乾燥肌のためのおすすめの日焼け止めの選び方と使い方

乾燥肌にあう日焼け止めを使用してお肌の調子がよくなった女性

日焼け止めは紫外線対策に大切なアイテム。

でも乾燥肌の方は、優しくて潤いがキープできるものを選びたいですね。

もちろん、UVカットでシミや肌老化を防ぐことも大切です。

この記事では、乾燥肌の方におすすめしたい日焼け止めの選び方と使い方をご紹介します。

乾燥肌のためのおすすめの日焼け止めの選び方と使い方の目次

1.乾燥肌でも使いやすい日焼け止めを探しているあなたへ

乾燥肌でも使える日焼け止めを探す女性

日焼け止め紫外線のダメージから肌を守り、シミやソバカスを防いで透明感のある肌をサポートしてくれます。

また、日焼け止めは、乾燥肌を防ぐ上でも大切ですし、ほうれい線シワなどの肌老化の予防にも大切です。

つまり、紫外線対策の要のアイテムの1つです。

一方、乾燥肌の方は肌質や肌状態に合わない日焼け止めを使うと、お肌の乾燥が進んでしまうことがあります。

だからこそ、乾燥肌の人は、しっかりと成分をチェックして潤いがキープできる日焼け止めを選ぶことが大切なのです。

乾燥肌の方は、優しいタイプの日焼け止めを選んで正しく使うことが基本です。

一方、乾燥肌や肌老化を防ぐためには、紫外線カットも重要なのである程度のSPFやPAの高さも必要です。

そこで、この記事では、乾燥肌におすすめの日焼け止めの選び方をご紹介します。また、エイジングケア世代で乾燥肌の方におすすめのノンケミカルの日焼け止めをご紹介します。

「乾燥肌の私に合う日焼け止めの選び方は?」

「正しい日焼け止めの使い方を知りたい!」

「乾燥肌に大切な日焼け止めの成分は?」

「おすすめの日焼け止めを教えて!」

「乾燥肌で気をつけたい日焼け止めは?」

などが気になる方は、ぜひ、続きをチェックしてくださいね。

<乾燥肌向けの日焼け止め・UV化粧下地>

赤ちゃんでも使えるほど優しくて、しっかり紫外線対策ができる!

*SPF40、PA+++  ナールスゲン推奨濃度配合UV化粧下地「ナールス ヴェール」

ナールスゲン推奨濃度配合UV化粧下地「ナールス ヴェール」

日焼け止め・UV化粧下地「ナールスヴェール」モデル白山真希さんインタビュー

飯塚美香さんがナールス ヴェールの使用感をレビュー!

<この記事の大切なポイント>
  • 紫外線ダメージを受けないためには、日焼け止めで紫外線対策を行うことが大切です。紫外線から肌を守ることは、乾燥肌の対策にもなります。
  • 一方、日焼け止めには刺激性もあることから、それによる乾燥肌のリスクがあります。だから、乾燥肌の方は、刺激の少ない優しい日焼け止めを選ぶことが大切なのです。
  • エイジングケア世代になると誰もが乾燥肌傾向になります。だから、エイジングケア世代では、乾燥肌向きの日焼け止めを選ぶことがおすすめです。
  • 乾燥肌でエイジングケア世代の方は、刺激の少ない紫外線散乱剤がおすすめです。「ノンケミカル」「紫外線吸収剤不使用」などの表示があるものを選びましょう。
  • さらに、保湿成分やエイジングケア化粧品成分が含まれている日焼け止めがおすすめです。また、適量を正しく使うことも意識しましょう。
  • 日焼け止めの紫外線ブロック力は、夏でも山や海など特別な場所でなければ、SPF30やPA+++で対策可能です。乾燥肌の方は、強い紫外線ブロック力のものを選ぶより、適度な強さのものをおすすめします。
  • 紫外線対策は、日焼け止め以外にも、日常生活において太陽光線を避ける対策を併せて行うことが大切です。乾燥肌の方は、特に皮膚の薄い目の周りの紫外線対策をしっかり行いましょう。

