酵素洗顔の頻度はどれくらいが適切?その回数と正しい方法

酵素洗顔を試す女性

あなたは、酵素洗顔の適切な頻度や回数についてご存知ですか?

「酵素洗顔って、毎日はNGと聞いたけど、どれくらいの頻度でやればよいの?」と疑問を持つ女性も多いのではないでしょうか?

酵素洗顔は、お肌のターンオーバーを正常化し、古い角質を取ってツルツルなお肌を手に入れる洗顔方法。

でも適切な頻度、回数で行わないとかえってマイナスに!

この記事では、そんな酵素洗顔の頻度や回数、正しい使い方をご紹介します。

天然パパイン配合酵素洗顔パウダーの無料サンプルプレゼント!

お試し用サンプルはもれなくご提供いたしますので、ぜひ、試してくださいね。

※サンプルの申し込みは、このバナーをクリックしてください。

フォームサンプルバナー

1.酵素洗顔の適切な頻度を知りたいあなたへ

酵素洗顔の正しい使い方について考える女性

最近では、若い女性だけではなく、エイジングケア世代の女性の間でも注目され始めた酵素洗顔。

なぜなら、ターンオーバーの正常化や不用な角質を取り除いて、ツルツル、すべすべのお肌、透明感のあるお肌をもたらしてくれるから。

また、洗顔の後に使うエイジングケア化粧水などの浸透アップも期待できます。

そんな酵素洗顔については、「酵素洗顔とパウダーの全て!ランキング無用の正しい選び方」で、とても詳しく解説しています。

この記事では、酵素洗顔の回数や頻度、洗顔方法にフォーカスして解説していきます。

あなたが、

「酵素洗顔って、毎日使ってもよいの?」

「酵素洗顔の適切な頻度は?」

「私の肌なら、酵素洗顔はどのように使えばよいの?」

などを知りたいなら、ぜひ、続きをお読みくださいね。

<この記事でお伝えしたい大切なこと>
  • 酵素洗顔とは、酵素の持つ皮脂やたんぱく質を分解する力を利用した洗顔方法です。
  • 酵素洗顔によって肌のターンオーバーを正常化することで解決できる肌悩みは、角栓や毛穴、角質肥厚などです。
  • 酵素洗顔は、毎日行えば、ターンオーバーが促進し過ぎてしまい、未成熟な角質細胞が角質層まで上がることで、バリア機能を低下させるリスクがあります。
  • 酵素洗顔は、週に1回、夜の洗顔から始めてみて、様子をみることがオススメの使い方です。
  • 酵素洗顔の頻度や回数は、肌質、肌状態、季節でも異なりますが、週1回から3回までをめどにしましょう。

2.酵素洗顔とそのメリット

酵素洗顔の効果を実感する女性

1)酵素洗顔とは?

酵素洗顔とは、その名の通り、「酵素」のはたらきを活用した洗顔方法のことです。

酵素には、油分だけではなく、たんぱく質も分解するはたらきがありますが、この「たんぱく質の分解」が酵素洗顔を特徴づけているのです。

なぜ、酵素が洗顔に必要かというと

  • 古い角質や角栓は、70%程度が、ケラチンというたんぱく質でできている
  • 石けんをはじめ、普通の洗顔料に含まれる界面活性剤は、油分を落とせてもたんぱく質を落とすことは不得意

だからです。

酵素洗顔料は、石けんや他の界面活性剤にパパイン酵素、リパーゼ、プロテアーゼ、ブロメラインなどの酵素を洗顔料に加えたものです。

つまり、酵素洗顔料は、酵素だけでできた洗顔料ではなく、油分を落とす界面活性剤も配合されています。

というか、むしろ一般的な界面活性剤の洗顔料に酵素を少し加えたものなのです。

2)酵素洗顔で改善できる肌悩み

酵素洗顔にって肌悩みが改善された女性

では、酵素洗顔によって解決できる肌悩みにはどんなものがあるのでしょうか?

1つには、お肌の古い角質が残ってしまうことによる肌悩みがあります。

具体的には、

などです。

古い角質がお肌に留まってしまうのは、ターンオーバーが遅くなっていることが原因の1つですが、酵素洗顔は古い角質を取り除くことで、ターンオーバーの正常化をサポートするのです。

酵素洗顔は、一般的な洗顔料だけでは落としにくい頑固な古い角質による肌悩みの解決手段として、若い20代の女性から30代、40代のエイジングケア世代の女性まで、幅広い世代の注目を集めているのです。


3.酵素洗顔は、なぜ毎日だといけないの?

酵素洗顔の使用頻度について考える女性

今、酵素洗顔で解決できる肌悩みを挙げましたが、なぜ、酵素洗顔を毎日使ってはいけないのでしょうか?

