UV化粧下地「ナールスヴェール」モデル白山真希さんインタビュー

ナールスヴェールについてモデルの白山真希さんインタビュー

UV化粧下地「ナールスヴェール」のモデルをお願いしている白山真希さん。

この記事では、白山さんが手がけておられるアクセサリー&雑貨「Ciel-accessoire de mode-」シエル」の百貨店出展(又はポップアップ)の際の様子を取材させていただくことになりました。

UV化粧下地「ナールスヴェール」モデル白山真希さんインタビューの目次

1.白山真希さんとナールスとの出会い

握手

2019年2月15日に新発売のUV化粧下地「ナールスヴェール」のモデルをお願いしている白山真希さん。

白山真希さんとの出会いは、2014年。

お洒落ママ会 Puremoni(ピュアモニ)を主宰する株式会社ティーエフアライアンスにご紹介いただきました。

その折に、ご参加いただいたのが、美女3名の座談会「美魔女が語るキレイの秘訣」です。

美魔女が語るキレイの秘訣 Vol.1

美魔女が語るキレイの秘訣 Vol.2

その後、ナールスピュアをはじめとするナールスブランドのエイジングケア化粧品をお使いいただいたり、お洒落ママ会 Puremoni(ピュアモニ)などでお会いすることが何度かありました。

白山真希さんは、お会いした当初から敏感肌と伺っていましたが、幸いほとんどのナールスブランドのエイジングケア化粧品をお使いいただくことが可能でした。

そこで、スキーやゴルフなどアウトドアスポーツの趣味をお持ちで、アクティブに活動されていることから、UV化粧下地「ナールスヴェール」の発売に際してモデルをお願いさせていただきました。

ちょうどそのタイミングで、白山真希さんがプロデュースされているアクセサリー&雑貨『Ciel-accessoire de mode-』シエル」の百貨店での出展のお話を伺いましたので、今回、その様子を取材させていただくことになりました。

エイジングケアアカデミーではこうた記事も配信しているので、ぜひ、チェックしてみてくださいね。


2.白山真希さんプロフィール

白山さん2

北海道出身。

20年近い東京生活を経た後に、大阪に転居。

その翌年、2013年『関西美魔女コレクション』のセミファイナリストとなる。

生粋の『理系女子』で、機械系メーカーの企画開発職として約20年従事。現在は独立し、映像の企画開発や商品企画制作などを行う企画事務所・gluon(グルーオン)を運営。

また、個人では『水』の専門資格である「アクアソムリエマイスター」を取得するとともに、近年、美容面での活動などを含め、幅広い業務展開を行っている。

趣味はバイク・ゴルフなど。2019年現在は小学生男児のママ。

※商品企画・製作の事業として、アクセサリー&雑貨『Ciel-accessoire de mode-』シエルの企画制作から販売まで、トータルプロデュースを行っている。


3.「アクセサリー&雑貨『Ciel-accessoire de mode-』シエル」、ポップアップでの取材

Ciel-accessoire de mode-店舗画像

1)白山真希さんへのインタビュー

①アクセサリー&雑貨『Ciel-accessoire de mode-』シエルとは、どんなコンセプトなのか教えてくださいますか?また、どんな女性に使って欲しいと考えておられますか?

「日常の生活」というのは、いつの間にかファッションも生活のサイクルも「一定」になりがちですよね・・働いている方も、家庭で育児をがんばる方も、『多忙』な日々をすごされていると思います。

そんな中、耳元や胸元に1点投入する事で、ご自身では『今日はいつもとちょっと違うかも!』と感じてもらえるような、他の方から『それいいね!』と気軽に褒めてもらえるような・・そんな「ちょっと嬉しい!」がコンセプトのアクセサリー・雑貨をご提案しています。

②さまざまな活動で大変お忙しい中、シエルを手掛けようとしたきっかけや理由を教えていただけますでしょうか?また、デザインはどのようにして勉強されたのですか?