2.乾燥肌と紫外線

紫外線と乾燥肌に悩む女性

1)乾燥肌とその原因

乾燥肌は、表皮角質層皮脂水分の量が少ない状態のお肌を指します。

人間のお肌には、本来うるおいを守る保湿成分があります。

しかし、保湿成分の量が減ったり、正常なはたらきができなくなると、肌内の水分が減少し乾燥状態となるのです。

角質層の水分量は、正常であれば20~30%程度と言われています。

角質層の水分量が20%を下回った状態のお肌は乾燥肌です。

乾燥肌の原因はさまざまです。大きく分けると内部的な問題と外部的な問題に分けられます。

内部的な問題は、次の要素が挙げられます。

外部的な問題は、次の要素が挙げられます。

  • 紫外線ダメージ
  • 外気の乾燥
  • 急激な温度や湿度の変化
  • 大気汚染
  • 花粉などのアレルギー源など(花粉症皮膚炎)

原因は1つのこともあれば、複数の原因が組み合わさっている場合もあります。

2)紫外線が乾燥肌に与える影響は?

紫外線の影響を気にする乾燥肌の女性

紫外線は電磁波の一種です。そんな紫外線のダメージによってバリア機能が破壊されます。つまり、紫外線は乾燥肌の原因なのです。

日焼け止めを使わなかったり、保湿ケアがうまくいかないとさらにバリア機能が低下し、内部では乾燥が進みます。

その結果、インナードライ肌乾燥性敏感肌になるので注意が必要です。

また、保湿物質が減少し、肌を守る力が弱くなっている角質層に紫外線を浴びると、身体がお肌を守ろうとして角質肥厚の状態になる場合があります。

また、炎症が発生する場合もあり、メラニン色素が過剰生成され色素沈着を引き起こす可能性があります。

さらに、米国皮膚科学会(American Academy of Dermatology=AAD)の発表によると、肌老化の約80%は紫外線などの外部要因が影響だとされています。

つまり、紫外線は乾燥肌だけではなく光老化の原因としても大きな影響を与えます。

老化した肌は乾燥しやすくなるので、その点からも紫外線対策はとても大切なのです。

3)エイジングケア世代はより注意が必要

年を重ねるとともに、お肌は保湿成分の生成量が減少し、乾燥肌になりやすいです。

つまり、エイジングケア世代になると、敏感で紫外線に弱くなりがちだからこそ、より注意が必要になります。

だから、冬の紫外線対策も含め、日焼け止めを使うことも必要な日があるでしょう。

一方、エイジングケア世代にとっては、ほぼ毎日行うケアだからこそ、肌に優しく刺激の少ない成分を使った日焼け止めを選ぶことが必要となります。

また、乾燥しにくく潤いをキープできるアイテムを選ぶことがおすすめです。


3.乾燥の方の日焼け止めの選び方

自分にあった日焼け止めを使用する女性

1)乾燥肌には紫外線散乱剤の日焼け止めがおすすめ

日焼け止めの成分には大きく分けて、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤があります。

紫外線吸収剤は肌の上で化学反応を起こすことで、紫外線の肌内部への侵入を防ぎます。

ジメトキシベンジリデンジオキソイミダゾリジンプロピオン酸オクチル、ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル、オクチノキサート(メトキシケイヒ酸エチルヘキシル)などが紫外線吸収剤です。

一方、紫外線散乱剤は肌の上で光を反射することで、紫外線の侵入を防ぎます。

酸化亜鉛酸化チタン酸化鉄などが紫外線散乱剤です。

この2つを比べた場合、紫外線散乱剤のほうが肌に刺激が少ないので、乾燥肌の人には紫外線散乱剤だけを配合した日焼け止めがおすすめです。

紫外線散乱剤の日焼け止めは、パッケージに「紫外線吸収剤不使用」や「ノンケミカル」と記載されている特徴があります。

2)紫外線カット力も必要

自分が使う日焼け止めの紫外線カット力を気にする女性

日焼け止めにおいて、紫外線カット効果は非常に重要です。

紫外線には大きく分けてUVA、UVB、UVCの3種類があります。

UVAは、地表に届く全紫外線の約95%を占めています。エネルギーそのものは弱いのですが、肌の奥まで届いてダメージを引き起こします。特に、ロングUVAは肌の奥まで届きます。

