秋が来る!2017年9月のスキンケアとエイジングケア

秋を連想させる作物

2017年も9月を迎えました。

残暑で過ごしにくい日もありますが、日々、秋が深まりつつあります。

そんな秋の最初の月である9月のスキンケアやエイジングケアについてご紹介します。

どんな季節でもスキンケアやエイジングケアの基本は、常に清潔、保湿、紫外線対策です。これは、年齢・年代に関係ありません。

しかし、9月という初秋の季節特性や気温などの外部環境、また夏に蓄積されたお肌の疲労などを考慮し、優先順位を考えて、9月のスキンケアを実践することが大切です。

この記事では、秋を迎える9月のスキンケアとエイジングケアのコツをご紹介します。

9月のスキンケアに、ナールスゲン配合エイジングケア化粧品「ナールス」がおすすめ!

目次ちゃん

1.9月のスキンケアを実践したいあなたへ

9月に行うべきスキンケアをする女性

2017年もとうとう9月になって、残り4か月。

楽しくも暑かった夏が終わり季節は秋へ。

この時期は、徐々に過ごしやすくなっていくよい季節ですが、夏の影響でお肌の疲労などが残っていることも。

この記事では、そんな9月にふさわしいスキンケアやエイジングケアをご紹介したいと思います。

エイジングケアアカデミーでは、2017年を起点に、前年までの気温や湿度、紫外線照射の状況を踏まえて、最新の季節別、月別のスキンケアやエイジングケアに役立つ情報を発信しています。

今回は、その第6回として、2017年の秋の始まりの月である9月のスキンケアやエイジングケア情報をお届けします。

気象庁などのデータを確認しながら、最新情報を発信しますので、2017年度の最新情報に基づく9月のスキンケアやエイジングケアをチェックしたいなら、ぜひ、続きをお読みくださいね。

<ナールスから、9月のワンポイントアドバイス>

ポイント

9月は、夏バテ、紫外線ダメージなどの影響でお肌がくすんだり、ゴワゴワすることがあります。

そんなお肌状態を「肌疲労」、「夏老け肌」、あるいは「秋枯れ肌」と呼ぶことがあります。

これは、紫外線によるダメージによって、表皮真皮さらには血管やリンパ管もダメージを受けてしまったり、夏バテで血行不良が起こってターンオーバーが乱れることなどが原因です。

そんな夏のダメージ回復には、まずビタミンACE(エース)を食べ物で摂ることです。

スキンケアで大切なのは、保湿によって遅れたターンオーバーを促進すること、また抗酸化ケアを行うことです。

もし、お肌がごわごわしていたり、厚くなってくすんでいるなら、酵素洗顔がオススメです。

酵素洗顔パウダー「ナールスフォーム」を試してみてくださいね。

また、リンパ管ケアには、パッションフルーツエキスから抽出した「キュアパッション」配合のバイオセルロースフェイスマスクナールスパッション」がオススメ。

ナールスゲンも推奨濃度で配合していることから、お肌の抗酸化物質「グルタチオン」を増やしてくれます。

9月のエイジングケアは、いつものスキンケアに加えて、週1~2回の酵素洗顔+フェイスマスクでお肌の回復と保湿力の高いお肌を目指しましょう。

<この記事でお伝えしたい大切なこと>
  • 9月は、8月と比べ気温、湿度とも下がり過ごしやすくなっていきますが、お肌に夏のダメージが残ってしまうこともあります。
  • 9月で最も大切なスキンケアは、保湿です。夏の肌ダメージをしっか保湿することで癒してあげましょう。
  • 9月もまだ紫外線対策をおろそかにしていけません。また、紫外線のアフターケアの1つとして大切なのは、抗酸化でお肌の酸化を防ぐことです。
  • 9月になって、お肌がくすむ、ごわつく場合は、酵素洗顔やピーリングで角質ケアを行いましょう。
  • 暑い夏を過ぎても眠れない場合は、生活習慣を見直すほか眠る工夫も大切です。

