秋のクレンジングを正しく行ってエイジレスな美肌へ!

秋のクレンジングを気にする女性

クレンジングはどの季節でも大切。そんな中、秋は過ごしやすい季節なのであまり気にかけないのではないでしょうか?

しかし、紫外線ダメージや夏の疲れの影響で、お肌が弱っている場合もあります。

この記事では、秋に気をつけたい美肌のためのクレンジングのポイントを公開します。

また、秋に使いやすいおすすめのクレンジングジェルをご紹介します。

秋のクレンジングを正しく行ってエイジレスな美肌へ!の目次

1.秋に上手なクレンジングを行いたいあなたへ

クレンジングを行う女性

秋と言えば、気候がよく過ごしやすいことから、行楽、読書、スポーツに最適な季節です。

また、旬の味覚も多く出回り、食べ物が美味しく食欲が増す季節ともいえます。

しかし、秋の訪れとともに、夏の紫外線ダメージや夏バテの影響がお肌に現れてきます。

また、急に涼しくなって昼夜の寒暖差も大きくなります。

そのため、肌疲労秋枯れ肌状態の女性も多いのではないでしょうか。

だから、エイジレスなお肌のためには、スキンケアやエイジングケアにも注意が必要です。

例えば、20代ではエイジングケアが不要だった肌30代になってエイジングケアを意識することも必要です。

中でも、お肌の負担となるメイク落とし、つまり、クレンジングには注意が必要です。

そこで、この記事では、秋に美肌をキープするために気をつけたいクレンジングのポイントを公開します。また、秋に使いやすいおすすめのクレンジングジェルをご紹介します。

「秋のクレンジングで最も気をつけるべきことって?」

「なんとなくお肌が疲れているのでクレンジングを見直したい!」

「秋はどんなクレンジング料を選べばよいの?」

「クレンジング料の使い方が正しいかチェックしたい!」

「秋のスキンケアやエイジングケアで気をつけるポイントは?」

など、秋の季節のクレンジング料の選び方や使い方が気になる方は、ぜひ、続きをチェックしてくださいね。

<秋にぴったりのクレンジングなら>

敏感肌でも使える医師監修のクレンジングジェル「ナールス エークレンズ」

敏感肌でも使える医師監修のクレンジングジェル「ナールス エークレンズ」

<今だけ!無料サンプルプレゼント!!>

秋のメイク落としにオススメのクレンジング!ぜひお試しください☆

ナールスエークレンズ無料サンプル申し込み

<この記事の大切なポイント>
  • 秋は気温や湿度とも適度で過ごしやすい季節です。しかし、夏の疲れや秋後半の気温や湿度の低下を意識して、クレンジング料を選ぶことや使うことが大切です。
  • 秋枯れ肌が気になる方は、優しいクレンジング料を選ぶことが大切です。アミノ酸系界面活性剤などの刺激の少ない洗浄料を使ったものがオススメです。
  • 秋に優しいクレンジングを行うには、ジェルタイプ、クリームタイプ、ミルクタイプがおすすめです。なぜなら、これらは刺激性が少ないタイプが多く、摩擦も抑えられるからです。
  • 秋は、クレンジングの後、保湿ケアをしっかり行うことが大切です。また、お出かけの際は、紫外線対策も必要です。
  • 秋に限らずどんな季節でも、正しくクレンジングを行うことが大切です。肌への刺激や摩擦のない方法で、やさしく行いましょう。