UVBは、全紫外線の約5%を占め、エネルギーが強いことが特徴です。いわゆるサンバーンの原因となります。

UVCは、地表に到達することはほとんどありません。

紫外線カット力は、日焼け止めの「SPF」「PA」の数値をチェックすることでわかります。

①SPF

SPFは、主にUVBからの防御力を表します。

何も塗らない状態と比較してサンバーンが生じる時間を何倍まで延ばせるかという目安の数字です。

通常、夏場の場合、サンバーンが起こるまでの時間は20分とされています。

例えばSPF30なら、20分の30 倍、20×30=600分(10時間)まで延ばせるということを表しているのです。

夏場でも、SPF30以上あれば十分です。

②PA

PAはUVAのカット力を示す数値です。

+〜++++までの4段階で表され、+の数が多いほどカットする効果が高くなります。

たとえば、+はやや効果がある、++++は極めて効果があるという意味です。

夏場でも、PA+++あれば問題ありません。

乾燥肌の人は、お肌が刺激に弱くなっているので、SPF50、PA++++といった高い効果の日焼け止めを使うよりも、SPF30、PA+++の日焼け止めをこまめに塗り直すことをおすすめします。

日常の紫外線対策であれば、SPF20、PA++程度でも問題ないでしょう。

3)潤い成分があることで乾燥肌に潤いを

潤い成分のイメージ

日焼け止めは、ほぼ1日中お肌につけているものです。

潤い成分を配合したアイテムを選ぶことで、乾燥肌に1日中潤いをキープすることができます。

全成分表示を確認し、潤い成分が入っているものを選ぶようにしましょう。

ナールスゲンヒアルロン酸セラミドコラーゲングリセリンスクワランなどの保湿成分が含まれているものはおすすめです。

UVカット効果のある化粧下地としても使える日焼け止めを選ぶと、効率よく紫外線を防御することができます。

4)エイジングケアができることも大切

日焼け止めはお肌に長時間つけているものですので、エイジングケアができることも大切なポイントとなります。

エイジングケア世代の方は、日焼け止めの成分を確認して、エイジングケア効果が期待できる日焼け止めを選ぶことをおすすめします。

例えば、ナールスゲンや刺激の少ない油溶性ビタミンC誘導体などのエイジングケア化粧品成分が含まれている日焼け止め・UV化粧下地はおすすめです。

乾燥肌など、自身の肌悩みに合わせたエイジングケア化粧品成分が含まれているアイテムを選びましょう。

5)刺激のある成分が少ないこと

乾燥肌は刺激に敏感です。バリア機能が低下しているので、外部刺激に弱い傾向があります。

パラベンフェノキシエタノールなどの防腐剤は、最近では配合量が少なく、あまり心配はありません。

それでも自分が刺激を感じるならば要注意です。

どちらかに刺激を感じるなら、全成分表示を確認して、その成分が含まれていないかどうかチェックしてから日焼け止めを選びましょう。

また、乾燥肌の人は、アルコールは避けたほうがよい成分です。

アルコールは乾燥を進ませる原因となります。アルコールフリーの日焼け止め・化粧下地を選びましょう。


4.乾燥肌にオススメの成分は?

