ジフェニルジメチコンが危険って本当?その効果と安全性!

ジフェニルジメチコンの写真

ジフェニルジメチコンは、メチルフェニルポリシロキサンとも呼ばれるシリコーンオイルの1つです。

シリコーンと言えば、肌に害を与えるので危険という噂がありますが、それは誤解です。

ジフェニルジメチコンをはじめとするシリコーンオイルは、肌を滑らかにするはたらきなどがあり、また安全性が高いことからさまざまな化粧品に幅広く配合されます。

この記事ではジフェニルジメチコンの特性や効果、安全性について詳しくご紹介します。

また、ジフェニルジメチコン配合のオススメのエイジングケア美容液をご紹介します。

ジフェニルジメチコンについての目次

1.ジフェニルジメチコンを詳しく知りたいあなたへ

ジフェニルジメチコンを詳しく知りたい女性

ジフェニルジメチコンは、ジメチコンと同じくシリコーンオイルの1種です。

(ジメチコン/メチコン)コポリマーシクロペンタシロキサンも仲間です。

美肌エイジングケアに対する意識の高い方は、「シリコン」や「シリコーン」と言う言葉が気になるのではないでしょうか?

シリコーンオイルとシリコンは混同されますが、シリコンとは珪素のことです。

シリコーンオイルは、シリコンを含む高分子化合物の総称で、化学的には「シロキサン化合物」のことをいいます。

さて、ジフェニルジメチコンは、そんなシリコーンオイルの1つですが、誤解の多い成分です。

  • ジフェニルジメチコンやジメチコンは、皮膚に被膜をつくって皮膚呼吸を妨げる
  • ジフェニルジメチコンやジメチコンは、毛穴を詰まらせて角栓イチゴ鼻の原因になる
  • ジフェニルジメチコンやジメチコンは、皮膚常在菌のバランスを乱して肌荒れの原因になる

などといった風評がウェブ上などで散見されます。

果たしてこれは、真実なのでしょうか?

ジメチコンやジフェニルジメチコンなどのシリコーンオイルは、美容液保湿クリームシャンプーなど頭皮ケアアイテムはじめ、20000種を超えるさまざまなスキンケアアイテムに配合されます。

もちろん、敏感肌化粧品エイジングケア化粧品にも配合されます。

もし、シリコーンオイルに問題があれば、こんなにたくさんの種類の化粧品に使われるでしょうか?

今の世の中でそんなことは、極めて考えにくいですよね。

結論を言えば、ジフェニルジメチコンなどのシリコーンオイルは安定性が極めて高く、刺激性や毒性のない成分です。

また、被膜をつくっても、網目構造をしているので食品用ラップフィルムのような密着性や密閉性はありません。

だからこそ、さまざまな化粧品に使われるのです。

正しくエイジングケアを始めるジフェニルジメチコンをはじめ、さまざまな化粧品成分を理解することが大切です。

この記事では、ジフェニルジメチコンの特性、効果、安全性について詳しくご紹介します。

また、ジフェニルジメチコン配合のオススメのエイジングケア美容液をご紹介します。

「シリコーンって何?」

「ジフェニルジメチコンってどんな化粧品成分?」

「その効果は?」

「ジフェニルジメチコンはなぜ安全なの?」

「ジフェニルジメチコン配合のオススメの化粧品は?」

などが気になる方は、ぜひ、続きをチェックしてくださいね。

<オススメのジフェニルジメチコン配合のエイジングケア美容液なら>

ジフェニルジメチコン&ナールスゲン配合エイジングケア美容液「ナールス ネオ」

ジフェニルジメチコン配合美容液「ナールス ネオ」

<この記事の大切なポイント>
  • ジフェニルジメチコンは、シリコーンオイルの一種です。ジメチコンの一部のメチル基をフェニル基に置き換えた成分です。
  • ジフェニルジメチコンは、ジメチコンと異なりエタノール(アルコール)によく溶けます。さまざまな成分と相性がよく、スキンケア製品やメイク用品でよく使われます。
  • ジフェニルジメチコンは、化粧品の滑りやのびなど、テクスチャーをよくするために配合されるケースも多い成分です。保湿力よりむしろこの効果が期待されます。
  • ジフェニルジメチコンは、基本的には安全な成分です。だから、洗顔料やクレンジング料から顔・毛髪・手肌・ボディ向けのスキンケアアイテムなど、さまざまな製品に使われています。
  • ジフェニルジメチコンには、わずかですが眼刺激性があるので、全成分表示の上位にジフェニルジメチコンが表記される場合には、注意が必要です。

2.ジフェニルジメチコンとは?