2.秋の季節的特徴とお肌への影響

秋のイメージ

秋のクレンジングを考えるにあたって、季節的な特徴や肌悩み肌老化のリスクについてのポイントをおさえておきましょう。

1)秋の季節的特徴

暑い夏から寒い冬へ移行する季節である秋。

9月は残暑が残っており暑さを感じる日もありますが、10月11月と秋が深まるにつれて過ごしやすい気温に変化します。

秋は低気圧と高気圧が交互に通過する時期です。

そのため、日々の気温差が大きくなる傾向があります。

また気圧の変動が大きいため、体調を崩す人も多い時期です。

重ね着をして体温調節するなど、体調管理に気を配ることが大切です。

秋晴れのさわやかで過ごしやすい天気の日が多い一方、台風シーズンでもあり、気候の変動が激しい時期といえます。

また、11月は紅葉が目を楽しませたり秋ならでは味覚に舌鼓をうつなど、秋だからこその楽しみも豊富にあります。

しかし、厳しい寒さを迎える手前です。

そんな秋の季節的な要因をふまえ、クレンジングはもちろん、エイジングケアにしっかりと取り組みましょう。

2)お肌への影響と秋の肌悩み

秋の肌悩みを考える女性

涼しく過ごしやすい気候に恵まれた秋は、一見するとお肌への負担は少なそうですよね。

しかし実は季節の変わり目などの関係から、主に下記のような影響や肌悩みが生じやすいのです。

①空気が乾燥する

湿度が低下する秋は、空気が乾燥し始める時期です。

冬に向けて毎月湿度が低下していきます。

をかいてもベタつかず、さらりとしていて過ごしやすいですが、汗が蒸発するときにお肌の水分が奪われ乾燥肌のリスクが高まるので注意が必要です。

②夏のダメージが現れる

秋は、夏に受けた強烈な紫外線のダメージが表面化しやすい時期です。

夏の時期に日焼け止めなどでしっかり対策していないと、秋枯れ肌になってしまうことがあります。

また、秋に乾燥肌が進む可能性があります。

さらに、乾燥肌の進行によってくすみやなどの肌トラブルに悩まされやすくなるのです。

また、紫外線の影響は、シミをはじめ光老化による顔のたるみほうれい線シワなどを招いてしまいます。

肌のごわつきなどを感じたら、なるべく早めにスキンケアに力を入れることが大切です。

③お肌にストレスがかかりやすい

肌にストレスを感じる女性

秋は季節の変わり目なので、気温や気圧の変化が激しい時期です。

その影響でお肌がストレスを受ける場合があります。

身体が外部環境に適応しようとする関係で、自律神経が乱れ女性ホルモンのバランスが乱れてしまうことがあるのです。

そのため、肌荒れになってしまうことも。

また、8月に比べて日照時間が短くなることから、脳内物質であるセロトニンの分泌が減少し、ストレスを溜め込みやすいとも言われています。

質のよい睡眠を心がけたり、栄養素を意識した食べ物で美肌を目指すなど、健康やアンチエイジングを意識した生活習慣に配慮することが大切です。

④皮脂量の分泌が低下する

皮脂量の分泌が低下して乾燥肌になった女性

皮脂の分泌量は季節に応じて変化します。

気温が低くなる秋は、皮脂の分泌量が低下し始める時期です。

天然のヴェールである皮脂膜が薄くなるので、乾燥肌になりやすいと言えます。

乾燥肌が原因の肌トラブルにつながりやすいので、気をつけましょう。

秋の毎月のスキンケアは、次の記事も参考にしてください。

9月のスキンケアとエイジングケア

10月のスキンケアとエイジングケア

11月のスキンケアとエイジングケア


3.秋のクレンジングで大切なポイント

秋のクレンジングのポイントを教える女性

ここからは、秋のクレンジングについて詳しくご紹介します。

1)肌質や肌状態に合った優しいものを選ぶ

お肌に負担がかかりやすい秋は、クレンジングを強く意識しましょう。

自分の現在の肌質や肌状態を把握して、適しているものを選びましょう。

先ほどから説明しているとおり、秋の肌は意外にデリケートなので、クレンジング料も優しいタイプを選ぶことがおすすめです。

メイク落としはどうしてもお肌に負担がかかります。

自分のお肌にあったものを使わないと肌トラブルの原因になりかねないので注意しましょう。

肌質や肌状態を確かめるときは、クレンジングや洗顔後のお肌をチェックすることをおすすめします。

洗顔後は、肌本来の状態が現れやすいです。

じっくり肌と向き合ってみましょう。

乾燥やツッパリ感を感じたら乾燥肌の可能性があります。

Tゾーンは油っぽいのに、目元や口元が乾燥していたら混合肌の可能性が高いです。

全体的にベタつきを感じたり、ニキビができやすい場合は脂性肌の可能性があります。

ただし、肌の表面はテカっているのにつっぱりを感じる場合は、インナードライ肌の可能性もあります。

特にトラブルを感じないときは、普通肌と言えるでしょう。

肌質やお肌の状態は変化するものなので、定期的にチェックをしておくことが大切です。

普通肌の方はどんなクレンジング料でも大きな問題はありませんが、他の肌質の方はできるだけ優しいものを選びましょう。

もちろん、普通肌でも秋のクレンジングには優しいものがおすすめです。

2)クレンジング料の種類と選び方

クレンジング料の選び方のイメージ

クレンジング料を選ぶときはまず種類に着目します。

主な種類は以下のとおりです。

  • オイルタイプ
  • リキッドタイプ
  • ジェルタイプ
  • クリームタイプ
  • ミルクタイプ
  • バームタイプ
  • シートタイプ
  • ポイントメイク専用タイプ