乾燥肌におすすめの成分を知りたい女性

1)紫外線散乱剤が乾燥肌におすすめ

①酸化チタン

酸化チタンは、紫外線散乱剤の代表格です。

紫外線散乱剤の中でも安全性の高い成分なので、乾燥肌の人にもおすすめと言えます。

基本的にはどんな肌質の人にも使用可能です。また、使用量にもよりますが、幼児にも使用できます。

はたらきとしては、UVBからお肌を守ります。UVAもある程度はカバーできますが、ロングUVAには対応していません。

日焼け止めの他、ファンデーションなどにも配合されている成分です。

化粧品の全成分表示では「酸化チタン」と記載されています。

濃度を高くしすぎると白浮きする欠点がありますが、優れた白色度や隠蔽力、着色力があり、肌の透明感を出すことも可能な顔料です。

②酸化亜鉛

酸化亜鉛には、広範囲の紫外線散乱作用があります。

対応波長は290nm~400nm。UVA(波長320~400nm)とUVB(波長290~320nm)のどちらも散乱させる作用があるのです。

また、酸化チタンと比べて白浮きしにくいという特徴があります。

近年では、ナノ化(微粒子化)された酸化亜鉛も増えてきており、より使用感がよくなっています。

酸化亜鉛は、基本的にどんな肌質の人でも使えます。乾燥肌でも使用することが可能です。

2)乾燥肌におすすめの保湿成分

保湿成分のイメージ

①グリセリン

グリセリンは、日焼け止めだけではなく、エイジングケア化粧水などのエイジングケア化粧品によく使用されている汎用性の高い基本成分です。

融点が非常に低く液体として安定的に使える、水になじみやすい、吸湿性(保湿の効果)があるといった特徴があります。

また、伸びや滑りなどのテクスチャーもよくなり、使い心地がアップします。

刺激性が少なく保湿効果もあるので、化粧水美容液美容クリームなどによく使用されます。乾燥肌の人にもおすすめの成分です。

②スクワラン

スクラワンは、無色透明のエモリエント効果の高い成分で美容オイルとしても有名です。

肌になじみやすい、浸透性が高いという特徴があります。

皮脂膜に近いはたらきをするので、水分の蒸発を防ぐ効果があることが特徴です。

また、肌表面を保湿することで、バリア機能やターンオーバーの正常化を促すことも期待できます。

乾燥肌の予防や改善乾燥によるかゆみの予防にも役に立つ成分です。

日焼け止めにも含まれています。

スクラワンは安全性が非常に高い成分であり、乾燥肌の方にも使用がおすすめできる成分です。

3)エイジングケア化粧品成分

エイジングケア世代の女性がスキンケアをする様子

①ナールスゲン

ナールスゲンは、分子量が330ドルトン程度の極めて小さなアミノ酸誘導体です。

水溶性のエイジングケア化粧品成分です。

日焼け止め以外でも、エイジングケア化粧水にもエイジングケア美容液にも配合されます。

基礎実験で、3つの美肌たんぱく質 、コラーゲン、エラスチンHSP(ヒートショックプロテイン)47を増やすことがわかっています。

また、表皮で抗酸化物質であるグルタチオンを増やします。

さらに、紫外線による光老化を抑えるはたらきもあります。

②ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体には、水溶性、油溶性、両親媒性があります。

主に日焼け止めに使われるのは、VCIPなどの油溶性のビタミンC誘導体です。

シミの予防、皮脂コントロール毛穴ケア、コラーゲンの生成などのはたらきでエイジングケアをサポートします。

③ビタミンE誘導体

ビタミンE誘導体トコフェロールは、油溶性のビタミンです。

酸化の予防肌荒れの予防が期待できるエイジングケア化粧品成分です。


5.日焼け止めの正しい使い方

日焼け止めを正しく使う女性

1)日焼け止めの前にしっかり保湿

朝のスキンケアなどで日焼け止めを塗る前には、しっかり保湿をします。

保湿ケアをすることで、紫外線による乾燥を予防します。

まず、化粧水で肌の調子を整えてから日焼け止めを塗りましょう。

保湿は、必要に応じて、化粧水→美容液→乳液保湿クリームの順番に使いましょう。

乾燥肌の方は、日頃から保湿ケアをすることが大切です。

しっかり保湿をすることで、乾燥肌を防げますし、日焼け止めの効果を十分に得ることができます。

2)日焼け止めの使い方のポイント

