飯塚美香さんがUV化粧下地ナールス ヴェールの使用感をレビュー!

本ページはPRを含みます。


ナールスブランドのUVケア化粧下地「ナールス ヴェール」を美容ライターの飯塚美香さんにお使いいただき、感想をいただきました。

また、どんなUVケア化粧下地なのかもわかりやすくご紹介いただいています。

一人のお客様の声としてご参考にして下さいね!

この記事の目次を紹介する女性のイラスト

1.飯塚美香さんにナールスヴェールを使っていただきました!

エイジングケアにも使えるナールスヴェール

「飯塚美香さんがUV化粧下地ナールス ヴェールの使用感をレビュー!」をお届けします。

ナールスエイジングケアアカデミーでは、さまざまな特集を組んでいます。

そんな中の1つが、美容ライターさんによるナールスのエイジングケア化粧品の使用感をレビューしていただく企画です。

今回は、美容ライターの飯塚美香さんにエイジングケア世代のためのUVケア化粧下地「ナールス ヴェール」をお使いいただき、使い心地やお肌の変化などの感想をお聞かせいただきました。

*飯塚美香さんが使ったUV化粧下地「ナールス ヴェール」は、旧タイプです。

2022年2月にナールス ヴェールはリニューアルしました。

<飯塚 美香さんプロフィール>

有限会社アイアール代表取締役。美容情報サイト「キレイナビ」を運営する他、JPMパーソナルメイクアドバイザー、日本ダイエット健康協会認定インストラクター、コスメコンシェルジュ、美容薬学、薬膳マイスター、スキンケアマイスター、アロマテラピー講師などの資格を生かし、全国各地でセミナー・ベントを開催。

また、サプリメントプロデュース、雑誌やWEBでの美容コラム執筆、美容関連サイトの監修、通販番組出演など美容家としても活動中。

パーソナルビューティーコンサルタントとして、美容・健康の悩み解決をサポートする活動もスタート。

<保有資格>

  • JPMパーソナルメイクアドバイザー
  • 日本ダイエット健康協会認定インストラクター
  • 日本化粧品協会認定コスメコンシェルジュ
  • 日本コスメティック協会認定スキンケアマイスター
  • SOEUR認定アロマテラピーアドバイザー
  • 美容薬学検定1級取得
  • 国際薬膳食育師3級取得(薬膳マイスター)


2.飯塚美香さんのナールス ヴェールのレビュー

<飯塚美香さんがお使いになった当時のナールス ヴェール>

2019年新発売当時のナールス ヴェール

2022年リニューアルしたナールス ヴェール

こちらは、2022年2月に新発売のナールスゲン推奨濃度配合UV化粧下地「ナールス   ヴェール」です!

ありがたいことに、ナールスファンということで一足お先に使わせていただく機会を頂戴しました!

これまで、ナールスのスキンケアアイテムは、メイク落としの「ナールスエークレンズ」、化粧水の「ナールスピュア」、美容液の「ナールスネオ」を愛用してきました。

今回の「ナールス ヴェール」はUV化粧下地ということで、初めてのメイクアイテムなのです!

スキンケアアイテムはすべて肌に優しく、確かな効果を感じられる信頼度の高いコスメたち。

今回発売前に使わせていただいた「ナールス ヴェール」も期待大でした!

「ナールス ヴェール」は紫外線吸収剤を一切使用せず、紫外線散乱剤だけを使用したナールスゲン推奨濃度配合のノンケミカルのUV化粧下地。

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の違いをまず説明しますと、紫外線吸収剤は肌の上で化学反応を起こして紫外線の侵入を防ぐもの。

一方、紫外線散乱剤は肌の上で紫外線の光を散乱することで、紫外線の侵入を防ぐもの。

肌の上で化学反応を起こさないため、紫外線散乱剤のほうが肌に負担がありません。

肌の負担を感じない女性

紫外線散乱剤には、酸化亜鉛酸化チタンといった肌への刺激やアレルギーが起きにくい成分が使われます。

ただ、従来の紫外線散乱剤は白浮きしてしまったり、伸びがよくなかったり、といったデメリットがあるのですが、こちらの「ナールス ヴェール」はとても伸びがよい!

するすると肌の上で伸びて、あっという間になじみます。

ですので、朝忙しい時も付けてすぐにメイクができるのも嬉しいです。

そして、肌の色を整えてくれる化粧下地の効果はありますが、白浮きしてしまうことはありません!とっても使いやすいUV化粧下地なのです!

