SPF値だけではダメ?! 完璧な日焼け止め選びとは?

日焼け止めを使う女性

春は日焼け止めで紫外線ブロック!が欠かせない季節。ところで、日焼け止めを選ぶ基準は?どんな風に使っていますか?

パシフィックコミュニケーション株式会社が資生堂ジャパン株式会社の協力の元、20~40歳の女性に聞いた日焼け止めに関する調査結果とともに、効果的な日焼け止めの使い方をご紹介します。

SPF値だけで決めてはダメ?! UVケアを完璧にする日焼け止め選びとは?の目次

もうすぐ春ですね。日焼け止めで紫外線ブロック!が欠かせない季節になります。みなさんは、どんな日焼け止めを使っていますか?選ぶ基準はなんですか?どんな風に使っていますか?

紫外線による光老化は、肌老化の80%もあるという米国皮膚科学会の声明があります。そんな紫外線をブロックすることは、保湿やお肌を清潔に保つことと並んでエイジングケアで最も大切なことの1つです。だから、ナールス エイジングケアアカデミーでもたくさんの紫外線に関連する記事を配信しています。

そんな折、プレスリリースで見つけた記事がパシフィックコミュニケーション株式会社が資生堂ジャパン株式会社の協力の元、20~40歳の女性に聞いた日焼け止めに関する調査結果。
また、効果的な日焼け止めの使い方も紹介されていました。

私たちも基本的に同じ考え方なので、その記事を参考に日焼け止めの使い方をご紹介します。

1.危険信号発令!春からの紫外線量はどれくらい?

春の紫外線

 

あと数日で2019年も3月。暦の上ではすでに立春を過ぎました。

朝晩の気温は低いので、コートなどまだまだ手放せませんが、昼間は暖かい日が増えてきて心地よいお天気が続く季節になりましたよね。

ということは、紫外線量がグンっと増えてくるので、紫外線対策を怠ると大変!

気象庁発表のデータ(UVインデックス)では、3月から紫外線の強さは「中程度」。

このUVインデックスというのは、紫外線紫外線の強さを分類したものですが、3月からは本腰を入れて紫外線対策をしなくては、気がつけば日焼けしてお肌にダメージが…といったことになりかねません。

 

UVインデックス

UVインデクスの図

(気象庁HPより)

 

UVインデックスの分類

 1~2  弱い  安心して戸外で過ごせます。
 3~5  中程度  日中はできるだけ日陰を利用しましょう。
 できるだけ長袖シャツ、日焼け止め、帽子を利用しましょう。 
 6~7  強い
 8~10 非常に強い  日中の外出はできるだけ控えましょう。
 必ず長袖シャツ、日焼け止め、帽子を利用しましょう。
 11+  極端に強い

(WHO. Global solar UV index-a practical guide-2002より)

 

気象庁のウェブサイトに行くと、お住まいの都道府県の年間の紫外線量の平均値が見れるので、参考にしてくださいね。


2.みんなの日焼け止めを選ぶ基準はなに?

エイジングケア用アミノ酸化粧水を使う女性

エイジングケア世代にとって肌悩みの種の、シミシワたるみほうれい線などといった肌老化やお肌の乾燥の原因の一つは「紫外線」です。

紫外線対策としては、日焼け止めや、UVカット効果のある、洋服、帽子、日傘などや、目の場合はサングラスで紫外線を防ぐなどいろいろとありますが、日焼け止めが一番ポピュラーですよね。

あなたは「日焼け止め」を購入するとき、何を基準に選んでいますか?

