敏感肌におすすめの日焼け止めとは?選び方と使い方

敏感肌に合う日焼け止めを試している女性

日焼け止めは紫外線対策に必須のアイテム。

でも敏感肌の女性にとっては負担がかかるので優しいものを選びたいですね。

もちろん、UVカット力も大切です。

この記事では、敏感肌のための日焼け止めの選び方と使い方をご紹介します。

また、おすすめの肌に優しい日焼け止めもご紹介します。

敏感肌におすすめの日焼け止めとは?選び方と使い方の目次

1.敏感肌で自分に合う日焼け止めを選びたいあなたへ

敏感肌を気にして日焼け止めを選ぶ女性

敏感肌の方にとって紫外線ダメージは大きな問題です。

なぜなら、シミ・そばかすに加えて、ほうれい線など肌老化を促進するから。

敏感肌の方は、もともと肌のバリア機能が弱いので、皮膚を保護する日焼け止めはとても大切です。

だから、敏感肌の方は、美肌美白のためにはどんな季節でも日焼け止めを使いたいところ。

一方、日焼け止めには、たくさんの種類があって、敏感肌の肌質でも使えるものを探すのが大変ですね。

敏感肌の方は、優しいタイプの日焼け止めを選んで正しく使うことが基本です。

一方、紫外線カットも重要なのである程度のSPFやPAの高さも必要です。

そこで、この記事では、敏感肌におすすめの日焼け止めの選び方と使い方をご紹介します。また、エイジングケア世代で敏感肌の方におすすめのノンケミカルの日焼け止めをご紹介します。

「敏感肌の日焼け止めのPAやSPFは高い方がよいの?」

「敏感肌の私に合う日焼け止めの選び方は?」

「正しい日焼け止めの使い方を知りたい!」

「敏感肌におすすめの日焼け止めを教えて!」

「目の周りはどうやって紫外線対策すればよいの?」

などが気になる方は、ぜひ、続きをチェックしてくださいね。

<敏感肌向けの日焼け止め・UV化粧下地>

赤ちゃんでも使えるほど優しくて、しっかり紫外線対策ができる!

*SPF40、PA+++  ナールスゲン推奨濃度配合UV化粧下地「ナールス ヴェール」

ナールスゲン推奨濃度配合UV化粧下地「ナールス ヴェール」

日焼け止め・UV化粧下地「ナールスヴェール」モデル白山真希さんインタビュー

飯塚美香さんがナールス ヴェールの使用感をレビュー!

<敏感肌の方の目の紫外線対策なら!>

紫外線だけでなく近赤外線やブルーライトも吸収してブロック!

目にも優しいアイケアメガネ

目にも優しいアイケアメガネ

<この記事の大切なポイント>
  • 敏感肌の方はバリア機能が低下しています。だから、日焼け止めなどでしっかり紫外線対策を行うことが大切です。
  • 敏感肌の方をはじめ、誰でもエイジングケア世代になると真皮が薄くなって光老化のリスクが高くなります。一層、紫外線対策をしっかり行いましょう。
  • 敏感肌の日焼け止めは、刺激が少なく肌への負担の小さな紫外線散乱剤がおすすめです。「ノンケミカル」「紫外線吸収剤不使用」などの表示があるものを選びましょう。
  • 敏感肌でエイジングケア世代の方は、さらに保湿成分やエイジングケア化粧品成分が含まれている日焼け止めがおすすめです。
  • 日焼け止めの紫外線ブロック力は、夏でも山や海など特別な場所でなければ、SPF30やPA+++で対策可能です。敏感肌の方は、強い紫外線ブロック力のものを選ぶより、適度な強さのものをおすすめします。
  • 日焼け止めは、敏感肌の方にかぎらず、十分な量を使うことに加え、必要に応じてこまめに塗り直すことが大切です。
  • 紫外線対策は、日焼け止め以外にも、日常生活において太陽光線を避ける対策を併せて行うことが大切です。敏感肌の方は、特に皮膚の薄い目の周りの紫外線対策をしっかり行いましょう。

