冬でも紫外線対策は大切!光老化を予防しよう

冬の紫外線のイメージ

あなたは、冬だと思って紫外線対策を怠っていませんか?

紫外線対策は夏だけではなく冬も大切です。

なぜなら、紫外線は目に見えなくても、感じなくても確実にお肌にダメージを与えます。

だから、冬でも紫外線対策は大切で、外出前はもちろん、外出後のアフターケアも必要です。

とはいっても、夏のような効果の高い日焼け止めを使うとお肌への負担が高まります。

この記事では、そんな冬の紫外線の特徴や対策についてご紹介します。

冬でも紫外線対策は大切!光老化を予防しようの目次

1.冬でも紫外線を上手にカットしたいあなたへ

冬に紫外線対策を行う女性

冬でも紫外線は地球上にやってきて、肌にダメージを与えます。

さて、突然ですが、「紫外線ダメージの方程式」ってご存知ですか?

これを知っておくと夏や冬などの季節ごとの紫外線対策やライフスタイルに合った紫外線対策をしっかりと考えることができるようになります。

紫外線が肌に悪いことは、今ではエイジングケア世代の女性だけではなく、多くの女性がご存知です。もちろん、男性でもご存知の方が増えています。

だから、今や紫外線対策が、エイジングケアにとって大切なことは、老若男女、誰もがご存知。

とは言っても、冬の紫外線については、理解が不十分な方も多いのではないでしょうか?

この記事では、冬の紫外線の強さや対策について詳しくご紹介します。また、日焼け止めの選び方や使い方のコツについても触れます。

「冬でも地上に紫外線が届いているの?」

「日焼け止めまで必要なの?」

「なぜ冬でも紫外線に注意しなければいけないの?」

「紫外線ダメージってどう進むの?お肌への影響は?」

「冬の紫外線対策ってどう工夫すればいいの?」

など、冬の紫外線や対策について、疑問のある方は、ぜひ、続きをお読みくださいね。

<PR>

乾燥肌対策と紫外線のアフターケアを一緒に考えるスキンケアなら「ナールス ユニバ」

乾燥肌対策と紫外線のアフターケアならナールスユニバ

<この記事の大切なポイント>
  • 真冬でも紫外線は真夏の1/3~1/5程度は必ず届いています。だから、冬も紫外線対策は大切です。
  • 紫外線ダメージは、紫外線の強さと紫外線を浴びている時間で決まります。だから、冬でも紫外線によるダメージはあるのです。
  • 屋外で過ごす時間が多い方は、冬でも紫外線対策が重要です。必要に応じて日焼け止めも使いましょう。
  • 知らない間にダメージを与えるのは、光老化の原因となる紫外線A波(UV-A)です。UV-Aは冬でも降り注いでいます。
  • 冬に使う日焼け止めのPAやSPFは、自分の肌質や肌状態とライフスタイルに合わせて適度なものを選びましょう。また、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤を上手に使い分けましょう。

2.冬の紫外線対策はなぜ必要?

冬の紫外線対策に悩む女性

1)紫外線対策は年中必要

紫外線対策と聞くと、1年間でどの季節を思い浮かべますか?

春から夏にかけて、段々と気温が上がってくる季節は、紫外線対策をしっかりと意識して、毎日、日焼け止めをつけている人も多いと思います。

冬に紫外線対策をすると、「肌に負担がかかるからよくないのでは?」と思っている人も多いようですが、本当に紫外線を意識するのであれば、「冬の紫外線対策」が重要なのです。

確かに、冬の紫外線対策は、夏ほど強い日焼け止めを塗る必要はないことも多いのです。

また、それぞれのライフスタイルでも冬の紫外線対策の方法は異なります。

では、実際のところ、なぜ、「冬の紫外線対策」が必要なのでしょうか?

2)冬の紫外線対策の必要性チェック

まずは冬の紫外線対策ができているかどうかチェックしてみましょう。

  • 冬のスポーツ、スキーやスノボが好き
  • 冬でも屋外など外へお出掛けすることが多い
  • すっぴんで外に出掛けることがある
  • 果物野菜が苦手でほとんど食べない
  • お肌が強いので乾燥肌対策などスキンケアには無頓着
  • そもそも冬に紫外線対策なんて考えたこともない

あなたはいくつ当てはまりましたか?