2.9月の季節的特徴

スキンケアの前に、ここでは、2017年の9月の季節的な環境について考えてみましょう。

すごしやすくなる9月の気候

1)少しずつ気温や湿度が下がり、過ごしやすくなる9月

9月の平均気温は、まだ20度以上あって秋と言っても前半は残暑のため夏に近い気温です。

2016年の場合は東京の平均気温は、24.4度で、ここ数年は、22度後半から26度です。

8月の気温よりも3~4度下がり、平均気温は6月と同じくらいです。

9月も後半になれば、例年は涼しくなって、過ごしやすくなります。

1875年から2016年までの東京の月別の気温(気象庁)

湿度については、2016年度の9月の平均相対湿度は86%でした。9月の湿度は、ここ数年でも68%~79%です。

昨年の9月の湿度が例年に比べて異常に高かったようですが、通常は70%程度なので、少し湿気が多いと感じる程度です。

9月のスキンケアやエイジングケアは、夏からのお肌へのダメージの蓄積を考えることと、冬へ向かう中で、保湿をしっかり考えることが大切です。

1875年から2016年までの東京の月別の相対湿度(気象庁)

なお、相対湿度とは、ある温度の空気中に含みうる最大限の水分量(飽和水蒸気量)に比べて、どの程度の水分を含んでいるかを示す値で、百分率(%)で表します。

一般的に湿度と言えば、相対湿度のことです。

このデータから言えることは、気温や湿度の観点からは、9月は気温や湿度による乾燥のリスクは小さい月であることです。

しかし、まだ皮脂分泌が多い月でありながら、だんだん気温、湿度とも下がるので、先ほどもお伝えしたとおり、乾燥肌対策として、保湿をしっかり行うことが大切なのです。

2)9月の紫外線はまだ強い!

9月の紫外線

①紫外線と地域の関係

紫外線のデータは、気象庁の「紫外線に関するデータ」でチェックすることが可能です。

日本は、南北に伸びる縦長の国なので、紫外線量は地域によって異なります。

そのため、気象庁では、つくば、那覇、札幌のデータを公開しています。

それぞれ住んでいる地域がどこに近いかによって、自分の地域の紫外線量がどの程度かが推測できます。

基本的には、南へ行けばいくほど、紫外線照射量が大きくなるので、より高いレベルの紫外線対策が必要です。

これは、9月だけではなく、どの月でも同じ傾向です。

②紫外線の強さの指標「UVインデックス」とは?

紫外線は波長により、A波(UV-A;波長315~400nm)、B波(UV-B;波長280~315nm)、C波(UV-C;波長100~280nm)に分けられます。

幸いにも紫外線C波は地上にくるまでにオゾン層で吸収され、紫外線B波も大きく吸収されます。

このように、紫外線は波長によって強度が大きく異なる状況を鑑みて、1つの指標として表す工夫をしたのがUVインデックスです。

日本では、UVインデックスを、弱い順から0~13+までで表示しています。

もちろん、この値が大きいほど紫外線ダメージが大きいことを意味します。

UVインデックス

環境省から「紫外線環境保健マニュアル」が刊行され、ダウンロード可能です。

このマニュアルでは、UVインデックスに応じた紫外線対策の具体的な例が示されていますので、お役立てくださいね。

③9月の紫外線

気象庁のデータで1994年から2008年までの札幌、つくば、那覇の「月最大UVインデックス(観測値)の時別累年平均値グラフ」」を閲覧することが可能です。

詳細は、このデータを見ていただければわかりますが、9月のUVインデックスは、

  • 9月は、8月に比べ、いずれの地域でも紫外線量が低下傾向に向かいます。
  • 札幌では、10時~14時で6~6.3です。11時、12時は6.0を超えているので、「強い」レベルなので9月でもしっかり紫外線対策が必要です。
  • つくばでは、10時~14時で、7~7.7です。11時、12時は7を超えているので、「強いレベル」です。
  • 那覇では、10時~14時で、「非常に強いレベル」以上の8~10.7です。特に11時や12時は11.0に近く、ほぼ「極端に強いレベル」です。

