エチルヘキシルグリセリンは保湿力のある化粧品成分?効果と安全性

エチルヘキシルグリセリンのイメージ

エチルヘキシルグリセリンとは、その名前からもわかる通り、グリセリンからつくった化粧品などの成分です。

その性質は、保湿効果があることからグリセリンに似ています。

しかし、エチルヘキシルグリセリンには抗菌性が高いことや消臭効果も期待できます。

この記事では、エチルヘキシルグリセリンの特性や効果、安全性について詳しくご紹介します。

また、配合される化粧品の種類を取り上げます。

さらに、エチルヘキシルグリセリン配合のオススメのフェイスマスクをご紹介します。

エチルヘキシルグリセリンはどんな化粧品成分?効果と安全性の目次

1.エチルヘキシルグリセリンについて知りたいあなたへ

エチルヘキシルグリセリンについて知りたい女性

エチルヘキシルグリセリンは、グリセリンに似た成分、つまりグリセリン誘導体です。

グリセリンと同じく保湿効果のある成分で、保湿成分の1つです。

だから、肌のキメを整えることで美肌をキープするための化粧品成分あるいは医薬部外品の成分として使われます。

エチルヘキシルグリセリンは、抗菌性が高いことから防腐剤が無添加の化粧水などのスキンケアアイテムに配合されます。

また、刺激性も少なく安全性が高いことから、敏感肌向きの化粧水ほか敏感肌化粧品エイジングケア化粧品にも配合されます。

正しいエイジングケアのためには、エチルヘキシルグリセリンをはじめ、さまざまな化粧品成分を理解することが大切です。

この記事では、エチルヘキシルグリセリンの特性、効果、安全性について詳しくご紹介します。また、どんな化粧品に配合されるかを取り上げます。

さらに、エチルヘキシルグリセリン配合のオススメのフェイスマスクをご紹介します。

「エチルヘキシルグリセリンってどんな化粧品成分?」

「保湿効果は期待できるの?」

「エチルヘキシルグリセリンとグリセリンの違いは?」

「安全性や刺激性はどうなの?」

「エチルヘキシルグリセリン配合のオススメの化粧品は?」

などが気になる方は、ぜひ、続きをチェックしてくださいね。

<オススメのエチルヘキシルグリセリン配合のエイジングケア化粧品なら>

エチルヘキシルグリセリン&ナールスゲン配合フェイスマスク「ナールス パッション」

<この記事の大切なポイント>
  • エチルヘキシルグリセリンは、グリセリンに2-エチレンヘキシルアルコールを結合させてつくった保湿成分です。大きなカテゴリーではアルコールですが、刺激性はありません。
  • エチルヘキシルグリセリンは、グリセリンと同じ程度の保湿効果を発揮します。この保湿効果は、水分を吸着することで発揮されます。
  • エチルヘキシルグリセリンには、抗菌効果や消臭効果があることが大きな特徴です。そのためパラベンフリーなどの化粧品でよく使われます。
  • エチルヘキシルグリセリンは、毒性や刺激性が少なく、安全性の高い成分です。だから、肌質を選ばず、乾燥肌や敏感肌でも使えます。
  • エチルヘキシルグリセリンは、化粧水や美容液、洗顔料、クレンジング料などさまざまなスキンケア製品に使われています。とても有用な化粧品成分の1つです。

2.エチルヘキシルグリセリンとは?

エチルヘキシルグリセリンのイメージ

1)エチルヘキシルグリセリンの基本

エチルヘキシルグリセリンは、グリセリンに2-エチレンヘキシルアルコールを結合させたグリセリン誘導体です。

化学的にはアルコールに分類される物質です。

しかし、化粧品成分で「アルコール」といえば、エタノールのことです。

だから、化粧品にエチルヘキシルグリセリンが入っていてもアルコール配合とは言いません。

また、エチルヘキシルグリセリンは無色透明な水溶性の液体です。かつてはオクトキシグリセリンと呼ばれていました。

エチルヘキシルグリセリンには、グリセリンと同じ程度の保湿効果がある上に、抗菌作用や消臭作用があります。

そのため、パラベンフリーフェノキシエタノールフリーの化粧品などでよく配合されます。

あるいは、ペンチレングリコールなどと一緒に配合して、防腐効果を高めるために使われます。

化粧品の全成分表示では、「エチルヘキシルグリセリン」と表記されます。

一方、医薬部外品の表記では「グリセリンモノ2-エチルヘキシルエーテルエチルヘキシルグリセリン」と表記されます。

なお、ジグリセリンもグリセリン誘導体の1つです。

2)エチルヘキシルグリセリンが配合される化粧品

エチルヘキシルグリセリンが配合される化粧品のイメージ

エチルヘキシルグリセリンは、保湿性と使い勝手の良さからさまざまなスキンケアアイテムに使用されます。

洗顔料クレンジングジェルなどのクレンジング料保湿化粧水保湿美容液乳液保湿クリームフェイスマスクオールインワン化粧品、ボディクリーム、ハンドクリーム頭皮ケア、リップグロスや口紅などリップケアアイテム、爪ケア用のアイテム、日焼け止め、化粧下地やファンデーションなどのメイク用のアイテムに使われます。

