化粧水はハンドプレスで浸透力や保湿効果が高まるって本当?

化粧水はハンドプレスで浸透力や保湿効果が高まることを伝える女性

化粧水のつけ方の方法の1つにハンドプレスがあります。

ハンドプレスは上手に行えば、エイジングケアにとってもプラスですが、間違った方法で行えばお肌にダメージを与えることもあります。

この記事では、化粧水やローションによるハンドプレスの効果や正しい方法をご紹介します。

化粧水はハンドプレスで浸透力や保湿効果が高まるって本当?の目次ちゃん

1.ハンドプレスで美肌になりたいあなたへ

ハンドプレスで美肌になる女性

最近、化粧水のつけ方で増えてきているのが「ハンドプレス」。

正しく行えば、お肌の保湿に大きなメリットがあります。

だから、ハンドプレスは、エイジングケア化粧品を使う方にとっても、上手に取り入れていただきたい美肌になる方法の1つです。

化粧水のランキングをチェックして選んだり、口コミで評価したりすることには熱心でも、化粧水の使い方やつけ方にはあまり興味がない方もいるかもしれません。

しかし、いくら高機能なエイジングケア化粧水を選んでも、正しい使い方や、つけ方をしなければ、その効果は半減してしまいます。

そこで、今回は、化粧水のつけ方の1つであるハンドプレスについて詳しく取り上げます。

「ハンドプレスって何なの?」

「ハンドプレスで浸透力や保湿効果が高まるのは本当?」

エイジングケアの観点では、ハンドプレスはよい方法なの?」

「メリットだけではなくデメリットはない?」

「ハンドプレスは、パッティングと比べてどうなの?」

などが気になる方は、ぜひ、続きをお読みください。

なお、化粧水の使い方全般については、「化粧水の使い方・つけ方で美肌効果アップ!上手なエイジングケア」をご覧ください。

<ハンドプレスで使いたい化粧水!>

ナールスゲン配合エイジングケア化粧水「ナールスピュア」

ハンドプレスで使いたいエイジングケア化粧水ナールスピュア

<この記事の大切なポイント>
  • ハンドプレスとは、化粧水をつける際、お肌を手で優しく押して化粧水の浸透を上げる方法の1つです。
  • ハンドプレスは、パッティングよりもお肌への刺激が少ないため、人気が高まりつつあります。
  • ハンドプレスにはメリットばかりではなく、デメリットもあるのでその点を理解しましょう。
  • ハンドプレスは刺激が少ない方法ですが、全くリスクがないわけではありませので、正しくやることが大切です。
  • ハンドプレスを上手に行えば、エイジングケアの強い味方になりますが、敏感肌やインナードライ肌など避けた方がよい場合もあります。

2.ハンドプレスのメリット・デメリット

ハンドプレスのメリットとデメリットを考える女性

ハンドプレスとはどんな方法か、また、化粧水や美容液乳液でハンドプレスを行う際のメリットとデメリットについて考えてみましょう。

1)ハンドプレスとは?

ハンドプレスとは、英語で「Hand Press」。

手の平などで押さえることです。

保湿化粧水や乳液などの化粧品を顔につけるとき、お肌を押さえながら、深くまで美容成分が浸透するようになじませる方法がハンドプレスです。

正しく行えばお肌に優しい方法ですが、誤ったやり方では肌を傷つけるリスクもある方法です。

2)ハンドプレスのメリットは?

ハンドプレスのメリットを感じる女性

化粧水のハンドプレスを行うメリットは、

などと考えられています。

しっかりと美容成分がお肌に届くことで、肌のキメが整い透明感のあるお肌がキープでき、ハリツヤを取り戻すことが期待できるのです。

だから、ハンドプレスで改善できる肌悩みとしては、乾燥肌が原因くすみ小じわなどが挙げられます。

また、角質肥厚でお肌がごわごわの場合は、乾燥肌が改善してお肌を柔らかくすることが期待できます。

手でお肌を密閉することで、化粧水の成分が浸透しやすくなることが理論的根拠です。

お肌を密閉するハンドプレスによって、美容成分の浸透力を高める可能性があることは納得感があります。

また、手でお肌をしっかり触ることで自分自身のスキンシップにもなりそうですね。

さらに、ターンオーバーの正常化にもよい効果が出てきます。

とはいっても、もともと分子量の大きな美容成分がお肌の中に浸透するわけではありませんし、保湿成分の効果そのものが高まるわけではありません。

化粧水そのものが持っている可能性を十分に引き出してあげることがハンドプレスのメリットです。

また、化粧水のパッティングとの比較になりますが、ハンドプレスの方が刺激になるリスクが少ないこともメリットの1つです。

この刺激になるリスクの少なさが、パッティングよりハンドプレスの人気が高まっている理由です。

もちろん、コットンで化粧水をつけるよりもハンドプレスは優しい方法です。

なお、化粧水のパッティングやコットンでつける方法についての詳しい情報は、「化粧水のパッティングは、エイジングケアにとって良いつけ方?」と「化粧水をコットンで使うってよいの?エイジングケアの視点から」をご覧ください。

3)ハンドプレスのデメリット

ハンドプレスのデメリットを感じる女性

では、ハンドプレスにデメリットはあるのでしょうか?