クレンジング料は、種類によって洗浄力や刺激の強さ、配合されている成分が異なります。

オイルタイプやリキッドタイプは比較的洗浄力が高く刺激が強いので、肌への負担を避けたい秋に使うことは、あまりおすすめとは言えません。

また、シートタイプは手軽ですが、こすることでお肌の負担になってしまいます。

秋に限らず、どの季節でもおすすめできません。

一般的にお肌に優しいとされているのは、ジェルタイプやクリームタイプ、ミルクタイプやバームタイプです。

ジェルタイプのクレンジング

ジェルタイプ、つまりクレンジングジェルは、とろっとしたテクスチャーに特徴があります。

水性と油性があり、水性はさらに「オイルイン」と「オイルフリー」とに分かれています。

秋の肌におすすめなのは、オイルフリーの水性タイプ。

適度な洗浄力がありながらも、比較的お肌に負担をかけにくいタイプです。

とろみがあることでお肌に塗布しやすく、余分な力がかかりにくい点もポイントが高いでしょう。

クリームタイプは、秋のデイリーケアに向いています。

油分と界面活性剤のバランスがよく秋肌に適しているのです。

ただしお肌に優しい分、洗浄力は高くないので、メイクをナチュラルにするなど工夫をするとよいでしょう。

保湿力も高く、乾燥しがちな秋におすすめのクレンジング料です。

ミルクタイプは、さらっとしていてなめらかな使い心地が特徴です。

ミルクタイプのクレンジング

洗浄力はオイルタイプなどと比べると弱いですが、その分お肌への負担は少なくなります。

乾燥肌や敏感肌の人も使うことができますので、秋になってお肌が弱っていると感じる方はミルクタイプに切り替えてみるとよいでしょう。

バームタイプは、容器に入っているときは固形ですが、お肌にのせると体温で溶けてオイル状になる不思議なクレンジング料です。

オイルタイプのような高い洗浄力がありながらも、お肌への負担が少ないことから人気が高まっています。

こってりしがちなクリームタイプより、洗い上がりがスッキリとしていることも支持されています。

扱いやすく使いやすいので、秋におすすめのクレンジング料の1つと言えます。

3)30代を超えれば、秋のエイジングケアを意識して選ぶ

秋のエイジングケアを意識してクレンジング料を選ぶ女性

季節を考慮するとともにエイジングケアを意識してクレンジング料を選ぶことがポイントです。

なぜなら、毎年、秋が来るたびに年齢を重ねるからです。

エイジングケアを意識するときは、配合されている界面活性剤の種類や量に注意して、お肌に優しいタイプを選びましょう。

弱酸性やアミノ酸系の界面活性剤なら刺激が少なく、秋のエイジングケアを意識したクレンジング料におすすめです。

他の成分にも着目しましょう。

アルコール、PG(プロピレングリコール)DPG(ジプロピレングリコール)が多いクレンジング料は避けることをおすすめします。

クレンジング料は最終的に洗い流すものなので、保湿成分に関しては過度に意識する必要はありません。

クレンジングの後の保湿ケアで補うことができます。

なるべく刺激を与える成分は避けてお肌に優しいクレンジング料を選びましょう。

優しいイメージ

エイジングケアというと40代以上の方が行うものというイメージをお持ちの方もいるかもしれませんが、早ければ早いに越したことはありません。

中には、20代からエイジングケアを意識したクレンジングを行なっている人もいます。

クレンジングの刺激は、お肌にダメージとして蓄積される可能性が高いので、なるべく早いうちからお肌に負担の少ない優しいクレンジング料に切り替えることおすすめします。

30代も半ばを過ぎればエイジングケア世代の真っただ中。

お肌のハリや弾力を保つコラーゲンエラスチンをつくり出す線維芽細胞の力は衰えがちになり、女性ホルモンの分泌量も減少します。

