ヒメフウロエキスの化粧品としてのエイジングケア効果は?

ヒメフウロエキスとは、フウロソウ科フウロソウ属のヒメフウロ(姫風露)の全草から得られたエキスです。

ヒメフウロエキスは、炎症を引き起こす原因となる酵素トリプターゼのはたらきを抑えることで、光老化によるしわやほうれい線を予防します。

この記事では、そんなヒメフウロエキスの化粧品成分としての特徴やエイジングケアでのメリット、オススメのヒメフウロエキス配合のエイジングケア化粧品をご紹介します。

ヒメフウロエキスの化粧品としてのエイジングケア効果は?の目次

1.ヒメフウロエキスでのエイジングケアを考えるあなたへ

ヒメフウロエキスでのエイジングケアを考える女性

ヒメフウロエキスは、美容成分としてそれほど有名ではありません。

しかし、紫外線ダメージによる光老化を抑えるなど、エイジングケアにとってよいはたらきがあることから注目されつつあります。

また、オランダのアムステルダムで開催された化粧品原料に関する世界的な展示会「IN-Cosmetic」で、ヒメフウロエキスが小ジワを改善し、肌のハリをアップさせるという研究成果が発表されたことから、美肌に大切な美容成分として注目されるようになりました。

今では、ヒメフウロエキスは、エイジングケア化粧水エイジングケア美容液などのエイジングケア化粧品にも配合されるようになっています。

この記事では、そんなヒメフウロエキスの化粧品成分としての特徴やエイジングケアでのメリット、オススメのヒメフウロエキス配合のエイジングケア化粧品をご紹介します。

「ヒメフウロエキスってどんな化粧品成分?」

「ヒメフウロエキスのエイジングケア効果は?」

「ヒメフウロエキスの安全性は?」

「どんな肌悩みにヒメフウロエキスを使えばよいの?」

「オススメのヒメフウロエキス配合のエイジングケア化粧品は?」

などが気になる方は、ぜひ、続きをお読みください。

<ヒメフウロエキス配合のナールス化粧品>

ヒメフウロエキス&ナールスゲン配合フェイスマスク「ナールスパッション」

ヒメフウロエキス配合フェイスマスク「ナールスパッション」

<この記事の大切なポイント>
  • ヒメフウロエキスは、ヒメフウロ(姫風露)の全草から抽出されるエキスで、タンニン、フラボノイド 、ポリフェノールなどが主成分です。
  • ヒメフウロエキスは、光老化に深く関わっている酵素「トリプターゼ」の働きを阻害することでお肌の老化を防ぎます。
  • だから、小じわやしわ、ほうれい線などの光老化によるエイジングサインを予防することができます。
  • ヒメフウロエキスは、刺激性などがなく、どんな肌質にも使える安全な成分です。
  • ヒメフウロエキスは、最近ではさまざまな基礎化粧品に配合されています。

2.ヒメフウロエキスが抽出されるヒメフウロとは?