パシフィックコミュニケーション株式会社が資生堂ジャパン株式会社の協力の元、20~40歳の女性225を対象に行った日焼け止めに関する調査結果によると、約70%の人が「おもにパッケージのSPF値をみて決めてしまう気がする」とのことです。

日焼け止めを選ぶ際の基準として、「SPF(UV-B波のブロック力)の高さ」(79.6%)、「PA(UV-A波のブロック力)の高さ」(62.2%)、「への耐性の強さ」(57.8%)と、日焼け止めの役割を認知した回答をしているのに、いざ購入するときには、パッケージに大きく書かれている「SPF値」に引っ張られて、選んでいる人が多いわけです。

(パシフィックコミュニケーションズ株式会社 2019.02.18プレスリリースより)

 


3.シーンによって日焼け止めを使いこなそう

紫外線は、波長の長さによってUV-A、UV-B、UV-C、そして最近よく聞くロングUV-Aがあります。

UV-Bは、エネルギーが強くお肌の表皮のダメージを与え、サンバーンの原因やシミの原因になります。

一方、UV-Aは、エネルギーはUV-Bほど強くありませんが、お肌の中の真皮まで届いて、コラーゲンエラスチンをじわじわと壊してしまいます。

だから、UV-Bをブロックする「SPF値」だけでなく、UV-Aをブロックする「PA値」も意識した日焼け止め選びが大切。

とはいっても、とにかくSPFやPAが高ければ良いというものではありません。
季節や使うシーン、肌質や肌状態で上手に使い分けることが大切です。

日常生活や、屋外での軽いレジャーやスポーツ程度なら、SPF20~40、PA値+++で十分です。

 

(パシフィックコミュニケーションズ株式会社 2019.02.18プレスリリースより)

 

その他に、成分にも注目です。

日焼け止めには、「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」の2種類があります。どちらにもメリット・デメリットはありますが、日常生活で使うなら、お肌への負担が少ない「紫外線散乱剤」がオススメです。

「紫外線吸収剤」は、炎天下でのレジャーやマリンスポーツといった、強い紫外線を浴びるときに使うのがよいでしょう。

特に、顔に塗る場合、ほとんどの方がUVケア効果のある化粧下地を使っていると思いますが、なるべくお肌に負担が少ないものを使いたいですよね。

ナールスでは、2月15日に、UV化粧下地「ナールスヴェール」を新発売しました。
ナールスヴェール
紫外線散乱剤だけを使っていて、SPF40/PA+++、ウォータープルーフタイプ
で、もちろんナールスゲンを推奨濃度配合。お肌の外側からも、内側からも、紫外線対策を考えて作りました。

4.日焼け止めは、「こまめに、こまめに」を鉄則に!

適切に選んだ日焼け止めを塗る女性

朝のスキンケアで日焼け止めを塗ってしまえば、夕方までOKというわけではありません。

目に見えなくても、お肌の表面は汗をかいているので、汗で流れてしまったりするので、1日中室内にいるなら、お昼に1度塗りなおせば十分です。

でも、室内とはいえ、例えば日の当たる窓に近いところにいる場合や、ベランダや庭などに出る、外出している時間が長いなら、2~3時間置きに塗りなおしたり、紫外線を受ける前に塗りなおすと、効果を保てるのでオススメです。

塗りなおすときは、ムラをなくすために、汗や水などが付いていれば、その都度ふいてくださいね。

もちろん、そんな日焼け止めは、夜のスキンケアクレンジングなどを使ってしっかり落としてくださいね!

エイジングケアでも最も大切な紫外線対策

1年後、5年後、10年後の自分が美肌をキープできてハッピーな気分になるよう、少しだけ気を付けて日焼け止めを選んで、少しだけ手をかけて紫外線をブロックするようにしたいですね。

 

(執筆:エイジングケアアカデミー編集部 やすだともよ)

医学出版社、医学系広告代理店にて編集・ライターとして、医師向け、患者向けの情報提供資材や書籍等の記事の編集・執筆や、国内・海外医学会取材・記事執筆をしています。

関連記事

美顔ローラーの効果が科学的に証明される!

続きを読む

『2019 Miss Supranational Japan東京・神奈川大会』でナールス特別賞授与!

続きを読む

ナールスのエイジングケア化粧品「Beauty Asia Singapore 2019」に出展!

続きを読む

バラの香り成分「フェニルエタノール」に抗うつ効果が!

続きを読む

都市伝説だった?ファンデーションはお肌に悪いという話

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」