1)酵素洗顔と洗浄のメカニズム

それは、酵素洗顔の洗浄のメカニズムによるものです。

先ほどもお伝えしたとおり、酵素には、たんぱく質を分解するはたらきがあります。

これは、古くなって不要になった角質を分解する上では、有効なはたらきです。

しかし、角質は自然にはがれるまでの期間は、本来、お肌のバリア機能を果たす役割があります。

つまり、角質は不要なのではなく、お肌の表皮のターンオーバーのプロセスで必要なものです。

ところが、毎日、酵素洗顔を行えば、必要な角質まで分解してしまうことになりかねないのです。

酵素洗顔の洗浄のメカニズムが、たんぱく質を分解することにあるのは、不要なたんぱく質を取り除く上ではメリットになる一方で、過度に使うことで必要なたんぱく質まで取り去ってしまうデメリットになるのです。

2)毎日、酵素洗顔するとお肌のターンオーバーが加速

酵素洗顔の影響でターンオーバーが加速してしまった女性

では、そんな酵素洗顔を毎日使ったり、過度に使うとお肌にどんな問題がおこるのでしょうか?

それは、お肌のターンオーバーが促進し過ぎて、未成熟な角質細胞がお肌の角質層に上がることで、バリア機能が低下してしまうことです。

ターンオーバーは、お肌が健康な状態なら正常にはたらき、遅すぎず、速すぎない正常な状態を保っています。

しかし、必要な角質まで取り去ると、お肌の防御機能がはたらいてしまいます。

そのため、なくなった角質を補うために角質層より下の層からまだ成熟していない角質細胞が押し上げられるのです。

普通肌の方でも、これは問題になりますが、乾燥肌敏感肌の方の場合では、よりお肌への負担が大きくなり、症状や状態を悪化させてしまうリスクになります。


4.酵素洗顔の適切な頻度や回数は?

酵素洗顔の適正な回数

1)酵素洗顔の回数は、まず、週1回程度から

酵素洗顔を開始する場合、特に大きな肌トラブルがない場合は、週1回、夜からはじめて様子をみましょう。

それで、お肌の状態がよくなれば、週1回でも十分です。

お肌に刺激を感じたりせず、問題なく使えても、お肌にゴワゴワ感がある、くすみがある、毛穴の黒ずみが取れないなどの場合は、頻度を週に2回に増やして様子を見ましょう。

それでもまだ効果が不十分な場合は、週3回を限度に回数を増やしてみましょう。

そのまま1か月程度続ければ、ターンオーバーは早くなり、効果を感じるでしょう。

もし、途中で刺激を感じたり、肌荒れや発赤などがあれば、一旦、酵素洗顔を控えましょう。

ひどい場合は、皮膚科などに相談してください。

2)肌質や肌状態で頻度や回数を変えよう!

肌質には、4つのタイプがありますが、

  • 普通肌、脂性肌で比較的お肌が丈夫な方でも、最高で週3~4回程度
  • 混合肌の方は、Tゾーンなら最高で週3~4回程度、Uゾーンは、週1から2回までに留めましょう。
  • 乾燥肌やインナードライ肌の方なら週1~2回程度
  • 敏感肌の方が使う場合には、週1回または2週間に1回程度が適切です。

もちろん、いずれの肌質の場合でも、刺激を感じるなら、酵素洗顔は控えましょう。

また、年齢とともにお肌は刺激に弱くなるので、年齢に応じて酵素洗顔の回数は少なめに行いましょう。

年齢別の酵素洗顔は、「20代や30代の酵素洗顔!間違えば10年後に美肌から老け顔に」や「酵素洗顔活用法!40代や50代からのエイジングケアのために」も参考にしてください。