2.敏感肌は紫外線ダメージが大きい

敏感肌の女性が紫外線を嫌がる様子

1)敏感肌はバリア機能低下で大きなダメージ

敏感肌は、表皮のバリア機能が低下することで、保湿機能が低下している状態の肌のことです。

角質層にある天然保湿因子(NMF)セラミドが少なくなっており、外部刺激に敏感になっています。

そのため、紫外線のダメージにも弱くなっています。紫外線はバリア機能を低下させ、より敏感肌を悪化します。

もちろん、乾燥肌が原因の乾燥性敏感肌でも同じです。

紫外線がお肌の内部に侵入すると、メラニン色素が過剰に生成され、色素沈着がおきることがあります。これが、シミ・そばかすです。

敏感肌の方は、バリア機能の低下と同時にターンオーバーの乱れがあることも多く、色素沈着が起こるリスクも高くなっています。

だからこそ、敏感肌の方にとって紫外線対策はとても大切なのです。

2)エイジングケア世代はより注意が必要

エイジングケア世代になると、だれでも真皮が薄くなります。特に、バリア機能が低下している敏感肌の方は、より紫外線ダメージを受けやすく光老化が進みやすいのです。

特にUVAやロングUVAで、顔のたるみしわ、ほうれい線などのエイジングサインが目立ちやすくなります。

だから、敏感肌の方は、エイジングケア世代ほど注意が必要です。

早めのエイジングケアと合わせて、紫外線対策を徹底することが大切なのです。

しかし、日焼け止めにはお肌の負担になる成分も配合されています。

だから、敏感肌の方が日焼け止めを選ぶ際は、配合成分に着目し、肌の負担になる成分を避けることが大切なのです。


3.敏感肌の方の日焼け止めの選び方

自分に合った日焼け止めを選べて嬉しい女性

1)敏感肌には紫外線散乱剤の日焼け止めがおすすめ

日焼け止めには大きく分けて紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の2種類があります。

紫外線吸収剤は肌表面で紫外線を吸収し、化学反応を起こして肌内部への紫外線の侵入を防ぎます。

ジメトキシベンジリデンジオキソイミダゾリジンプロピオン酸オクチル、ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル、オクチノキサート(メトキシケイヒ酸エチルヘキシル)などが紫外線吸収剤です。

一方、紫外線散乱剤は、肌の上で紫外線を反射させて紫外線の侵入を防御します。

肌への刺激が少ないのは紫外線散乱剤です。

酸化亜鉛酸化チタン酸化鉄などが紫外線散乱剤です。

敏感肌は、バリア機能が低下し外部刺激に弱くなっていますので、紫外線散乱剤の日焼け止めを使用することをおすすめします。

紫外線散乱剤は、パッケージに「紫外線吸収剤不使用」「ノンケミカル」といった表示がありますので、選ぶ時にチェックするとよいでしょう。

2)日常生活で十分な紫外線カット力も必要

もちろん、敏感肌の方にとって、日焼け止めは優しいだけでは不十分です。

しっかりと紫外線をブロックすることが大切です。

紫外線には、波長の長いものからUVA、UVB、UVCの3つに分けられます。

UVAは、地表に届く全紫外線の約95%を占めており、エネルギーそのものは弱いのですが肌の奥まで届いてダメージを引き起こすものです。

UVBは、全紫外線の約5%ですが、エネルギーが強く、いわゆるサンバーンの原因となります。

UVCは、地表に到達することはほとんどありません。

紫外線カット力は、日焼け止めの「SPF」「PA」の数値をチェックすることでわかります。

「SPF」は、主にUVBからの防御力を示します。

「PA」は、主にUVAからのカット力を表している数値です。

両方の数値があるものを選ぶことで、UVAとUVBをバランスよく防御できます。

日焼け止めを使う際のSPFやPAの目安は、「日本皮膚科学会 皮膚科Q&A「Q13.サンスクリーン剤の使い方」」でもしめされていますが、夏でもSPF30以上、PA+++以上で十分です。

敏感肌の方は、負担が大きいSPF50やPA++++の日焼け止めを使うより、こまめに塗りなおしたり、衣類やサングラスなどファッションで紫外線対策をすることなどを組み合わせましょう。

なお、紫外線の量は時期などによって違いますが、1年中降り注いでいます。

紫外線量の多い春の紫外線対策夏の紫外線対策だけでなく、冬でもしっかり紫外線対策をすることが肝心です。

3)潤い成分があることで敏感肌に潤いを

潤うイメージ

敏感肌のケアには潤いを与えることが必須です。

保湿成分が配合された日焼け止めは、お肌の潤いをキープする役に立ちます。

全成分表示をチェックして、保湿成分が含まれた日焼け止めを選びましょう。

ただし、日焼け止めの前にしっかり保湿することが基本なので、あまり過度にこだわる必要はありません。

以下のような保湿成分があります。

①グリセリン

グリセリンは、化粧水などにも含まれる基本成分です。

水分を吸着するタイプのヒューメクタントです。

②スクラワン

スクワランは、油溶性の保湿成分です。

乾燥による肌荒れにも効果を期待できます。

ベタつきが少なくて使いやすく、美容オイルとしても有名な成分です。

③ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は、比較的安価ながら保湿力が高い成分です。

水分を抱え込んで保湿効果を発揮します。

4)エイジングケアができることも大切

エイジングケアに取り組む女性

エイジングケア世代の日焼け止めは、エイジングケアができることも大切な要素です。

そのため、エイジングケア化粧品成分が配合された日焼け止めを選ぶことをおすすめします。

特に、肌の酸化を防ぐエイジングケア化粧品成分がおすすめです。

代表的なエイジングケア化粧品成分としては下記があります。

①ナールスゲン

ナールスゲンは、京都大学と大阪市立大学の共同研究を経て誕生した新しいエイジングケア化粧品成分です。

コラーゲンエラスチンHSP47グルタチオンを増やすはたらきがあります。

抗酸化作用だけではなく水分保持の効果にも優れています。

②油溶性ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体には、水溶性ビタミンC誘導体油溶性ビタミンC誘導体があります。

