水酸化Al(アルミニウム)の化粧品成分としての特徴・役割は?

白色の結晶性粉末である水酸化アルミニウムのイメージ

水酸化Al(水酸化アルミニウム)は、アルミニウムの水酸化物で、白色の結晶性粉末です。

化粧品成分としては、日焼け止め製品やUVカット機能付きのメイクアイテムなどに配合されます。

この記事では、水酸化Alの特性や役割、安全性についてご紹介します。

また、水酸化Al配合のおすすめのUV化粧下地をご紹介します。

水酸化Al(アルミニウム)の化粧品成分としての特徴・役割は?の目次

1.化粧品に配合される水酸化Alが気になるあなたへ

水酸化Alが気になる女性

水酸化Alは、水酸化アルミニウムと読みます。

化粧品としては、日焼け止めなどのUVケアアイテムをはじめ、口紅やリップグロスなどのに使うアイテムによく配合されます。

しかし、水酸化Alの役割や特徴をご存知の方は、少ないのではないでしょうか?

水酸化Alは、保湿やエイジングケアの効果を発揮する成分ではなく、補助的な役割をする化粧品成分です。

しかし、正しいエイジングケアエイジングケア化粧品を上手に使うためには、こうした成分に対する理解を深めることが大切です。

この記事では、水酸化Alの特性、役割、安全性について詳しくご紹介します。

また、おすすめの水酸化Al配合のUV化粧下地化粧品をご紹介します。

「水酸化Alってどんな化粧品成分?」

「期待できる役割は?」

「水酸化Alの特徴って?」

「安全性や刺激性について知りたい!」

「水酸化Alはどんな化粧品に使われているの?」

などが気になる方は、ぜひ、続きをチェックしてくださいね。

<この記事の大切なポイント>
  • 水酸化Al(水酸化アルミニウム)は、天然または化学合成でつくられるアルミニウムの水酸化物で、白色の結晶性粉末です。
  • 白色顔料として、酸化チタンなど紫外線吸収剤のコーティング剤などによく使用されます。
  • 水酸化Alは、皮膚刺激性もなく基本的には安全性が高い成分です。だから、どんな肌質でも使える化粧品成分です。
  • 水酸化Alは、主に日焼け止めやUVケア用の化粧下地、ファンデーションなどのメイクアイテムに配合されます。また、収れん効果があることから、肌をひきしめハリを与えるスキンケア製品にも使用されます。
  • 水酸化Alは、化粧品以外では医薬品や吸着剤などに使用される他、建築材料(不燃紙)としても使用されます。

2.化粧品成分としての水酸化Alとは?

水酸化Alのイメージ

水酸化Al(水酸化アルミニウム)は、天然または化学合成でつくられるアルミニウムの水酸化物で、白色の結晶性粉末です。

水酸化Alは、化学構造に炭素を含まない無機化合物で、酸やアルカリに溶け、アルコール(エタノール)には溶けません。

化粧品に配合される場合は、日焼け止め、UV機能を伴ったファンデーションやパウダーなどのメイクアップ化粧品に配合されます。

水酸化Alは、白色顔料として酸化チタンなどの表面処理剤として使用されます。

これは、シリカ(珪素)と同じ役割です。

また、緑色顔料・ピーコック顔料の原料としても使用されます。

化粧品の全成分表示名称としては、水酸化Alとして表記されます。

一方、医薬部外品表示名称は水酸化アルミニウムです。

化粧品以外では、医薬品や吸着剤などに使用されます。

医薬品のイメージ

また、防火性の高い建築材料(不燃紙)としても使用されます。

水酸化Alは、人毒性や皮膚刺激性がほとんどなく、アレルギーや副作用の報告もありません。

また、長年にわたって10000種以上の化粧品に使われています。

そんな結果から、肌のバリア機能を壊すなどのリスクが低い成分であり、アレルゲンとなって肌荒れを起こすこともないと考えられます。

したがって、普通肌脂性肌はもちろんのこと、乾燥肌敏感肌インナードライ肌混合肌のあらゆる肌質の方でも使うことが可能です。

しかし、どんな成分であっても誰にでも安全とは言えません、肌荒れかゆみが出る可能性を100%否定することはできません。

アトピー性皮膚炎などアレルギーのある方やお肌が弱い方は注意が必要です。

肌が弱いなどで気になる方は、パッチテストをすることをおすすめします。


3.水酸化Alは、どんな化粧品に配合されるの?

