グルコシルセラミドとセラミドは違う!効果とメリットは?

グルコシルセラミドについて説明する女性

セラミドと言えば、今やその保湿力の高さで有名な化粧品成分です。

グルコシルセラミドは、そんなセラミドの一種ですが、どんな効果やメリットがあるのでしょうか?

また、セラミドとの違いや保湿力に違いがあるのでしょうか?

この記事では、グルコシルセラミドの化粧品成分としての特徴やはたらき、効果、メリットに迫ります。

1.グルコシルセラミドをエイジングケアに使いたいあなたへ

グルコシルセラミドという名前を聞いたことはあるでしょうか?

セラミド」と名前がついているので、大きな意味ではセラミドの1種です。

しかし、厳密に言えばセラミドとは違っていて、特徴や効果なども違う点があります。

また、セラミドは、人が元から持つセラミドと化粧品成分とに分かれることから、理解が難しい成分です。

同じように、グルコシルセラミドも人の肌にあるとともに、化粧品成分としても存在します。

だから、スキンケアやエイジングケアに詳しい方、エイジングケア化粧品に詳しい方でも、セラミドをちゃんと理解するのは難しいのです。

そこで、この記事では、グルコシルセラミドとは何か?グルコシルセラミドの化粧品成分としての特徴やはたらき、効果、メリットやデメリットをできるだけわかりやすくご紹介します。

「グルコシルセラミドって何?」

「グルコシルセラミドとセラミドってどう違うの?」

「グルコシルセラミド配合のエイジングケア化粧品の効果は?」

「グルコシルセラミドのデメリットは?」

「グルコシルセラミドを食べ物やサプリメントで摂る方法は?」

などに興味がある方は、ぜひ、続きをチェックしてくださいね。

<この記事でお伝えしたい大切なこと>
  • グルコシルセラミドとは、スフィンゴ糖脂質の一種で、セラミドとグルコースが結合したものです。
  • グルコシルセラミドは、ターンオーバーの過程でセラミドがつくられる前に、表皮の顆粒層に存在します。
  • 化粧品成分としてのグルコシルセラミドは、コメ、コメヌカ、こんにゃくなどの植物から抽出された保湿成分で、植物性セラミドです。
  • グルコシルセラミドには、他のセラミドと同じく保湿効果やエイジングケアによい効果が期待されます。
  • グルコシルセラミドは、食べ物やサプリメントでも補うことが可能です。
  • グルコシルセラミドのメリットは、どんな肌質でも使いやすいこと、化粧水に使いやすいこと、価格が安いことです。
  • グルコシルセラミドのデメリットは、ヒト型セラミドと比べると保湿効果が若干低いことです。

2.グルコシルセラミドの前にセラミドを理解しよう!