ジフェニルジメチコンを説明する女性

1)ジフェニルジメチコンの基本

ジフェニルジメチコンは、代表的なシリコーンオイルであるジメチコンの一部のメチル基をフェニル基に置き換えた成分です。

メチルフェニルポリシロキサンとも呼ばれます。

無色または微黄色の透明な液体で、においはほとんどありません。

ジフェニルジメチコンは、撥水作用や潤滑性が高く皮膚や毛髪に薄く均一の皮膜を形成し、なめらかな感触をあたえるはたらきがあります。

また、さまざまな化粧品成分と相性がよいことから、幅広く化粧品に配合されています。

ジフェニルジメチコンは、基本的にはジメチコンとよく似た特徴がありますが、油に溶解し、特にエタノールなどアルコール系溶媒にはよく溶ける点が、ジメチコンと異なります。

ジメチコンは、油に溶けにくいのです。

ジフェニルジメチコンは、化粧品の全成分表示では、「ジフェニルジメチコン」と表記され、医薬部外品では、「メチルフェニルポリシロキサン」と表記されます。

2)ジフェニルジメチコンが配合される化粧品

ジフェニルジメチコンは、オイルなので保湿化粧水クレンジング料洗顔料などに配合されることは少ないのですが、それ以外のさまざまなスキンケアアイテムに使用されます。

保湿美容液乳液、保湿クリーム、フェイスマスクオールインワンゲル、ボディクリーム、ハンドクリーム頭皮ケア爪ケア用のアイテム、唇ケア用のアイテム、日焼け止めUV化粧下地や化粧下地、ファンデーションなどのメイク用のアイテムに使われます。

エイジングケア美容液エイジングケア保湿クリームなどにも配合されています。


3.ジフェニルジメチコンの効果と安全性

ジフェニルジメチコンの効果と安全性を考える女性

1)ジフェニルジメチコンの効果やはたらき

ジフェニルジメチコンは、化粧品の主役的なはたらきをする成分ではありません。

保湿成分のように水分を保持して保湿する効果や界面活性剤のように洗浄力を発揮するはたらきはありません。

しかし、化粧品の質感や安定性を高めるためのサポート役として多様なはたらきを担います。

具体的には、次のはたらきがあります。

  • 撥水性の高さによって、肌表面に耐水性の高い光沢のある皮膜をつくります。
  • 乳化もしやすく気泡を取り除く消泡作用があることから、消泡剤として使用されます。
  • 潤滑性の高さによって、テクスチャーを改善するために使用されます。
  • エモリエント効果など、肌や髪にツヤを与えるために使用されます。

2)ジフェニルジメチコンの安全性

ジフェニルジメチコンは、毒性や刺激性も少なく安全性が高い成分です。また、アレルゲンとなるリスク、つまりアレルギー感作も認められていません。

そのため、バリア機能を壊すなどのリスクが低い成分です。

したがって、普通肌脂性肌はもちろん、乾燥肌敏感肌インナードライ肌混合肌肌質の方でも使うことが可能です。

しかし、どんな成分でも誰にでも安全とは言えませんし、肌荒れなどになる可能性を100%否定することはできません。

アトピー性皮膚炎がある方や肌が弱いなどで気になる方は、パッチテストをすることをおすすめします。

3)シリコーンオイルの巷の噂は真実?都市伝説?