水酸化Al配合の化粧品

水酸化Alは、主に日焼け止め、UVケアができる化粧下地、ファンデーション、コンシーラーなどの多くのメイクアイテムに配合されます。

また、リップグロス、口紅、マスカラ、アイシャドウ、白髪染め、ヘアカラーなどに配合されます。

この他、粘膜を皮膜保護するとともに収れん効果があることから、肌をひきしめハリを与えるスキンケア製品に使用されることもあります。

一方、保湿化粧水エイジングケア化粧水美容液保湿クリームなどのスキンケア化粧品やクレンジングジェルなどクレンジング料洗顔料などに配合されることはほぼありません。


4.水酸化Al配合のおすすめのUV化粧下地

水酸化Al配合のオススメの日焼け止め・UV化粧下地「ナールス ヴェール」

水酸化Al配合のオススメの日焼け止め・UV化粧下地がナールス ヴェール

ナールス ヴェールは、京都大学と大阪市立大学で共同開発されたエイジングケア化粧品成分である「ナールスゲン」を推奨濃度で配合したノンケミカルタイプのUV化粧下地です。

ナールス ヴェールは、乾燥肌や敏感肌でも使える、エイジングケア世代の女性のための優しいタイプのUV化粧下地です。

紫外線散乱剤のみの配合ですが、SPF40、PA+++という高いUVカット力を実現しています。

さらに、独自処方により、つけているのを忘れるほど軽いテクスチャーであることも大きな特徴です。

水酸化Al以外のナールス ヴェールの特徴を整理すると、次の通りです。

  • SPF40&PA+++で夏でも日常生活や外出時の紫外線をしっかりカット
  • 敏感肌の方にもオススメのノンケミカル&ノンパラベンでお肌に優しい処方
  • お肌になじみやすい独自処方の肌色で白浮きしない
  • べとべとしないノンオイリー処方でとても軽いつけ心地
  • でもメイクが崩れにくいウォータープルーフ処方
  • ナールスゲン&ビタミンC誘導体配合でエイジングケアもできる
  • スクワラングリセリンなどの保湿成分配合でうるおいをキープ

全成分表示

シクロペンタシロキサン、水、ジメチコン、酸化チタン、BG酸化亜鉛、PEG-9ジメチコン、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、カルボキシメチルフェニルアミノカルボキシプロピルホスホン酸メチル(*)、水酸化AI、ハイドロゲンジメチコン、イソステアリン酸ポリグリセリル-2、グリセリン、ジエチルヘキサン酸ネオペンチルグリコール、ジカプリン酸ネオペンチルグリコール、スクワラン、酸化ジルコニウム、ジステアルジモニウムヘクトライト、グルタミン酸Naトコフェロールグリチルリチン酸2Kテトラヘキシルデカン酸アスコルビルフェノキシエタノール酸化鉄

(*)ナールスゲン


5.まとめ

水酸化Al(アルミニウム)の化粧品成分としての特徴・役割は?

水酸化AI(水酸化アルミニウム)の化粧品成分としての特徴やはたらき、安全性について詳しくご紹介しました。

また、水酸化Al配合のおすすめのUV化粧下地をご紹介しました。

ご理解いただけましたでしょうか?

水酸化Alは、成分としてそれほど気にすることはありませんが、日焼け止めやメイクアイテムの表面処理剤としてとても役立ち、活用されている成分です。

また、皮膚刺激性などもなく安全性の高い成分です。

水酸化Al配合の化粧品への理解を深め、日々のエイジングケアやスキンケア、メイクにいかしてくださいね。

関連記事

ミリスチン酸ポリグリセリル-10は優しい非イオン性界面活性剤

続きを読む

セタノールとはどんな化粧品成分?効果・役割と安全性

続きを読む

DPG(ジプロピレングリコール)はPGを改良した化粧品成分

続きを読む

ジフェニルジメチコンが危険って本当?その効果と安全性!

続きを読む

水添レシチンは優れた浸透力と保湿力!エイジングケアに有用

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」