この数値からも、9月はどの地域でも、「中程度」以上には紫外線が強いレベルです。

だから、秋だからといって、紫外線対策をおろそかにしてはいけないことがわかります。

紫外線ダメージは、光老化によるお肌の老化の原因になるので、まだまだ紫外線には注意しましょう。

3)お肌やスキンケアに影響を与える他の要素

お肌への影響を気にする女性

9月になると気温も下がり、お部屋でエアコンをつける機会が減ります。一方、まだ暖房も不要です。

だから、比較的自然な条件の中で過ごせるので、お肌のためにもよい環境なのです。

気をつけたいのは夏の疲れの影響です。

身体もお肌も夏の紫外線の影響を受けて、お肌やリンパ管までもがダメージを残してしまうことです。

その結果、ターンオーバーが遅くなって、古い角質がはがれ落ちずに、角質層は厚く固くなって角質肥厚をもたらすこともあります。

そして、お肌のツヤ透明感が失われてくすみなどの肌悩みのリスクが高くなるのです。

また、リンパ管のダメージと相まって、メラニンの排出が滞り、シミの原因になることもあるのです。


3.9月のスキンケアとエイジングケアの基本

今、見てきたように9月の季節的特徴はあっても、スキンケアの基本は、清潔、保湿、紫外線対策です。

これは、9月であっても他の季節でも同じです。

スキンケアの基本について解説する女性

しかし、その優先順位が季節の特徴や月の特徴で異なるのです。

また、秋の最初の月である9月という状況に加えて、あなたご自身の肌状態や肌質などを意識することも必要です。

とくに、9月は肌ダメージが多く、「秋枯れ肌」になることも。

「秋枯れ肌」には決まった定義はありませんが、夏のダメージで、

  • 顔全体がカサカサした乾燥肌の状態
  • 化粧ノリが悪い
  • 全体的にくすみが目立って疲れた感じがする
  • シミが目立つ
  • 目の下のクマなどが目立つ

といったお肌の状態のことをいいます。

そんな秋枯れ肌にならないようなスキンケアや対策が必要です。

そして、もう1つはエイジングケアの視点。

誰もがそうですが、毎年、9月を迎える時には、昨年の9月よりは1つ年齢を重ねています。

だから、去年の肌とは少し異なっているのです。

だからこそ、来年の9月に少なくとも同じ若さのお肌、エイジレスなお肌を保つためには、何をすれば良いかを意識することも大切なのです。

9月は、夏に蓄積した身体や肌の疲れを取ることと冬に向かう準備として保湿力を高めるエイジングケアに注力しましょう。

<季節にかかわらず意識したいポイントの整理>

ポイント2

①スキンケアの基本は、清潔、保湿、紫外線対策の3つ。

②肌状態や肌質を意識する。

③来年の同じ季節、同じ月でも今年より老けないお肌を目指す。

その上で、9月の季節特性を考えてスキンケアやエイジングケアを実践しましょう。


4.実践!9月のスキンケアとエイジングケア

9月のスキンケアを実践する女性

1)9月のスキンケアは、保湿で角質層のダメージを回復

9月は、夏の暑さや紫外線で疲れたお肌を保湿でしっかり回復させることを優先しましょう。

クレンジング洗顔の後はしっかり保湿することで、保湿力のあるお肌を育てましょう。

9月になると、保湿化粧水エイジングケア化粧水を使ったケアも夏以上に大切です。

エイジングケア化粧水は、化粧水ランキングだけに頼らずしっかりと成分などを理解して自分にあったものを選びましょう。

化粧水に配合するオススメの保湿成分なら、プロテオグリカンヒアルロン酸コラーゲンエラスチンなどです。

自分に合った化粧水を選んだら、上手に使う工夫をしましょう。

化粧水の使い方の工夫の1つは、ハンドプレスで美容成分を優しく奥まで届けることです。

もう1つは、化粧水パックを行うことです。

化粧水パックで密閉効果が高まり美容成分がお肌の奥まで届きます。

化粧水パックをする女性

疲れた角質に潤いを与えて、お肌のハリやツヤを取り戻しましょう。

もちろん、肌質や肌状態によっては、美容液乳液保湿クリームを使うことも必要です。

美容液や保湿クリームは、バリア機能をサポートするセラミド化粧品がオススメです。

中でもヒトの角質細胞間脂質にあるセラミドと同じ構造のヒト型セラミド配合のセラミド配合美容液セラミド配合クリームがオススメです。

また、スペシャルケアとしてフェイスマスクを週1回程度使うこともオススメです。

9月は、乾燥肌の原因をできるだけつくらないための準備をしっかり行いましょう。

2)ターンオーバーが遅いなら酵素洗顔やピーリングも

酵素洗顔泡

もし、夏のダメージなどで、

  • 毛穴の黒ずみが目立つ
  • 角栓が目立つ
  • いちご鼻が目立つ
  • 脂性肌でいつもお肌がテカッている
  • お肌がゴワゴワしてきた感じがする
  • 化粧水や美容液の浸透感が悪くなったように感じる
  • お肌のくすみを感じるようになってきた