まず1つ目は、手間がかかってしまうこと。

ハンドプレスは、一度で顔全体ではできませんから、パーツごとにハンドプレスを行います。

したがって、普通に化粧水をつけるよりも時間がかかってしまいます。

もちろん、その時間そのものをスキンシップの時間として楽しめれば、デメリットにはなりませんが、忙しい場合には、ハンドプレスはデメリットとなってしまいます。

もう1つは、やり方次第で刺激になるリスクがあることです。

パッティングに比べると刺激のリスクは低いのですが、きつく押し当てたり、荒っぽく行うことで、お肌の角質にダメージを与えるリスクもあるのです。

さらに、夏などの季節に長時間ハンドプレスを行うと、水分過剰となってお肌がふやけてしまうこともあります。

他にも、メイクがうまく乗らなかったり、化粧崩れがしやすくなることもあります。

このようにハンドプレスにはデメリットもありますが、多くはやり方でカバーすることが可能です。


3.ハンドプレスの正しい進め方

ハンドプレスの正しい使い方を実践する女性

では、実際、ハンドプレスはどのように進めればよいのでしょうか?

といっても、ハンドプレスは難しいものではありません。

洗顔クレンジングの後、手を清潔にして行いましょう。

また、冷え性などで手が冷たい人は、お湯で手を温めることもオススメです。

1)適量の化粧水を手にとる

化粧水を適量とって、両手になじませてから顔をプレスします。

または、先に指で顔につけた後に、両手でプレスする方法があります。

どちらも効果は変わりません。

冬など化粧水が冷たく感じる場合は、手の平で化粧水を温めてから行いましょう。

2)パーツ別に行う

ハンドプレスは、一度に顔の全てのパーツで行うことはできません。

まず、頬を中心にスタートし、その後、目元・口元、そして額の順番にパーツ別で行います。

各パーツを10秒程度、優しくハンドプレスしましょう。

目元や口元などお肌の薄い場所は特に優しくハンドプレスを行います。

最後にフェイスラインなどの顔の端もハンドプレスすることで、顔全体に美容成分を浸透させましょう。

3)気になるパーツは念入りにハンドプレスする

手の平、または指の腹をお肌にしっかり密着させて、パーツごとに5~10秒程度ハンドプレスします。

エイジングサインが気になるパーツなら長めに15秒程度行ってもよいでしょう。

4)ハンドプレスはゆっくり、やさしく行うことがポイント

ハンドプレスは、押し込むのではなく、手のひらや指を肌に密着させてソフトタッチで行うことがポイントです。

押し当てるときも手や指を離すときも、刺激にならないようにゆっくり行いましょう。

ハンドプレスは、手で顔を包み込むことで化粧水パックフェイスマスクのような効果を期待する方法です。

5)エイジングケアのためのハンドプレス

ほうれい線しわなど気になるパーツがある場合は、ナールスゲンネオダーミルなどのエイジングケア化粧品成分が配合されたエイジングケア化粧水エイジングケア美容液で長めにハンドプレスしたり、数回繰り返すこともオススメの方法です。

目の下のくま目の下のたるみなどの場合も同様ですが、こちらは指で優しく押さえましょう。


4.エイジングケアの視点で考えるハンドプレス

エイジングケアの視点でハンドプレスを考える女性

浸透力アップ、保湿効果のアップ、自分自身とのスキンシップなどの点でメリットのあるハンドプレスですが、エイジングケアの視点から注意すべきポイントはどんなことでしょうか?