エイジングケア化粧水エイジングケア美容液エイジングケア保湿クリームなどにも配合されるようになっています。

このように、エチルヘキシルグリセリンは顔の各パーツをはじめ、手やボディの乾燥肌対策のアイテムまで幅広く使われます。


3.エチルヘキシルグリセリンの効果と安全性

エチルヘキシルグリセリンの効果と安全性を実感する女性

1)エチルヘキシルグリセリンの効果

エチルヘキシルグリセリンの保湿力は、グリセリンと同じく、水分を吸着することによって発揮されます。

これは、天然保湿因子(NMF)の成分であるアミノ酸尿素などと同じです。

つまり、ヒューメクタントの1つです。

水溶性成分なので、乾燥肌対策のために化粧水美容液によく配合されます。

ただし、エチルヘキシルグリセリンは、水分を挟み込んで保湿するセラミドや水分を抱え込んで保湿するプロテオグリカンヒアルロン酸コラーゲンなどよりも保湿力は劣ります。

2)エチルヘキシルグリセリンでケアできる肌悩み

エチルヘキシルグリセリンは、くすみ毛穴小じわなどの乾燥肌が原因の肌悩みのエイジングケアに有効です。

そして、乾燥肌を改善することで、肌のハリツヤを取り戻し、キメの整った透明感のあるお肌をもたらします。

しかし、たるみが原因のしわほうれい線を消すことはできません。

エチルヘキシルグリセリンで、表皮角層バリア機能の保護ターンオーバーの正常化は期待できても、真皮肌老化を改善することはできません。

3)エチルヘキシルグリセリンの安全性

エチルヘキシルグリセリンは、毒性はなく刺激性も少ない安全性が高い成分です。

眼刺激性はわずかにありますが、問題になるレベルではありません。

そのためバリア機能を壊すなどのリスクが低い成分です。

したがって、普通肌脂性肌に限らず、混合肌乾燥肌敏感肌インナードライ肌などをはじめ、どんな肌質の方でも使うことが可能です。

しかし、どんな成分でも誰にでも安全とは言えませんし、化粧品かぶれによる接触皮膚炎肌荒れかゆみが出るなどの可能性を100%否定することはできません。

だから、アトピー性皮膚炎などアレルギーのある方やお肌が弱い方は注意が必要です。

肌が弱いなどで気になる方は、パッチテストをすることをおすすめします。


4.オススメのエチルヘキシルグリセリンの配合エイジングケア化粧品

バイオセルロース製フェイスマスク「ナールス パッション」
エチルヘキシルグリセリン配合のオススメのエイジングケア化粧品をご紹介します。

エイジングケアにオススメのフェイスマスク「ナールス パッション」です。

ナールス パッションは、バイオセルロース製のシートタイプのフェイスマスクです。

バイオセルロースとは、ナタデココの原料を主成分として、食用菌による発酵技術を用いてつくられた食物由来のナノ繊維のことです。

不織布のシートマスクと比べて美容成分の浸透力が高いことが大きなメリットです。

ナールス パッションは、エチルヘキシルグリセリン以外に、次の成分を配合しています。

1枚でなんと25mlという美容液1本分の美容成分が凝縮されたフェイスマスクです。

肌のキメを整え、ハリやツヤに満ちた透明感のあるお肌に導きます。

また、次の肌悩みなどの予防や対策にも役立ちます。

しかし、エイジングケア化粧品といってもあくまで化粧品です。

顔のたるみが原因の深いしわを消すことやほうれい線を解消することはできません。


5.まとめ

エチルヘキシルグリセリンはどんな化粧品成分?効果と安全性のまとめ

エチルヘキシルグリセリンとはどのような成分かについて、またその特徴、効果、安全性についてご紹介しました。

また、配合される化粧品の種類を取り上げました。

さらに、エチルヘキシルグリセリン配合のオススメのエイジングケア世代向けのフェイスマスクをご紹介しました。

いかがだったでしょうか?

エチルヘキシルグリセリンは、グリセリンからつくられる水溶性の保湿成分です。

抗菌性と消臭効果もあることから、さまざまなスキンケアアイテムに配合されます。

エチルヘキシルグリセリン配合の化粧品を上手に使ってエイジングケアに活かしましょう。

ナールスチャンネルをみて動画でエイジングケアを学ぼう!

関連記事

グリセリンは化粧品や化粧水に適した成分!効果と安全性は?

続きを読む

HSP(ヒートショックプロテイン)を増やす7つの方法で美肌へ!

続きを読む

PG(プロピレングリコール)は保湿成分!効果や安全性はどうなの?

続きを読む

フェノキシエタノールは化粧品の防腐剤。メリットと危険性!

続きを読む

パラベンとは?パラベンフリー化粧品のメリットとデメリット!

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」