根本的に、『何かをつくる・生み出す』といった作業が小さい頃から好きで。それは「物」に限ってではなく、なくても良かったのですが・・・(笑)

長く男性的な思考回路でぶつかり合う職場環境で働いてきたせいか、「キラキラ」した小物やアクセサリー・雑貨という、女性特有の心がくすぐられるものに、思わず手をつけた!といった感じでしょうか。ある意味、「反動」かもしれませんね(笑)。

実際に愛用しているアクセサリーを真似てつくってみたり、気になった商品を分解・展開してつくり方を探ってみたり・・好みの商品が置いてあるアクセサリーショップや雑貨屋さんを眺め歩いては、『独学』でつくり始めました。

Ciel-accessoire de mode-のアクセサリー

昔から手先が器用な方だったので、当初、実際に形にする時にはあまり苦労をしませんでした。しかし、今となっては、やりたい事もどんどん膨らんできているので、技術の習得には表に見えない?努力しています(笑)。

デザインを考えるときは、スケッチなどはしないで、実際に使ってみたい素材を並べながらイメージを膨らませていくことが多いです。

③製作においてこだわっておられる点は?

使用する方があまり難しく考えなくても、『あわせやすい』『使いやすい』と結果的に感じてもらえる事が大事だと思っていて。

身に着けた方がトータル的にどうなるか?を考えた場合、アクセサリー単体のみが主張されるのではなく、バランスのとりやすさを考慮したデザインを!と常に思っています。

しかしそれとは別途、オーダーなどで「主役になるアクセサリーが欲しい」といったご依頼を受けた場合は、オリジナリティを追求して、真逆を狙っていますね。

あくまでもユーザー様優先主義です。

また、私はどうも“根拠のない事”や“説明がつかないもの”をよい!と思う事はあまりなく・・当然、人にも勧めたりすることは納得ができない性分でして(笑)。

例えば、少し大きめのピアスをつけた場合、お仕事されている方が電話を取る時に受話器にあたって音がしないだろうか、垂れ下がるタイプのピアスの場合は、動いたときに顔に当たって邪魔にならないか?痛くないか?など、気になってしまうので、そんな際は私自身が実際に着けて、「検証」してから販売するようにしています。

Ciel-accessoire de mode-アクセサリー2

④お客様の反応はいかがでしたか?

結果、『使いやすい』『合わせやすい』とのお声を頂くことが多いですね。

これまでも、多くのポップアップやイベントなどで販売会を行ってきているのですが、お客様との会話を楽しみながらライフスタイルやご要望などをお伺いし、「好み」を優先しつつお似合いのものを説明しながらオススメしています。

お肌の色が綺麗に見えるカラーを活かしたお品や、バランスよく見えるサイズ感のものなど、できるだけ全身を見て判断しています。

また、できる限り、店頭で金具の変更や調整などの対応もさせていただいております。

今回は、ワークショップも開催していたので、母娘で参加してペンダントづくりを楽しんでもらったり、ヘアコームづくりも人気でした。

ヘアコームについてはヘアアレンジや上手な使い方もアドバイスしたところ、とても喜ばれましたね。

⑤シエルに関して、読者の方へのメッセージやPRがあればお願いします。

白山さん1

「Ciel」はご要望に応える「オーダー製作」からスタートしたお店なので、気軽にお問い合わせやご要望を伝えていただけたら嬉しいですね。

「グループでお揃いのアクセサリーが欲しい」といったご要望や、ブライダルや特別なシチュエーションで使用するアクセサリー・・などにも対応しております。

⑥ビジネスに趣味、子育てと、とてもアクティブに活動されていますが、そのコツは何でしょうか?