ジフェニルジメチコンやジメチコンなどのシリコーンオイルは合成成分です。

オーガニック化粧品や無添加化粧品に関連する記事の中で、できれば使わない方がよいといった論調のものがあります。

そのポイントは、この記事の冒頭でもお示ししたような内容です。

1つ1つ検証していきましょう。

ジフェニルジメチコンを説明する女性

①ジフェニルジメチコンやジメチコンは、皮膚に被膜をつくって皮膚呼吸を妨げる

冒頭でも触れましたが、ジフェニルジメチコンやジメチコンは、全く孔のない構造をしているのではなく、メッシュのような孔が開いた構造になっています。

だから、食品用ラップフィルムのような密閉性はありません。

被膜をつくるはたらきはありますが、皮膚の代謝ができないほど皮膚を覆いつくすものではないのです。

また、化粧品に配合されるシリコーンオイルの濃度は、数パーセント以下なのでそれが皮膚を覆い尽くすとは考えられません。

さらに、皮膚呼吸と言う言葉は、いわゆる「美容用語」ですが、皮膚から酸素を取り入れる量は、肺呼吸で取り入れる酸素の量の0.6%程度です。

もちろん、「皮膚呼吸」が酸素を取り入れることだけでなく皮脂分泌や代謝全般で使われることもありますが、そうだとしてもシリコーンオイルの特徴と配合濃度から悪影響を及ぼすリスクはとても小さいと言えます。

②ジフェニルジメチコンやジメチコンは、毛穴を詰まらせて角栓やイチゴ鼻の原因になる

ジフェニルジメチコンやジメチコンは、大きな分子です。また、安定性が高く酸化しにくい特徴があります。

だから、毛穴に詰まりにくく、角栓などの原因になるリスクも低いのです。

ただし、注意すべきことがあります。

シリコーンオイルの上に油脂系の美容オイルなどを重ねて使うと、成分である椿オイルやオリーブオイルなどの植物系の油脂が酸化して臭いの原因になってしまうことがあります。

だから、シリコーンオイル配合の美容液やフェイスクリームの上に美容オイルをたくさんつけることはオススメできません。

③ジフェニルジメチコンやジメチコンは、皮膚常在菌のバランスを乱して肌荒れの原因になる

皮膚常在菌は、皮膚の表面に存在するさまざまな菌で、表皮ブドウ球菌やアクネ菌などがあります。

これらがバランスを保つことで、バリア機能をサポートして、外の刺激から皮膚を守るはたらきを担っています。

皮膚常在菌のエサ(栄養分)は、皮脂などです。化学構造を変えにくい安定した物質であるシリコーンオイルが栄養素となるとは考えられません。

つまり、シリコーンオイルが皮膚常在菌に与える影響がある可能性はとても低いのです。


4.オススメのジフェニルジメチコン配合エイジングケア美容液は?

ジフェニルジメチコン配合美容液「ナールス ネオ」

ジフェニルジメチコン配合のオススメのエイジングケア美容液ナールス ネオです。

美女が選ぶベスト美容液などでも高い評価を得ている目元・口元専用美容液です。

私たちの美容液ランキングでは、第1位です。

そんなナールス ネオは、2019年5月にリニューアルしました。

1)ナールスネオの開発コンセプト

目元のハリや口元のハリツヤをキープして、「目元・口元のエイジングサインへのファイナルアンサー」を目指して開発しました。

だから、目元のしわ口元のしわの予防にぴったりです。

2)ナールスネオの配合成分のポイント

ナールスネオは、ジフェニルジメチコンを配合することでテクスチャーのアップや被膜効果のアップを目指しました。

ジフェニルジメチコン配合以外には、次のような特徴があります。

①ナールスゲンを推奨濃度で配合

ナールスゲンは、コラーゲンエラスチンヒートショックプロテイン(HSP)47を増やします。また、肌の酸化を防ぐ成分であるグルタチオンを増やします。

②ネオダーミルを推奨最高濃度で配合

ネオダーミルは、バイオテクノロジーによって生まれた細胞のエネルギー源で、Ⅰ型コラーゲンⅢ型コラーゲン、エラスチンを強力にサポート。2週間でしわの体積を13%減少、シワの深さを15%減少させる臨床データを有する成分です。