そして、気になる紫外線対策の効果はというと、SPF40/PA+++という高さ。SPFは肌を黒くするUVB(紫外線B波)の防御力を表す数値で、PAは肌の真皮層に届き、コラーゲンエラスチンを破壊してシミたるみの原因となるUVA(紫外線A波)の防御力を表す数値です。

SPF40/PA+++なら、日常生活紫外線だけでなく、屋外で過ごすようなレジャーやスポーツシーンにも使えますね。特に紫外線のほとんどが、波長が長く肌の奥まで届いてしまうUV-A(紫外線A波)ですので、PAの後ろに+がたくさん表示されているものを選ぶことをおすすめします。

その点、「ナールス ヴェール」はPA+++ですので紫外線による肌ダメージを防ぐ効果もしっかり備わっています。

するすると肌に伸びてよくなじみ、サラサラした感触ながら、付けた後はしっとりします。

ウォータープルーフタイプなので、に強くメイクが崩れにくいのもいいですね。

さらに、ナールス製品に配合されている美容成分、「ナールスゲン」も推奨濃度で配合されています!

「ナールスゲン」は、京都大学で見出されたエイジングサポート成分。

通常のコラーゲンよりも、約1000分の3の大きさという小さい分子量のアミノ酸誘導体なので、肌の角質層の奥深くまでしっかり浸透してくれるのが特長です。

コラーゲン、エラスチン、ヒートショックプロテイン(HSP)47をサポートし、じっくり時間をかけてお肌本来の健やかさをキープしてくれます。

美肌成分が配合された日焼け止めや化粧下地はほかにも多数販売されていますが、この「ナールスゲン」が推奨濃度で配合されているのはほかにはないかと思います。

「ナールスゲン」には、肌のコラーゲンを増やしたり、潤いを与えるなどさまざまな美容効果が認められていますが、基礎実験では、紫外線のダメージを軽減することがわかりました。

肌の老化原因の80%は紫外線による光老化といわれています。「ナールスゲン」は、紫外線ダメージを軽減することで、光老化を抑えてくれるのです!

そして、「ナールス ヴェール」はウォータープルーフ。

よく汗をかき、海やプールに行く機会が増える夏にはこのウォータープルーフは嬉しいですよね。

専用のクレンジング料で落とさなければならない日焼け止めもありますが、いつも使っているメイク落としで落とすことができます。

おすすめはやはり、W洗顔不要の優しいメイク落としナールス エークレンズ」で落とすことですね。

「ナールス ヴェール」があれば、もう夏の紫外線も怖くない気がします!

エイジングケアの味方である「ナールスゲン」配合のUV化粧下地。

使いにくければ、いくら効果が高くても続きませんが、とっても使い心地がよいのでずっと使い続けていけそうです。

そして、気になる価格。品質がよくても高価なものはなかなか買えませんよね。

でも、「ナールス ヴェール」はそんな心配不要!30ml入で3,700円(税別)※という価格で買えるんです!

※旧タイプの価格

肌の老化の原因となる恐ろしい紫外線。日焼け止めでしっかりと防いでいつまでも若々しい美肌をキープしていきたいですね。

そのためには使う日焼け止めの品質、効果にこだわってみませんか?

<編集部から>

紫外線対策は、保湿と並んでエイジングケアでもっとも大切です。特に肌老化を防ぐ上では最重要。

そんな紫外線対策を学ぶ記事です。

ロングUVAの特徴と日焼け止めによる紫外線対策

冬でも紫外線対策は大切!光老化を予防しよう

外出時の紫外線による日焼けのアフターケアはビタミンACEで!

目の紫外線対策!肌が黒くなるのは目の日焼けが原因?