線維芽細胞の力が衰えると、皮膚が薄くなり乾燥肌になりやすくなります。

30代からのクレンジングは、秋には目立った問題がない場合でも、早くからお肌に負担の少ないマイルドなクレンジング料に切り替えることがおすすめです。

エイジングサインが生じてからケアをするのは大変ですので、なるべく早いうちから予防美容を意識しましょう。

なお、クレンジングによる負担を軽減するためには、メイクをしないという方法もあります。

しかし、メイクは紫外線ダメージからお肌を守ったり、心理的に心浮き立つ効果があるなどメリットも多いものです。

エイジングとともに経験値も高まり、ナチュラルメイクでも十分に美しく仕上げることができる方も多いでしょう。

お肌への負担を少なくしたいなら、濃いメイクを控えてナチュラルメイクに切り替えることをおすすめします。


4.秋におすすめのクレンジング料

アミノ酸系界面活性剤配合クレンジングジェル「ナールス エークレンズ」

秋にオススメのアミノ酸系界面活性剤配合クレンジングジェル「ナールス エークレンズ」をご紹介します。

水性のオイルフリーのクレンジングジェルで、アミノ酸系界面活性剤であるラウロイルグルタミン酸Naが主な洗浄成分です。

秋の乾燥肌対策にピッタリです。

ナールス エークレンズは、皮膚科医監修で、

といった特徴があります。

全成分表示

BGラウリン酸ポリグリセリル-10ペンチレングリコールグリセリン、ラウロイルグルタミン酸Na、ヒアルロン酸Na加水分解ヒアルロン酸、グルコシルセラミド、金、タナクラクレイ、カワラヨモギ花エキス、シソ葉エキス、ユズ果実エキス、アーチチョーク葉エキス、ダマスクバラ花油α-グルカンPEG-60水添ヒマシ油カルボマーポリアクリル酸Na水酸化K


5.この秋にあらためてクレンジングの正しい方法をチェック!

クレンジングの正しい方法をチェックする女性

1)クレンジングを始める前に

秋に限らず、メイクをしたまま寝てしまうとお肌への負担が大きくなります。

メイクは基本的にその日のうちにクレンジングで落としましょう。

また、どれほどよいものを使っても、間違った使い方をしていると逆効果です。

あらためてクレンジングの正しい方法と使い方をチェックしましょう。

まず、肌トラブルを引き起こすリスクを避けるためにもきちんとを洗うことが肝心です。

ただし、クレンジング料を手に取る前に水気を拭き取り、乾いた清潔な手でクレンジングを行います。

使用量を守ることも肝心です。少なすぎると摩擦が生じやすくお肌にダメージを与えかねません。

クレンジング料は、適量を使いましょう。

2)クレンジングの進め方

 

クレンジングをすすぐ女性

進め方のポイントは次の通りです。

これは、秋でも他の季節でも同じです。

 

クレンジング料を塗布するときは、Tゾーンから使いましょう。

続いて指の腹を使ってUゾーンにもクレンジング料を広げ、最後に目元や口元に使います。

目元や口元は皮膚が薄いので、塗布するときは力の入りにくい薬指や小指を使う方法も有効です。

すすぎは30度〜35度程度のぬるま湯で行います。クレンジングはすすぎまで含めても1分程度で完了させましょう。

時間をかけすぎることはお肌の負担になります。

すすぎ終わったら清潔なタオルで水気を拭き取りましょう。

水気を拭き取る時にタオルでゴシゴシ擦ることもNGです。

クレンジングはどうしてもお肌に負担がかかる行為です。全行程を優しい力加減で行うことを心がけましょう。

正しいやり方でクレンジングを行うことで、お肌への負担を減らし、効果的にメイクを落とすことができます。


6.気をつけたい!クレンジング後の紫外線と保湿

クレンジング後、保湿を行う女性

1)秋の紫外線対策は?

