炎症性色素沈着の原因と8つの予防・改善の対策

炎症性色素沈着を気にする女性

炎症性色素沈着は、シミの1種。ニキビや外傷、肌荒れなどで皮膚が炎症を起こした後に、メラニン色素の沈着で目立つ肌悩みです。

紫外線はあまり関係ありません。この記事では、炎症性色素沈着の原因と8つの予防・改善の対策についてご紹介します。

また、炎症性色素沈着を防ぐおすすめの優しいクレンジングジェルをご紹介します。

炎症性色素沈着の原因と8つの予防・改善の対策の目次

1.炎症性色素沈着が気になるあなたへ

炎症性色素沈着を気にする女性

炎症性色素沈着は、黒色メラニンが比較的多い日本人に目立ちやすいシミの1種です。

シミと言えば、紫外線ダメージによって起こる老人性色素班がもっともよく知られています。

炎症性色素沈着は、茶褐色のシミです。

老人性色素班とは違って、紫外線ダメージが原因のシミではありません。

もちろん、メラニンの過剰生成や排出がうまくできずに、メラニン色素が肌に沈着することで目立ちますが、その原因は外的な刺激をはじめ、ニキビや皮膚疾患などです。

この記事では、炎症性色素沈着の原因と8つの予防・改善の対策についてご紹介します。また、炎症性色素沈着を防ぐおすすめの優しいクレンジングジェルをご紹介します。

「炎症性色素沈着ってどんなシミ?」

「原因は何なの?」

「炎症性色素沈着は予防できるの?」

「老人性のシミとどう違うの?」

「炎症性色素沈着の改善の対策を知りたい!」

などが気になる方は、ぜひ、続きをチェックしてくださいね。

<炎症性色素班のリスクが少ないクレンジング料なら!>

医師監修で石鹸より優しいアミノ酸系洗浄成分配合

シミを予防するおすすめのクレンジングジェル「ナールス エークレンズ」

シミを予防するおすすめのクレンジングジェル「ナールス エークレンズ」

<今だけ!無料サンプルプレゼント!!>

シミの予防ケアにオススメのクレンジング!ぜひお試しください☆

ナールスエークレンズ無料サンプル申し込み

<この記事の大切なポイント>
  • 炎症性色素沈着とは、外傷や虫刺され、ニキビなどの皮膚疾患、間違ったスキンケアやエイジングケアによる炎症の後にできる茶色のシミです。紫外線による老人性色素班とは異なるものです。
  • 炎症性色素沈着は、炎症を起こした痕がシミとなって残るため、形や色なども炎症の度合いによってさまざまな症状を呈します。また、顔だけなく、さまざまな部位でできることがあります。
  • 炎症性色素沈着は、炎症による肌を保護するために分泌された、過剰なメラニンが沈着したものです。ターンオーバーでメラニンを排出できないために、シミとして目立ちます。
  • 炎症性色素沈着の予防は大きく5つあります。優しいクレンジングや洗顔、保湿、過度なスキンケアを控える、紫外線対策、食べ物をはじめとする日常生活での工夫です。
  • 炎症性色素沈着の治療は大きく3つあります。外用薬による治療、内服薬による治療、レーザー治療です。

2.炎症性色素沈着とは?

炎症性色素沈着を考える女性

1)炎症性色素沈着かどうかをチェック!

まず、自分の肌で目立つシミが炎症性色素沈着かどうかをチェックしてみましょう。

  • 外傷や虫刺されなどによる炎症が起きたあとに茶色のシミができた
  • ニキビや皮膚炎の炎症による赤みが引いたあとに茶色のシミができた
  • 洗顔クレンジングで、ゴシゴシと肌を擦っていたらシミができた
  • ピンセットで角栓を取っていたらシミができた
  • 紫外線対策をしっかりしているのに茶色のシミができた

