすすめのエイジングケア美容液>

ナールスゲン配合エイジングケア美容液「ナールス ネオ」

<春に使いたい日焼け止め・UV化粧下地>

赤ちゃんでも使えるほど優しくて、しっかり春の紫外線対策ができる!

*SPF40、PA+++  ナールスゲン推奨濃度配合UV化粧下地「ナールス ヴェール」

<飯塚美香さんプロフィール>

有限会社アイアール代表取締役。

美容情報サイト「キレイナビ」を運営する他、JPMパーソナルメイクアドバイザー、日本ダイエット健康協会認定インストラクター、コスメコンシェルジュ、美容薬学、薬膳マイスター、スキンケアマイスター、アロマテラピー講師等の資格を生かし、全国各地でセミナー・イベントを開催。

また、サプリメントプロデュース、雑誌やWEBでの美容コラム執筆、美容関連サイトの監修、通販番組出演など美容家としても活動中。パーソナルビューティーコンサルタントとして、美容・健康の悩み解決をサポートする活動もスタート。

<保有資格>

  • JPMパーソナルメイクアドバイザー
  • 日本ダイエット健康協会認定インストラクター
  • 日本化粧品協会認定コスメコンシェルジュ
  • 日本コスメティック協会認定スキンケアマイスター
  • AEAJ認定アロマテラピーアドバイザー
  • 美容薬学検定1級取得
  • 国際薬膳食育師3級取得(薬膳マイスター)


2.春にほうれい線が目立つ理由って?

 

春に出かける女性

暖かくなってくると、気分も軽やかになりどこかへ出かけたくなりますよね。

しかしそんなときに、メイクが決まらない、なんだか以前よりもほうれい線が目立つ気がする・・・などという状態では、一気に気分が下がってしまうでしょう。

春のほうれい線対策をするためには、ほうれい線が目立ってしまう理由を知っておくことも大事。こちらで、さっそくチェックしておきましょう。

1)乾燥肌やゆらぎ肌でほうれい線が目立つ

春は冬に比べて気温が上がってくるため、乾燥肌になりにくいイメージがありますよね。

確かに冬ほど風が冷たくありませんし、気候に関しては冬に比べると肌は乾燥しにくくなるでしょう。

しかし、春は花粉症をはじめほこりやPM2.5などの刺激が多い季節。

花粉による花粉症皮膚炎や環境が変わったことによるストレスで肌荒れになるなど、さまざまな原因による肌悩みや肌トラブルに注意が必要なのです。

さらに、朝晩の寒暖差が激しいことなどから、春の肌はゆらぎやすい状態に。普段は敏感肌や乾燥肌ではないという方も、春には注意が必要でしょう。

乾燥肌やゆらぎ肌は、バリア機能が低下した状態。そのため外からの刺激や肌の水分が保持できなくなって肌の乾燥が進み、普段よりもほうれい線が目立ってしまうのです。

2)昨年よりエイジングが進んでほうれい線が目立つ

ほうれい線が目立っている気がしている女性

昨年の春は大丈夫だったのに、今年はやけにほうれい線が目立つ気がする・・・と感じている方もいらっしゃるかもしれませんね。

見た目にはあまり変わらなくても、1歳年齢を重ねた肌は昨年の春よりもエイジングが進んだ状態。

昨年の春と同じスキンケアでは肌の乾燥が改善しなかったり、肌悩みが増えてしまったりすることも考えられるでしょう。

昨年の春よりもエイジングが進んだ肌は、やはりほうれい線も目立ちやすくなります。

<エイジングの参考記事>

ナールスエイジングケアアカデミー編集部がおすすめするエイジングの参考記事です。

「エイジングインデックス」は、エイジングケアの道しるべ!

3)無理なダイエットしていませんか?