①日焼け止めは適量を使う

日焼け止めは、適量を使うことで十分な効果が得られます。

顔全体であれば、500円玉大を手に取るようにしましょう。

適量に関しては、各日焼け止めの裏側に説明が記載されているので、一読することをおすすめします。

塗る量が少なすぎると、日焼け止め効果が低くなり、日焼けをしてしまう可能性があるので、気をつけましょう。

②思っているより多めを使おう

意外とやりがちな失敗として、日焼け止めを少なく塗ってしまうことが挙げられます。

十分な効果を得るためにも、思っているより多めを使うように意識することがポイントです。

特に、紫外線が強くなる夏場に、山や海などにでかけ長時間紫外線を浴びる可能性がある時は、注意しましょう。

③日焼け止めは正しく塗る

日焼け止めを塗る時は、ムラなく均一に塗ることがポイントです。

一度に多量の日焼け止めを塗ろうとすると、ムラになりがちなので、適量を手にとったら、広げて伸ばすことを意識しましょう。

優しい力加減で、お肌の負担にならないように塗ることがおすすめです。

顔の場合は適量を手にとって、両頬・額・鼻・あごの5箇所に載せ塗り伸ばします。

頬など面積の広い部分は、指全体を使うとムラなく仕上がります。

また、皮膚の薄い目元は、小指の腹などを使って目頭から目尻に向かって丁寧に塗りましょう。

デコルテや首は意外と塗り忘れやすい箇所です。

首の前を塗る時は上を向き、後ろを塗る時は下を向くと、首のシワが伸びてキレイに日焼け止めが塗れます。

身体に塗る時も、量が少なくならないように注意することが大切です。

塗る範囲が大きいので、ストローのように最初に日焼け止めを細長く出してから塗ることとキレイに塗り伸ばせます。

④夜のスキンケアでしっかり落とす

外出後の夕方や夜のスキンケアでしっかり日焼け止めを落すことは、乾燥肌の方にとって大切です。

クレンジング料を使って、メイク汚れや不要な皮脂などとともにしっかり日焼け止めを落としましょう。

もちろん、乾燥肌向けの優しいクレンジング料を使いましょう。


6.乾燥肌におすすめの日焼け止め

乾燥肌におすすめの日焼け止め「ナールスヴェール」

乾燥肌の女性の紫外線対策にオススメの日焼け止め・UV化粧下地として、ナールス ヴェールをご紹介します。

「ナールス ヴェール」は、京都大学と大阪市立大学で共同開発されたエイジングケア化粧品成分「ナールスゲン」を推奨濃度で配合した紫外線散乱剤だけのノンケミカルタイプの日焼け止めです。

紫外線散乱剤のみの配合ですが、SPF40、PA+++という高いUVカット力を実現しています。

だから、春や夏の季節の外出でも十分な紫外線対策が可能です。

乾燥肌はもちろん、敏感肌やインナードライ肌でも使える、優しいタイプの日焼け止めです。

さらに、独自処方により、つけているのを忘れるほど軽いテクスチャーであることも大きな特徴です。

今まで、肌に合う日焼け止め・UV化粧下地が見つからなかった、という方にもおすすめです。

ナールス ヴェールの特徴を整理すると、次の通りです。

  • SPF40&PA+++でどの季節でも日常生活や外出時の紫外線をしっかりカット
  • 敏感肌の方にもオススメのノンケミカル&ノンパラベンでお肌に優しい処方
  • お肌になじみやすい独自処方の肌色で白浮きしない
  • べとべとしないノンオイリー処方でとても軽いつけ心地
  • でもメイクが崩れにくいウォータープルーフ処方
  • ナールスゲン&ビタミンC誘導体配合でエイジングケアもできる
  • スクワランやグリセリンなどの保湿成分配合でうるおいをキープ

<全成分>

シクロペンタシロキサン、水、ジメチコン、酸化チタン、BG、酸化亜鉛、PEG-9ジメチコン、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、カルボキシメチルフェニルアミノカルボキシプロピルホスホン酸メチル(*)、水酸化AI、ハイドロゲンジメチコン、イソステアリン酸ポリグリセリル-2、グリセリン、ジエチルヘキサン酸ネオペンチルグリコール、ジカプリン酸ネオペンチルグリコール、スクワラン、酸化ジルコニウム、ジステアルジモニウムヘクトライト、グルタミン酸Naトコフェロールグリチルリチン酸2Kテトラヘキシルデカン酸アスコルビル、フェノキシエタノール、酸化鉄