これらのうち1つでも身に覚えがあれば、そのシミは炎症性色素沈着かもしれません。

2)炎症性色素沈着の症状

炎症性色素沈着の症状は、炎症を起こした痕がシミとなって残るため、形や色なども炎症の度合いによってさまざまです。

顔だけなく、さまざまな部位にできることがあります。

例えば、ひじやひざ、背中やデコルテなど、衣類でこすれたり、入浴時に強く洗ったりすることでも起こります。

また、思春期のニキビの跡に残る炎症後色素沈着である場合、おでこや眉間、下あごなどTゾーンで目立ちます。

一方、大人ニキビによる炎症後色素沈着の場合は、Uゾーンで目立ちます。

3)慢性の炎症性色素沈着は治療が必要

炎症性色素沈着は、「一時性」と「慢性」とに分かれます。

一時性の場合、やけどや傷が完治した際に、色素が一時的に残っているだけで、ターンオーバーによってメラニン色素が排出されます。

そのため、自然に消えていくことが多く、心配する必要はありません。

一方、慢性の場合は、アトピー性皮膚炎、かぶれなど接触皮膚炎、ニキビなどが慢性化した結果、炎症を繰り返して徐々に色素が沈着したものです。

改善のためには、皮膚科などで治療が必要なことがあります。


3.炎症性色素沈着の原因とメカニズム

炎症性色素沈着の原因を考える女性

1)炎症性色素沈着の原因

炎症性色素沈着の原因は、その名の通り「炎症」です。

皮膚の炎症の主な原因は、次の3つです。

①皮膚疾患

ニキビ、湿疹、アトピー性皮膚炎など、皮膚炎による患部の炎症が原因の1つになります。

②外傷などの刺激

お肌に外傷を負ったり、虫刺されで炎症がおきることも原因の1つになります。

③刺激の強いスキンケア

洗浄力の強いクレンジング料や洗顔料で肌を傷めることや摩擦の強いゴシゴシ洗顔などが原因の1つです。

また、メイクを落とす時にコットンで強くふき取ること、身体をナイロンタオルなどでゴシゴシ洗うこと、化粧水をコットンでパンパンとたたいてつけることなどもリスクです。

さらに、アルコール濃度の高いふき取り化粧水収れん化粧水を使うことで炎症を起こすこともあります。

他にも、濃いメイク、毛抜きやカミソリ、顔のムダ毛の処理毛穴パックのやりすぎ、ピンセットで角栓を取る、強い力でフェイスマッサージをする、過度な酵素洗顔やピーリングなども原因となり得ます。