1つでも当てはまるものがあれば、あなたのお肌は冬の紫外線によりダメージを受けている可能性が高いと言えます。

3)冬でも紫外線対策が必要な理由

紫外線のイメージ

なぜ冬でも紫外線対策が必要なのでしょうか?

紫外線に対する誤解は、「紫外線の照射が少ない季節なら、紫外線も弱いので肌へのダメージは少ないのでは?」という思い込みです。

実は、紫外線のダメージには方程式があるのです。

紫外線ダメージの方程式

紫外線のダメージ = 紫外線の照射の強さ × 紫外線を浴びている時間

紫外線の照射の強さは、「どれだけの量の紫外線が地上に届くか」で決まります。

紫外線を浴びている時間は、お1人おひとりのライフスタイルで決まります。

確かに冬は、紫外線の強さは夏に比べれば弱いです。

だからと言って、長い時間、外出していれば夏のダメージと変わらない、ということがこの方程式でおわかりいただけたと思います。

では、気象庁の紫外線データを使って試算してみましょう。

2016年度の「つくば」の月別UV-B(紫外線B波)データ

■最もUV-Bが強かった8月は「25.19 kJ/m²」でした
この時の1時間の外出時のUV-Bによる紫外線ダメージは…

25.19 × 1 時間 =  25.19

■最もUV-Bが弱かった12月は「5.45 kJ/m²」でした
この時の5時間の外出時のUV-Bによる紫外線ダメージは…

5.45 × 5 時間 =  27.25

※ここで使用したUVBのデータは一か月の積算値です。本来このデータはひと月の日数(30日)と1日の時間(24時間)で割って使うことが正しいのですが、ここでは冬と夏の紫外線量の比較(相対量)に意味があるので絶対量は気にせず計算しています。

つまり、紫外線対策しないで12月に5時間外出するのと、8月1時間外出するのとほぼ同じダメージなのです。

8月の真夏の時期に紫外線対策を全くしない方はいないですよね。

しかし、12月は紫外線対策をせずに外出してしまう方って結構いらっしゃるのではないでしょうか?

(紫外線よりも寒いから外出しないという方もいるかもしれませんが…。)

この方程式からわかるのは、紫外線対策を考えるのは「季節」ではなく、「どれだけの時間、紫外線を浴びるか?」なのです。

3)紫外線A波(UV-A)は、お肌老化のボディブロー

紫外線波のイメージ

紫外線B波(UV-B)で、紫外線ダメージの試算をしましたが、実は、紫外線B波(UV-B)よりも紫外線A波(UV-A)の方がもっと怖いのです。

UV-Bの真冬の量は真夏の1/4~1/5程度ですが、UV-Aは1/3~1/4程度降り注ぎます。

だから、冬でもより注意が必要なのはUV-Aなのです。

もう1つお伝えしたいのは、UV-Aの性質。

UV-Aは、ボクシング言えば「ボディブロー」。

知らず知らずにダメージが蓄積して、気が付いた時にはスタミナを失ってダウン。

お肌も同じです。

UV-Aは、曇りの日でも窓ガラスも通過し、真皮にじわじわとダメージを与えます。

UV-Aが怖いのは、この「じわじわ」というところ。

すぐに肌にダメージを感じるわけではないのですが、目に見えない紫外線の悪影響はどんどん蓄積します。

そして、10年後に気付いたときには、シワシミ、さらには顔のたるみで、ほうれい線たるみ毛穴ゴルゴラインマリオネットラインが…。

紫外線によるお肌の老化は、「光老化」と呼ばれますが、お肌の老化の80%が紫外線の影響であるとも考えられています。

光老化による肌悩みを避けるためにも、冬でも紫外線対策を行いましょう。


3.冬のスキンケアと紫外線の関係

紫外線対策と合わせて必要な乾燥肌対策の保湿を行う女性

ここまでの説明で、なぜ冬でも紫外線対策が大切なのかについて、ご理解いただけたと思います。

一方、冬の季節は紫外線だけを意識するだけでは不十分なので、簡単に冬のスキンケアの基本に触れておきます。

1)紫外線対策と合わせて保湿も大切

冬は1年間の中でも、乾燥肌の原因がいっぱいの季節。

湿度が下がり、いつもは気にならないお肌もピリピリしたり、粉をふいて乾燥してしまったり、なかには乾燥によるかゆみがでてしまうなど肌トラブルの症状も多く、肌荒れに悩む人が増える時期でもあります。