(*)ナールスゲン


7.乾燥肌は日焼け止め以外の紫外線対策を

日焼け止め以外のエイジング対策化粧品のイメージ

1)衣類やサングラスでも紫外線対策を

日焼け止めだけで日焼けを防ぐことは大変です。

UVカット効果のある衣服やサングラスなどファッションを組み合わせて紫外線対策をすることがおすすめと言えます。

UVAは室内にも入ってきます。

窓に近い場所で仕事をする機会が多い人は、特にUVカット効果のある衣服を意識的に着庁することがおすすめです。

近年は、UVカット効果のある衣服の種類が増え、デザインが多様化しています。

フォーマルな装いでもUVカット効果がある衣服が販売されていますので、好みや状況に合わせて、適した衣服で紫外線を防ぐことが可能です。

また、目元は日焼け止めが塗りにくい部分ですので。目や目元の肌の紫外線対策として、紫外線だけでなく近赤外線ブルーライトなどの有害光線も一緒に防ぐことができるサングラスやアイケアメガネを活用して紫外線対策をすることをおすすめします。

2)紫外線のアフターケアも大切

紫外線のアフターケアをする女性

いくら紫外線対策をしていても完璧にカットすることは不可能です。

日焼けをしてしまったら、紫外線のアフターケアとして、肌を冷やすことが肝心です。

日焼けした肌は、火傷した時と似たような状態になっています。

まず、流水や濡れタオルを当てて冷やしましょう。

日焼けで炎症を感じるなら、アラントイングリチルリチン酸2Kなどの抗炎症成分を配合した化粧水や医薬部外品で炎症を鎮めましょう。

もちろん、目に見えた日焼けがなくとも保湿ケアを行うことは大切です。

紫外線にさらされたお肌は、バリア機能が衰えがちで乾燥しやすくなっています。

保湿成分を補う保湿ケアをしっかり行いましょう。

もちろん、使用した日焼け止めはその日のうちに落とすことが必要です。

保湿ケアをしたあとは、早めに就寝し身体を休めることをおすすめします。

日中のダメージは夜に回復しますので、早めに就寝し、身体の回復を促しましょう。

3)乾燥肌を防ぐ食べ物を摂ろう

食事の栄養から乾燥肌を防ぐことは効果的な対策です。

タンパク質、ビタミン、ミネラルを含む食べ物を摂取することをおすすめします。

タンパク質は、お肌の土台となるコラーゲンの生成に役立ちます。

ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンEなどのビタミンは、バリア機能を保つことに効果的で、エイジング効果を期待することが可能です。

また、ミネラルも乾燥肌予防に役立ちます。

タンパク質が豊富な卵やイワシ、ビタミンを含む野菜果物、ミネラルを含む牛乳やナッツ類などをバランスよく摂取することを心がけましょう。

乾燥肌の方は、美肌のための食べ物を意識して摂りましょう。


8.まとめ

乾燥肌のためのおすすめの日焼け止めの選び方と使い方のまとめ

この記事では、乾燥肌の方向けの日焼け止めの選び方と使い方をご紹介しました。

また、乾燥肌におすすめの日焼け止め・UV化粧下地をご紹介しました。

いかがだったでしょうか?

紫外線は乾燥肌の原因の1つです。だから、日焼け止めによる紫外線対策は大切です。

一方、日焼け止めの成分の刺激が乾燥肌の原因になることも。

だから、乾燥肌の方はUVカット力とともに、肌に負担が少なく優しいものを選ぶことが大切です。

また、使う前にしっかり保湿すること、正しく使うことも大切です。

乾燥肌のあなたは、この記事を参考に自分にあった日焼け止めを上手に選んでくださいね。

関連記事

光老化とは?紫外線ダメージによる肌老化のメカニズムと対策・治療法

続きを読む

エイジングケアもできる日焼け止めの選び方のコツとおすすめ10選

続きを読む

脂性肌におすすめの化粧下地11選ご紹介!選び方の3つの法則とは?

続きを読む

日光皮膚炎は日焼け(サンバーン)の医学用語!原因と予防法・治療法

続きを読む

日焼けはサンバーンとサンタンの2種類!その違いは?

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」