3)季節で考えたい酵素洗顔の頻度・回数

酵素洗顔の頻度と回数は、季節によるお肌への影響も考慮することが大切です。

春、夏には皮脂分泌が増えて、その影響で角質が酸化しやすくなります。

だから、刺激を感じない範囲で、古い角質を取るために酵素洗顔の回数や頻度を少し増やしてもよいでしょう。

秋、冬は気温が下がることでターンオーバーが低下します。

そのためお肌がゴワゴワしている場合なら、酵素洗顔の頻度や回数を増やしてもよいでしょう。

ただし、ゴワゴワ感のない乾燥肌などの場合は、むしろ酵素洗顔の回数は控え気味で行いましょう。

季節別の酵素洗顔については、「春・夏・秋・冬。季節別の酵素洗顔の上手な活用法とは?」をご覧ください。


5.酵素洗顔の正しい方法

酵素洗顔を正しい使い方で使用する女性

1)酵素洗顔はしっかり泡立てて行う

酵素洗顔を行う場合は、十分に泡立てて、泡でやさしく洗いましょう。

直接、手と肌を付けるなどで、力を入れて擦ることは避けてください。酵素洗顔に限らず、刺激の強い洗顔は避けましょう。

酵素洗顔料は、擦りすぎを避けるためにも、泡立ちのよい酵素洗顔パウダーを選びましょう。

また、手で泡立てるのが苦手な方は、泡立てネットを使うのがおすすめです。

2)酵素洗顔はぬるま湯がオススメ

洗顔は、酵素洗顔に限らず、できるだけ負担を少なくすることが大切です。

すすぎは、体温より少し低い温度のぬるま湯(33~35℃程度)で行いましょう。

ぬるま湯ですすぐことで、毛穴が開きやすくなるというメリットもあります。


6.酵素洗顔後のスキンケア

化粧品の正しい使い方

1)酵素洗顔後は、しっかり保湿を

酵素洗顔で古い角質や余分な皮脂汚れなどを洗い流すことで、そのあとのスキンケアアイテムに含まれる美容成分が浸透しやすくなっています。

だからこそ、しっかりと保湿をしてあげましょう。

保湿でお肌が潤えば、お肌の肌理(キメ)が整い、肌のツヤや透明感もアップします。

そうすれば、メイクのノリがよくなることも期待できます。

スキンケアアイテムは、

化粧水 → 美容液 → 乳液 → 保湿クリーム

の順番が基本ですが、すべての種類を使う必要はありません。

十分な潤いを感じることができることを目的に保湿を行ってください。

2)紫外線対策も忘れずに

紫外線の対策

酵素洗顔、そして保湿の後は、紫外線対策も大切です。

春や夏だけではなく、冬も紫外線対策を怠らないようにしましょう。

紫外線対策は、酵素洗顔以上に大切なお肌の老化を防止する手段であり、エイジングケアの基本です。

酵素洗顔をやる、やらないとは関係なく、紫外線対策を行いましょう。


7.酵素洗顔料の選び方とランキング

酵素洗顔を選ぶ女性

1)自分に合った酵素洗顔料の選び方

お肌の質やタイプ、お肌の強さは人それぞれ。

だから、誰にでも合うエイジングケア化粧品がないのと同じく、酵素洗顔料にも「これが絶対にいい!」という正解はありません。

しかし、あなたに合うよい酵素洗顔パウダーの条件を挙げることは可能です。

ここでは、よい酵素洗顔料を選ぶ視点を挙げてみます。

  • 自分のお肌に合った適度な洗浄力
  • 刺激を与えずに洗顔できる泡立ちのよさ
  • 汚れを吸着するための泡の質
  • 刺激を与えない程度の酵素の濃度
  • 洗い上がりの感触
  • 余計な成分が入っていないこと

などが、その視点です。

2)人気やオススメの酵素洗顔のランキング

酵素洗顔のランキング

今や、酵素洗顔パウダーは、百貨店、化粧品専門店、薬局、ドラッグストアやコンビニなどのさまざまなお店、また通信販売でも買うことができます。

さらに、その種類も増えているので、どれかを選ぶとなると、やはり口コミや人気ランキング、売れ筋ランキングが気になりますね。

そこで、人気の洗顔パウダーを、5名の女性が2週間から1カ月使って評価し、ランキングした情報をお知らせします。

その洗顔パウダーのうち、4つは酵素洗顔パウダーで、1つは酵素が入っていない洗顔パウダーです。

美女5名が、数多くの酵素洗顔パウダーから、人気商品をピックアップして、粒子の細かさ、泡立ち、洗浄力、すすぎやすさ、洗顔後の感触の5項目で評価しています。

評価したのは、「ナールスフォーム」、「パパウォッシュノーマルタイプ」、「肌極」、「suisai」、「ファンケル洗顔パウダーⅡ しっとり」です。

2016年度 酵素洗顔パウダーランキング


8.まとめ

酵素洗顔の使い方に関するまとめ

酵素洗顔は、毛穴の黒ずみ、いちご鼻、角栓、角質肥厚、くすみなどを改善してくれるメリットのある洗顔です。

しかし、間違って毎日酵素洗顔を行ったり、自分の肌状態や肌質に合わない過度な回数、頻度で行うと、かえってお肌を悪化させたり、肌トラブルを招くことも。

そんな酵素洗顔は、そのメカニズムやメリットとデメリットを理解して、自分のお肌に合った適切な頻度、回数を守って正しい方法で行いましょう。

この記事が、あなたのエイジングケアのために、お役に立てれば幸いです。

フォームサンプルバナー

関連記事

角栓の除去はダメ!?鼻の角栓の原因と正しいエイジングケア

続きを読む

酵素洗顔とパウダーの全て!ランキング無用の正しい選び方

続きを読む

春・夏・秋・冬。季節別の酵素洗顔の上手な活用法とは?

続きを読む

酵素洗顔は、大人ニキビの改善のために使って良いの?悪いの?

続きを読む

毛穴の黒ずみは、酵素洗顔で解消!?正しいエイジングケアは?

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」