日差しが弱まったことで紫外線対策を忘れていませんか?

量が弱まっても紫外線は1年中降り注いでいます。

秋といえども紫外線対策を怠らないことが肝心です。

日頃からUVカットが施された衣服を着用することをおすすめします。

外に出るときは、帽子や日傘を用いたり、日焼け止めを塗ることもおすすめです。

日焼け止めは夏ほどSPFやPAの高いものでなくても大丈夫です。

UV-Bからお肌を守る強さを表すのがSPF、UV-Aからお肌を守る強さを表すのがPA。

どちらも高いほどお肌に負担を与えやすいと言えます。

日差しは弱くなっていますので、お肌に負担の少ない日焼け止めをうまく使うとよいでしょう。

日焼け止めのイメージ

秋におすすめは、紫外線散乱剤、つまりノンケミカルです。

UVカットが施された衣服と組み合わせることで、塗布する面積を減らす方法も有効です。

手袋やサングラスなどのファッションアイテムも役に立ちますよ。

なお、紫外線はガラスを突き抜けて室内にも届きます。

外出しないからといって気をぬくことは避けましょう。

室内でもUVカット加工のある衣服を着ることを推奨します。

最近ではUVカット加工の施されたシートも販売されています。

忙しくて室内でのUVケアを忘れがちという方は、窓にUVカット加工済みのシートを貼るのも賢い選択です。

静電気で張り付くタイプなら賃貸であっても痕を気にせずに使用することができます。

なお、秋には紫外線だけでなく花粉も飛散しています。

花粉はデリケートなお肌に強い刺激を与える要因となるため、紫外線対策と合わせて花粉対策にも気を配りましょう。

外出時にはマスクを着用し、帰ってきたらうがい手洗いを実行して可能な限り花粉を除去するとよいでしょう。

2)クレンジング後の秋の保湿は?

クレンジング後、保湿を行う女性

クレンジングのあとは忘れずに保湿を行いましょう。

遅くとも10分以内に化粧水を使って保湿ケアを始めることをおすすめします。

クレンジング後であれば有効成分が浸透しやすくなっていますので、なるべく時間をあけずにケアすることが大切です。

保湿化粧水のあとは、美容液乳液保湿クリームなどを使ってしっかりと保湿ケアを行いましょう。

特に空気が乾燥し始める秋は、保湿をしっかり行なってお肌のバリア機能やターンオーバーの機能を正常に保つことが必要です。

そのためには、保湿力の高いセラミド、中でもヒト型セラミドがおすすめです。

秋の保湿には、セラミド美容液セラミドクリームを使いましょう。

エイジングケアを意識するならエイジングケア化粧水を使用することもおすすめと言えます。

お肌の不調を感じるなら、いつもの保湿ケアと合わせてフェイスマスクなどのケアをプラスすることも効果的です。

週1〜2回程度のフェイスマスクを加えることで、秋の乾燥に負けないしっとりとしたお肌を保ちやすくなります。

ストレスを溜めこまないためにも、リラックスしてお手入れを楽しみましょう。

秋に保湿ケアを入念に行うことは、夏のダメージからの回復を促し、冬の乾燥に負けない肌を育てることにつながります。


7.まとめ

秋のクレンジングを正しく行ってエイジレスな美肌へ!のまとめ

秋のクレンジングで気をつけたいポイントをご紹介しました。

また、秋に使いやすいおすすめのクレンジングジェルをご紹介しました。

いかがだったでしょうか?

秋のお肌は、夏の疲れや紫外線ダメージが残っています。

だから、お肌を労わる優しいクレンジングが大切です。

また、正しい使い方を行うことも大切です。

秋も優しく適切なクレンジングを行って美肌をキープしてくださいね。

関連記事

冬(12月・1月・2月)の乾燥肌対策は保湿とエイジングケア

続きを読む

冬のクレンジングは要注意!優しく正しく行おう

続きを読む

冬が来た!2018年12月のスキンケアとエイジングケア

続きを読む

冬が目の前!2018年11月のスキンケアとエイジングケア

続きを読む

秋が深まる!2018年10月のスキンケアとエイジングケア

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」