今よりもっときれいになりたいし、いつまでも若々しくいたい。

そう思って、ダイエットを行う方も多いでしょう。冬場の太りすぎの解消に、春を前にダイエットを始める方もいるかも知れませんね。

しかしダイエットの方法が間違っていたり、無理をしすぎてしまうのは禁物。

若く見えるどころか、無理なダイエットでむしろほうれい線が目立って老けて見えるかもしれません。

極端な食事制限でのダイエットを行うと、女性ホルモンのバランスが崩れることなどによって、肌のハリを保つコラーゲンエラスチンなどが作られにくくなります。

その結果、肌の弾力やハリが失われてほうれい線が目立ってしまうことに。

また、肉類などを食べすぎると太るのではないかと考えて、摂取を極端に制限している方もいらっしゃるかもしれませんね。

肉類などを控えすぎると、たんぱく質不足の原因になってしまう可能性もあります。

それによって目元や口元などの筋肉が衰え、肌がたるんでほうれい線が目立ってしまうことも。

さらに、急に痩せることで皮膚にたるみが起こり、ほうれい線が目立つこともあるでしょう。

食事制限だけに頼る間違ったダイエットや無理なダイエットは、ほうれい線を目立たせてしまう危険が大きいため絶対にNGですよ。


3.春のほうれい線のスキンケアとエイジングケア

肌の乾燥や加齢、ダイエットなどによって、春にほうれい線が目立ってしまう可能性があることがおわかりいただけたと思います。

では、春のほうれい線を予防するためには、どのようなスキンケアやエイジングケアを行っていけばよいのでしょうか。

こちらで、詳しく見ていきましょう。

1)優しい保湿ケアで乾燥肌を防ぐ

お肌をしっかり保湿している女性

春のほうれい線を予防したり目立たなくしたりするためには、保湿が第一。

いつもよりも肌が乾燥していると感じている方は、より念入りに保湿ケアを行う必要があるでしょう。

しかし、ほうれい線を目立たなくしたいと思うあまりに、保湿クリーム美容液をほうれい線にぐいぐいと塗りこんでしまうのは逆効果。

さらにほうれい線が悪化してしまったり、乾燥や炎症性色素沈着を招いてしまうこともあるのです。

ほうれい線を防ぐための保湿ケアは、とにかく「優しく」が基本。こすったりパンパンと叩きこんだりせずに、化粧水乳液、美容液などを、時間をかけてじっくりと優しくなじませましょう。

スキンケア化粧品はハンドプレスでなじませると、手肌の体温で角質へ浸透しやすくなりますよ。

また、いつも使っている化粧品がしみる、刺激を感じるという場合には要注意。肌のゆらぎなどが原因でバリア機能が低下しているのかもしれません。

肌が落ち着くまでは刺激の少ない敏感肌用や優しい成分のスキンケア化粧品にチェンジし、シンプルなスキンケアを心掛けてみてください。

保湿成分としてはセラミド、中でもヒト型セラミドがおすすめです。

<春のほうれい線のスキンケアの参考記事>

ナールスエイジングケアアカデミー編集部から春のほうれい線対策のスキンケアのおすすめの記事をご紹介します。

春(3月・4月・5月)の乾燥肌対策は正しいスキンケアで

春に使いたいエイジングケアのための美容液の選び方と使い方

セラミドでほうれい線ケアはできるの?改善・解消するの?

2)エイジングケア化粧品でコラーゲンをサポート

肌の弾力を保つために大事な成分の一つに、コラーゲンがあります。

肌の真皮にはコラーゲン線維やエラスチン線維が張り巡らされ、肌のハリを保っています。

このコラーゲンが減たり劣化すると、ハリの低下やたるみの原因に。コラーゲンが減ってしまうとほうれい線も目立ってしまうのですね。

だったらコラーゲン配合のエイジングケア化粧品を使えばよいのではないか?と考える方も多いでしょう。

しかし、コラーゲンは分子が大きく、肌表面では保湿効果を発揮するものの、肌のコラーゲンを直接増やすことはできないとされています。

ほうれい線ケアには、コラーゲンを増やすサポートをしてくれる成分が配合されたエイジングケア化粧品成分がおすすめ。

コラーゲンやエラスチン、ヒートショックプロテイン(HSP)47などを増やすはたらきがある「ナールスゲン」などを配合したスキンケアアイテムを使用するのがよいでしょう。

<ほうれい線を防ぐエイジングケア化粧品の参考記事>

ナールスエイジングケアアカデミー編集部から春のほうれい線対策のエイジングケア化粧品のおすすめの記事をご紹介します。

ほうれい線を解消したい!エイジングケア化粧品選びのコツ

ほうれい線コスメの真実!口コミや人気ランキングはホント?

30代~40代でほうれい線を消すエイジングケア化粧水!

50代からのほうれい線ケアの化粧水の選び方の秘密って?

ほうれい線対策の美容液の選び方は、5つの視点で考える!