グルコシルセラミドについて話す女性

1)セラミドとは

①人のお肌にあるセラミド

セラミドは、お肌の表皮角質層にある角質細胞間脂質の約50%を占める成分です。

角質細胞間脂質とは、細胞と細胞の間を埋める成分です。

セラミドは、油分なのですが親水基も持っていて、人のお肌の中で水と油分が層状になったラメラ構造をつくります。

この水―油―水と重なるラメラ構造によって、高い保湿力でお肌のバリア機能を保っているのです。

人の持つセラミドは、11種あると言われていますが、現在、9種が見つかっています。

それらは、番号が付けられていますが、最近では英語の略号で表記される方向へと変化しています。

セラミド1=セラミドEOP

セラミド2=セラミドNS

セラミド3=セラミドNP

セラミド4=セラミドEOH

セラミド5=セラミドAS

セラミド6=セラミドAP

セラミド7=セラミドAH

セラミド8=セラミドNH

セラミド9=セラミドEOS

実はセラミドはもっと細かな分類ができると言われていますが、ここではこれ以上の説明は省略します。

詳しくは、「保湿成分セラミドのはたらきとエイジングケア効果とは?」をご覧ください。

②セラミドはとても大切な成分

人のお肌のセラミドは、年齢とともに減っていきます。セラミドが減るとバリア機能が低下し、乾燥肌敏感肌になるリスクが増えます。

また、皮脂欠乏性湿疹(皮脂欠乏性皮膚炎)老人性乾皮症アトピー性皮膚炎などの皮膚の病気では、セラミドが不足しています。

このことから、お肌にとってセラミドはとても大切な成分であることがおわかりいただけますね。

③化粧品成分としてのセラミド

化粧品成分としてのセラミドは、大きく合成由来のセラミドと天然由来のセラミドに分かれます。

合成由来のセラミドには、ヒト型セラミドと合成セラミドがあります。

天然由来のセラミドには、馬などの動物由来のセラミドと植物性セラミドがあります。

このうち、化粧品の全成分表示で「セラミド」と表記できるのでは、「ヒト型セラミド」だけです。

グルコシルセラミドは、このうちの植物性セラミドの1つです。

2)セラミドとスフィンゴ糖脂質

セラミドだけでも理解がなかなか大変ですが、グルコシルセラミドを理解する上で避けて通れないのが、スフィンゴ糖脂質を理解することです。

狭い意味で「セラミド」といった場合は、スフィンゴシンに脂肪酸がくっ付いたものだけを指します。

一方、スフィンゴシンに脂肪酸とそれ以外のものがくっ付けば、「スフィンゴ糖脂質」と呼ばれますが、広い意味では、スフィンゴ糖脂質もセラミドと呼ばれることがあります。

「スフィンゴ糖脂質」とは、セラミドに糖が結合したもので、

  • セラミドに糖が1個(単糖)結合したものを「セレブロシド」
  • 糖がガラクトースの場合は「ガラクトシルセラミド」
  • 糖がグルコースの場合は「グルコシルセラミド」

と呼ぶのです。

スフィンゴ糖脂質の分類の図
セラミドとスフィンゴ糖脂質の構造の図

3.グルコシルセラミドとは?

グルコシルセラミドについて疑問を抱く女性

1)人の肌にあるグルコシルセラミド

これで、グルコシルセラミドがスフィンゴ糖脂質の一種で、セラミドとグルコースが結合したものであることがわかりましたが、これは人のお肌にあるのでしょうか?

実は、グルコシルセラミドも人のお肌にあります。

グルコシルセラミドは、表皮の角質層の下にある、基底層から顆粒層に存在します。一方、セラミドは、表皮の一番上の角質層にあるのです。

ではなぜ、セラミドとグルコシルセラミドが違う場所にあるのでしょうか?

セラミドは、基底層でできた細胞が角質層まで上がってきて、最後にお肌から剥がれるプロセスであるターンオーバーの際に生成されます。

セラミドが顆粒層にあるときは、まだ「セラミド」ではなく「グルコシルセラミド」と「スフィンゴミエリン」という成分として存在するのです。

顆粒層にあるグルコシルセラミドが、角質層まで来てセラミドになるのです。

つまり、お肌のグルコシルセラミドは、セラミドの原料なのです。

2)グルコシルセラミドは食物に中にある!

グルコシルセラミドは、小麦や米、トウモロコシ、大豆、こんにゃく芋などに多く含まれています。そんなグルコシルセラミドは、植物性セラミドと呼ばれます。

これらの食物が、化粧品成分としての植物性セラミドやグルコシルセラミドの原料として使われるのです。

また、「食べ物でセラミドを摂る」とは、これらの食物を食べることなのです。

食べ物でグルコシルセラミドを摂ることもお肌によい影響を与えますが、必要な1日の摂取量(600マイクログラム)を摂るのは難しいと考えられています。例えば、白米ならお茶碗25杯も必要で、含有量の多い生芋こんにゃくでも100g必要です。

最近では、グルコシルセラミドを高濃度で配合したサプリメントも登場しているので、それを活用するのもよい方法です。


4.グルコシルセラミドの化粧品成分としての効果と特徴

グルコシルセラミドの効果と特徴の説明をする女性

1)化粧品成分としてのグルコシルセラミド

化粧品成分としてのグルコシルセラミドは、商品名としては、「水溶性セラミドRC」が代表的な成分です。

全成分表示では、「グルコシルセラミド」の他にその成り立ちから、「α-グルカン」と表記されるケースもあります。

このグルコシルセラミドは、コメ由来なので植物性セラミドの1つです。

現在、グルコシルセラミドと表記できるのは、「水溶性セラミドRC」だけです。

2)植物性セラミドとグルコシルセラミド

グルコシルセラミド以外にも植物性セラミドがあります。

「水溶性セラミドRC」以外の植物性セラミドもグルコシルセラミドですが、全成分表示では違う名称となっています。

そこが化粧品成分を理解するのが難しい点です。

植物性セラミドとしては、

  • 加水分解コンニャク根   こんにゃく芋から抽出されたセラミド
  • トウモロコシ胚芽抽出物  トウモロコシの胚芽から抽出されたセラミド含有植物油
  • コメヌカスフィンゴ糖脂質 米ぬかから抽出されたセラミド
  • ユズセラミド(ユズ果実エキス) ユズ果実から抽出されたセラミド