1)ハンドプレスで避けたい成分

1つは浸透力が高まることによる刺激のデメリットが考えられます。

年齢を重ねることで、だれもお肌のバリア機能が低下してきます。

そこに刺激のある成分をハンドプレスすることで余計に刺激を感じてしまうリスクが高まるのです。

具体的には、アルコールや防腐剤、PG、DPGなどで刺激を感じてしまうリスクが高まるのです。

ハンドプレスには、アルコールフリー化粧水など刺激のある成分が無添加の化粧水を使いましょう。

2)ハンドプレスにオススメの化粧水

もとから刺激の少ない成分や、低分子ではない成分の場合は過度な心配は不要です。

たとえば、セラミドはバリア機能の維持に必要な油分で刺激も少ないので心配はありません。

ただし、セラミドは化粧水よりも、セラミド配合美容液セラミドクリームの方が効果的なので、ハンドプレスも美容液やクリームで試しましょう。

また、ナールスゲン、プロテオグリカンコラーゲンヒアルロン酸エラスチンなども刺激の低い保湿成分なので、あまり心配する必要はありません。

特に、エイジングケアの効果も期待できるプロテオグリカン化粧水ナールスゲン化粧水がおすすめです。

3)ハンドプレスで注意したい化粧水

一方、ビタミンA誘導体(レチノールレチノイン酸トコフェリルなど)、ビタミンC誘導体などは刺激のある成分です。

だから、これらのエイジングケア化粧品成分が配合された化粧水や化粧品の場合は、

  • ハンドプレスの時間は少なめにする
  • 目元や口元のお肌は皮膚が薄いのでハンドプレスを避ける

などもエイジングケアの工夫の1つです。

ビタミンC誘導体化粧水は、美白化粧水としてシミ対策に使われたり、酸化の予防、ニキビ、毛穴の開きや黒ずみの改善にもよく使われます。

しかし、ハンドプレスには慎重になりたい化粧水です。

もちろん、お肌が丈夫であればハンドプレスを行っても構いませんが、年齢を重ねるごとに慎重になりましょう。

4)肌質によっては控える

肌質によっては、ハンドプレスを控えた方がよい場合があります。

普通肌脂性肌の場合は特に問題はありません。

一方、混合肌ゆらぎ肌なら要注意で、乾燥肌がひどい場合や、インナードライ大人ニキビで炎症がある場合、肌荒れ敏感肌の場合は、避けた方がよいでしょう。

5)ハンドプレス後の摩擦に注意

ハンドプレスは化粧水だけでなく、乳液や美容液、保湿クリームなどでも可能です。

これらを一緒に使う場合は、最後のアイテムの後でハンドプレスをしましょう。

また、ハンドプレスの直後は、浸透効果でお肌がより柔らかい状態になります。

そんなお肌を確かめるために何度も触れると、刺激になってお肌を傷付けるリスクが高まります。

スキンシップは過度にならないように注意しましょう。


5.ハンドプレスにオススメのエイジングケア化粧水

ハンドプレスにおすすめのエイジングケア化粧水ナールスピュア

ハンドプレスにおすすめの化粧水が、ナールスゲン配合のエイジングケア化粧水「ナールスピュア」

乾燥肌対策だけでなく、しわやほうれい線、たるみ毛穴などエイジングサインの予防対策にピッタリなエイジングケア化粧水です。

その特徴は、

  • ナールスゲンを推奨濃度で配合することにより、しっかりお肌に浸透し、エイジングケアをサポート
  • 両親媒性ビタミンビタミンC誘導体APPS(アプレシエ)配合による美肌効果
  • 高保湿成分プロテオグリカン配合による高い保湿効果
  • ビタミンE誘導体で肌荒れなどを防ぐ
  • アルコールフリー、無香料、無着色料、オイルフリー、界面活性剤完全フリー

など、30代や40代のエイジングケアにハンドプレスで使いたい化粧水です。

ただし、ビタミンC誘導体を配合しています。

高濃度ではありませんが、敏感肌の場合にはハンドプレスは控えてくださいね。

なお、さまざまな化粧品成分のはたらきは、次の表を参考にしてください。


6.まとめ

化粧水はハンドプレスで浸透力や保湿効果が高まるって本当?のまとめ

化粧水でハンドプレスを行う場合のメリットとデメリット、エイジングケアでハンドプレス行う場合の注意点などを紹介しました。

ハンドプレスは、パッティングに変わって、最近、人気の化粧水の付け方です。

それは、ハンドプレスが、パッティングに比較して刺激となるリスクが低いからです。

また、化粧水をコットンでつけるよりも、ハンドプレスは刺激がありません。

そんなハンドプレスは、上手に行えばエイジングケアの強い味方です。

しかし、やり方を間違ったり、やるべきでないときにやってしまうと、エイジングケアにとってマイナスです。

ぜひ、正しいハンドプレスの方法を理解して、健やかな美肌のために活用していただければ幸いです。

関連記事

化粧水ランキングを超える!エイジングケア化粧水の選び方

続きを読む

化粧水の役割は、保湿と整肌!正しいエイジングケアのために

続きを読む

化粧水のおすすめ!大切にしたい7つのチェックポイント

続きを読む

化粧水のパッティングは、エイジングケアにとって良いつけ方?

続きを読む

ビタミンC誘導体化粧水の選び方はエイジングケアの視点で

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」