ヒメフウロの画像

ヒメフウロは、漢字で「姫風露」と書きます。

科名・属名ともフウロソウで、学名は Geranium robertianumという一年草または越年草です。

また、別名は塩焼草(シオヤキソウ)です。これは、ヒメフウロの匂いが、塩を焼いた時の匂いに似ていることでこの名がついたようです。

世界的には、アジア、アメリカ、ヨーロッパなど、北半球に広く分布しています。

日本では、滋賀県の伊吹山、鈴鹿山脈北部の霊仙山など、養老山地北部や四国剣山などの山地帯の日当たりのよい石灰岩地質に生息しています。

ヒメフウロソウは、高さが20cm~40cmです。

花径は15mmから20mmほどで、薄紫の花びらが5枚で一輪の花を作ります。

ヒメフウロは、収れん作用や弱い利尿作用、止血、粘液分泌抑制、治癒促進作用があることから、薬草としても使われていました。


3.ヒメフウロエキスの化粧品成分としての特性

ヒメフウロエキス配合化粧品

1)ヒメフウロエキスの基本特性

ヒメフウロエキスは、ヒメフウロ全草から抽出されたエキスです。

全成分表示は、「ヒメフウロエキス」です。

フラボノイド やポリフェノール といった酸化を抑える成分、タンニン、苦味成分 (ゲラニイン) 、揮発油、クエン酸などが主な成分です。

ヒメフウロエキスは、肌の角層の奥まで浸透して長くとどまる性質があります。

最近では、石けんなどの洗顔料保湿化粧水乳液保湿美容液保湿クリームフェイスパック、化粧下地、日焼け止め、ファンデーション、パウダーなどに使われています。

商品名としては、一丸ファルコスの「プリンセスケア」が有名です。

2)ヒメフウロエキスの光老化抑制のメカニズム

光老化抑制効果が期待できるヒメフウロエキス

ヒメフウロエキスは,紫外線ダメージによる光老化に深く関わっている酵素「トリプターゼ」のはたらきを阻害することでエイジングケア効果を発揮します。

トリプターゼとは,皮膚組織真皮の中の肥満細胞が放出する酵素です。

紫外線をはじめとするストレスを受けると、トリプターゼが発現します。

2000年代になって、トリプターゼが強く発現するとしわなど光老化が進むことがわかりました。

また、トリプターゼは、コラーゲンを直接分解したり、表皮の基底膜の破壊に深く関わっていることも解明されてきました。

ヒメフウロエキスには、トリプターゼの活性を抑える強い力があることから、光老化による肌老化肌悩みを予防することができるのです。


4.ヒメフウロエキスの美肌効果と安全性

ヒメフウロエキスの美肌効果を期待する女性

1)ヒメフウロエキスの美肌効果

ヒメフウロエキスは光老化を予防することから、紫外線ダメージが原因となる肌悩みを予防することができます。

シミ小じわ、しわ、ほうれい線たるみ毛穴目の下のクマ(黒くま)目の下のたるみなどのエイジングサインの予防が期待されます。

しかし、顔のたるみが原因の深いしわを消すことやほうれい線を解消することなどはできません。

2)ヒメフウロエキスの安全性

ヒメフウロエキスの安全性のイメージ

ヒメフウロエキスの皮膚刺激や危険性についての報告はなく、安全性の高い美容成分と考えられています。

逆に花粉症などのアレルギーを緩和させる効果、炎症を抑えて肌荒れを予防する効果も期待されています。

このように、ヒメフウロエキスは肌質を選ばずに使える安全な美容成分です。

つまり、普通肌脂性肌乾燥肌インナードライ肌の4つの基本肌タイプに加え、混合肌敏感肌にも使うことができるのです。


5.オススメのヒメフウロエキス配合のエイジングケア化粧品

ヒメフウロエキス配合フェイスマスク「ナールスパッション」

エイジングケアにオススメのヒメフウロエキス配合のフェイスマスク「ナールス パッション」をご紹介します。

ナールス パッションは、バイオセルロース製のシートタイプのフェイスマスクです。

バイオセルロースとは、ナタデココの原料を主成分として、食用菌による発酵技術を用いてつくられた食物由来のナノ繊維のことです。

不織布のシートマスクと比べて美容成分の浸透力が高いことが大きなメリットです。

ナールス パッションは、ヒメフウロエキス以外に、

などお肌の老化を予防するために大切な成分が配合されています。

1枚でなんと25mlという美容液1本分の美容成分が凝縮されたフェイスマスクです。

肌のキメを整え、ハリやツヤのある透明感に満ちたお肌に導きます。

また、

などの対策にも役立ちます。


6.まとめ

ヒメフウロエキスの化粧品としてのエイジングケア効果は?のまとめ

ヒメフウロエキスの特徴をご紹介しました。

また、化粧品成分としてのヒメフウロエキスの効果や安全性、用途についてもご紹介しました。

ヒメフウロエキスは、紫外線ダメージによる光老化の原因となる「トリプターゼ」のはたらきを阻害します。

だから、光老化によるエイジングサインを予防することが期待できる美容成分です。

ぜひ、ヒメフウロエキスを上手にエイジングケアに取り入れてくださいね。

関連記事

ジフェニルシロキシフェニルトリメチコンはどんな化粧品成分?

続きを読む

(ジメチコン/メチコン)コポリマーとはどんな化粧品成分?

続きを読む

尿素のメリットとデメリットは?エイジングケアの視点から

続きを読む

キュアパッションはパッションフルーツのエイジングケア成分

続きを読む

シアノコバラミン(VB12)は赤いエイジングケア化粧品

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」