薬剤師・管理栄養士が考える紫外線対策と選びたい日焼け止め

座談会に参加していただいた薬剤師さんと管理栄養士さんの5名

紫外線対策はだれにとっても大切なエイジングケア。

今回、医療の専門家である調剤薬局の薬剤師と管理栄養士に紫外線対策の考え方や、選びたい日焼け止めをテーマに座談会を開催させていただきました。

また、UV化粧下地ナールスヴェールの感想もお話ししいただきました。

目次ちゃん

1.薬剤師さん&栄養士さんで紫外線対策の座談会を開催

座談会のイメージ

紫外線による光老化は、顔のたるみほうれい線しわの大きな原因です。また、特に夏はシミや日焼けの原因にもなります。

だからこそ、日焼け止めを塗るのをはじめとする紫外線対策は、エイジングケアにとってとても大切です。

そんな紫外線対策について、医療現場で働く薬剤師さんや管理栄養士さんはどのように考え実践しているのでしょうか?

2019年7月30日(火)、『認定NPO法人「健康ラボステーション」理事長インタビュー

でもお世話になった浦田千昌氏にご尽力いただき、大阪を拠点とする調剤薬局のカイセイ薬局から薬剤師さん2名、管理栄養士さん3名にお集まりいただき、「薬剤師・管理栄養士が考える紫外線対策と選びたい日焼け止め」と題した座談会を開催させていただきました。

ぜひ、この記事を、ナールス エイジングケアアカデミーの読者のみなさまのエイジングケアや紫外線対策のご参考にしていただければ幸いです。

<座談会参加者のご紹介>

◎薬剤師

高木祐美子(たかぎ ゆみこ)さん

1970年生まれ

大阪府出身

製薬メーカーの製剤研究部で医薬品の申請業務を担当

退社後、株式会社育星会 カイセイ薬局に薬剤師として勤務

初めて使用した化粧品で肌荒れしたので、化粧品選びは気を使っています。

趣味は、ピアノ演奏。

楠見朋子(くすみ ともこ)さん

40代

和歌山市出身で大阪育ち

趣味はエレクトーン・旅行

◎管理栄養士

山内利香(やまうち りか)さん

1986年生まれ

京都出身

大学・大学院で栄養学を専攻し、大阪の総合病院に管理栄養士として就職

その後、調剤薬局に転職し、疾患や予防に関する栄養相談を行っている

趣味はスポーツ観戦、映画鑑賞

沖さやか(おき さやか)さん

1991年生まれ

大阪府出身

栄養系の専門学校を卒業し、管理栄養士を取得。株式会社育星会に就職。

趣味は音楽鑑賞

山下桃花(やました ももか)さん

1995年生まれ

京都府宇治市出身

趣味は美味しいお酒とご飯屋めぐり

座談会に参加いただいた5名

向かって左から、楠見さん、高木さん、山内さん、山下さん、沖さん

<紫外線対策にピッタリのUV化粧下地>

ナールスゲン配合UV化粧下地「ナールス ヴェール」

ナールスゲン配合UV化粧下地「ナールス ヴェール」


2.薬剤師さんや管理栄養士さんが気にする紫外線対策のポイントは?

紫外線のイメージ

Q.夏の紫外線対策として、どんなことを実践されていますか?また、夏以外の季節では、どのような紫外線対策を実践されていますか?

<高木さん>

私は、夏の紫外線対策として、顔にはUV化粧下地を使っています。また、からだは長袖の衣類を着ることで紫外線を浴びないように対策しています。

また、十分な睡眠を取るようにもしています。そうすることで、肌の細胞の活力を取り戻すことができるからです。

化粧品は、もともと色白なのでシミ予防のために、夏には美白美容液と美白成分の入った乳液を使っています。

さらに、特に紫外線を浴びたと感じる日には、なるべく早く寝るようにしています。

夏以外の季節でも、同じUV化粧下地を使っていますが、冬の紫外線対策で追加しているのは、美白成分の入った乳液を使うことです。

冬の時期に、夏の間に溜まった日焼けをクールダウンさせて、メラニンを排出できればよいとの想いからです。

<楠見さん>

私は、夏にはUV化粧下地とファンデーションを塗っています。

また、からだは日傘やUVカット機能のある羽織物で、紫外線をカバーするようにしています。

これで、ひどい日焼けにはならないレベルの対策はできていると思っています。

秋や冬になると、UVカット機能のある日傘や羽織物を使う機会は減ります。

一方、顔は、夏もそれ以外の季節も、一年中変わらない対策を続けています。

私は、美白化粧品は使っていません。

紫外線対策について話す楠見さん

<山内さん>

私は若い頃から、年中、美白化粧水を使っています。また、UV化粧下地とUVファンデーションを塗っています.