こうした刺激を与える間違ったスキンケアが、炎症性色素沈着の原因になるのです。

2)メカニズム

炎症で肌がダメージを受けると、防衛反応としてメラニンを生産する役割がある表皮のメラノサイトが刺激を受けます。

メラノサイトが刺激を受けた結果、それが活性化して炎症をおこした部位で過剰なメラニンが生成されます。

それが、肌のターンオーバーだけでは排出しきれなくなって、表皮や真皮で色素沈着を起こすのです。

これが、炎症性色素沈着が起こるメカニズムです。


4.炎症性色素沈着の5つの予防法

炎症性色素沈着の5つの予防法を探る女性

1)優しい洗顔やクレンジング

刺激の強い洗顔料クレンジング料は、肌にダメージを与えるため炎症の原因になります。

洗顔を1日3回以上行うなど回数が多すぎたり、ゴシゴシと強く顔を擦ることも炎症のリスクです。

また、エイジングとともにお肌のバリア機能は低下します。

朝のスキンケアの洗顔では、石けんまたはそれより優しいアミノ酸系洗顔料を使いましょう。

夜のスキンケアの際のシミを防ぐ優しいクレンジング料としては、クレンジングジェルやクレンジングクリームなどの摩擦が少ないタイプがおすすめです。

また、乾燥肌や敏感肌でも使えるクレンジング料や洗顔料を使いましょう。

2)正しい保湿

洗顔後やクレンジング後は、化粧水保湿を始めます。

続いて、美容液でしっかり保湿を行いましょう。

必要に応じて、乳液保湿クリームなどの油分でしっかり水分の蒸発を防ぎましょう。

エイジングケア世代には、保湿力の高いセラミドなどの保湿成分がおすすめです。

特に、ヒト型セラミド配合のセラミド美容液セラミドクリームがおすすめです。

しっかり保湿を行い健やかな素肌を保つことで、肌がダメージを受けるリスクを減らすことができれば、炎症性色素沈着のリスクが小さくなります。

3)やりすぎスキンケアをストップ

炎症性色素沈着の予防のためには、お肌に刺激やダメージを与える「やりすぎスキンケア」を行わないこと、やっているならすぐにやめることが大切です。

次のようなスキンケアやエイジングケアの習慣があるなら、すぐにストップしましょう。

4)紫外線対策

炎症性色素沈着は、紫外線が直接の原因ではありませんが、炎症部分に紫外線があたった場合に色素沈着を起こします。

だから、シミになる前の炎症の段階で紫外線対策を行ったり、傷跡を保護することが大切です。

また、炎症性色素沈着の治療中も紫外線対策を行うことが大切です。

日焼け止めは、ノンケミカルの優しいタイプをおすすめします。

5)日常生活で健やかな肌をつくる

美肌によい栄養分を含んだ食事をバランスよく摂ることも炎症性色素沈着などのシミの予防や改善を助けます。

メラニン色素の生成を抑えたり酸化を抑えるビタミンCや、血行を促進し、酸化を抑えるビタミンEを含む食べ物を積極的に取りたいものです。

ビタミンCは、パプリカ、ピーマン、ブロッコリー、パセリなどの野菜やキウイフルーツ、イチゴ、アセロラ、柑橘類などフルーツに豊富です。

ビタミンEは、アーモンドなどのナッツ類、うなぎ、アボガド、胚芽米、鮭などに豊富です。

また、質の高い十分な睡眠も美肌の源。成長ホルモンを活発に分泌するのを助けます。その結果、肌の新陳代謝もよくなってシミの予防ができるのです。


5.炎症性色素沈着を防ぐおすすめのクレンジング料

ナールスエークレンズ

炎症性色素沈着を予防するためのオススメのクレンジングジェルをご紹介します。

アミノ酸系界面活性剤配合クレンジングジェル「ナールス エークレンズ」です。

水性のオイルフリーのクレンジングジェルで、アミノ酸系界面活性剤の1つであるラウロイルグルタミン酸Naが主な洗浄成分です。

優しいクレンジングができるので、炎症性色素沈着の原因となる肌への摩擦が少ないというメリットがあります。

ナールス エークレンズは、皮膚科医監修で、次の特徴があります。

ぜひ、炎症性色素沈着や他のシミが気になる女性に使っていただきたいクレンジングジェルです。


6.炎症性色素沈着の3つの改善方法

炎症性色素沈着の改善方法のひとつである内服薬

炎症性色素沈着の症状を効率よく改善するには、肌のターンオーバーを高めてメラニンの排出を促すと同時に、メラニン色素の生産を抑えることが大切です。

1)外用薬による治療

炎症性色素沈着には、トレチノインやハイドロキノン、ビタミンCの外用薬による治療が行われます。

トレチノインはレチノールより強い効果で、古い角質を剥がれやすくするピーリング効果と皮脂の分泌を抑える効果があります。

ターンオーバーを促進して、メラニンを排出させて炎症性色素沈着を改善します。

また、肝斑の改善にも使用されます。

ハイドロキノンは、医薬品や美白化粧水などの美白化粧品にも使われる成分で、チロシナーゼの作用を抑えて、シミを改善します。

ビタミンCは、メラニンを還元作用で分解したり、メラニンの生成を防ぎます。

また、ビタミンCやトラネキサム酸は、イオン導入されることもあります。

2)内服薬による炎症性色素沈着の治療

内服薬による炎症性色素沈着の治療には、トラネキサム酸やL-システインが用いられます。

トラネキサム酸は、メラニンを活性化させるプラスミンの経路をブロックすることで炎症性色素沈着を改善します。

L-システインは、メラニン生成の起因となる活性酵素チロシナーゼの作用を抑えます。

また、新陳代謝を促すことで炎症性色素沈着を改善します。

3)レーザー治療

炎症後色素沈着の治療には、レーザー治療の1つであるレーザートーニングが有効です。

レーザートーニングとは、メドライトC6(Qスイッチヤグレーザー)という機器を使用したシミの治療法です。

非常に弱い力のレーザーによって、肌の負担を小さくしつつ、メラニンの排出を促すことでシミを改善します。

炎症後色素沈着の部位に2〜4週おきに照射していきます。個人差がありますが、5~10回で治療が完了する場合が多いです。

<炎症性色素沈着などシミの美容医療なら>

シミ治療の美容クリニック・美容皮膚科検索


7.まとめ

炎症性色素沈着の原因と8つの予防・改善の対策のまとめ

炎症性色素沈着の症状やメカニズムから、原因と8つの予防・改善の対策まで幅広くご紹介しました。

また、炎症性色素沈着を防ぐおすすめの優しいクレンジングジェルをご紹介しました。

いかがだったでしょうか?

炎症性色素沈着は、紫外線ではなく虫刺されや皮膚の病気、間違ったスキンケアやエイジングケアで目立つシミです。

そんな炎症性色素沈着は、有効な治療手段もありますが、正しいスキンケアやエイジングケアで予防したいですね。

この記事が、エイジングケア世代の方にとって、炎症性色素沈着の予防や改善に役立てば幸いです。

関連記事

ソバカス(雀卵斑)はシミと同じ?原因と予防法・消す方法

続きを読む

脂漏性角化症とは?症状・原因・診断と治療

続きを読む

後天性真皮メラノサイトーシス(ADM)はシミ?症状・原因と治療

続きを読む

シミを予防するHSP(ヒートショックプロテイン)の効果とは?

続きを読む

シミを消す対策は、美白だけに頼らない紫外線対策と美容医療

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」