肌のハリや弾力をキープするための「攻めるエイジングケア」をサポートします。

③2種のビタミンC誘導体配合

ナールス ネオは、ビタミンC美容液です。

水溶性ビタミンC誘導体の中でも効果が高く刺激が少ないVCエチル(エチルアスコルビン酸)と、浸透性の高い両親媒性ビタミンC誘導体APPS(アプレシエ)を配合。

コラーゲン産生をサポートするとともに、皮脂をコントロールすることで毛穴ケアも期待できます。

④プロテオグリカン配合

ナールス ネオは、プロテオグリカン美容液です。

プロテオグリカンは、糖とタンパクが複合した「糖たんぱく質」で、お肌の細胞の増殖や、ヒアルロン酸、コラーゲンの産生をサポート。

また、ヒアルロン酸に匹敵する高い保湿力を持った成分です。

潤いのあるふっくらしたお肌をキープする「守るエイジングケア」をサポートします。

⑤ビタミンA誘導体配合

レチノールを改良したビタミンA誘導体レチノイン酸トコフェリル配合。

ターンオーバーを促進して、お肌のハリを取り戻します。

⑥6種のセラミド配合

セラミドのイメージ

セラミドの中でも保湿力に定評のあるヒト型セラミドを6種(NG、NP、NS、EOS、EOP、AP)配合したセラミド美容液です。

お肌のバリア機能を守ります。

⑦9種のアミノ酸配合

ヒドロキシプロリンほかグリシンアラニンプロリンセリンアルギニンリシングルタミン酸トレオニンの9種のアミノ酸とその代謝物であるPCA-Naを配合してNMF(天然保湿因子)の構造に近い成分設計をしました。

アミノ酸は水分を吸着して保湿するヒューメクタントで、お肌のバリア機能を守ります。

⑧抗酸化成分を複数配合

半永久的に抗酸化作用を発揮する金コロイドとともに、強力な抗酸化成分であるコエンザイムQ10エルゴチオネインを配合することで、お肌の酸化を防ぎます。

⑨お肌に不要な成分を無添加

無香料・無着色、旧指定成分は配合していません。

パラベンフェノキシエタノールほか、アルコール性防腐剤の無添加化粧品です。また、アルコールフリー化粧品です。

*フェノキシエタノール、パラベンが、キャリーオーバーとして微量含まれます。

そんなナールス ネオは、冬の乾燥肌対策だけでなく春のスキンケアや乾燥肌対策、また夏でも乾燥肌対策使えるエイジングケア美容液です。

また、たるみ毛穴ケアの美容液ほうれい線ケアの美容液としても使えます。

3)新しいナールス ネオに追加された成分は?

そんなナールス ネオが、さらに「抗酸化」と「抗シワ」を強化して生まれ変わりました。

従来の成分はそのままに3つの成分を追加しました。

①レスベラトロール

レスベラトロールは、ポリフェノールの一種で高い抗酸化力を持っています。

間接的に長寿遺伝子を活性化することが研究でわかっています。

肌老化の予防、シミくすみの予防肌荒れや乾燥肌の予防が期待されています。

②ブドウ葉/種子/皮エキス

ブドウ葉/種子/皮エキスは、ポリフェノールを含み高い抗酸化力を持つことが大きな特徴です。

肌老化の予防、シミやくすみの予防、肌荒れの予防、アトピー性皮膚炎の予防などが期待できます。

③アセチルデカペプチド-3

アセチルデカペプチド-3は、アルギニン、メチオニン、グルタミン酸の3つのアミノ酸からつくられたペプチドです。

FGF(線維芽細胞成長因子)に似たはたらきがあります。

FGFとは、細胞の増殖や分化を促す成長因子の1つで、線維芽細胞を活性化させるはたらきがあります。

顔のたるみが原因のエイジングサインやシワ、ほうれい線の予防が期待されています。

これら3つの成分は、刺激性がなく、敏感肌をはじめどんな肌質でも使える成分です。

また、ボトルデザインがスタイリッシュになって、持ちやすく、出しやすく、1回に出す量の調節がしやすくなっています!


5.まとめ

ジフェニルジメチコンに関するまとめ

ジフェニルジメチコンがどんな化粧品成分か、その特徴、効果、安全性についてご紹介しました。

また、ジフェニルジメチコン配合のオススメのエイジングケア美容液をご紹介しました。

いかがだったでしょうか?

ジフェニルジメチコンは、皮膜をつくってお肌を滑らかにするはたらきがあることや撥水性があるなど、効果と安全性の高さからさまざまな化粧品に配合される成分です。

しかし、誤解が多く、その有用性を正しく理解されていない成分の代表でもあります。

ぜひ、ジフェニルジメチコンを正しく理解し、上手に使ってエイジングケアに活かしましょう。

関連記事

(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマーはどんな化粧品成分?

続きを読む

ベヘン酸とはどんな化粧品成分?効果と安全性

続きを読む

HSP(ヒートショックプロテイン)を増やす5つの方法

続きを読む

ミリスチン酸ポリグリセリル-10は優しい非イオン性界面活性剤

続きを読む

セタノールとはどんな化粧品成分?効果・役割と安全性

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」