また、気温が低下することで血行が悪くなり、新陳代謝も下がるので肌のターンオーバーの機能も下がってしまうのです。

そうなるとお肌のトラブルが慢性化しやすくなり、顔のむくみやシミ、くすみなどが気になるようになってしまいます。

乾燥性による湿疹や乾皮症敏感肌など、冬ならではの乾燥によるトラブルが後を絶ちません。

だから冬場は、紫外線対策の前に、保湿、身体を温めるなどの乾燥肌の改善対策が大切です。

また、日焼け止めなどの紫外線対策のアイテムも、不必要にSPFやPAの高いものではなく、自分自身の冬のライフスタイル、肌質や肌状態に合ったものを使うことが大切なのです。

2)冬でも紫外線のアフターケアを!

また、エイジングケア化粧品で、ビタミンA誘導体(レチノイン酸トコフェリルレチノール)、ビタミンC誘導体、ビタミンE誘導体(トコフェロールトコフェリルリン酸Na)を補うこともよい方法です。

紫外線のアフターケアに関しては、「外出時の紫外線による日焼けのアフターケアはビタミンACEで!」を参考にしてください。


4.冬の紫外線対策のための基礎知識

冬の紫外線対策のための基礎知識を話す女性

具体的な、冬の紫外線対策の前に、紫外線に関する情報を簡単に整理してみます。

すでに、紫外線の基本をご存知の方は、この章は読み飛ばしていただいてもOKです。

1)紫外線は1年中降り注いでいる

紫外線は季節など関係なく1年中降り注いでいます。

問題は、どれだけ地上まで届くかです。

太陽から降り注ぐ紫外線はオゾン層を通ることで弱まります。

真夏の太陽は頭の真上まで登りますが、冬の太陽はそこまで高い位置に登らない為、オゾン層を通過する時間が長くなります。

だから、冬は紫外線が、夏よりも地上に届きにくいのです。

実際、気象庁の紫外線データを見ていただければ、よくお分かりいただけると思います。

1つの例として、筑波の月別の紫外線量のデータをお示しします。

つくばの月別UVインデックス

<出典>気象庁

2)肌の老化は加齢だけではなく紫外線が原因!

お肌の老化の原因はさまざまですが、紫外線がお肌に与える影響は私達が思っている以上に大きいのです。先ほどもこの点はお話したとおりです。

肌が老化する原因は、加齢よりも紫外線が大きいのです。

紫外線で顔の左半分が光老化してしまった男性

(New England Journal of Medicine 2012; 366: e25)

上の男性の写真をご覧ください。

この写真は世界中の医学雑誌の中でも最も権威があると言われている「The New England Journal of Medicine」という雑誌に掲載された論文の写真から引用しました。

男性は、28年間トラックの運転手をしていました。

運転中に、ガラス越しに顔の左側だけ直射日光に当たり続けた結果、そちらだけが極端に老化してしまいました。これは、光老化が加齢よりも怖いことを端的に示していますね。

紫外線の悪影響については、メディアなどでもよく報じられていることもとあり、かなり普及しています。

肌の老化を防ぐためにも丁寧なスキンケアと紫外線対策をしてくださいね。

3)紫外線A波(UV-A)と紫外線B波(UV-B)の違い

紫外線には波長によって分類されているのですが、私達が気にするべきなのは長波長紫外線の「UV-A」と、短波長紫外線「UV-B」の2種類になります。

簡単に、それぞれの特徴を説明致します。

①UV-A

生活紫外線とも呼ばれる肌の老化の原因となる紫外線。

肌の色を黒くする(サンタン)ことや、深いシミやシワをつくり出す原因となります。

肌表面にあるバリア機能を通り抜け、お肌の奥深くの真皮層まで到達するため、お肌の内部の細胞を傷つけてしまうと言われています。

②UV-B

レジャー紫外線とも呼ばれ短期的な肌が赤くなる日焼け(サンバーン)の原因となるのがこの紫外線です。

この紫外線も肌老化の原因であるとともに皮膚がんの原因となることもあります。

なお、紫外線にはUV-Cもありますが、こちらは地上まで届きません。

4)雪の反射でも日焼けするの?