などを感じる場合には、

酵素洗顔やピーリング、あるいは収れん化粧水拭き取り化粧水を試すことも1つの方法です。

ただし、いずれも角質に刺激を与えて角質をケアする手段なので、よい商品を選ぶこと、永続的に行う手段でないことを前提として注意して行いましょう。

普通肌、脂性肌の方は大きな心配はありませんが、混合肌インナードライ肌敏感肌の方は控えた方が無難です。

3)紫外線対策には気を抜かず抗酸化ケアも

9月もまだまだ紫外線の影響が大きな月。

UVBの影響は小さくなっていきますが、UVAによる光老化で、たる、ほうれい線シワのリスクは高いのです。

紫外線を気にする女性

そんな9月の紫外線対策に関する情報は、下記も参考にしてください。

紫外線対策はファッションで差がつく!透過率は色・素材で違う

紫外線が目に入ると、肌が日焼けする不思議な現象はなぜ?

外出とエイジングケア 日焼けのアフターケアはビタミンACEで!

4)9月は抗酸化ケアで肌老化予防を

9月のスキンケアは、夏で疲れたお肌の酸化を防ぐことが大きなテーマ。

抗酸化作用のあるエイジングケア化粧品成分を配合したエイジングケア化粧品を使うことをオススメします。

ビタミンA誘導体(レチノールレチノイン酸トコフェリル)、ビタミンC誘導体、ビタミンE誘導体などの抗酸化成分が配合されたエイジングケア化粧品を使うことで、紫外線のアフターケアが可能です。

ビタミンC誘導体には、水溶性ビタミンC誘導体油溶性ビタミンC誘導体両親媒性ビタミンC誘導体(APPS=アプレシエ)などがあります。

また、ナールスゲン、フラーレン、プラセンタエキス、アスタキサンチン、リコピンなどもエイジングケア化粧品で補うことができる抗酸化作用のある成分です。

これらの成分のうち、ナールスゲン、ビタミンC誘導体、プラセンタエキスはイオン導入に向く成分です。

週に1回程度、イオン導入を行うことで夏のダメージの回復も早くなります。

これらの成分を配合した化粧水を、イオン導入用の化粧水として使いましょう。

5)9月もデコルテのケアと手肌のしわ対策を

女性のデコルテ

9月も、首やデコルテのケアにも気を配るほか、手肌のしわ対策も強く意識しましょう。

デコルテは、表皮の角質層は厚いのですが、真皮層が薄く、お肌の土台が弱いのです。

また、皮脂腺が少ないので皮脂分泌が少ないのです。

だから、

  • お肌のハリ不足やしわなど、年齢があらわれやすい
  • 角質層が分厚いので、くすみ、ニキビ、大人ニキビなどがあらわれやすい
  • 乾燥肌になりやすい

ことが特徴です。

ハンドケアは、

  • 高い保湿力がある
  • エイジングケアができる
  • 抗酸化ケアができる

などの条件を満たすハンドクリームがオススメです。

ダマスクローズ、ナールスゲン、セラミド、ビタミンC誘導体、ビタミンE誘導体、シアノコバラミンを配合した「ナールスロゼ」をオススメします。

ナールスピュア

9月の手肌のエイジングケアに!

ダマスクローズ配合のハンド美容ジェル「ナールスロゼ」


5.9月に気をつけたい日常生活

1)十分に眠れないと問題!

9月になると朝晩は気温も下がって、夏よりもよく眠れる環境になります。

そんな季節ですが、十分に眠れているでしょうか?