ほうれい線対策の保湿クリームの本当に正しい選び方と使い方

ほうれい線の改善・解消にコラーゲンは効果があるのか?

3)春の紫外線対策も大切

対策が必要な春の紫外線のイメージ

春の肌にダメージを与えるものの一つに、紫外線が挙げられます。

本格的な紫外線対策はまだまだ先で大丈夫だと思ってしまいがちですが、春は紫外線が強くなり始める季節のため注意が必要です。

紫外線のダメージと聞くと日焼け(日光皮膚炎)シミソバカスなどを思い浮かべる方が多いと思いますが、実はそれだけではありません。

UVAは肌の真皮まで届くといわれており、肌の弾力を守るコラーゲン線維やエラスチン線維にまでダメージを与えてしまいます。

それにより、ほうれい線が悪化してしまう可能性があるのですね。

ほうれい線を防ぐために、春からしっかりと紫外線対策を行っていきましょう。

<春のほうれい線予防の紫外線対策の参考記事>

ナールスエイジングケアアカデミー編集部から春のほうれい線予防のための紫外線対策のおすすめの記事をご紹介します。

エイジングケアもできる日焼け止めの選び方とおすすめアイテム

ノンケミカルの日焼け止めの選び方とおすすめは?人気11選をご紹介!

4)優しい洗顔やクレンジングも大切

優しく洗顔をする女性

洗顔クレンジングはほうれい線対策には関係ないと思いがちですが、よくない洗顔方法を続けているとほうれい線が目立ってしまう可能性があります。

洗顔時には熱いお湯を使わず、32度~34度くらいのぬるま湯を使用しましょう。

熱いお湯を使用すると皮脂を必要以上に奪ってしまい、肌の乾燥が進んで余計にほうれい線を目立たせる可能性があります。

また、こすらずに優しく洗うことも大事。洗顔料はよく泡立てて使用しましょう。

口元や目元は皮膚が薄くデリケートなため、意識して優しく洗うことを心掛けてください。

クレンジング料は、メイクの濃さに合わせて使い分けるのがポイント。オイルタイプのクレンジング料などはどうしても洗浄力が強くなりがちなため、ナチュラルメイクの日はマイルドなクレンジング料を使うのがよいでしょう。

<春のほうれい線対策を洗顔やクレンジングで行う参考記事>

ナールスエイジングケアアカデミー編集部から春のほうれい線対策の洗顔やクレンジングについてのおすすめの記事をご紹介します。

春・夏・秋・冬。季節別の酵素洗顔の上手な活用法とは?

春のクレンジングはエイジングケアが大切!選び方と使い方

ほうれい線を予防するクレンジング料の選び方と使い方

5)私が実践するスキンケア

肌に優しい洗浄力の強すぎないクレンジングのイメージ

私は、とにかく優しいスキンケアを心掛けています。

まずは洗顔やクレンジング。洗浄力の強すぎないものを使用しています。

肌に優しいタイプのクレンジング料で落とせるように、メイクアイテムは洗顔料のみで落とせるものを使用することも多いです。

すすぎはぬるま湯を使って、パシャっと顔に当てるようにすすぎます。このとき、すすぎ残しは厳禁。20回~30回程度行います。

スキンケアは、保湿力の高い成分が配合されたものを使用しています。

注目している成分はアミノ酸ビタミンC誘導体、ナールスゲンなど。

化粧水はハンドプレスで浸透させます。気になるほうれい線や目元などには、美容液を優しく塗ってケアをしています。

強くこすらず、薬指を使って優しくつけるのがおすすめ。

乳液やクリームなどは手で攪拌して温めると浸透しやすくなりますよ。

そして気を付けているのが紫外線対策。私は1年中、日焼け止め効果のある化粧下地を使っています。

スキンケアは丁寧に行うと時間がかかりますが、ほうれい線の予防や健やかな状態の肌を保つために、毎日優しいスキンケアを実践しています。

<飯塚さんおすすめのほうれい線予防法>

ほうれい線予防にやってみたい!飯塚美香さんおすすめの方法


4.春から始めたい!エクササイズでほうれい線対策

ほうれい線が目立って困っている、ほうれい線を予防したいという方は、春からほうれい線対策のエクササイズを始めてみませんか?