雪のイメージ

冬の代表的なレジャーといえば、スキーやスノボなどゲレンデで行うスポーツがありますよね。

スキーから帰ってきて鼻の頭が赤くなっていたり、ゴーグル焼けをした経験はありませんか。

白銀に輝くスキー場は、紫外線を気にする女性には要注意な場所なのです!

実は、スキー場は紫外線が非常に強い場所です。

スキー場をはじめとする真っ白な雪が多い場所では、冬であっても夏の紫外線対策と同じくらい、あるいはそれ以上の対策が必要です。

なぜなら、雪面では紫外線の80%~90%が反射するからです。

砂の場合の反射は10%~20%ですから、その違いがおかわりですね。

つまり、スキー場などの雪面では、上からの直接の紫外線と、下からの反射による紫外線のダブルパンチを受けるのです。


5.実践!冬の紫外線対策

冬に紫外線対策を行う女性

1)冬の紫外線対策の基本

冬の紫外線対策を行うためには、冬だからといって油断せずに、外出時間が長い場合は、日焼け止めを付けて、外に出るようにすることが必要です。

寒い冬はコートやマフラーなどで身体のほとんどの部分が隠れているので、日焼け止めを塗る場所も少ないですし、そこまで負担に感じることもないと思います。

だから、顔やデコルテ、首元などの年齢が出やすいところだけでもしっかりと紫外線対策を心掛けるようにしてくださいね。

市販で販売されている日焼け止めを見ると、「SPF」や「PA」などの表示があると思います。

PAとSPFについては、「紫外線ダメージで肌老化!効果的に防ぐ対策でエイジングケア」でも説明していますが、「PAは主にUV-Aを防ぐ指標」、「SPFは主にUV-Bを防ぐ指標」です。

冬でもライフスタイルに合わせて、両方の数値を気にして日焼け止めを選ぶ必要があります。

2)冬の日常生活における紫外線対策

冬の日常生活での紫外線対策は、お肌に対して優しいことも大切です。

冬の場合、乾燥対策への配慮が大切なので、毎日使う日焼け止めは肌への負担が少ないものを選びましょう。

メイク崩れが少ない方なら、下地を刺激の少ない酸化チタンや酸化亜鉛が成分の紫外線散乱剤(ノンケミカル)を選ぶのがベターです。

2~3時間の外出なら、PA値は「+」、SPF値は「10」で十分です。

2~3時間以上外出する場合は、SPF値「15」程度の日焼け止めを使いましょう。

また、紫外線は室内でも注意が必要です。

窓際にいる時間が長い場合やベランダへ出る時間が長い場合は、外出と同じ紫外線対策を行いましょう。

3)冬のレジャーやスポーツの紫外線対策

冬にスポーツを行う女性

冬でもレジャーやスポーツに行くときは日常以上の紫外線対策が必要です。

スポーツをするとをかいてしまうので、肌に優しい紫外線散乱剤の下地や、ファンデーションは流れてしまうリスクがあります。

最近では、汗に強い耐水機能のあるアイテムや紫外線吸収剤(ケミカル)のものが多く出ているので、それらをうまく使って紫外線対策を行いましょう。

テニスやゴルフ、サッカーなどの場合、PA値は「+」または「++」、SPF値は「20」程度、

反射率が高いスキー場や雪山などの場合は、PA値は「++++」、SPF値は「30〜」を目安としましょう。

4)食べ物や食事で紫外線対策-予防とアフターケア-

紫外線対策は、外側からだけではなく身体の内側からの予防も大切です。

特に冬に積極的に摂ってほしいのは活性酸素を取り除くビタミンCです。

ビタミンCは、美肌のための栄養素です。

紫外線によるお肌のダメージも回復させてくれる効果があるので、毎日の食生活で上手に取り入れてみましょう。

ビタミンCを摂ることで、風邪予防にもつながります。

また、ビタミンCには、シミの原因となるメラニン色素を抑制するはたらきもあります。

さらには、コラーゲンをつくるサポートをするので、アンチエイジングにとって望ましい栄養素なのです。

「ビタミンC」を多く含んでいる食品といえば、みかんやいちご、柿などの果物や、ピーマンやにがうり、ケールなどの野菜などです。

ビタミンC以外でも、紫外線のケアとして、食べ物でビタミンA、ビタミンEを摂ることで活性酸素を除去できます。

食べ物については、「美肌をもたらす食べ物と飲み物は?その種類から栄養素まで」や「美肌のための食事のとり方とアンチエイジングへの効果は?」も参考にしてください。

5)冬の紫外線対策は小物も使おう!