特に、夏はスプレータイプの日焼け止めを使ったり、メイクの仕上げに化粧直し用のパウダーを使います。

私はをよくかくので、夏に長袖を着ることはありません。

また、夏のお昼間に、甲子園球場などで野球観戦をしますが、応援の邪魔になるので日傘などもあまり持ちたくありません。

だから、強力にUVカットできる化粧品に頼っているのが現状です。

美白成分の入った日焼け止めを、日常的に使っています。

<山下さん>

私は、日焼けが怖いので、夏だけでなく年中通して、日焼け止めを使っています。

化粧下地やファンデーションも、UVカットのものを使います。

それでも日焼けしやすい肌質なので、2~3年前から「飲む日焼け止め」でも対策しています。

他には、紫外線が強い海外の国へ行く前や、1日中屋外にいることがわかっている前の日には、美容クリニックで美白点滴を受けることもあります。

夏以外でも、犬の散歩などで外出する際は、日傘で紫外線を防ぐようにしています。

紫外線対策について話す山下さん

<沖さん>

私は、日焼け止めクリームはあまり好きではありません。

だから、基本はUV化粧下地を使います。

屋内にいる時は、夏でもこれで全てです。

一方、外出の際は、日傘をさしたり、羽織物で肌を露出しないようにしています。

さらに、仕事などで夏の屋外での活動時間が長くなる場合は、SPF、PAの高い日焼け止めクリームを使います。

夏以外では、SPFやPAなどが低いタイプのメイク用品を使います。

陽ざしが強く紫外線が気になる場合は、日焼け止めクリームを使うこともあります。


3.薬剤師さんや管理栄養士さんが日焼け止めに求めるポイントは?

日焼け止めを使う女性

Q.皆さんが日焼け止めを選ぶ基準は何ですか?