そうですね・・どこかで『ダメな自分』を認める事・許してしまう事でしょうか。

昔は割と完璧主義だったんです、なんでも頑張れば出来ると思っていて(笑)。しかし、「子ども」が出来るとそうはいかない事に気付きまして。

最近は疲れている時などは無理をしすぎず、「これが出来なくても明日は過ごせる」と考えたり、子どもにも「今日はママむりだわ〜」とソファーでゴロゴロ・・(笑)、そんな風に言って笑い飛ばすようにしています。

子どももそんな私に慣れてきたようで、「仕方ないなぁ」と(笑)。

そのかわり、できる時にはとにかく頑張る!子どもの要望に応える!!

そんな感じで、メリハリを付けるようにしています。

⑦日々の暮らしの中で大切にされているのは、どのようなことですか?

大切

できる限り、外では笑って過ごす事と、出会いや巡り合わせを大事にする事でしょうか。

笑顔には周りを暖かくする役割と幸運を呼び寄せる力があると思っていますので。

また、人でも、物でも・・出会いや巡り合わせは「一期一会」なので、大事にしていきたいですね。

アクセサリーの販売を通じて、さまざまなお客様と出会える機会が多くある今はとても楽しく、嬉しい日々を過ごしています。

⑧エイジングケア世代の方にメッセージがあればお願いします。

自分の好きな物、好きな事、綺麗な物を見て、日々ちょっとしたドキドキ・ワクワクをすることが大切なのではないでしょうか。

それは特別な事でなく、例えば、ショーウィンドウに飾ってあるお洋服が素敵だなぁ・・と思ったり、ちょっとしたことに面白さを見つけてフフッっと笑ってみたり…。

毎日、小さな喜びを感じることが健康にも、美容面にもプラスになると思いますね。

2)ライター印象記

記すイメージ

お客様との会話の中からさりげなくニーズを引き出し、できるだけご要望に応える形で商品を提供されている白山さん。

ダンスをされるお客様には、動きやすさを考えてピアスの長さを調節するなど、一人一人のお客様に寄り添う接客、商品提案がシエルの、そして白山さんの魅力だと感じました。

ショーケースにディスプレイされたアクセサリーの数々は、少し派手かなと思うデザインも、“リケジョ”ならではの計算され尽くしたバランスで、大人の女性がふだんにさりげなく取り入れられるものばかり。

「特別な日にしか着けてもらえないものより、毎日でも着けてもらえる活用頻度の高いものを」。そのことばがとても印象的でした。


4.ナールス ヴェールへの期待

ナールスヴェール

Q.1月半ばからナールス ヴェールをお使いいただいていますが、使い心地など感想をお聞かせください。

「新商品です!」と頂いたUV化粧下地 ナールスヴェール、まず手にとって質感や肌との相性を確認してみて、過敏な私の肌にも影響がなかったので、早速使用開始!現在も使用を継続しております。

実際、催事中はエアコン直撃に近い売り場で長時間過ごしており、「相当!!!」すぎる乾燥でした。

お客様との会話も増えるので、唇もガサガサ。商品を包む手もガサガサするのがわかるほどでしたが、そんな中、一番影響の出やすい目元を見ても、比較的高い保湿力をキープしてくれていると思いました。

使った時、一番に驚いたのは「サラサラ感」。塗った直後に、サラッとした皮膜ができるようなイメージで、光を反射して毛穴レスに見えるんです。

厚塗り感のあるカバー力・・ではないので、とてもナチュラル。これは凄い!と思いました。土台を整える効果がかなり高いです。

ただ、「下地」と考えると、私はパウダータイプのファンデーションやお粉を使っているので、着き(ノリ)は専用下地よりは若干落ちます。しかし、厚塗りにならずサラッと仕上がりますし、ヨレ・塗りムラはできません。リキッドの方は重ねてカバーされるので、パウダー以上に相性がよいのではないでしょうか。

SPFも屋内が多い生活の場合、この数値があれば十分、肌負担も少なくて済みそうです。これからも使い続けてみたいと思います。

肝心なUVカット力は…この季節なので、これから外出して、効果を試すのみ!ですね。

Q.これまで、UVケアはどのようにされていましたか?普段、スポーツをされる時など、シーンでの使い分けは?