こちらで、いくつかご紹介していきましょう。

1)頭皮マッサージでほうれい線を予防

ほうれい線予防なのに頭皮?と思った方もいらっしゃるかも知れませんね。

頭皮のたるみもほうれい線の原因なのです。

実は頭皮が固くなると、顔の皮膚もたるみやすくなるといわれています。

人差し指、中指、薬指、小指を使い、耳の周りを指で動かすようにしてよくほぐしましょう。

耳の上のあたりの側頭筋という部分を手でほぐしてマッサージすることによって、ほうれい線予防に効果があるといわれているんですよ。

2)ベロ回しエクササイズ

口を閉じた状態で、前歯のあたりから時計回りに舌を1周させます。

これを20回繰り返しましょう。今度は反対周りで20回。

これを1日に3回行うと、口の周りの筋肉が鍛えられてほうれい線対策ができます。

血行促進や代謝アップなどの効果も期待できるため、エイジングケアにはぴったりですね。

<ほうれい線を防ぐエクササイズの参考記事>

ナールスエイジングケアアカデミー編集部から春のほうれい線対策のエイジングエクサイズやフェイスマッサージのおすすめの記事をご紹介します。

ほうれい線解消は表情筋対策と顔の運動・エクササイズで!

ほうれい線はマッサージで消す?逆効果にならない正しい方法

テレビでも話題に!ほうれい線を消すマッサージ方法とは?

気になるほうれい線は消せる?かっさを使うマッサージのコツ!


5.健康的な生活習慣で行う春のほうれい線ケア

スキンケア、エクササイズのほかにも生活習慣や食生活を改善してほうれい線ケアを行いましょう。

1)食生活

バランスの良い食事を摂る家庭のイメージ

食べ物でほうれい線対策をすることも大切です。

バランスのよい食事を意識し、コラーゲンの生成に関わるビタミンCなどを意識して摂取するように心がけましょう。

ビタミンCには、酸化を防ぐはたらきや美白作用皮脂コントロール作用もあります。

だから、春のほうれい線対策に加えて、毛穴対策やニキビケアにもよい成分です。

コラーゲンは鶏の皮やゼリー、ビタミンCは緑黄色野菜などに多く含まれています。

また、抗酸化作用が強く血流をよくする効果もあるビタミンEもおすすめ。ビタミンEはナッツ類などに多く含まれています。

ほかにも、カムカムやザクロなどのスーパーフードなども春のほうれい線対策におすすめです。

2)質の高い睡眠

ほうれい線予防したい方にとっては、睡眠不足は大敵です。

睡眠中には成長ホルモンが分泌され、肌のターンオーバーも正常化されます。

これらはほうれい線対策にも欠かせません。

寝始めの90分になるべく質のよい睡眠をとれるように意識し、しっかりと睡眠時間を確保しましょう。

春は眠りやすい季節。質の高い睡眠で美肌を目指しましょう。

3)運動

ウォーキングをする女性

運動不足だと、血流やリンパの流れが悪くなりほうれい線が目立ってしまう原因に。

代謝も落ちるため、肌のターンオーバーが正常に行われない可能性もあります。

無理のない範囲で、ウォーキングなどの有酸素運動を取り入れてみましょう。


6.編集部おすすめの春のほうれい線ケアのエイジングケア美容液

 

編集部おすすめの春のほうれい線ケア対策ができる美容液「ナールス ネオ」

編集部おすすめの春のほうれい線ケアのエイジングケア美容液は、ナールスゲン&ネオダーミル配合美容液「ナールス ネオ」

飯塚美香さんがナールス ネオの使用感をレビュー!」でもご紹介しています。

美女が選ぶベスト美容液などでも高い評価を得ている目元・口元専用美容液です。

私たちの美容液ランキングの第1位です。

1)ナールス ネオの開発コンセプト

肌のハリやツヤをキープして、「エイジングサインへのファイナルアンサー」を目指して開発しました。

2)ナールス ネオの配合成分のポイント

①ナールスゲンを推奨濃度で配合

ナールスゲンは、コラーゲン、エラスチン、ヒートショックプロテイン(HSP)47、ヒアルロン酸を増やします。また、お肌の表皮でヒートショックプロテイン(HSP)70やグルタチオンを増やし、酸化を防ぎます。