<高木さん>

私は、年齢を重ねるにつれて、余分な成分が配合されていないUV化粧下地を選ぶようになりました。

SPFが20くらいでも日常の紫外線対策では問題ないので、コマメに塗り直すようにしています。

保湿ができるタイプがよいですね。

もともと肌は強くて大丈夫だったので、いろいろ試していました。

しかし、エイジングケア世代の今は、パラベンなどの防腐剤も気になりますので、刺激がなくお肌への負担が小さいものが選択の基準です。

全成分表示をチェックして、お肌に余計な成分がはいってないことを確認しています。

<楠見さん>

私は、使用感がよいことがもっとも重要です。これが、長く使い続けるためのポイントだと思います。

ですから、ベタベタしないものを選びます。

また、UV化粧下地は、ファンデーションがよれないものであることが選択基準です。

紫外線カット力は、それほど外出することが多くないのでSPF30くらいで十分です。

一方、UVAはサンタンや肌老化の原因になるので、やや高めのPA+++以上のものを選んでいます。

その他には、夏場はエアコンによる乾燥肌が気になるので、保湿力のあるものがよいです。

ファンデーションなどとの色のマッチ度も気にします。

<山内さん>

私もお二人と同じで、UV化粧下地は、最近になって保湿成分などの美容成分が入っているものを選ぶようになりました。

若い頃は気にしなかったのですが、最近ではエイジングケを意識するようになってきました。

ボディ用の日焼け止めは、あまり気にしていませんが、落ちにくいもの、塗り直しの回数が少なくてもよいものを使うようにしています。

夏の日焼け止めは、野球観戦などによく出かけるので、SPF50のものを使います。とはいっても、最近は年齢を意識して肌への負担も気になってきました。

そのため、少し低めのものへシフトする必要性を感じていますので、SPF30くらいのものを使用するケースもあります。

 日焼け止めについて話す山内さん

<山下さん>

私はとにかく日焼けを避けたいので、紫外線カット力を最重視します。

だから、SPF50の日焼け止めを使っています。PAも高いものを使っています。

最近、液体が紫色で肌がきれいに見えるものを使っています。

使用感も気にはなりますが、サッパリタイプでもべたつきを感じるまでたくさん使います。

他のポイントとしては、価格が安すぎるものはあえて使わないようにしています。

<沖さん>

私は、サラッとした使用感であることを最重視しています。

もう1つは、ウオータープルーフであることです。

屋外で使うものは、SPFやPAは高めで高容量、かつ2,000円~3,000円程度の購入しやすい価格帯のものを選んでいます。

屋内にいるときは、それほどSPFやPAが高くなくても、サラッとした使用感のものを選びたいですね。

私は、通信販売でも化粧品を買いますが、口コミもチェックしています。

<ウオータープルーフについて>

ウォータープルーフのイメージ

ウオータープルーフかどうかについては、高木さん、楠見さんは特に必要性を感じず、山内さん、山下さん、沖さんは必要とのことでした。

ご参加のみなさんは、それぞれ体質や肌質、ライフスタイルが異なるので、それに応じて日焼け止めに求めるニーズの違いがあるようです。

<ケミカルかノンケミカルか?>

高木さん、楠見さん、山内さんは、顔用の日焼け止めは、ノンケミカルを使用されています。

ただし、白浮きしたり、青っぽくなるなど使用感のよくないものは使いたくないとのご意見でした。

一方、山下さん、沖さんはそれほど気にしておられません。

エイジングケア世代のみなさんは、刺激の低さと使用感の両方を求めておられるようです。

一方、若い世代のお二人は、紫外線カット力が重視のようでした。

Q.理想的な日焼け止めとはどんなものですか?

<高木さん>

私にとっての理想的な日焼け止めは、伸びがよいことと、落ちにくいこと、そして、しっかり紫外線をカットしてくれるものです。

その上で、保湿力があればよいです。

<楠見さん>

理想の日焼け止めについて話す楠見さん

私も、伸びがよいなど使用感がよいことと、保湿力があることが、理想的な日焼け止めの条件です。

また、化粧下地として使っているので、肌色になじむものがよいですね。

さらに、ファンデーションを上から塗ってもよれないことも条件になります。

<山内さん>

私の理想の日焼け止めは、1回塗れば1日中塗り直し不要なものです。

実際には、そんな日焼け止めがないことはわかっていますが、持続力の高いものが欲しいですね。

また、摩擦に強いタイプもよいと思います。

他には、私のライフスタイルからSPFの高い紫外線カット力が十分なことも条件の1つです。

また、保湿力もあればよいですし、美白成分が一緒に配合されているものだと、なおよいと思います。

<山下さん>

理想の日焼け止めについて話す山下さん

私も塗り直し不要の日焼け止めが理想ですね。

また、薄塗りでも紫外線カットできるものもあればと思います。

他には、クレンジング料を使わなくても、石けんで落とせるものがあればよいですね。

<沖さん>

私は、クリームタイプの日焼け止めを塗った後にメイクします。

日焼け止めを塗り直す際に、メイクがよれないものが理想です。

スプレータイプを使ったことがありますが、効果も不十分でしっくりきませんでした。

だから、クリームタイプでメイクがよれないものがあればと思っています。

あとは、保湿力も欲しいですね。

ほかには、クレンジングで落としても、何か残っている感じがするものもあるので、スッキリ落ちるものが欲しいですね。


4.日焼け止め&UV化粧下地ナールスヴェールを使ってみて

ナールスヴェールを使用するイメージ

Q.この夏、みなさまに日焼け止め&UV化粧下地「ナールス ヴェール」をお使いいただきました。使ったご感想や良かった点、改善して欲しい点などをお聞かせいただけますか?