紫外線対策はファッションで差が!透過率は色・素材で違う


3.新しくなったナールス ヴェールの特徴

エイジングケアにおすすめの年中使える日焼け止め&UV化粧下地ナールスヴェール

エイジングケア世代の女性のための年中の紫外線対策にオススメの日焼け止め・UV化粧下地がナールス ヴェール

1)ナールス ヴェールの特徴

「ナールス ヴェール」は、京都大学と大阪市立大学で共同開発された「ナールスゲン」を推奨濃度で配合したノンケミカルタイプのUV化粧下地です。

敏感肌でも使える優しい日焼け止めです。

もちろん、乾燥肌でも使える日焼け止めです。

さらに、脂性肌の方にもおすすめの日焼け止め&UV化粧下地です。

紫外線散乱剤のみの配合ですが、SPF50+・PA++++という高いUVカット力を実現しています。

だから、夏でもしっかり紫外線をブロックできます。

さらに、独自処方により、つけているのを忘れるほど軽いテクスチャーであることも大きな特徴です。

また、保湿もできるのでどの季節にもぴったりです。

ナールス ヴェールの特徴を整理すると、次のとおりです。

全成分表示

シクロペンタシロキサン、水、酸化亜鉛、ジメチコンBG、ポリグリセリル-3ポリジメチルシロキシエチルジメチコン、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー 、(ビニルジメチコン/メチコンシルセスキオキサン)クロスポリマー、リンゴ酸ジイソステアリル、水酸化Al、PEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン、ハイドロゲンジメチコン、ステアリン酸、イソステアリン酸、グリセリン、ジイソステアリン酸ポリグリセリル-2、ジエチルヘキサン酸ネオペンチルグリコール、ジカプリン酸ネオペンチルグリコール、スクワラン、ジステアルジモニウムヘクトライト、カルボキシメチルフェニルアミノカルボキシプロピルホスホン酸メチル(*)、テトラヘキシルデカン酸アスコルビルセラミドNP、ヒアルロン酸Na、グリチルリチン酸2Kヒメフウロエキスイザヨイバラエキス、マグワ根皮エキス、トコフェロール、EDTA-3Na、フェノキシエタノール、酸化チタン、酸化鉄

(*)ナールスゲン

2)ナールス ヴェールの使い分け

日焼け止めを正しく使用することでマスクによるシミ対策ができるナールスヴェール

ナールス ヴェールは、肌質や年齢を選ばないことから、どんな肌質や年代の方でも安心してお使いいただけます。また、季節を問わず使えます。

そのため、使い分けを意識する必要の少ない日焼け止めです。

熱帯に近い地域でのレジャーや夏の炎天下でスポーツを行うなどの場合は、SPF50、PA++++が必要ですが、ナールス ヴェールはそんな場面でも使えます。

3)ナールス ヴェールはブルーライトもカット

酸化鉄配合の日焼け止めでブルーライトはカットできる?検証結果!」でご紹介していますが、ナールス ヴェールがブルーライトをカットすることがわかりました。

ナールス ヴェールのブルーライトカット率のグラフ

このグラフが示すように、波長の短いブルーライトの場合、ほとんど透過しません。

真ん中あたりだと15%程度透過、つまり85%程度をカット、最も長い500nmなら25%程度透過、つまり75%カットしています。

これは平均で84.8%のカット率です。

完全に十分とはいえませんが、ノンケミカルタイプの日焼け止めなのに、ここまでブルーライトをカットできるなら、とても良い検証結果です。


4.編集後記

美容ライターの飯塚美香さんに、エイジングケア世代のためのUVケア化粧下地「ナールスヴェール」をレビューしていただきました。

いかがだったでしょうか?

また、紫外線吸収剤や紫外線散乱剤の違いについてもご説明いただきました。

さらに、お客様の視点でナールス ヴェールの特徴や使い心地の感想などもご紹介いただけたので、とても良かったです。

ナールスエイジングケアアカデミーの読者の皆様のUV化粧下地の選び方や使い方の参考になれば幸いです。

著者・編集者・校正者情報

(執筆:美容ライター 飯塚美香)

プロフィールは前出

著者情報 株式会社ディープインパクト 富本充昭
(執筆:株式会社ディープインパクト 代表取締役 富本充昭)

ナールスエイジングケアアカデミー編集長

京都大学農学部を卒業後、製薬企業に7年間勤務の後、医学出版社、医学系広告代理店勤務の後、現職に至る。

医薬品の開発支援業務、医学系学会の取材や記事執筆、医薬品マーケティング関連のセミナー講師などを行う。

文部科学省後援日本化粧品検定1級

一般社団法人化粧品成分検定協会認定化粧品成分上級スペシャリスト

著作(共著)

KOLドクターの的確な人選と良好な関係作りのコツ

医薬品マーケティングにおける市場・売上予測と戦略策定

当社スタッフの本業は、医学・薬学関連の事業のため、日々、医学論文や医学会の発表などの最新情報に触れています。

そんな中で、「これは!」という、みなさまの健康づくりのご参考になるような情報ご紹介したり、その時期に合ったスキンケアやエイジングケアのお役立ち情報をメールでコンパクトにお届けしています。

ぜひご登録をお待ちしております。

キレイと健康のお役立ち情報が届く、ナールスのメルマガ登録はこちらから

ナールスチャンネルをみて動画でエイジングケアを学ぼう!

関連記事

資生堂のザ・コラーゲン リラクル〈ドリンク〉の贅沢美容成分を体験!

続きを読む

もやけんの栄養まるごと満点魚菜スープで鍋料理してみました!

続きを読む

待望のウルシナのオールインワンジェル使ってみました!

続きを読む

40代以上の敏感肌に。浸透力4倍の水でできた9つのフリー化粧水

続きを読む

美容医療後にヒト幹細胞培養液配合フェイスマスク「ナールスリジェ」

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」

エイジングケアを本気で学ぶ情報サイト|ナールスエイジングケアアカデミー

エイジングケアを本気で学ぶ情報サイト|ナールスエイジングケアアカデミー