日常生活

もし、あまり眠れていないようなら、工夫してでも眠れるようにした方がよいですね。

よい睡眠のためには、眠る1~2時間前から脳をリラックスさせてあげることが大切です。

眠る前に、

  • 音楽などでリラックスする
  • 照明は暗めに設定する
  • ややぬるめ(38℃前後)のお風呂でリラックスする
  • カフェインの含まれていないハーブティーや白湯などを飲む

などが考えられます。

そんな睡眠についての詳しい情報は、

美肌は、睡眠中のホルモンによってつくられるってホント!?

夜寝る前のエイジングケアと質の高い睡眠でハリ・ツヤ美肌!

↑↑

こちらをご覧ください。

2)自分に合った運動をしよう。

運動をする男女

どんな季節でも、適度な運動が大切であることは言うまでもありません。

でも、夏の暑い季節ではそんな気になれないといった方も多いのでないでしょうか?

秋になって少し涼しくなるこの9月には、運動を生活習慣に組み込んでみてはいかがでしょうか。

ストレッチやウォーキングなど、できることから開始するだけでも、健康や美肌のためには有効です。

冷え性などがある方は、冬の季節を迎える準備のためにも、運動することで血行促進を目指しましょう。

オススメの記事は、「エイジングケアに良い姿勢とウォーキング | 高岡よしみさん特別寄稿」です。

ぜひ参考にしてくださいね。

3)美肌に効く!9月の食べ物

9月は、いよいよ食欲の秋。

スキンケアも大切ですが、美肌の基本を支えるのは食べ物。

9月が旬の食べ物をご紹介します。

野菜では ⇒ さつまいも、しめじ、しいたけ、まいたけ、ちんげんさい

果物では ⇒ なし、くり、柿、いちじく

魚では ⇒ さんま、銀鱈、えい、しらす、ほっけ

などが、9月の食べ物です。

どんな食べ物も旬が美味しく栄養価も高い場合が多いので、これらもオススメです。

もちろん、どの季節も抗酸化や乾燥肌対策を意識した食べ物や飲み物、栄養素を摂ることは大切です。

美肌のための食べ物や乾燥肌を防ぐ食べ物は、次の記事を参考にしてください。

美肌をもたらす食べ物と飲み物は?その種類から栄養素まで

美肌のための食事のとり方とアンチエイジングへの効果は?

乾燥肌は食べ物と飲み物で保湿、そしてエイジングケア化粧品!

セラミドを食べ物、飲み物で!乾燥肌としわにも効果が期待?

4)9月のオススメレシピ

9月のオススメレシピ

夏の疲れが残る9月を乗り切るためのオススメレシピと作り方のご紹介です。

このレシピや情報のご提供は、「T’s FOOD LAB」さんです。

9月のテーマは、「肌のごわつき&くすみ対策~夏の肌ダメージは、ビタミンACE(エース)で~」

↓クリックで拡大できます↓

9月のテーマ「肌のごわつき&くすみ対策~夏の肌ダメージは、ビタミンACE(エース)で~」

↑クリックで拡大できます↑


6.まとめ

9がつのエイジングケアのまとめ

2017年秋の最初の月である9月のスキンケアとエイジングケアについてご紹介しました。9月は、暑かった夏が終わり涼しくなって過ごしやすくなりますが、夏の疲れの影響を受けやすく、まだ、紫外線の量が多い月です。さらには、冬に向かって湿度もだんだん下がっていきます。

9月は、そんな季節的な特性を踏まえたスキンケアを考える必要がありますが、特に気をつけたいのが、保湿と夏の疲れを癒す抗酸化ケアです。

また、どんな季節も、どんな年齢でも「清潔」「保湿」「紫外線対策」がスキンケアの基本ですが、9月で優先順位が高いのは、保湿です。

もちろん、清潔や紫外線対策も大切ですが、保湿と抗酸化を意識したエイジングケアを実践しましょう。

関連記事

冬が来た!2017年12月のスキンケアとエイジングケア

続きを読む

冬(12月・1月・2月)の乾燥肌対策は、保湿とエイジングケア

続きを読む

冬が目の前!2017年11月のスキンケアとエイジングケア

続きを読む

秋(9月・10月・11月)に気になる乾燥肌!改善の対策は?

続きを読む

秋が深まる!2017年10月のスキンケアとエイジングケア

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」