<高木さん>

ナールス ヴェールを使って気に入ったことは、伸びがよい点です。

また、化粧直しの回数が減ったので、こまめに塗りなおす必要性がなくなりました。

保湿力があるのに、ベタベタしなくて丁度よい具合だとも感じました。

以前使っていた日焼け止めは、モイスチャー効果が高くて良かったのですが、化粧崩れが気になっていました。

一方、ナールス ヴェールでは化粧崩れがなく、使いやすいですね。

要望としては、容器が固くて出しにくいので、改善して欲しいです。

ナールスヴェールについて話す高木さん

<楠見さん>

私は、使う前に振ってからナールス ヴェールを塗っていました。(*)

化粧崩れがしにくいことも良かったです。

また、肌の乾燥は気になりませんでした。

ただ、ファンデーションで化粧直しをした時は少しよれる感じがしました。

ファンデーションではなくフェイスパウダーなら気にならないかももしれませんね。

(*)<ナールスヴェールの使い方について>

しばらく使わなかった時には振ってから、ご使用してください。毎日、お使い際は、そのままお使いいただいて大丈夫です。

<山内さん>

私は、最初使おうと手に取った際、テクスチャーから油分が多めの日焼け止めかなと感じました。

でも実際に使ってみると、べたつきがなく、ストレスも感じませんでした。

また、伸びがよくて化粧崩れも減りました。

私も容器が固いと感じましたので、改善してもらいたいです。

<山下さん>

私は、顔と首でナールス ヴェールを使いました。

今まで使っていたものより、格段にサラサラしていて、比べものにならないくらい使用感が良かったです。

また、陽ざしが強くて、日焼けが怖いと感じる日は、まずナールス ヴェールを塗って、その上にさらにSPF50などの日焼け止めを使っています。

<沖さん>

ナールスヴェールについて話す沖さん

私も皆さんが感じたのと同じで、サラサラで使いやすかったです。

今まで使ったものの中でも一番で、私の理想が満たされました。

残量がわかる容器だと、もっとよいと思います。

<ナールス ヴェールの特徴と皆さんのご実感>

「ナールス ヴェール」は、京都大学と大阪市立大学で共同開発されたエイジングケア化粧品成分である「ナールスゲン」を推奨濃度で配合した、ノンケミカルタイプのUV化粧下地です。

ナールス ヴェールは、乾燥肌敏感肌インナードライ肌でも使える、エイジングケア世代の女性のためのお肌に優しいタイプです。

ナールス ヴェールの特徴を整理すると、次の通りです。

  • SPF40&PA+++で、日常生活や外出時の紫外線をしっかりカット
  • 敏感肌の方にもオススメのノンケミカル&ノンパラベンでお肌に優しい処方
  • お肌になじみやすい独自処方の肌色で白浮きしない
  • べとべとしないノンオイリー処方で、とても軽いつけ心地
  • 汗やでもメイクが崩れにくいウォータープルーフ処方
  • ナールスゲン&油溶性ビタミンC誘導体(VCIP)配合でエイジングケアもできる
  • スクワラングリセリンなどの保湿成分配合で春もうるおいをキープ

今回、ご参加の皆さんにお使いいただいて、「べとべとしないノンオイリー処方で、とても軽いつけ心地」を感じていただいたようです。また、お肌にも特に刺激や負担を感じることなくお使いいただけたようです。

また、容器へのご要望がありましたが、こちらは2019年秋から、やわらかく使いやすいタイプに改善したものを発売いたします。


5.まとめ

薬剤師・管理栄養士が考える紫外線対策と選びたい日焼け止めのまとめ

カイセイ薬局の薬剤師さん2名、管理栄養士3名にお集まりいただき、「紫外線対策と選びたい日焼け止め」について、座談会を開催させていただきました。

その中で、ナールスブランドのエイジングケア化粧品である日焼け止め&UV化粧下地ナールス ヴェールをお使いいただいた感想も、お話しいただきました。

いかがだったでしょうか?

ご参加の5名は、ライフスタイルや年齢が違う中で、それぞれ工夫されて紫外線対策をおこなっておられます。

また、日焼け止めだけでなく、衣類などフッションでも紫外線対策をされているので、ご参考になる点も多かったのではないでしょうか?

この記事が、エイジングケア世代のみなさまの紫外線対策や、日焼け止めの選び方などのお役に立つことができれば幸いです。

関連記事

紫外線治療とは?皮膚の病気に有効な光線療法の1つ

続きを読む

脂性肌におすすめの化粧下地の選び方。3つの法則

続きを読む

乾燥肌のためのおすすめの日焼け止めの選び方と使い方

続きを読む

ノンケミカルの日焼け止めの選び方とおすすめは?

続きを読む

エイジングケアもできる日焼け止めの選び方とおすすめアイテム

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」