ケアする女性

ゴルフやスキー、子どもとの外遊びなどの際は、普段と異なるSPF50、PA++++の日焼け止めをしっかり塗っています。汗が激しい時でも、塗り直しができない場合もあるので、ささっと対応できるスプレータイプの日焼け止めを別途用意するようにはしています。

また、日焼け止め以外には、自転車の際にUVカットのアームカバーをしたり、日差しの強いベランダで洗濯物を干す時は緩めの帽子をささっとかぶったりして、「怪しい人」と思われない程度(笑)の紫外線対策をしています。

ただ、紫外線防止効果の高い日焼け止めやUV下地は私には刺激が強いものが多く、ヒリヒリしたり。かといって、刺激の弱いものは白浮きしやすかったり・・。

敏感肌なので、日焼け止めによる肌荒れといった別の心配があるため、その点をチェックしながら日焼け止めはかなり慎重に選んでいます。

ナールス ヴェールは、SPF40と効果が高いのに、なめらかに伸びて白浮きすることもなく、自然と肌になじむ感じが嬉しいですね。

また、目周りなど肌の薄い場所にもしっとりした感じで刺激なく使用できています。


5.ナールス ヴェールにはどのようなことを期待されますか?

白山さんとナールスヴェール

化粧品には他のメーカーの商品と組み合わせて使うと「相性」の悪いものがあったりしますね。化粧下地とファンデーションの場合、相性が悪いと、粉が浮き出てしまったり、よれてきたりすることも。

ナールス ヴェールは、その点ファンデーションとの相性もよく、均一にきれいに仕上がります。それに加えて、比較的高い保湿力があるのもうれしいですね。乾燥肌や敏感肌の方にも使いやすいお品ではないでしょうか。

に向けてこれから強くなっていく紫外線対策、そして屋内ではエアコンの乾燥対策に、ナールス ヴェールが大活躍してくれるのでは!と期待しています。


6.まとめ(編集後記)

UV化粧下地「ナールスヴェール」モデル白山真希さんインタビューのまとめ

今回、2月15日新発売のUV化粧下地「ナールス ヴェール」のモデルを務めていただく白山真希さんをご紹介するとともに、白山さんプロデュースの「日常を彩る大人可愛いアクセサリー&雑貨『Ciel-accessoire de mode-』シエル」についてインタビューさせていただきました。

また、「ナールス ヴェール」の使い心地についてもお話しいただきました。

いかがでしたでしょうか?

「根拠のないものは使いたくない」という白山さんですが、これまでナールスブランドには信頼を寄せていただき、「ナールス ヴェール」も実際の使用感がよかったことからモデルをお引き受けいただいています。

白山さんのアクティブな毎日を、「ナールス ヴェール」をはじめとするナールスのエイジングケア化粧品がサポートできれば幸いです。

<本記事の取材・インタビュー・執筆>

エイジングケアアカデミー編集担当 若森収子

大学卒業後、アパレルの販促を経験した後、マーケティングデベロッパーに入社。流通関係を中心にマーケティングプランやPB商品の開発などを担当。

1990年よりフリーとなり、飲食関連のコーディネート、企業広報誌や医療・健康関連情報誌のライティングやコスメ関係のブログ記事発信など、仕事の領域を広げつつ現在に至る。

ナールスブランドのエイジングケア化粧品には、開発段階から携わり、最も古い愛用者の一人。

関連記事

エステティックサロンの選び方ならここが大切!

続きを読む

まつ毛貧毛症って?原因と治療を考えよう!

続きを読む

朝のスキンケアとエイジングケアを上手に行って美肌へ!

続きを読む

風邪に抗生物質(抗菌薬)はNG!腸内細菌を乱して肌荒れのリスクも

続きを読む

エクオールとサプリメントのランキングに頼らない選び方

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」