どちらもコラーゲンを増やしたり、皮脂をコントロールして毛穴ケアにもよい成分です。

中でも、敏感肌の日焼け止めには、刺激の小さいVCIPなど油溶性ビタミンC誘導体がおすすめです。

③プラセンタエキス

プラセンタエキスには保湿効果や抗酸化作用があります。

色素沈着を防ぐ効果にも優れていることから、美白化粧品に配合されることも多い成分です。

アミノ酸が主成分で刺激が小さく、敏感肌にもおすすめの成分です。

エイジングケア化粧品成分にも色々な成分がありますので、自分に合ったものを見つけることをおすすめします。

5)刺激のある成分が少ないこと

敏感肌のケアでは、刺激をなるべく少なくすることが大切です。

刺激のある成分が入った日焼け止めは避けましょう。

アルコールは刺激性が強いので、アルコールフリーの日焼け止めを選ぶことがおすすめです。

なお、日焼け止めを使用して違和感が生じたら、使用をやめて医師に相談することをおすすめします。

敏感肌の場合は、皮膚が刺激に弱くなっているので早めに受診しましょう。


4.日焼け止めの正しい使い方

日焼け止めを正しく使う女性

1)日焼け止めは適量を使う

敏感肌であっても日焼け止めの効果を十分に発揮させるためには、適量を使うことが大切です。

多くの人は無意識のうちに使う量をセーブして、必要な量の1/3もしくは1/4程度しか使っていないと言われています。

これでは本来の日焼け止めの機能を果たすことができません、

なぜなら、SPF値はかなりの多い量の日焼け止めを塗って測定している値だからです。

具体的には、皮膚1平方cm当たり2mg使用して測定しています。これはかなりの厚塗りです。

こうした理由から、日焼け止めは思っている以上に多く使うことがおすすめです。

顔全体に塗る時は、だいたい500円玉くらいの量を使うことを念頭におきましょう。

なお、使用量は各日焼け止めのパッケージに記載されています。

使用前によく読んで適切な使用量を確認することが大切です。

3)日焼け止めは正しく塗る

日焼け止めはむらなく塗ることで十分な効果を発揮します。

日焼け止めを塗る時は、むらなく均一に塗れるように、手を大きく動かしながら塗り拡げましょう。

また、保湿ケアをしないで塗ったり、塗る前に手をこすり合わせることは控えましょう。

むらづきの原因となります。

顔に塗る時は、適量を手にとって、両頬・額・鼻・あごの5点に乗せ塗りのばしていきます。

目元など繊細な部分は、小指の腹などを使い丁寧に塗ることが大切です。

また、顔位以外でもうなじや、耳たぶ、デコルテ、首、手の甲などにも塗りましょう。

身体に使う時は、塗る範囲が大きいですので、ストローのように最初に日焼け止めを細長く出してから塗ることがおすすめです。

一見、使用量が多いように感じるかもしれませんが、十分な量をむらなく行き渡らせることができます。

もう1つ大切なのがこまめに塗り直すこと。

日焼け止めは、などで流れ落ちた場合には塗り直しをすることが必要です。

夏の屋外など、汗をかきやすい環境で日焼け止めを使う時は、2〜3時間おきにこまめに塗り直すことを意識しましょう。

またタオルを使った時などは、こまめに塗り直しをしましょう。

さらに大切なのは、外出後の夕方や夜のスキンケアでしっかり日焼け止めを落すこと。

クレンジング料を使って、メイク汚れや不要な皮脂などとともに十分に落としましょう。

もちろん、敏感肌向けの優しいクレンジング料を使いましょう。

最後に、開封した日焼け止めはそのシーズンで使い切ることが基本です。

開封したものを何年もかけて使用することは避けましょう。


5.敏感肌におすすめの日焼け止め

敏感肌にオススメの日焼け止め「ナールスヴェール」

敏感肌の女性の紫外線対策にオススメの日焼け止め・UV化粧下地として、ナールス ヴェールをご紹介します。

「ナールス ヴェール」は、京都大学と大阪市立大学で共同開発されたエイジングケア化粧品成分「ナールスゲン」を推奨濃度で配合した紫外線散乱剤だけのノンケミカルタイプの日焼け止めです。