冬に小物を身につける女性

紫外線対策は日焼け止めだけでなく、マフラーやネックウォーマーなどの冬の必需品とも言えるアイテムを取り入れることでも可能です。

夏と違い、洋服やコートを着込む冬は外気に触れている部分が少ないので、小物などを上手に使えば紫外線対策を簡単に行うことができます。

マフラーなど小物をアレンジすることで、同じ雰囲気になりがちな冬の装いも、ファションを楽しむことができますよね。

冬は見える部分が限られているからこそ、小物であなたの魅力をより強調させてみてくださいね。

ファッションによる紫外線対策は、「紫外線対策はファッションで差が!透過率は色・素材で違う」も参考にしてください。

6)冬でも紫外線ダメージを軽減するには?

①睡眠で紫外線ダメージを軽減

冬の紫外線によるお肌のダメージを軽減するためにも、日頃から十分な睡眠時間を摂ることが大切です。

睡眠がきちんと取れていないと、お肌が紫外線でダメージを受けてしまってもお肌に大切な成長ホルモンが分泌されず、回復できなくなるので肌トラブルの原因をつくり出してしまうのです。

特に、お肌を生まれ変わらせる事ができる“ゴールデンタイム(22:00~2:00)”には布団に入るようにしてくださいね。

②ストレスを減らして紫外線ダメージを軽減

また、仕事が忙しくお疲れ気味の人、ストレスが溜まっている人も紫外線のダメージを取ることができず、影響を受けやすくしてしまいます。

お肌に紫外線があたると活性酸素が増えますが、疲れやストレスでも増えてしまいます。

だから、ストレスを減らすためにお風呂やマッサージ、アロマ、趣味などでリラックスすることも大切なのです。

お肌をキレイに保つためには、紫外線だけでなく、さまざまなものが影響してくるのを覚えておいてくださいね。


6.まとめ

冬でも紫外線対策は大切!光老化を予防しようのまとめ

冬の紫外線の特徴や対策について幅広くご紹介しました。

いかがでしたか?

冬の紫外線対策は、私たちが思っている以上に大切なことをご理解いただけましたでしょうか?

「冬は夏に比べて紫外線も少ないし、日焼け止めなんていらないわ」と思っていた人も、今日から紫外線対策をはじめてくださいね。

また、季節にかかわらず紫外線は常に降り注いでいますので、1年中対策をすることが大切です。

ただし、日焼け止めは、少なからずお肌に負担をかけてしまうので、合わせて保湿も重要。

特に、冬はお部屋にいる時は。加湿器をつけるなど乾燥しない環境づくりも大切です。

さらに、食事に気を付けたり、ストレスや睡眠などの生活習慣に気を付けることで紫外線対策の効果がアップします。

また、冬ならではの防寒用の小物などと合わせると、楽しく紫外線を防ぐことが出来るのでとてもおすすめです。

紫外線対策をしっかりと行い、美肌を目指す努力をしましょう。

冬の肌のお手入れをどれくらいしっかり行ったのかによって、春先の肌が変わってくると言われています。

冬だからこそ、気合いを入れた紫外線対策とスキンケア、エイジングケアを心掛けましょう。

関連記事

日焼け止めは紫外線吸収剤と紫外線散乱剤でどう違うの?

続きを読む

紫外線による肌の光老化の対策とフォトフェイシャル治療

続きを読む

外出時の紫外線による日焼けのアフターケアはビタミンACEで!

続きを読む

目の紫外線対策!目の日焼けで肌が黒くなるのはなぜ?

続きを読む

ソラレンを含む食べ物を知って、紫外線対策とエイジングケア

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」