さらに、口元のハリやほうれい線の改善、目元のハリの改善をサポートします。

②ネオダーミルを推奨最高濃度で配合

ネオダーミルは、バイオテクノロジーによって生まれた細胞のエネルギー源で、コラーゲン、エラスチンを強力にサポート。

また、Ⅲ型コラーゲンを増やします。

2週間でシワの体積を13%減少、シワの深さを15%減少させる臨床データを有する成分です。

③2種のビタミンC誘導体配合

ナールス ネオは、ビタミンC誘導体美容液です。

水溶性ビタミンC誘導体の中でも効果が高く刺激が少ないVCエチル(エチルアスコルビン酸)と、浸透性の高い両親媒性ビタミンC誘導体APPS(アプレシエ)を配合。

ほうれい線ケア以外に毛穴ケアも期待できます。

④プロテオグリカン配合

ナールス ネオは、プロテオグリカン美容液です。

プロテオグリカンは、糖とタンパクが複合した「糖たんぱく質」で、お肌の細胞の増殖やヒアルロン酸、コラーゲンの産生をサポート。

また、ヒアルロン酸に匹敵する高い保湿力を持った成分で、乾燥肌によるほうれい線をケア。

⑤ビタミンA誘導体配合

レチノールを改良したビタミンA誘導体レチノイン酸トコフェリル配合。

ターンオーバーを促進して、お肌のハリを取り戻してほうれい線をケアします。

⑥6種のセラミド配合

セラミドの中でも保湿力に定評のあるヒト型セラミド6種(NG、NP、NS、EOS、EOP、AP)を配合したセラミド美容液です。

乾燥を防ぐことで春のほうれい線ケアをサポートします。

⑦9種のアミノ酸配合

ヒドロキシプロリングリシンアラニンプロリンセリンアルギニンリシングルタミン酸トレオニンの9種のアミノ酸と、その代謝物であるPCA-Naを配合してNMF(天然保湿因子)の構造に近い成分設計をしました。

春の乾燥を防いでほうれい線を予防します。

⑧抗酸化成分を複数配合

半永久的に抗酸化作用を発揮する金コロイドとともに、強力な抗酸化成分であるコエンザイムQ10エルゴチオネインレスベラトロールブドウ葉/種子/皮エキスを配合することで、お肌の酸化を防ぎます。

⑨アセチルデカペプチド-3

アセチルデカペプチド-3は、アルギニン、メチオニン、グルタミン酸の3つのアミノ酸からつくられたペプチドです。

FGF(線維芽細胞成長因子)に似たはたらきがあります。

FGFとは、細胞の増殖や分化を促す成長因子の1つで、線維芽細胞を活性化させるはたらきでほうれい線を予防します。

⑩お肌に不要な成分を無添加

無香料・無着色、旧指定成分は配合していません。

パラベンフェノキシエタノールほか、アルコール性防腐剤の無添加化粧品です。

また、アルコールフリー化粧品です。

*フェノキシエタノール、パラベンが、キャリーオーバーとして微量含まれます。


7.編集後記

春に実践したい!おすすめのほうれい線対策で美肌へ(飯塚美香さん)の編集後記

美容家で美容情報サイト「キレイナビ」代表でもある飯塚美香さんに、春に行いたいほうれい線の予防や改善の対策をご紹介いただきました。

また、編集部から春のほうれい線予防におすすめのエイジングケア美容液をご紹介しました。

いかがでしたか?

ほうれい線は、春に特別目立つものではありませんが、季節的な乾燥肌やゆらぎ肌で浅いほうれい線が目立つことがあります。

また、たまたま肌老化で目立つタイミングと春がかさなってしまったり、急激なダイエットが原因のことも。

そんなほうれい線の対策でまず真っ先にやることは保湿、そして紫外線対策です。

もちろん、エイジングケア化粧品を使って予防したり、バランスのよい食生活やアンチエイジングを意識した生活習慣も大切です。

ぜひ、この記事を参考に、春のほうれい線対策をしっかり行ってくださいね。

ナールスチャンネルをみて動画でエイジングケアを学ぼう!

関連記事

ほうれい線を消す、改善するための対策がすべてわかる!

続きを読む

ほうれい線の原因と10代、20代、30代、40代、50代の特徴

続きを読む

ほうれい線予防のエイジングケアと日常の対策!

続きを読む

ほうれい線の意外な敵!むくみによるたるみの対策とは?

続きを読む

ほうれい線対策の保湿クリームの本当に正しい選び方と使い方

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」