紫外線散乱剤のみの配合ですが、SPF40、PA+++という高いUVカット力を実現しています。

だから、夏の季節の外出でも十分な紫外線対策が可能です。

敏感肌はもちろん、乾燥肌やインナードライ肌でも使える、優しいタイプの日焼け止めです。

さらに、独自処方により、つけているのを忘れるほど軽いテクスチャーであることも大きな特徴です。

今まで、肌に合う日焼け止め・UV化粧下地が見つからなかった、という方にもおすすめです。

ナールス ヴェールの特徴を整理すると、次の通りです。

  • SPF40&PA+++でどの季節でも日常生活や外出時の紫外線をしっかりカット
  • 敏感肌の方にもオススメのノンケミカル&ノンパラベンでお肌に優しい処方
  • お肌になじみやすい独自処方の肌色で白浮きしない
  • べとべとしないノンオイリー処方でとても軽いつけ心地
  • 汗やでもメイクが崩れにくいウォータープルーフ処方
  • ナールスゲン&配ビタミンC誘導体合でエイジングケアもできる
  • スクワランやグリセリンなどの保湿成分配合でうるおいをキープ

全成分表示

シクロペンタシロキサン、水、ジメチコン、酸化チタン、BG、酸化亜鉛、PEG-9ジメチコン、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、カルボキシメチルフェニルアミノカルボキシプロピルホスホン酸メチル(*)、水酸化AI、ハイドロゲンジメチコン、イソステアリン酸ポリグリセリル-2、グリセリン、ジエチルヘキサン酸ネオペンチルグリコール、ジカプリン酸ネオペンチルグリコール、スクワラン、酸化ジルコニウム、ジステアルジモニウムヘクトライト、グルタミン酸Naトコフェロールグリチルリチン酸2Kテトラヘキシルデカン酸アスコルビルフェノキシエタノール、酸化鉄

(*)ナールスゲン


6.まだある!敏感肌の紫外線対策で気をつけたいこと

敏感肌の気をつけたいことに気づいた女性

1)日焼け止めの前にしっかり保湿を

朝のスキンケアでは、日焼け止めを塗る前に、まず敏感肌化粧水を使いましょう。

その後、必要に応じて美容液保湿クリーム敏感肌化粧品を使って、スキンケアやエイジングケアでしっかり保湿を行うことが大切です。

日焼け止めを塗る前にスキンケアをして5分程度間をあけて肌になじませると乾燥しにくくなります。

日焼け止めを塗る前には、保湿ケアを心がけましょう。

2)日焼け止め以外にもできることをしっかり行う

敏感肌の方は、日焼け止めだけに頼らず、日傘や広いつばが全周にある帽子、長袖の衣類、ジーンズなどで、より紫外線を物理的にカットすることが大切です。

一方、敏感肌であっても屋外でさまざまなスポーツを楽しんだり、海や山へ出かけるのは心身のリフレッシュに大切です。

しかし、できるだけ日陰に入ったり、10時~14時など紫外線が強い時間帯を避けることを心がけましょう。

山の空気は薄いので、平地より紫外線が強くなるので、特に注意が必要です。

3)敏感肌の目の周りの有害光線対策を特に意識しよう

誰でも目の周りの皮膚は薄いので、紫外線ダメージを受けやすくなります。

その結果、目元のしわや目の下のたるみなどが目立ってしまいます。

敏感肌だとより紫外線ダメージが強いのです。

そんな目元の紫外線対策には、UVカット機能があるサングラスやアイケアメガネがおすすめです。

また、最近、近赤外線やブルーライトが目だけでなく肌老化の原因になることがわかってきました。

そんな、日焼け止めが塗れない目の紫外線対策は、有害光線も一緒に防ぐことができるサングラスやアイケアメガネがおすすめです。

なお、紫外線対策のサングラスやアイケアメガネの選び方は、「紫外線対策のサングラスの選び方!おすすめと7つのポイント」をご覧ください。


7.まとめ

敏感肌におすすめの日焼け止めとは?選び方と使い方のまとめ

敏感肌の方向けの日焼け止めの選び方と使い方をご紹介しました。

また、敏感肌におすすめの日焼け止め・UV化粧下地をご紹介しました。

いかがだったでしょうか?

日焼け止めは紫外線対策に必須のアイテムですが、敏感肌の方はしっかりと紫外線をカットするとともに、肌に負担が少なく優しいものを選ぶことが大切です。

また、正しく使うことも大切です。

敏感肌のあなたは、この記事を参考に自分にあった日焼け止めを上手に選んでくださいね。

関連記事

ゆらぎ肌は、正しいエイジングケアで改善!敏感肌になる前に

続きを読む

敏感肌を改善!症状・原因と10のエイジングケア対策

続きを読む

CE(コーニファイドエンベロープ)とは?敏感肌なら大切!

続きを読む

タイトジャンクションは、バリア機能と敏感肌に深く関係!

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」