などがあります。

これらもグルコシルセラミドの1種です。

3)グルコシルセラミドの効果

①保湿効果

グルコシルセラミドは角質細胞同士を密着させて保湿することで、角質層の水分量を高めたり、バリア機能を改善してお肌の潤いをもたらします。

その結果、肌理(キメ)の整ったツヤのあるお肌に導きます。

つまり、グルコシルセラミドは、乾燥肌対策に効果的で、乾燥を防ぐことでさまざまな肌悩み肌老化の予防に役立つのです。

例えば、乾燥によるくすみの改善や肌荒れ防止などの効果も期待できます。

こうしたはたらきから、潤いを残してツッパリ感を軽減するために、洗顔料クレンジング料にグルコシルセラミドを使うことも増えつつあります。

②目尻の小じわを改善する効果

グルコシルセラミドが、目尻の小じわを改善することが試験で示されています。

他のパーツの乾燥による小じわの改善も期待できます。

また、乾燥で目立つほうれい線を消すことも期待できます。

③ヒアルロン酸を増やす効果

グルコシルセラミドは、真皮線維芽細胞が生み出すお肌のハリや潤いに大切な成分であるヒアルロン酸を増やすはたらきが認められています。

④シミの改善効果

グルコシルセラミドは、試験でシミを改善する効果も認められています。

ただし、厚生労働省で認可された美白成分ではないので、グルコシルセラミドを配合しても美白化粧品や美白化粧水を名乗ることはできません。

⑤アトピー性皮膚炎の予防や緩和に期待

肌の保湿効果のほか、バリア機能を高めることでアトピー性皮膚炎の症状の緩和が期待されます。


5.グルコシルセラミドのメリットとデメリット

グルコシルセラミドのメリットとデメリットを考える女性

ここで、グルコシルセラミドや植物セラミドと他のセラミド成分との比較でメリットとデメリットを整理します。

1)グルコシルセラミドのメリット

グルコシルセラミドは水溶性成分なので、保湿化粧水エイジングケア化粧水の成分として使いやすい成分です。天然セラミドやヒト型セラミドは油溶性成分のため、セラミド配合美容液セラミド配合クリームとしてはよいのですが、化粧水への配合にはやや不向きです。

セラミド化粧水には、グルコシルセラミドがオススメです。

また、グルコシルセラミドや植物セラミドは、他のセラミド同様、基本的には低刺激でアレルギーのリスクも低く、安全な成分です。

肌質を選ばず、普通肌脂性肌、乾燥肌、インナードライ肌混合肌、敏感肌のいずれでも使えます。

その点からも、敏感肌化粧水に配合したい成分の1つです。

さらに、天然セラミドやヒト型セラミドと比較して価格が安いこともメリットの1つです。

2)グルコシルセラミドのデメリット

グルコシルセラミドや植物性セラミドのデメリットには、ヒト型セラミドや天然セラミドと比べると、若干、保湿効果が低いと点があげられます。また、可能性が低いとはいえ、アレルギーを完全に否定できないこともデメリットです。


6.まとめ

最近、注目が集まっているグルコシルセラミドについて、その特徴、化粧品成分としての効果、他のセラミドとの比較などを幅広くご紹介しました。

グルコシルセラミドは、スフィンゴ糖脂質の一種で、セラミドとグルコースが結合したものです。人のお肌にあるセラミドの原料としても使われる成分であるとともに、化粧品成分としても保湿効果やお肌の老化予防に効果を発揮します。ぜひ、グルコシルセラミドを上手にエイジングケアに取り入れてくださいね。

関連記事

セラミドが少ない!皮膚の病気「アトピー性皮膚炎」の原因は?

続きを読む

セラミドは肌の保湿力の鍵!その秘密と化粧品の選び方

続きを読む

セラミドを減らさないスキンケア!間違ったクレンジングはNG

続きを読む

セラミドを食べ物、飲み物で!乾燥肌とシワにも効果が期待?

続きを読む

保湿成分セラミドのはたらきとエイジングケア効果とは?

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」